オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
GeForce Driver公式サイトへ
  • NVIDIA
  • 発表日:2003/10/23
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
DirectX 12 Ultimateに完全対応した「GeForce 451.48 Driver」が登場
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/06/25 16:54

ニュース

DirectX 12 Ultimateに完全対応した「GeForce 451.48 Driver」が登場

 北米時間2020年6月24日,NVIDIAは,公式最新版グラフィックスドライバとなる「GeForce 451.48 Driver」をリリースした。これまでのRelease 440世代からRelease 450世代に切り替わった最初のリリースとなるWHQL(Windows Hardware Quality Labs,ウィクル)通過版のドライバである。
 GeForce 451.48 Driverにおけるトピックは,Windows 10の大型アップデート「Windows 10 May 2020 Update」に含まれている新しいグラフィックスAPI「DirectX 12 Ultimate」に完全対応した点だ。

 1つ前のバージョンである「GeForce 446.14 Driver」で,NVIDIAがDirectX 12 Ultimate対応を発表していたことを覚えている人もいるだろう。しかし,GeForce 446.14 Driverでは,DirectX 12 Ultimateのフィーチャーすべてには対応していなかったようだ。
 NVIDIAによると,GeForce 451.48 DriverによってDirectX 12 Ultimateに含まれる新機能である「DirectX Raytracing 1.1」(以下,DXR 1.1)と「メッシュシェーダ」,および「Sampler Feedback」(サンプラーフィードバック),「Variable Rate Shading」(可変レートシェーディング)に完全に対応したという。

 また,Windows 10 May 2020 Updateに含まれるグラフィックス周りの新機能である「Hardware-accelerated GPU Scheduling」(ハードウェアアクセラレーションGPUスケジューリング)への対応も,GeForce 451.48 Driverにおける大きなトピックだ。
 Hardware-accelerated GPU Schedulingとは,Windows 10 May 2020 Updateの新しいディスプレイドライバモデル「WDDM 2.7」で導入された機能で,グラフィックスカード側でグラフィックスメモリを直接,管理することによってフレームレートの向上やレイテンシの低下が期待できるという。

 なお,Hardware-accelerated GPU Schedulingを有効化するためには,Windows 10 May 2020 Update(ビルド2004)以降のWindows 10に,対応グラフィックスドライバをインストールしたうえで,Windowsの「設定」→「システム」→「ディスプレイ」→「グラフィックスの設定」を開いてHardware-accelerated GPU Schedulingのスイッチをオンにして,さらにWindowsを再起動する必要がある。
 OSのビルドとGeForce Driverの両方が条件を満たさないと,スイッチは出てこない。ドライバをインストールしただけでは有効にならないのでご注意を。

Hardware-accelerated GPU Schedulingのスイッチ。Windows 10をMay 2020 Updateにしていないと,このスイッチは出てこない
画像(001)DirectX 12 Ultimateに完全対応した「GeForce 451.48 Driver」が登場

 「GeForce 451.48 Driverによって,NVIDIA製のGPUが業界で初めてDirectX 12 UltimateやHardware-accelerated GPU Schedulingへの完全に対応したGPUとなった」と,NVIDIAはアピールしている。Windows 10 May 2020 Updateを導入済みのGeForceユーザーは試してみるといいだろう。

 GeForce 451.48 Driverはそのほかにも,現在リリース候補(Release Candidate)版が配布されている「CUDA 11.0」への対応や,Khronos Groupが策定したグラフィックスAPIの最新版「Vulkan 1.2」への対応,さらにG-SYNC Compatible Displayに9機種を追加といった新要素も含まれている。特定ゲームタイトルへの最適化は行われていないが,不具合の修正も行われているのでGeForceユーザーは導入したほうがいいだろう。

 なお,これまでのバージョンと同様に,GeForce 451.48 DriverのStandard版は,NVIDIA公式ダウンロードページの「ベータドライバ&過去のドライバ」から検索する必要がある。
 ドライバのアップデートが自己責任となる点は理解してもらったうえで,すぐにでも入手したい人は,以下に示したリンクかGeForce Experienceを利用してみよう。

→64bit版Windows 10用GeForce 451.48 Driver(561.82MB,DCH)
https://www.nvidia.co.jp/Download/driverResults.aspx/161414/jp
→64bit版Windows 10用GeForce 451.48 Driver(536.14MB,Standard)
https://www.nvidia.co.jp/download/driverResults.aspx/161360/jp

→ノートPC向けの64bit版Windows 10用GeForce 451.48 Driver(561.82MB,DCH)
https://www.nvidia.co.jp/Download/driverResults.aspx/161432/jp
→ノートPC向けの64bit版Windows 10用GeForce 451.48 Driver(536.14MB,Standard)
https://www.nvidia.co.jp/download/driverResults.aspx/161378/jp

→GeForce RTX 20シリーズ,およびGTX 16シリーズ向け64bit版Windows 7用GeForce 451.48 Driver(470.14MB)
https://www.nvidia.co.jp/Download/driverResults.aspx/161324/jp
→GeForce GTXシリーズ向け64bit版Windows 8.x・7用GeForce 451.48 Driver(470.14MB)
https://www.nvidia.co.jp/Download/driverResults.aspx/161306/jp
→ノートPC向けの64bit版Windows 8.x・7用GeForce 451.48 Driver(470.14MB)
https://www.nvidia.co.jp/Download/driverResults.aspx/161342/jp

→4Gamerの最新ドライバリンクページ
https://www.4gamer.net/games/999/G999902/FC20110422001/

##以下,NVIDIAによる公式紹介記事および英文リリースノートまとめ##
(リンク先はPDF)

●GeForce 451.48 Driverの対応製品
  • デスクトップPC向けGeForce RTX 20シリーズ
  • デスクトップPC向けGeForce GTX 16シリーズ
  • NVIDIA TITAN RTX
  • NVIDIA TITAN V
  • NVIDIA TITAN X,Zシリーズ
  • デスクトップPC向けGeForce GTX 10シリーズ
  • デスクトップPC向けGeForce GTX TITANシリーズ
  • デスクトップPC向けGeForce GTX 900〜600シリーズ
  • デスクトップPC向けGeForce GT 600シリーズ
  • ノートPC向けGeForce RTX 20シリーズ(※Windows 10のみ)
  • ノートPC向けGeForce GTX 16シリーズ
  • ノートPC向けGeForce GTX 10シリーズ
  • ノートPC向けGeForce 900M〜800Mシリーズ
  • ノートPC向けGeForce MX 300シリーズ(※Windows 10のみ)
  • ノートPC向けGeForce MX 200〜110シリーズ

●GeForce 451.48 Driverが統合するソフトウェアモジュール(比較対象はGeForce 446.14 Driver)
  • GeForce Experience:3.20.3.63
  • HD Audio Driver: 1.3.38.34(←1.3.38.26)
  • PhysX System Software:9.19.0218
  • Vulkan RT:記載なし
  • nView:200.63(←149.77)
  • CUDA:11.0(←10.2)
  • NVIDIA Control Panel(DCH):8.1.958.0(←8.1.956.0)
  • NVIDIA Control Panel(Standard):8.1.940.0

●GeForce 451.48 Driverにおけるゲームへの最適化
  • 記載なし

●GeForce 451.48 Driverの新要素
  • DirectX 12 Ultimateの完全サポート
  • Vulkan 1.2をサポート
  • Windows 10のHardware-accelerated GPU Schedulingに対応
  • CUDA 11.0に対応
  • 9機種のディスプレイをG-SYNC Compatible Displayに追加
  • 「GeForce Experience」のワンクリック設定に,12タイトルのプロファイルを追加

●GeForce 451.48 Driverで解決した問題
  • 「Just Cause 2」でCUDA関連ファイルが検出されず「GPUによるウォーターシミュレーション」と「ボケフィルター」が設定できない問題
  • 「Sea of Thieves」でゲームのレンダリングに生じていた問題
  • 「バイオハザード RE:2」で複数のオブジェクトやメニューがランダムに点滅することのあった問題
  • 「デビル メイ クライ 5」でオブジェクトがランダムに点滅することのあった問題
  • Hardware-accelerated GPU Schedulingを有効化すると,「Divinity: Original Sin 2 - Definitive Edition」のパフォーマンスが低下することのあった問題
  • NVIDIA Optimusに対応するノートPCで,統合グラフィックスの映像を出力するHDMI出力にWindows Mixed Reality対応ヘッドマウントディスプレイを接続すると,表示にジッター(ブレ)が生じることのあった問題
  • DirectX 9対応タイトルで「フルスクリーンへの最適化を無効にする」を選択していると,G-SYNCが機能しないことのあった問題
  • GPUスケーリングを有効化すると,画面が明るくなりすぎることのあった問題
  • PCがスリープから復帰した後に,「NVIDIA HD Audio」が使えなくなることのあった問題
  • YouTubeの4K HDR動画を再生すると,カーソル(※マウスポインターのことかは未公開)が四角形に変わることのあった問題

●GeForce 451.48 Driverにおける既知の不具合
  • ノートPCで統合GPU側のディスプレイがクローン元に設定されている場合,NVIDIAコントロールパネルでディスプレイのクローン表示設定を変更できない場合がある
  • ValveのVR HMD「Index」を使用中にHDCPエラーが生じることがある
  • 「Sunset Overdrive」でDepth Field(被写体深度)が有効になっていると,緑色の表示が破綻することがある
  • 「Call of Duty: Warzone」で「FreeStyle」が動作しない
  • 「Forza Motorsport 7」における特定のトラックで,縁石に黒い帯が表示されることがある
  • 「Zombie Army 4: Dead War」において,「Ansel」およびFreeStyleの設定タブが選択できないことがある
  • G-SYNCを有効化した状態で「Tom Clancy's Rainbow Six Siege」をVulkanモードで実行すると,フルスクリーンとウインドウモードの切り替え時に画面が点滅することがある。APIとしてVulkanを選択しないか,G-SYNCを無効にすればこの問題は解決できる
  • SLI構成でG-SYNCを有効化するとアプリケーション起動直後にVIDEO TDRエラーが発生することがある
  • NVIDIA Optimus対応のノートPCで「The Witcher 3 Wild Hunt」のDDS Switchを自動に設定するとゲームが最小化されフルスクリーンに戻せないことがある
  • Pascal世代のGPUを搭載したノートPCに高リフレッシュレートのディスプレイを接続すると,ゲームのリフレッシュレートがランダムに60Hzに低下することがある
  • ノートPCにおいて,ウインドウモードG-SYNCとV-SYNCをオンにした状態でディスプレイをクローンまたは複製モードに設定すると,グラフィックス表示が破綻することがある
  • LVDS(Low voltage differential signaling)接続のディスプレイを内蔵する一部のノートPCで,ドライバをインストール後にシステムを再起動するとディスプレイ表示が失われる場合がある(※対処方法は未公開)

  • 関連タイトル:

    GeForce Driver

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月01日〜07月02日
タイトル評価ランキング
81
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
75
アークナイツ (iPhone)
72
71
三國志14 (PC)
67
仁王2 (PS4)
63
VALORANT (PC)
2020年01月〜2020年07月