オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
リネージュ公式サイトへ
読者の評価
61
投稿数:24
レビューを投稿する
準備中
リネージュ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ついに“風竜”リンドビオルが降臨。2月20日に実装される「リネージュ」最新アップデート「狂乱の風」の見どころを紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/02/19 15:03

プレイレポート

ついに“風竜”リンドビオルが降臨。2月20日に実装される「リネージュ」最新アップデート「狂乱の風」の見どころを紹介

 2012年2月12日,エヌ・シー・ジャパンのMMORPG「リネージュ」は,日本サービス11周年を迎えた。同社は現在,リネージュの11周年を記念したさまざまなイベント/キャンペーンを展開しているが,中でも注目したいのが,前後編に分けて実施される大型アップデート「激動のアデン」だろう(関連記事)。
 本稿では,明日(2月20日)実施される大型アップデートの前編,「激動のアデン前編 〜狂乱の風〜」に関する先行情報を紹介していく。テストサーバー上で撮影したスクリーンショットも多数掲載しているので,プレイヤーはお見逃しなく。

「リネージュ 〜Eternal Life〜」公式サイト



その強さはまさに“狂乱の風”

風竜 リンドビオル登場


 「狂乱の風」アップデートにおける最大の見どころは,ゲーム内最強のボスモンスターとして,風竜 リンドビオルが登場することだ。プレイヤーならご存じのとおり,これまでのリネージュには,地竜 アンタラス,水竜 パプリオンが存在していたが,それに続く第3の竜として,ついにリンドビオルが登場するのだ。

 リンドビオル戦の全体的な流れは,従来のドラゴン戦のそれと比較的近い。ドラゴンキーを利用してドラゴンポータルを開いた際に,“リンドビオル”が選べるようになるので,迷うことはないだろう。ちなみに一度の討伐に参加できるプレイヤー数は,最大で32名となっている。

リネージュ リネージュ

 リンドビオル戦専用のエリアでは,従来のドラゴン戦と同様,攻略ルートを2種類から選べる。つまり,リンドビオルのねぐら(レア)への“直行ルート”と,有用なエンチャント(補助魔法)が得られる“迂回ルート”である。迂回ルートを攻略すると受けられるエンチャント“グンターの助言”は,リンドビオル戦において非常に有用なので,初挑戦の際はこちらを選んでおくのが無難だろう。

リネージュ リネージュ

リネージュ
 風竜 リンドビオルは,雷撃による範囲攻撃を絶え間なく繰り出してくる。さらに“雲の大精霊”と,複数の“怪しい暗雲”という配下モンスターを引き連れているので,混戦は必至である。
 また,リンドビオルは一定確率で冒険者の名前を叫び,対象キャラクターを“即死”させる。名前を呼ばれたら回避のしようがないので,即死させられたら運が悪かったと諦めつつ,早急に戦力の立て直しを図りたい。
 なお,リンドビオルは討伐の進行度に応じて3つのモードを切り替えてくる。飛行した状態で分身を作り出すという凶悪なモードも存在するので,遠距離攻撃の準備を怠ると苦戦は免れないだろう。

リネージュ リネージュ

リネージュ
 アンタラスやパブリオンを上回る強敵なだけに,討伐時の報酬が気になるところだが,リンドビオルを倒すと,低確率で体の各パーツがドロップする。中でも目玉といえるのは“リンドビオルの心臓”で,これを材料にして,クラス別のアーマーが作成できるのだ。
 アーマーの基本性能は掲載画面を見てもらいたいが,その中にある“リンドビオルの加護”という効果は,「遠距離攻撃を一定確率で回避し2倍のダメージとして反射する」というもの。とくにPvP派のプレイヤーにとっては,ぜひとも入手したいアーマーなのではないだろうか。

リネージュ リネージュ


「クリスタルケイブ」がリニューアル


リネージュ
 続いて紹介するのは,ダンジョンの「クリスタルケイブ」がリニューアルされること。攻略難度の目安としては,入口近辺であればレベル52前後のソロプレイでも攻略可能だが,深部までガッツリ進むには,1パーティー程度(Lv52前後)の戦力が必要とのことだ。


リネージュ リネージュ

 また,クリスタルケイブでのクエストを進めることで,関連ダンジョンの「アイスクイーンの城」に挑戦できるようになる。こちらはソロプレイ向けにバランスが調整されており,強力なメテオストライクが使える“フレイムワンド”が,マイキャラのクラスに関係なく貰える。パーティプレイを楽しむほどの行時間がないときでも,サクっと挑戦できるダンジョンといえそうだ。

リネージュ リネージュ
リネージュ リネージュ


高レベル向け狩り場に生まれ変わった「話せる島」


リネージュ
リネージュ
 リネージュの世界で暗躍し,各地に災いを振りまいている“暗黒竜 ハルパス”。彼はアンタラスらを復活させただけでなく,配下のモンスター達を率い,アデンの至るところへ侵攻している。「狂乱の風」アップデートでは「話せる島」に魔の手が伸び,ハイレベルモンスターが跋扈するエリアへとリニューアルされた。

 リニューアルされた話せる島は,島全体が6つの地域に大別され,各地にボスモンスターや準ボスモンスターが配置された。地域によって異なるが,キャラクターレベル52のソロまたはパーティ向けの難度となっている。ときおりトレジャーモンスターも出現するので,対象レベル帯のキャラクターを持っているプレイヤー達で大いに賑わいそうだ。

リネージュ リネージュ
リネージュ リネージュ


一部のボスモンスターがパワーアップ


リネージュ
 最後に紹介するのは,ボスモンスターのイフリート,フェニックス,ドレイク,ブラックエルダーのリニューアル。単純にステータス値が強くなっただけでなく,新たなスキルを繰り出すようになっており,討伐には最低でもレベル60程度のパーティが必要とのこと。ドロップアイテムの一例を紹介するので,腕に覚えのあるプレイヤーは全ボスの制覇を狙ってみてはどうだろうか。

リネージュ リネージュ

 「狂乱の風」の主なアップデート内容は,大体このようなところだ。
 余談だが,韓国版のリネージュは現在,サービス開始以来最高といえる盛り上がりを見せている。10年以上も前に作られたMMORPGであるにも関わらず,同時接続者数が20万を越えたこともあるというのだから驚きだ。

 その盛り上がりの原動力となったアップデートを,「激動のアデン」の後編アップデートで実装するべく,現在エヌ・シー・ジャパンはローカライズ作業に注力しているという。サービス開始から11周年を迎えた日本版のリネージュだが,今年もさまざまな話題を提供してくれそうだ。

「リネージュ 〜Eternal Life〜」公式サイト

  • 関連タイトル:

    リネージュ

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2019/10/23)
リネージュ エピソード1 時の歪み
発売日:
価格:
amazonで買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月