オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/12/29 00:00

企画記事

150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



コーエーテクモゲームス
ゼネラルプロデューサー
襟川恵子

代表作:「アンジェリーク」「下天の華」等の「ネオロマンス」ゲームシリーズ

<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「刀剣乱舞-ONLINE-」
刀の擬人化という卓越したアイデアで、女性を魅了し刀女子を生み出した。

タイトル名:「Splatoon(スプラトゥーン)」
プレイヤー同士のナワバリバトルが楽しく、ポップにアイデアが光るゲーム。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「セッション」
低制作費で息もつかせぬ緊迫感と発想力が光る20代新人監督の才能。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

三野明洋(株式会社イーライセンス 代表取締役会長)
不可能を可能にした三野さんのドキュメンタリー本「やらまいか魂」に脱帽。
巨象群ジャスラックにIT時代の音楽管理で、アリの三野さんが戦争を挑み、20年かけて今年大勝利した。エンタメコンテンツの利便性を高めた今後の活躍に期待

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

無限の可能性を秘めた読者の皆様、目標は高く申のように、まっすぐ伸びてください。がんばったご褒美はゲームソフトのプレイが心のビタミンです!
世界初の女性向けゲームとメディアミックスを手がけて、早20周年を迎えることができました。皆様、ご愛顧ありがとうございます。
来年はまた、初心にかえり新作を発表いたしますので、ご期待ください。

「アンジェリーク ルトゥール」(PS4 / PS Vita
キャラクターデザイン/ハチロクハチコ
オリジナルキャラクターデザイン/由羅カイリ
(C)2015 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



コーエーテクモゲームス
プロデューサー/常務執行役員ソフトウェア事業部副事業部長
小笠原賢一

代表作:「討鬼伝」「信長の野望・創造」「ドラゴンクエストヒーローズ」


写真は2014年12月に掲載したインタビューのものです
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ウィッチャー3 ワイルドハント」
開発者がやりたいことをめいいっぱい詰め込んで、プレイヤーはそれをとことん楽しむ――
理想的な関係を築いたすばらしいタイトルだと思います。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「下町ロケット」
二十何年かぶりにドラマで泣いちゃいました。大学時代に再放送で見たNHK「真田太平記」以来です。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

福澤克雄(TBSテレビ)
「流星ワゴン」「下町ロケット」と楽しませていただきました。
おっさん世代に刺さる演出ですね。
時間の枠内で巧みに起伏を設ける構成・展開力が抜群です。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年は「信長の野望・創造 戦国立志伝」「討鬼伝2」「ドラゴンクエストヒーローズII」と前作を受けての続編タイトル発売が予定されています。
前作をプレイしていただいた皆様はもちろん、ご注目いただいている全ての方の予想を超える感動と興奮をお届けできるよう全力を尽くします。

「信長の野望・創造 戦国立志伝」(PC / PS4 / PS3 / PS Vita
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



コーエーテクモゲームス
ディレクター
岡村佳人

代表作:「ソフィーのアトリエ 〜不思議な本の錬金術士〜」

<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Fallout 4」
「The Elder Scrolls」シリーズと並んで楽しみにしていたタイトルだからです。荒廃した世界と広大なフィールドの冒険、細部まで世界観を反映して作りこまれたUIと、全ての要素が好みのツボです。年末年始は仕事を片付けてガッツリプレイしたいと思います!

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

最近、子供と一緒にディズニー・チャンネルを観ているのですが、その中で放送されているアメリカのアニメ「Gravity Falls」(邦題は「怪奇ゾーン グラビティフォールズ」)にハマってしまいました。
※公開は2012年〜ですが、日本語版の新エピソードが今年公開されたため、知らない人にも興味を持ってほしいということで、紹介します。

ストーリーは、双子の姉弟が夏休みの間だけグラビティフォールズという街に住む大叔父さんのもとで暮らすことになり、その街で起きる様々な怪現象に巻き込まれていく……といったものなのですが、コミカルな雰囲気でホラーや伝承・都市伝説などのネタを織り交ぜながら、登場人物の成長や家族の絆といったホームドラマのお約束もしっかり守られており、子供と一緒に楽しめる内容になっています。
……というのは表向きの話で、本当に面白いのは非常に綿密に練りこまれた謎解きと壮大な伏線が随所に隠されており、単純に子供向けに留まらない作品であるという点で、非常に見応えのあるアニメだと思っています(繰り返し見ることで分かることもあります)。
現在はディズニー・チャンネル以外でも放送が始まっているようなので、興味のある方はぜひ一度観てみてください!

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

水木しげる先生。子供の頃は妖怪図鑑をワクワクしながら何度も読み返したものでした。本当にお疲れ様でした。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2015年は大変お待たせしてしまいましたが、何とか新しいアトリエをみなさんのもとにお届けすることができました。おかげさまで前作を大きく超える結果を残すことができたので、2016年はさらにアトリエを飛躍させる年にしたいと考えています。また、「よるのないくに」のような新しい挑戦にも、積極的に取り組んでいきたいですね。
あと、「ソフィーのアトリエ」を遊んでいただいた方は、しばらくソフトを手元に置いておいていただけると嬉しいです(せめてセーブデータだけでも残していただければ!)。今度はお待たせしないよう、開発チーム一同さらに頑張っていきますので、来年もガストブランドをよろしくお願いいたします!

「ソフィーのアトリエ 〜不思議な本の錬金術士〜」(PS4/PS3/PS Vita
(C)2015 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



コーエーテクモゲームス
プロデューサー
菊地啓介

代表作:「零」シリーズ,「影牢」シリーズ

写真は2015年6月に掲載したインタビューのものです
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Splatoon(スプラトゥーン)」
ゲームバランスの絶妙さに感心しました。武器のバリエーションが、これだけありながら、どれも一長一短あって、みんなが使う武器が適度にバラけているのはスゴいと思いました。また陣取りなので、私の様な下手なプレイヤーでも、何回かに1回は勝てるし、なんかせっせと塗っていると貢献している気分になるので、たとえ負けたとしても、もう1回挑戦しようという気になります。
これだけ多くの小学生がプレイしているシューティングは、初めてではないでしょうか。「塗る」というプリミティブな感覚を快楽に置き換えたペンキの挙動と音のこだわりは、職人芸だなぁと勉強させられました。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

現時点(スター・ウォーズを観る前です)では、インパクトの点で「マッドマックス 怒りのデス・ロード」です。私はギミック好きなので、メカ目当てで、映画を見に行ったのですが、細部に目が行くことは許されずグイグイひっぱられ、ジェットコースターに乗っている感じを受けました。これは逆らわない方が楽しめるだろうと思い、途中から頭を空っぽにして、ただ迫力に酔うという気持ちよさを感じました。
今ふっと思ったのですが、こんな破天荒な世界でのぶっとんだ「影牢」があったら楽しそうだなと思いました。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

個人というより職業なのですが、昨年は、原作を構成してドラマにする脚本家に注目しました。映画「バクマン」、ドラマ「下町ロケット」「掟上今日子の備忘録」「デスノート」など、昨年は原作もので当たりが多かったのですが、どれも脚本が良くできているのです。原作の上辺をなぞるのではなく、よく本質を捉えていて、フォーカスを当てる部分とバッサリと見切る部分、限られた時間での起承転結や展開力により、原作の既読者でも、再度楽しめる作品にする力に感動しました。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

今年は、いろいろな関わり方で、いくつもの新作を送り出したいと思います!

「影牢 〜トラップ ガールズ〜」(ブラウザ
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



コーエーテクモゲームス
ゼネラルプロデューサー
シブサワ・コウ

代表作:「信長の野望」シリーズ,「三國志」シリーズ

<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Bloodborne」
ゲームバランスが良かったです。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「バケモノの子」
「おおかみこどもの雨と雪」に続く、「バケモノの子」は細田監督のアイデアと構成力が光るアニメファンタジーの秀作でした。特にシナリオが秀逸でしたね。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

日野晃博氏
「妖怪三国志」でご一緒していますが、常に新しい事に挑戦させるその姿勢と、次に何をされるのか、注目しています。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年1月28日に、「三國志」30周年記念作品「三國志13」が発売となります。ぜひプレイしてみてください。また、「仁王」にもどうぞご期待ください!

「三國志13」(PC / PS4 / PS3 / Xbox One
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



コーエーテクモゲームス
プロデューサー/執行役員
竹田智一

代表作:「大航海時代 Online」「大航海時代V」「信長の野望 201X」

写真は2015年9月に掲載したインタビューのものです
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Splatoon(スプラトゥーン)」
ビジュアルもゲーム内容も、最初に動く画面を見た瞬間に小さな子供から大人まで一瞬で引き込んでしまう魅力を感じました。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「あさが来た」(朝ドラ)
史実をもとにしながら、1回15分という制約の中でここまで多くの人に面白さや感動を伝えられるのは素晴らしいと思います。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

香川真司(ドルトムント)
あれだけの不振を乗り越えて縦横無尽に活躍している姿に、暖かく迎え入れてくれた古巣ともども熱いものを感じます。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

1月早々に、PS Vitaにて「信長の野望 201X」が基本プレイ無料で配信されます。
独特すぎる世界観と、いい塩梅に頭を使う戦術性が、ハマる方にはドハマりするともっぱらの評判です。(笑)
未体験の方はぜひチャレンジしてみてください!

「信長の野望 201X」(ブラウザ / iOS / Android
(C)2015 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



コーエーテクモゲームス
プロデューサー
早矢仕洋介

代表作:「ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ」「DEAD OR ALIVE Xtreme 3」

Twitterアカウント:@TeamNINJAStudio
写真は2015年9月に掲載したインタビューのものです
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ウィッチャー3 ワイルドハント」
ボリュームとそのクオリティ。
こういうゲームが世にでて楽しめる事にイチゲームファンとして非常に嬉しいです。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

全然パッと出てきません。。。
2015年は開発も遊びも「ゲーム」だらけだったかもしれません。。。

海外のデベロッパータイトルが多いのが残念ではありますが
とにかく面白いタイトルが多すぎました。
あと「ディシディア ファイナルファンタジー」の開発もあったので
アーケードに、よく通った1年でした。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

岩田聡さん
ゲーム業界の流れを創れる力をもっていた方で非常に残念ではありますが「岩田さんがいなくなったから、ゲーム業界がつまらなくなった」と言われるのは、もっとあってはならない事だと思います。
今、業界にいる一人として、盛り上げて次に繋げていかなければならないと強く想います。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年は「ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ」「DEAD OR ALIVE Xtreme 3」「仁王」とタイトルリリースラッシュです!

どのタイトルもジャンルも、方向性もまるで違いますが非常に楽しく仕上がってきていますので、ぜひお楽しみください。

「DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune」(PS4
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



コーエーテクモゲームス
ネットワーク3部 部長
松枝正樹

代表作:「信長の野望 Online」「100万人の信長の野望」「100万人のWinning Post」

<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Bloodborne」
ビジュアル・サウンド・テキストが絶妙に絡み合って、絶望的な世界観を創出していました。
「Demon's Souls」「DARK SOULS」とはまた違った雰囲気が楽しめ、素晴らしい一品だと思います。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ガールズ&パンツァー 劇場版」
ニッチなジャンルですが、製作陣の情熱が伝わってきました。
ファンが何を期待しているのかよくわかってらっしゃるのだと思います。
完成度の高さが、戦車に興味のない嫁をファンにさせてしまいました。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

習近平
アジアだけでなく世界動向のキーマンなので、ウォッチしています。
海外に目を向けることが多くなり、今まで以上にグローバル化の問題を実感しています。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

現在、スマホタイトルを開発中ですが、まだ発表できる段階にないので過去作について。
開発に携わったコンテンツの運営から離れて久しいですが、今も多くのお客様が遊んでくださっていることに感謝しています。
この場を借りてお礼を申し上げます。
今後も、お客様に楽しんでいただけるようなコンテンツやコミュニティのあり方を模索していきたいと思います。

「信長の野望 Online」(PC / PS4 / PS3 / DOCOMO
(C)2003-2014 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



コーエーテクモゲームス
プロデューサー,ディレクター
森中 隆

代表作:「討鬼伝」シリーズ,「真・三國無双」シリーズ,「采配のゆくえ」

写真は2014年8月に掲載したインタビューのものです
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」
私は開発に関わっていませんが、同じω-Forceの仲間たちが、苦心して送り出した作品です。
いちドラクエファンとしても「爽快アクションRPGのドラクエ」を楽しませてもらいました。
国民的ゲームとのコラボということで、大きなプレッシャーもあり、制作の過程も大変だったことは近くで目の当たりにしていました。
ただ、それ以上に開発者の持つ「ドラクエ愛」が勝っていて、どんな過酷な状況でも皆が高いモチベーションでぎりぎりまで創りこんでいたのが印象的でした。
開発者すらも奮い立たせるコンテンツパワーというのはつくづく偉大だなと感じます。
これからもゲーム会社ごとの強みを生かし、垣根を越えたタッグを組んで新しい作品を生み出していくことは、業界全体の発展のためにも重要です。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
膨大な数のエンターテインメントの中でも、期待感だけでもこれだけワクワクできるコンテンツというのは、やはり数少ないレジェンドでしょう。
近い未来が待ち遠しいと感じさせるエンターテイメントの存在は、私たち日々の生活の潤いに不可欠な要素です。
エピソード1以降はすべて我慢できずに公開初日に観てきました。
エピソード1の時、たまたま海外出張中のアメリカで観る機会があったのですが、オープニングタイトルが出た瞬間の場内の盛り上がりは凄まじく、割れんばかりの拍手と声援にあふれていたのが印象に残っています。
今回のエピソード7は日本での鑑賞でしたが、場内からちらほらと拍手が聞こえてきて嬉しくなりました。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

松岡修造さん
いまや急激な気候の変化があっただけでも、何かと話題にされる松岡さん。
日めくりカレンダーで100万部を超える驚異のヒットを飛ばした「まいにち、修造!」は、私のまわりでも何人か所有しているのを見かけました。
シンプルで「熱い」言葉でのポジティブな語りかけは、たまに心にささるものがありました。
「崖っぷち、だーい好き」の境地にはまだ至れてはいませんが。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

昨年9月にティザームービーを発表しました「討鬼伝」シリーズの最新作「討鬼伝2」
ハンティングアクションとしては初めてとなるオープンワールドシステムを採用し、新たなアクションシステム・ストーリー・キャラクターなど、新鮮な驚きをお届けできるよう制作を進めています。
近いうちに情報公開できると思いますので、是非ご期待ください!

「討鬼伝2」(PS4 / PS3 / PS Vita
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



コロプラ
プロデューサー
浅井大樹

代表作:「白猫プロジェクト」「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」

<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「MOBIUS FINAL FANTASY」
素晴らしい作り込みのグラフィックや演出、スマートフォンで実現させてしまう技術力、随所に散りばめられたFFらしさなど、スマートフォンゲームもここまで来たか、と改めて体感できるタイトルでした。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ジュラシック・ワールド」
まさに「映画館で観るべき映画」、エンターテインメントのお手本のような作品でした。
完全新作として観ても楽しめる上に、旧作を知っているとニヤっとできる要素が仕込まれている点なども、さすがのサービス精神だなと感心しました。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

今年に限ったことではないですが、将棋の羽生善治さんには常に注目しています。
「最強」の座はいつ明け渡されるのでしょうか。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2015年、「白猫」「黒猫」どちらもお世話ににゃりました!
本当に多くのユーザー様に楽しんでいただくことができ、心から感謝しています。
開発現場は既に2016年に向けて制作をはじめており、年末〜年始にかけ徐々に情報を出していけるのではと思っています。
来年も引き続き、両タイトルをお楽しみください!

150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け
「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」(iOS / Android
(C)2013-2015 COLOPL, Inc.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け
「白猫プロジェクト」(iOS / Android
(C)2014-2015 COLOPL, Inc.



comcept
代表取締役 /コンセプター
稲船敬二

代表作:「Mighty No. 9」「ソウル・サクリファイス」シリーズほか

<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Splatoon(スプラトゥーン)」
シューターというジャンルをよりカジュアルにして、子供から大人まで楽しめるようにアレンジしたことが素晴らしい。キャラクターデザインも秀逸で、任天堂のゲーム作りのレベルの高さを感じます。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

マッドマックス 怒りのデス・ロード
中学校の時に観に行った最初のMAD MAXに衝撃をうけ、ずっとファンでいて、久しぶりの新作に興奮。期待どおりの出来に大満足しました。
歳をとってもなお制作意欲に燃えて作ったジョージ・ミラー監督を尊敬します。
私も見習います。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

錦織 圭
自分自身、学生時代にテニスをしていて今もテニスをしますので、彼の活躍に勇気をもらいます。不利な状況の日本人が世界で活躍する姿は、自分自身にも投影しやすく、世界で活躍できるように私も頑張っていきたいと思います。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年はやっと念願のマイティNo.9を発売します。これを切っ掛けに更なる挑戦をどんどんやっていきたいと思います。
ReCore、RED ASHと新しいゲームも立ち上げられましたので、これらの制作にもより力をいれていきたいと思っています。
世界にアピールできる作品作り、頑張っていきたいと思います。

「Mighty No. 9」(PC / PS4 / PS3 / Xbox One / Xbox 360 / Wii U / PS Vita / 3DS / Mac
(C)Comcept Inc. Published by Deep Silver and Spike Chunsoft. All Rights Reserved.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



comcept
ディレクター
下川輝宏

代表作:「ソウル・サクリファイス」シリーズ

Twitterアカウント:@shimoteru
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Fallout 4」
これを書いてる時点ではまだ日本語版発売前です。記事が載ってる頃にはウェイストランドで冒険していると思います。

タイトル名:MOBA系のゲーム
今年になって「LoL」や「Vainglory」などを始めました。
Eスポーツの醍醐味を理解すべく、ちょくちょくプレイしています

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「キングスマン」(映画)
「キック・アス」を撮った監督の最新作。賛否はあると思いますが、個人的には大好きです。

「インサイド・ヘッド」(映画)
油断してたので涙腺ゆるみました。ピクサーは常に良作を出し続けますね。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

上橋菜穂子先生(小説家)
「鹿の王」が2015年の本屋大賞受賞。冒頭のシーンからグイグイ引き込まれました。読みかけだった「獣の奏者」もこの機会に読みました。
「精霊の守り人」もドラマ化が決まり、主演の綾瀬はるかさんがどんなバルサを演じるのか楽しみです。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

来年は自分の関わったプロジェクトが何がしか発表できるように頑張ります!

「ソウル・サクリファイス デルタ」(PS Vita
(C)2014 Sony Computer Entertainment Inc.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



Cygames
常務取締役 兼 総合プロデューサー
木村唯人

代表作:「神撃のバハムート」

Twitterアカウント:@KimuraYuito
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Bloodborne」
日本発のゲームには珍しい方向性での作りこまれた魅力的な世界観、キャラクター、アートが衝撃的でした。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「BORUTO ボルト -NARUTO THE MOVIE-」
ネタバレになるので詳細は避けますが、数年後という新しい舞台で人間関係がよく描かれていて、非常に楽しめました。サスケのベストがカッコ良かったです。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

天ノ川きらら
外見でも内面でも注目しました。
プリキュアシリーズに新風を吹き込んだ「小さな顔に長い手足」というキャラクターデザインが、モデルのきららちゃんに特にフィットし、女の子の憧れの存在となっています。黄キュアのあざとい可愛さの最終進化とうたわれる変身シーンは必見です。
また、才能と努力に裏打ちされた強い自信、高いプロフェッショナリズムから多くの名言を残しています。周囲を照らし、鼓舞する姿は正にきらめく星のプリンセスです。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年は去年以上に皆様に楽しみと驚きを届けるべく頑張ってまいります。
また新作Shadowverseもご期待ください!

「Shadowverse」(iOS / Android
(C)Cygames, Inc.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



Cygames
プロデューサー
春田康一

代表作:「グランブルーファンタジー」

Twitterアカウント:@HarutaKoichi
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Splatoon(スプラトゥーン)」
ゲームのジャンルの中でも(個人的に)難しいと考えていたTPSが、老若男女に受け入れられ、遊ばれている様子は、非常に驚きと喜びを感じ、学ぶ点が多い作品。ゲームデザインだけでなく、どうやったらプレイヤーの方に楽しんでいただけるのかが詰まった作品だと感じています。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「ジュラシック・ワールド」(4DX)
作品の完成度の高さと「ここまでやるか!?」という驚きの連続で、臨場感たっぷりの映画でした。映画感だからこそ出せる迫力と演出で、見ている人を感動させたいという作り手の気持ちが伝わってきます。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

自由廊 JIROさん
特殊メイクや様々な造形を手掛けるクリエイター。東京ゲームショウ2015 サイゲームスブースのグランサイファーを作ったのもこの方です。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「グランブルーファンタジー」は2016年で2周年を迎えます。物語の第1部である「ファータ・グランデ編」がいよいよ完結! そして第2部となる新たな物語が始まります。2015年プレイしてくだった皆さまも、これからはじめる皆さまも、さらなる壮大な物語を紡げるよう開発スタッフ一同励んでまいりますので、「グランブルーファンタジー」を2016年もよろしくお願いいたします。

グランブルーファンタジー(iOS / Android
(C)Cygames,Inc.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



サイバーコネクトツー
ディレクター/代表取締役
松山 洋

代表作:「ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン」「NARUTO−ナルト− 疾風伝 ナルティメットストーム4」

Twitterアカウント:@PIROSHI_CC2
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」
極上のエンターテインメントでした。たっぷり500時間以上は遊びましたね。今も遊んでいます。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

漫画「トリガー」
芸人のインパルス板倉さんが原作の小説の漫画版なのですが。久しぶりに衝撃を受けました。エンタメ感性&濃度が高い方はなんでも表現できるんだな、と本当に感銘を受けました。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

特に無いです。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

いよいよ2016年2月に「NARUTO−ナルト− 疾風伝 ナルティメットストーム4」がPS4で発売となります。我々自身が自分たちで“超アニメ表現の向こう側”を超える! と決めて実行して、成し遂げることができた、と思っている作品です。漫画の「NARUTO−ナルト−」のラストまでしっかり遊べます。極上の演出とプレイ体験をたっぷり楽しんで、感動して、震えて、泣いてください。
あと2016年に弊社は設立20周年を迎えますので、いろんなサプライズを用意しています。ぜひ、お楽しみに。

「NARUTO−ナルト− 疾風伝 ナルティメットストーム4」(PS4
(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C)劇場版NARUTO製作委員会 2014 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



ジェン・デザイン
ゲームデザイナー
上田文人

代表作:「人喰いの大鷲トリコ」

Twitterアカウント:@fumito_ueda
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

数少ないクリアまでプレイできたタイトルでいうと

「ダイイングライト」(PS4)
実は時間的に難しい状況なためオープンワールドタイプのゲームを遊ぶのはここ最近は躊躇していましたが、ゾンビアポカリプスということで惹き込まれ、制限の按配も調度良く最後まで一気にプレイしました。

「Ori and the Blind Forest(オリとくらやみの森)」(Xbox One)
ビジュアル、サウンド、タッチフィーリング、どれも高品質。もう少し難度が低くければ多くの人にお奨めしやすかったかも。

「Oddworld: New ’n’ Tasty」(PS4)
初代PlayStationの「エイブ・ア・ゴーゴー」のリメイクではありますが、今でも充分楽しめました。

「GROW HOME」(PS4/PC)
力み過ぎない独特の雰囲気にゆったりと惹き込まれました。

「Brain Dots」(iOS)
お絵描き物理ゲーム。空いた時間にもっとも触ってたゲームかも。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ゲーム・オブ・スローンズ」第5章
あまりすっきりとしない終わり方だっただけに次章が待ち遠しい。

「家、ついて行ってイイですか?」(テレビ東京)
初対面では人の中身はわからない、ということがわかる番組。

「テラスハウス」(Netflix)
これまで観たことがなかったんですが、Netflixで配信されているのをたまたま観て……恋愛コンテンツの普遍的な強さとリアリティ(を感じさせる事)の大事さを感じました。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

任天堂 岩田さん
Nintendoダイレクトでのお元気な姿が印象的だっただけに衝撃も大きかったです。
いつかまたお会いしてアドバイスをいただきたかったです。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「人喰いの大鷲トリコ」ですが、2014年末あたりからSCEさん含め、いよいよ本腰を入れた制作状況となった事もあり、2015年は個人的にも忙しい一年でした。
また、E3、TGS、PSXと立て続けに出展イベントがあり、何かしら出せたこと、お客様のリアクションがあったことがスタッフ一同、励みになりました。
長らくお待たせしてしまっていますが、発売に向けて新情報を公開していくと思いますので、もうしばらくお付き合いください。

「人喰いの大鷲トリコ」(PS4
(C)Sony Computer Entertainment Inc.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



ジニアス・ソノリティ
代表取締役社長
山名 学

代表作:「電波人間のRPG FREE!」「ポケとる」

Twitterアカウント:@ManabuYamana
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー」
デコレ部分だけをパッケージソフトにしてしまうというところに注目しました。私も購入しましたが部屋のデコレは良くできており満足しました。本編の続編がますます楽しみになりました。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
広告やPVに出てきた敵の車の見た目とその人物たちが凄すぎて思わず観に行ってしまった。
荒廃した近未来を舞台にしているが、映画と言うだけあってその映像に惹きを感じた作品。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

岩田聡
ゲームに関わる者全てに大きな影響を与えた方。そして自分にとっての恩人。
私はMOTHER2の時に、ほんの少しだけお手伝いさせて頂いたことがありました。それをキッカケに岩田さんが主催する勉強会等に参加し、これまでゲームや技術、商品設計に対する様々なことを学ばせて頂きました。これらの事は私のゲーム作りに大きな影響を与えております。今年5月にお会いした時にはお元気そうでしたので、今回の逝去は大変ショックでした。今後、岩田さんの残した多くのメッセージを読み解いて行きたいと思います。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年は既にリリース済の「電波人間のRPG FREE!」「ポケとる」に注力していきたいと思います。次回作の準備も始めたいと思っています。宜しくお願い致します。

150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け
「電波人間のRPG FREE!」(3DS
(C)2014 Genius Sonority Inc. All Rights Reserved.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け
「ポケとる」(3DS
(C)2015 Pokémon. (C)1995-2015 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. Developed by Genius Sonority Inc.



ジンテーゼ
代表取締役、作家
北島行徳

代表作:「428 〜封鎖された渋谷で〜」(シナリオ)「閃乱カグラ」シリーズ(シナリオ)「モンスターストライク」(3DS版シナリオ)「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」(シナリオ)「ハマトラ」(漫画原作)「ブブキ・ブランキ」(アニメ脚本)

Twitterアカウント:@y_kitajima
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「雷子」
三国志の猛将が美少女にアレンジされて死にまくるというシミュレーションゲームです。文字にするとかなり変な感じがしますが、日本のゲーマーなら問題なく受け入れられる設定でしょう(笑)
シミュレーションゲームというより、どちらかというノベルゲームなので、公式HPのOPを見て、ピンときたらぜひ遊んでみてほしいです。
周を重ねるごとに盛り上がっていくシナリオは本当にいい出来です。

タイトル名:「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」
コンシューマ並みのモデリングで、スマホでここまでという衝撃……そして、このゲームをやりこんでいたことで、またさらなる衝撃が私を待っていたのでした(次の質問に続く)。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「アイドルマスター シンデレラガールズ」
24話でしまむーがs(mile)ingを唄ったときに涙腺が結界し、妻と娘に気持ち悪がられる。いや、わかってくれとは言わない。言わないけど、笑顔が取り柄だった普通の子が「笑顔なんて、笑うなんて誰でもできるもん。なんにもない。わたしにはなんにも!」と落ち込みながら、それでも最後に最高の笑顔を見せたんですよ!? 泣くでしょ、普通!

群青にサイレン
高校野球の漫画でまだ1巻が出たばかりですが、もうすでにアニメ化候補って感じのオーラが漂ってます。邪悪でコンプレックスの塊の主人公と、純粋で健気なイトコのキャラがいい。これはもう女子が放っておいかないのでは。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

ロンダ・ラウジー
女子柔道の銅メダリストで、UFCの女子総合格闘家。UFCデビュー以来、ずっと追いかけてきたのですが、とうとう初黒星を目の当たりにすることに。美しく強かった彼女が鼻血を出して失神……久し振りに格闘技のせつなさを味わいました。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年1月9日は、シリーズ構成と脚本をイシイさんと担当したアニメ「ブブキ・ブランキ」がスタートし、なおかつ私も出演している障害者プロレスのドキュメンタリー映画「DOGLEGS」の公開初日でもあります。どちらも観ていただけると嬉しいです。
ゲームの方では、4月21日にシナリオを担当した「UPPERS」(アッパーズ)が発売されます。カグラの高木さんとのタッグです。
来年もシナリオを担当したたくさんの作品を発表できると思います。これからもよろしくお願いします。

「DOGLEGS」
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月22日〜04月23日