オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
GeForce Driver公式サイトへ
  • NVIDIA
  • 発表日:2003/10/23
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
待望のウインドウキャプチャとマイク音量調整に対応し,「GeForce Experience」最新β版が登場
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/01/14 12:19

ニュース

待望のウインドウキャプチャとマイク音量調整に対応し,「GeForce Experience」最新β版が登場

GeForce Driver
 北米時間2016年1月13日,NVIDIAは,「GeForce Experience」の新しい公式βリリースとなるバージョン2.10.0.60を公開した。
 今回のアップデートでは,ShadowPlay(あるいはShare機能ともいう)ユーザー待望,ウインドウモードのビデオおよび画面キャプチャ機能がついに実装となったのが最大のトピックだ。また,ゲームプレイの実況録画や配信のときに使える,オーバーレイメニューからのマイク音量調整機能が追加されたのも,人によっては見逃せない新要素となりそうである。
 入手したい人は下に示したリンクを利用してほしい。

GeForce Experience Beta 2.10.0.60

 4Gamerで確認したところ。ShadowPlay/Share機能からウインドウモードのビデオおよび画面キャプチャを行うときは,「基本設定」−「Share」−「プライバシー管理」にある「インスタントリプレイ、録画、ブロードキャスト、スクリーンショットのデスクトップのキャプチャを有効にする」のチェックを外すだけでよかった。この状態からゲームをウインドウモードで起動し,これまでと同じようにキャプチャするだけで,ビデオやスクリーンショットを取得可能だ。
 GeForce.comの当該記事では,チェックを入れろと書いてあり,最初はそれに従って「あれ,できないぞ?」と頭を抱えていたのだが,なぜ逆の手順が書いてあるのかはよく分からない(※)。

GeForce Experienceから「インスタントリプレイ、録画、ブロードキャスト、スクリーンショットのデスクトップのキャプチャを有効にする」のチェックボックスを外すと,ウインドウモードでの録画が行えた
GeForce Driver

 GeForce.com上の表記と実際の挙動が異なる点について,NVIDIAから問い合わせに対する回答がありました。GeForce.com上の表記は,「ウインドウキャプチャは実装したが,従来どおり,デスクトップ全体もキャプチャできるので,そのときはチェックを入れればよい」という意味とのことです。本稿で述べているとおり,ウインドウキャプチャを行うためにはチェックを外す必要があるので,注意してください。

 一方のマイク調整は,Share機能のオーバーレイメニューからマイクアイコンを選び,「カスタマイズ」を選択することで行えるようになる。配信中などに声が大きすぎるとか小さすぎるとかいった問題に気づいた場合は,ここで調整すると楽だろう。

オーバーレイメニューからマイク音量を調整できるようになったのは,生配信を考えると相当に便利だ
GeForce Driver
GeForce Driver

 ここまで示したスクリーンショットのとおり,β版は日本語で使えるので,積極的にテストしてみたいという人は,自己責任で試してみるといいだろう。なお,4Gamerで試した限り,ウインドウモードのビデオキャプチャを有効化するためのチェックボックスを出すためには,現時点の公式最新版である「GeForce 361.43 Driver」へアップデートする必要があったので,この点は付記しておきたい。
  • 関連タイトル:

    GeForce Driver

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月20日〜08月21日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
76
Days Gone (PS4)
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月