オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Quantum Break」最適化版となる「Radeon Software Crimson Edition 16.4.1」は,DX12のフレームレート問題にも対処
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/04/05 11:48

ニュース

「Quantum Break」最適化版となる「Radeon Software Crimson Edition 16.4.1」は,DX12のフレームレート問題にも対処

 北米時間2016年4月4日,AMDは,新しい公式最新Hotfix版グラフィックスドライバ「Radeon Software Crimson Edition 16.4.1 Hotfix」(以下,Crimson 16.4.1)を公開した。
 今回のリリースは,Oculus VRの「Rift」およびHTCの「Vive」に対応した「Radeon Software Crimson Edition 16.3.2」の特徴を残しつつ,新たに,日本で4月7日発売予定のPC版「Quantum Break」に向けた最適化を実現した,WHQL(Windows Hardware Quality Labs,ウィクル)非通過版となる。

64bit版Windows 10用Crimson 16.4.1 Hotfix
32bit版Windows 10用Crimson 16.4.1 Hotfix(※Radeon Pro Duo・R9 Fury・R9 300・R7 300シリーズは非対応)
64bit版Windows 8.1用Crimson 16.4.1 Hotfix
32bit版Windows 8.1用Crimson 16.4.1 Hotfix(※Radeon Pro Duo・R9 Fury・R9 300・R7 300シリーズは非対応)
64bit版Windows 7用Crimson 16.4.1 Hotfix
32bit版Windows 7用Crimson 16.4.1 Hotfix(※Radeon Pro Duo・R9 Fury・R9 300・R7 300シリーズは非対応)

ノートPC向けの64bit版Windows 10用Crimson 16.4.1
ノートPC向けの32bit版Windows 10用Crimson 16.4.1 Hotfix(※Radeon Pro Duo・R9 M300・R7 M300・R5 M300シリーズは非対応)
ノートPC向けの64bit版Windows 8.1用Crimson 16.4.1 Hotfix
ノートPC向けの32bit版Windows 8.1用Crimson 16.4.1 Hotfix(※Radeon Pro Duo・R9 M300・R7 M300・R5 M300シリーズは非対応)
ノートPC向けの64bit版Windows 7用Crimson 16.3 2
ノートPC向けの32bit版Windows 7用Crimson 16.4.1 Hotfix(※Radeon Pro Duo・R9 M300・R7 M300・R5 M300シリーズは非対応)

4Gamerの最新ドライバリンクページ

 Display Driverのバージョンは「16.15.2211.1001-160403a-301124E」で,WHQL通過版となる16.3.2の「16.15.2211-160321a-300861C」と見比べるに,いかにも派生版といった雰囲気が漂うが,実際,Quantum Breakへの最適化を除くと,アップデート内容は小粒。ゲーム関連の問題が2点潰してあるだけである。
 ただ,少ないながらすべてのアップデートがゲーム関連というのも確かだ。AMDはHotfix版ドライバの導入をゲーマーに対して推奨しているので,気になるポイントがあるなら,自己責任での導入を検討してみてはどうだろうか。


#### 以下,英文リリースノートまとめ ####

●Radeon Software Crimson Edition 16.4.1 Hotfixの対応GPU
  • Radeon Pro Duo
  • Radeon R9 Furyシリーズ
  • Radeon R9 300・200シリーズ
  • Radeon R7 300・200シリーズ
  • Radeon HD 8500以上のRadeon HD 8000シリーズ
  • Radeon HD 7700以上のRadeon HD 7000シリーズ
  • Radeon R9 M300・M200シリーズ
  • Radeon R7 M300・M200シリーズ
  • Radeon R5 M300・M200シリーズ
  • Radeon HD 8500M以上のRadeon HD 8000Mシリーズ
  • Radeon HD 7700M以上のRadeon HD 7000Mシリーズ
  • AMD FX APU with Radeon R7 Graphics
  • AMD A-Series APU with Radeon R8・R7・R6・R5・R4・R3 Graphics
  • Athlon/Sempron APU with Radeon R3 Graphics
  • AMD E-Series APU with Radeon R2 Graphics


●Radeon Software Crimson Edition 16.4.1 Hotfixが統合するコンポーネント
(※比較対象はRadeon Software Crimson Edition 16.3.2)
  • Display Driver:16.15.2211.1001-160403a-301124E(←16.15.2211-160321a-300861C)
  • Radeon Settings:2016.0403.2360.41341(←2016.0321.1015.16463)
  • 2D Driver:8.1.1.1546
  • Direct3D:9.14.10.1183
  • OpenGL:6.14.10.13431
  • OpenCL:2.0.6.0
  • Mantle: 9.1.10.109(※Mantle API:98309)
  • Audio Driver:7.12.0.7723


●Radeon Software Crimson Edition 16.4.1 Hotfixにおける最適化
(※比較対象はRadeon Software Crimson Edition 16.3.2 Hotfix)
  • Radeon R9 Fury X搭載環境で「Quantum Break」において最大35%の性能向上


●Radeon Software Crimson Edition 16.4.1 Hotfixにおける新要素
  • リリースノートに記載なし


●Radeon Software Crimson Edition 16.4.1 Hotfixで解決した問題
  • DirectX 12ベースのアプリケーションでフレームレートのキャップがかかることのある問題
  • 「HITMAN」をDirectX 11モードで実行し,ゲーム側でシャドウの品質設定を高くすると,画面がちらつくことのある問題
  • 関連タイトル:

    Radeon Software

  • 関連タイトル:

    Quantum Break

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月