オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/12/29 00:00

企画記事

150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



セガインタラクティブ
第三研究開発部 シニアプロデューサー
新井健二

代表作:「頭文字D」シリーズ,「THE WORLD of THREE KINGDOMS」「maimai」「CHUNITHM」

写真は2015年5月に掲載したインタビューのものです
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「コール オブ デューティ ブラックオプスIII」
このタイトルは衝撃を受けたとかではなくて、待ちに待ったタイトルなんです。コールオブデューティーは無印の頃から(しかもPC版)遊んでいて、とにかくマルチプレイが楽しくて楽しくて。

今回も今作の為にPCのグラボやキーボードを新調しましたから!
開発元も個人的な好みにあったトレイアーク社ですし、発売前から本当に楽しみで楽しみで。

正直、遊び初めは前作(アドバンスド・ウォーフェア)とかなり遊び心地が違い戸惑いましたけど、新しいゲーム性に自分を合わせていくのもこのタイトルの醍醐味のひとつだと思っています。

いまでも毎夜コール オブ デューティーが元で知り合ったフレンド達とマルチプレイで遊んでいます。

重厚な物語をクリアしていく「キャンペーンモード」も当然楽しいですが、やはり対人戦のマルチプレイモードが一番です。

対人戦の楽しさ。これはゲームセンターでの対戦ともつながる興奮と楽しさだと思っています。

あ。ただ次回作があるとしたらまた「モダン・ウォーフェア」の世界観で遊んでみたいです。「もし世界情勢がこんな事になったら。。。」といった重厚なストーリーと世界観を体感したいです。やっぱり僕は「ごっこ遊び」的なゲームが好きみたいです!

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

2015年公開ではないのですが、2015年に初めて観たという事で海外ドラマの「FARGO」(ファーゴ)を紹介させてください。

冴えないアメリカ地方都市の営業マンがひょんな事から殺人事件に巻き込まれていく、、、その「日常」から「狂気」が滲み出ていく展開に目が離せません。

唐突に起きる人生の転機。そして死。

主人公を演じているマーティン・フリーマン(映画ホビットの主役ですね)の演技に裏打ちされた、しっかりとした脚本。ちょっと残酷な描写もあるので子供には見せられませんが「最近のドラマはつまらないなぁ、、、」なんて感じてる人は是非観てください!

このドラマは1996年にコーエン兄弟によって制作された同名のカルト的な人気のある映画がモチーフになっているのですが、そちらを先に観ると更におもしろさが増すと思いますよ!

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

元UFC世界女子バンタム級王者のロンダ・ラウジーです。彼女は元柔道家でありオリンピックで銅メダルを獲得した実績がある格闘家です。

世界最高峰の格闘技の舞台であるUFCでデビューして以来、負け知らずのまま女子バンタム級のチャンピオンになりました。世界中でブームと言える(日本はちょっと、、、)ムーブメントを起こし、格闘界のアイコンとなりました。

そのラウジーが先日、ダークホース(と見られていた)のホーリー・ホルムに衝撃の失神KO負けを喫してしまいました。試合内容はホルムの一方的な展開でフィニッシュは左ハイキック。言い訳のできない敗北です。

しかしこの負けからどのようにラウジーが立ち上がるのか。ホルムとの再戦はあるのか。圧倒的強者から敗者になったラウジーの今後にメチャクチャ注目してます。
僕が格闘技を好きになった理由は「敗者」から「勝者」になる過程にとても勇気づけられるからです。
これを書いてて涙目になってきましたよ、、、ラウジー、俺応援してるから!(涙目)

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年も「チャレンジ」を念頭にゲーム開発をします。下町ロケットに影響されまくってる中年ですからね!

「maimai PINK」(アーケード
(C)SEGA
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け
読者のみなさんも小さい事(嫌いなしいたけを克服するとか)から大きな事まで(みんなが感動して遊ぶのを止められないゲームを作るとか)色んな事に一緒にチャレンジしましょうよ。

あ、音ゲーの「maimai」「CHUNITHM」(チュウニズム)もチーム一丸となってこれから更に盛り上げていきます!みなさんの応援何卒よろしくお願い致します!



セガゲームス
ディレクター
川端真之

代表作:「セブンスドラゴンIII code:VFD」

Twitterアカウント:@7thD_Official
写真は2015年10月に掲載した記事のものです
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「スーパーマリオメーカー」
エディット系のゲームというのは、なんというかこう不思議な面白さが作れるなあ……と、あらためて思いました。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」
1話を観て「こういうガンダムを待ってた!」と思いました。ガンダムは自分に合う作品とそうでない作品が極端で、そこが面白くて毎回楽しみにしています。映画では「心が叫びたがってるんだ。」の主題歌がとても作品に合っていて印象に残りました。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

三輪士郎さん
「セブンスドラゴンIII code:VFD」の開発でも多くの刺激を受け、あらためてファンになりました。すでに「ジョーカー・ゲーム」や「キズナイーバー」、「RWBY」など、たくさんの作品が発表されていて、今から楽しみです。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2015年は「セブンスドラゴンIII code:VFD」を発売しました。楽しんでいただけていると嬉しく思います。体験版もありますので3DSをお持ちでしたらぜひ遊んでみてください。非常にシンプルなシステムのRPGですので気軽に楽しんでいただけると思います!
2016年は新たな仕込みの時期になりますが、まずは「『セブンスドラゴンIII code:VFD』オリジナル・サウンドトラック&ソングス」が12月23日に発売されましたのでこちら聴きながらお待ちいただければ!
ということで今後ともセブンスドラゴンシリーズをよろしくお願いします!

「セブンスドラゴンIII code:VFD」(3DS
(C)SEGA
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



セガゲームス
シリーズプロデューサー
酒井智史

代表作:「ファンタシースターオンライン2」

写真は2015年3月に掲載したインタビューのものです
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「スーパーマリオメーカー」
ユーザークリエイティブと動画との連携など、慣れ親しんだコンテンツの新しい挑戦の多かった年だったと思いました。最近の任天堂さんはニンテンドーダイレクトはもとより、プレイ動画や実況動画との親和性を高めていて、非常に使い方が上手いと感じます。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

エンターテイメントコンテンツではないかもしれませんが、「メカニックデザイナー 大河原邦男展」には衝撃を受けました。デザイナーとして、80年代ロボット好きとして、当時の設定画に紡ぎだされたひとつひとつの線に感銘を受けずにはいられませんでした。
またこれは希望的観測ですが、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」とさせてください。
小学生から追ってきたスターウォーズの待望の続編と言う事で、とても期待しています。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

今年もやっぱりKPOPと少女時代に注目していますが、今年デビューのKPOP女性グループは非常に粒揃いで次世代にも注目しています。個人的オススメグループは「LABOUM」「Oh My Girl」です。(毎年誰もわからないネタですみません……。)

そして私事ですが、11月に第1子が誕生しましたので、今は第1子に大注目しています。
とは言え、まだ嫁さんが実家であまり会えてはいないので、これからの成長に注目していきたいと思います。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2015年はPSO15周年、と言う事で様々なイベントを展開し、新たな挑戦なども行いました。2016年はいよいよ「PSO2」のTVアニメのスタートと、EPISODE4での新惑星「地球」の登場と言う新展開により、年始に大きな話題をご提供できると思います。さらに、春からはPS4版でのサービスも開始されたりと、話題の大きいニュースが次々に登場しますので、今年はこれまでにも増して「PSO2」が注目されることになっていくでしょう。
「PSO2es」も新ストーリーがスタートしたり、「ウェポノイド」が大好評と波に乗ってきています。2016年はもう一度「PSO2」を始めてみようとか、そろそろ「PSO2」やってみようかな? と思っている方には最適な機会と思いますので、ぜひ一度「PSO2」の情報にも触れていただければと思います。
これからも「PSO2」とファンタシースターシリーズにご期待ください!!

「ファンタシースターオンライン2」(PC / PS4 / PS Vita
(C)SEGA
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



セガゲームス
ディレクター
寺田貴治

代表作:「サクラ大戦」シリーズ,「ファンタシースターポータブル」,「戦場のヴァルキュリア」ほか

Twitterアカウント:@Terra_cap
写真は2015年6月に掲載したインタビューのものです
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Splatoon(スプラトゥーン)」
地面を塗るFPS系ゲームと言われて「??}という感じでしたが、銃を使うFPSバトルが上手くなくても、ちまちま塗ってるだけでもチームの勝利に貢献できるという、新しい「参加」の形を提案したFPSだと思います。

最初はコンテンツを絞って投下し、徐々に魅力的な武器・アクションを増やしてゆくところも、初心者に少しずつ慣れて遊んでいって欲しいということだと思います。
こういう部分も、「FPS系のゲームはとっつきにくい」ということを理解したうえで広く遊んでもらえるようチャレンジしている感じが出ていて好印象ですね。

あと、水(ペンキ)の表現は何気ないところですが、「一番重要なところ」なので実は相当技術が使用されているように見受けられます。
色々と個人的にチェックさせていただき、技術面でも感心したのを覚えています。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

2期終了から映画までの盛り上がりの凄さという意味で、「ラブライブ!」は印象的でした。
「ラブライバー」という言葉に代表されるファンの熱狂ぶりは、最近のコンテンツの過熱感としては非常に珍しいものだと感じます。
1期のアニメ放映初期はそうでもなかったタイトルだと認識していますので、やはりタイトルをクオリティ高く、大事に維持して育ててきた結果なんだと思います。
このあたりは見習うべきポイントですね。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

今制作に関わっているからというのもありますが、ゲームセンターの有名プレイヤーさんたち、大会を開いていただいている店舗スタッフさんにはずいぶん注目させていただきました。時には楽しく、時には熱くプレイしていただいている姿に、ずいぶんと力をいただいたと思います。2016年も変わらぬ応援、よろしくお願いします。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION」は、2016年にまず家庭用要素をアーケードに戻してゆく流れが起こります。
家庭用、AM版共にさらなる追加キャラクターや追加要素が出てきたりするかどうかは、続報にご期待ください。
私自身、常に遊び心を忘れず、新しいものに挑戦してゆきたいと思っていますので、電撃FCだけでなく、そろそろ何か新たなタイトルも企画してゆきたいですね。

「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION」(アーケード / PS4 / PS3 / PS Vita
(C)SEGA (C)2014 KADOKAWA アスキー・メディアワークス
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



セガゲームス
取締役/「龍が如く」シリーズ総合監督
名越稔洋

代表作:「龍が如く」シリーズ

写真は2015年3月に掲載した記事のものです
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「スーパーマリオメーカー」
作り合う。遊び合う。見せ合う。コメントし合う。新しいゲームソーシャルの形というものをゲームメーカー各社は必死に探っていると思いますが、その結論のひとつに対してあっさり答えを出してしまったという感じ。脱帽の作品です。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画で面白かったのは「セッション」。理由はその眼で確認して欲しいところですが、セリフの中には現れない強烈なメッセージが、演者の芝居から見事に引き出されているディレクションにビックリしました。ラストカットは忘れられない。しばらくこんな映画は出ないでしょうね。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

特にはいません。ちなみに来年に向けては海外進出を果たそうとしている日本人映画監督がどう評価されるかを楽しみにはしています。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

1月21日発売の「龍が如く極」を是非お楽しみに。大幅な新規シーンの追加、従来シーンも演出はかなり変えました。ボイスもほぼ全て新規収録です。それらによってより深く、この作品の魅力が深まったと確信しています。ゲーム性も同じく、生まれ変わった完全な姿を堪能して欲しいです。龍が如く6の体験版コードも封入されています!

「龍が如く 極」(PS4 / PS3
(C)SEGA
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



セガゲームス
プロデューサー
野中竜太郎

代表作:「戦場のヴァルキュリア」「サクラ大戦3〜巴里は燃えているか〜」ほか

写真は2014年6月に掲載したインタビューのものです
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Afterpulse」
グラフィックのハイエンドさと言語対応の多様さを含めて、感心というか「モバイルタイトルにもこういう時代が来たのか」とショックを受けました。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

Deafheaven「New Bermuda」。前作「Sunbather」で賛否両論を巻き起こし、本作もメタルファンからの物凄い注目の中でリリースされましたが、素晴らしい出来のアルバムだと思います。自分たちのスタイルを貫き通す強さを感じました。同じ理由でWith The Deadの1stアルバムも良かったです。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

サッカー元日本代表監督の岡田武史氏がFC今治でやろうとしている壮大な計画には常に注目しています。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION」で引き続き、AC展開を含めた動きがあると思います。
少し違ったテイストのことも出来ればやってみたいですね。

「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION」(アーケード / PS4 / PS3 / PS Vita
(C)SEGA (C)2014 KADOKAWA アスキー・メディアワークス
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



セガゲームス
「ぷよぷよ」シリーズ総合プロデューサー
細山田水紀

代表作:「ぷよぷよ」シリーズ

Twitterアカウント:@hosoyamada_mizu
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Splatoon(スプラトゥーン)」
発売日に購入して数か月たってから気づいたのですが、比較的複雑な操作が必要なゲームにもかかわらず、そこそこゲームをプレイする知り合いの女の子たちが、本作のためにWii U本体ごと買ってプレイしていて、しかも「ウデマエ A」にするなど、かなりやりこんでいるのを知りました。ふだんFPSなどのゲームをプレイしない方々のモチベーションをここまで高められるゲームをじっくり作って、イベントを定期的に行い、長期的に展開を図る部分はすばらしいと思います。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

TBSドラマ「下町ロケット」です。鹿児島県出身ということもあり日々のニュースにほぼ毎日のように種子島宇宙センターのニュースが入り、劇中主人公の所属する「佃製作所」のある東京都大田区もセガゲームス羽田オフィスが同じ区内にあることから、もともと親しみを感じていました。その上、劇中に登場する「佃製作所」(ロケ地:桂川精螺製作所)、土手(ロケ地:江戸川河川敷)から徒歩30秒〜5分以内の場所に自分や親せきが以前住んでいたりしていたことから、ゆかりのある風景が多い中で、劇中の登場人物が開発に没頭するシーンはより感情移入しやすいと感じました。
「日本クライン社屋」は、弊社のグループ会社である「サミー川越工場」がロケ地となっており、その他にも過去によくお伺いした場所も数多く登場しています。開発に没頭するシーンも多く、開発もっと頑張ろうと勝手にテンションを上げておりましたが、今年最も印象に残りました。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

ラグビー日本代表チームです。親の影響や出身大学が古豪であることからラグビーの試合はよく見ていて、「ラグビーワールドカップ2015」の南アフリカ代表戦もリアルタイムで観戦しておりましたが、試合終了間際に勝負をして逆転するという瞬間は最高でした。スタジアムのファンも途中から日本でプレイしているかのような雰囲気となり、日本代表チームもその連帯感を感じられる気迫とプレイの連続でした。ラグビーは実力がそのまま得点に反映しやすいスポーツであると言われていますが、それだけに運だけではない日本代表の実力向上が今回の勝利につながっていたと感じました。チームを作り上げたチームや関係者はすばらしく、今後の活躍も期待しています。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2015年は2月に26時間放送した「ぷよきねんテレビ」生放送、5月にシリーズ初の舞台化「ぷよぷよ オンステージ」開催、11月に「ぬりけし」で遊ぶiOS/Android「ぷよぷよ!!タッチ」リリース、お買い求めやすい価格となった3DS/Wii U/PS4/PS3/PS Vita/Xbox One「ぷよぷよテトリス スペシャルプライス」を発売しました。その他、iOS/Android「ぷよぷよ!!クエスト」やゲームセンターで基本プレイ無料の「ぷよぷよ!!クエスト アーケード」も2周年を迎えるなど、数多くの方に「ぷよぷよ」シリーズに触れて頂く機会も増えたと感じています。

2016年は「ぷよぷよ25周年」ということで、現在いろいろなことを考えております。今までにやったことのないことにもチャレンジしようとしておりますので、ぷよテト・ぷよクエ・ぷよクエAC・ぷよタッチなどと一緒にみんなで盛り上げて頂けると、うれしいです。「ぷよぷよ」引き続き応援よろしくお願いします!

「ぷよぷよ!!タッチ」(iOS / Android
(C)SEGA
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



セガゲームス
チーフディレクター
松永 純

代表作:「チェインクロニクル」「戦国大戦」「三国志大戦」シリーズ

<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Hearthstone: Heroes of Warcraft」
本格トレーディングカードゲームをこんなに簡単にして、それでいて面白さが減るどころかさらに深くなっているとは! と驚愕しました。対戦コアゲームが流行りだすかもとか、ここのゲームデザインの工夫はすごいとか、学ぶことが多いですが、そんなことよりも何よりも、とにかく普通に楽しいです。バイト代をぜんぶBOX購入に注ぎこんでいた時代を思い出します。パックを開く、カードをめくるめくるめくるめくるめくる。パックを開く、カードをめくるめくるめくるめくるめくる。これであのデッキ組める! 幸せです。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

伊藤計劃さんの残した長編3作を映画化するノイタミナムービーの三部作の二作目、「ハーモニー」がものすごく印象深かったです。この作品、原作がストーリーも世界観もめちゃくちゃ独創的なんですけど、その原作再現が本当に完璧で! で、こんなに原作再現が完璧な作品もひさびさだと思っていたら、本当に微妙な、原作では描かれていないキャラクターの表情とかセリフの微妙な違いで、ストーリーは最後まで全く同じなのに、原作とは違う結末に到達するという離れ業をやってのけていて、そこに最高にシビれました!
すごい。物語をリメイクする技術がものすごいです。その点では、血界戦線のリメイクも超熱かったです。原作の内容そのままでオリジナル展開を縦軸で入れるとか! 今年はリメイク良かったです。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

その流れで、ハーモニーの脚本は誰が書いてるんだろうと調べたら、ノイタミナの編集長をずっとやっていた、山本幸治プロデューサーが脚本をやってるんですね。驚きました!

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年は、「チェインクロニクル」の第2部クライマックス、そして第3部と、怒涛の展開を行っていきますので、どうかご期待ください! またさらなるチャレンジも、いろいろ前のめりにやれればと思っています。2016年も宜しくお願いします!

「チェインクロニクル」(iOS / Android
(C)SEGA/(C)SEGA Networks
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



セガゲームス
プロデューサー
本山真二

代表作:「ワールド エンド エクリプス」「戦場のヴァルキュリア」シリーズ

Twitterアカウント:@syindy1807
写真は2015年12月に掲載したインタビューのものです
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「VainGlory」
スマホ、タブレットでここまで本格的なMOBAが楽しめるなんて衝撃でした。ビジュアルも素晴らしいですし。PCのMOBAより簡略化されている部分はありますが、きちんと上手く落とし込めているので気になりませんでした。きちんと1プレイの時間が考慮されているので、程よい満足感を得られつつ、スマホでプレイしていても苦痛ではない所が良いなと。プラットフォーム問わず、こういうコアゲームがどんどん増えると、個人的にはどこでもゲーム漬けになれてありがたいです。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

月並みかもしれませんが、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」でしょうか。初めから終わりまで、振り切れそうなテンションがノンストップで続くという、見終わった後に清々しい疲労感のある映画でした。
そして何度見ても、あの銀スプレーだけは「どんな味なのかな……」と心配してしまいます。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

特になしです。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年は、これまで以上にハイスピードで開発に取り組んでいきたいと思います。「ワールド エンド エクリプス」は、いきなりマルチプラットフォーム展開という高難度プロジェクトですから、ぼーっとしてる時間はありません。改善と新要素の実装と、スタッフ全員で楽しみながら開発を続けていきたいと思います。

「ワールド エンド エクリプス」(PC / PS Vita / iOS / Android
(C) SEGA
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



セガゲームス
「龍が如く」シリーズプロデューサー
横山昌義

代表作:「龍が如く」シリーズ

Twitterアカウント:@yokoyama_masa
写真は2015年9月に掲載したインタビューのものです
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」
ユーザー、作り手、そして業界人として、大きな衝撃を与えてくれた作品。
発売までの時間、経緯、そして作品を取り巻く話題の数々。色々な意味で、二度と巡り会えないエンタテインメント作品だと思います。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

TBSドラマ「下町ロケット」。何もかもが素晴らしいです。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

ビートたけしさん。凄かったです。来年皆様にもその凄さをお伝えできると思います。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

今年「龍が如く」は10周年を迎えることができました。これまで応援して頂いたファンの皆様有難うございます。2016年は、「龍が如く」にとって色々な意味で「節目の年」になると思います。これまでの感謝、原点の魅力と最新のエンタテインメントの融合である「龍が如く 極」に始まり、龍が如くスタジオの新たなステージへの第一歩となる「龍が如く6」もリリースを控えています。どうか我々のチャレンジにご注目ください。

「龍が如く 極」(PS4 / PS3
(C)SEGA
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



ソニー・コンピュータエンタテインメント
JAPANスタジオ クリエイティブディレクター
外山圭一郎

代表作:「GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動」

Twitterアカウント:@K_Toyama
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Her Story」(PC / Mac / iOS)
いわゆるインディゲーム界隈から新しい試みのものが色々と出てくる状況ですが、今年はこれが一番新鮮に感じました。固定カメラで尋問の記録、映像の断片をワード検索で取り出してひたすら見ていくだけなのですが、その過程でイメージしていた主格のビジョンがコロコロ変わっていったり。英語の文法に起因するミスリードが秀逸で、「何でここでwe?」みたいな伏線や、その意味が分かった時に脳内に構築した世界がガラリと崩れるような変化に唸らされることが多々ありました。しかもどうアプローチされるかは完全にユーザーに委ねられている大胆さは本当に凄いと思います。
英語は苦手なので翻訳エンジンを駆使して、エクセルで時系列管理して……という体験も方眼紙にマッピングしていた大昔を思い起こして楽しかったです。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

東村アキコ先生「かくかくしかじか」(の完結)
実は最近になって一気読みでしてすみません。美大出身だったりエンタメ仕事だったり、そして何より出身地が近いことでシンパシーを感じてしまう東村先生ですが、この作品は特に土地勘が働いて相当感情移入してしまいました。作中に登場する日高先生には年配の宮崎人(でたまに出会う)特有のメンタルみたいなものを感じてぐっときます。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

シネマ・ノヴェチェント」支配人、箕輪克彦さん

シネマ・ノヴェチェントは比較的ご近所なのですが、なんとこのご時世に新規オープンした35mmフィルム映画館。席は28席(吉祥寺バウスシアターより移設!)で自称「日本最小の映画館」。カラオケスナックを改装したのでバーも営業しており、週末イベントとなると有名監督、有名俳優を招いてのトークショー&懇親会で、そのあまりの距離の近さに参加者がビビるみたいな……。ブログでのその準備から現在に至るまでの悪戦苦闘の記録は、今年最も楽しんだコンテンツでした。

イベントによってはゲストより観客の方が少なかったり、最悪お客さんゼロなんて事もあるそうで、僕なんか気が弱いのでそれはもう想像するだけで胃が痛くなるのですが、箕輪さんは一切クヨクヨしたり弱気になったりしないんです。面白いと思った企画をやる! 来た人を楽しませる! ただそれだけを考えてひたすら前のめり。色々と勇気づけられる人でありまして、ギリギリ感溢れる経営なので細々と観支え、飲み支えしていこうかと思っております。何だか人選びそうな小屋にも見えますが全然そんなことありませんので、興味が湧いたらお気軽に訪問してみてください!

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

何と言っても「GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編: 上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択」の発売に全てをかけています! 制作のピークの傍らイベントなども可能な限り参加していきたいですし、スペシャルアニメーションの詳細をはじめ、まだまだ未発表の施策も準備していますので、是非ご期待ください!

「GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択」(PS4
(C)2015 Sony Computer Entertainment Inc. Development for the PS4 version by Bluepoint Games, Inc.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



ソニー・コンピュータエンタテインメント
JAPANスタジオ プロデューサー
鳥山晃之

代表作:「Bloodborne The Old Hunters」「Bloodborne」「ソウル・サクリファイス デルタ」「ソウル・サクリファイス」

Twitterアカウント:@TORIYAMA_SCE
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「XenobladeX」
自分はJRPGのゲームデザイナー出身という経緯もあり、JRPGの大作を真っ先に注目するのですが、中でも「XenobladeX」(ゼノブレイドクロス)の惑星ひとつを丸ごと冒険できるという広大なオープンワールドや、ユーザーが能動的に遊べる考え抜かれたゲームデザインには圧巻されました。
スタッフの気合いと根性で作り込まれた、JRPGの未来が見える意欲的なタイトルですので、JRPGファンの皆さんにはぜひ一度は遊んで頂きたいです。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

Star Warsファンとしては、「Star Wars: The Force Awakens」と書きたいのですが、実はまだ観に行けていませんので、マーベルコミックスのヒーローが一堂に会したアクション「Avengers」の続編である「Avengers: Age of Ultron」の名を上げさせて頂きます。
身勝手なヒーローたちが固い信頼関係で結ばれた前作の後、どのように展開させるのかと気になっていたのですが、今作ではヒーローたちを葛藤させ、新たな対立関係へと昇華させるだけでなく、これまでのマーベル・シネマティック・ユニバースの統括と、新たなシリーズ展開の伏線をふんだんに盛り込むという見事な展開になっていたので、その手法にいたく感心しました。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

今年の7月11日に永眠されました任天堂元社長の岩田 聡氏です。
天才プログラマーとして、経営者として、そして「心の底ではゲーマー」だった岩田氏のご功績は皆さんもご存じだと思いますのであえて書きませんが、あまりに早すぎる逝去に残念でなりません。謹んで哀悼の意を表します。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

4Gamer読者の皆様、PlayStationユーザーの皆様、「Bloodborne」「Bloodborne The Old Hunters」で狩人たちの死闘を存分にお楽しみ頂けましたでしょうか。
2016年も意欲的なタイトルをお届けできるよう頑張りますので、今後ともSCE JAPANスタジオの応援をよろしくお願い致します。

「Bloodborne The Old Hunters Edition」(PS4
(C)2015 Sony Computer Entertainment Inc. Developed by FromSoftware, Inc.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



ソニー・コンピュータエンタテインメント
JAPANスタジオ シニアプロデューサー
本村健太郎

代表作:「Bloodborne The Old Hunters」「ソウル・サクリファイス」「白騎士物語」「ワイルドアームズ」

Twitterアカウント:@motomurakentaro
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」
(厳密には違いますが)「ドラクエ」と「無双」が組み合わさるとこうなるのか!
という分かり易い方程式にまずはガツンとやられました。
が、それだけに留まらず。波に乗っている最中に早々と続編の発表という展開の早さと、「これ次はマルチで遊びたいよね。」と思わせておいての次回作では勿論マルチ実装も発表。
という計算されまくった動きもまた素晴らしかったです。
作品もそうですが、展開含み、全てにおいて"分かり易い"のインパクトを与えまくった一連の全てが素晴らしかったです。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ジュラシック・ワールド」
単純明快。頭空っぽにしながら楽しめるハリウッド映画でしたが、前作を知らなくてもバッチリ楽しめるのは当然ながら、前作を知ってる人程、随所に散りばめられた伏線やら演出がとても楽しい映画でした。
今後、旧IPの続編をゲームで出す際には、これ位大胆に。でも知らなくても全く遜色がない。
と言う絶妙なバランス感覚を大事にしたいな、と色々と勉強になりました。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

岩田 聡さん
直接お会いした事は御座いませんが、訃報をお聞きした際には、とても大きなショックを受けました。
明るいニュースではないですが、ゲーム業界において今年一番の衝撃だったと思います。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

今年は「Bloodborne」に始まり、「Bloodborne The Old Hunters」で終わる一年でした。
今は最新作が出たばかりなので、その先の事よりもまずは「The Old Hunters」を宜しくお願い致します(笑)
冬休みにじっくりと腰を据えて遊ぶには最適だと思いますので、まだ未プレイの方がいらっしゃれば、この機会に是非遊んでみて下さい!

「Bloodborne The Old Hunters Edition」(PS4
(C)2015 Sony Computer Entertainment Inc. Developed by FromSoftware, Inc.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



ソニー・コンピュータエンタテインメント
JAPANスタジオ プロデューサー
山際眞晃

代表作:「Bloodborne The Old Hunters」

Twitterアカウント:@giwamasa
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ウィッチャー3 ワイルドハント」
「Bloodborne」と同年にリリースされる大型RPGということで、発売前からかなり意識したタイトルであり、そして発売後も評価やセールス、いくつかの賞において常に一歩先にいる悩ましい存在でした(笑)。しかし、実際にプレイして、細部までのゲームの作り込みや、発売後の無料DLC配信など、「ユーザーの方々を喜ばせたいからやっているだけ」だと言わんばかりの強い自負のようなものに触れ、今では良きライバルだと勝手に思っています。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「おそ松さん」
リメイク作品のターゲットを新規層に定めた戦略に新しさを感じました。リメイクするときは大体ターゲットは従来のファンということが多いと思いますが、「おそ松さん」では完全に新規層をターゲットとして、そこを獲得するために様々な仕掛けを用意しています。1話目のパロディ回はまさにそうした狙いが詰め込まれた回に感じました。ゲームも歴史が長くなってきたので、昔のタイトルを知らない人が多くなっています。そうした作品のリメイクを行うときの手法のひとつとして可能性を感じます。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

宮間あや選手
2011年の感動から4年、今年もFIFA女子ワールドカップには胸が熱くなりました。試合はもとより、その期間中に宮間選手の特集を目にする機会があったのですが、非常に優れたリーダーシップに感銘を受けました。技術が優れているだけでなく、控え選手や裏方さんへの配慮や、女子サッカーや所属クラブに対しての強い想いや責任感など、優れた人間性があってこその、あの存在感なのだなと思いました。チームを引っ張る人間として参考になることが多く、尊敬します。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2015年は手がけた二つのタイトルである「Bloodborne」「Bloodborne The Old Hunters」を発売できて素晴らしい年となりました。本作は、PlayStation 4の完全新作で、難易度が高く、ダークな世界観が特徴なゲームということもあって、多少敷居を高く感じる部分があったと思いますが、実際に遊んでみるとゲームが好きな方であれば誰でも楽しめるようになっています。それをいかに伝えるかというのが課題でしたが、フロム・ソフトウェアさんとSCEがひとつとなって取り組んできた結果、多くの方に遊んでいただけたことは本当に感謝でいっぱいです。また今年はステージイベントなどに登壇させていただくことが多く、そこでのユーザーのみなさんとの交流や一体感は素晴らしいものがありましたので、今後の抱負としてはe-Sportsのようなユーザーの方と一緒に盛り上がることにも挑戦してみたいと考えています。

「Bloodborne The Old Hunters Edition」(PS4
(C)2015 Sony Computer Entertainment Inc. Developed by FromSoftware, Inc.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



ソニー・コンピュータエンタテインメント
ワールドワイド・スタジオ プレジデント
吉田修平

代表作:「サルゲッチュ」

Twitterアカウント:@yosp
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ロケットリーグ」
2015年はインディゲームの当たり年で、1年を通じて素晴らしいタイトルがPlayStationで発売されました。 中でも7月に欧米で、そして11月に日本でPS Plusのフリープレイタイトルとしても発売された「ロケットリーグ」は大ヒットとなりました。 分かりやすいルール、取っ付きやすくて奥の深いゲーム性やlivestreamで他の人が遊んでいるのを見ていてもスポーツ中継感覚で楽しめるなど、魅力は尽きません。

私が家で遊んでいると10才の娘たちも「やらせて」といって参加してきました。 気楽に長〜く遊べる超オススメタイトルです。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「Mr. Robot」
PS4タイトル「Until Dawn」でJoshを演じたRami Malekが主演のアメリカのTVドラマで、security engineerでありhackerのRami演じる主人公がhacker仲間と共に超大企業と戦っていくスリル溢れる物語です。

今年はHuluに続きNetflix, Amazonビデオも日本でのサービスが開始され、世界の人気TV番組が手軽に観られるようになってとても嬉しいです。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

GOROmanさんことOculus Japanの近藤義仁さんです。
GOROmanさんはOculus Riftの日本でのエバンジャリストとして、また初音ミクと握手できるVRソフト「Miku Miku Akushu」の制作者としても知られており、今年も様々なイベントやVR関係者の集まりでご一緒させていただきました。

今のVR業界は皆が皆を知っているような小さなコミュニティで、VRに純粋に熱意を持った者だけが集まっていて格別な楽しさがあります。 これからもお互いに刺激しあって素晴らしい2016年を迎えたいです。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年はPS4が空前のビッグタイトルラッシュを迎えます。 また待望のPlayStation VR発売の年でもあります。 PS4のユーザーの方々、これから買おうかなと思っていらっしゃる方々も、絶対「PS4持っていて良かった」と思ってもらえる年にしますので、楽しみにしてください。

特にPlayStation VRの体験機会が皆さんのお近くで開かれる際には是非ご参加ください。 誰もがびっくりする楽しい体験をご用意しています。

「PlayStation VR」(HARDWARE
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



TAITO
サウンドクリエイター/マネージャー
石川勝久

代表作:「メタルブラック」「ダライアス外伝」「サイキックフォース」「ダライアスバースト」シリーズ

Twitterアカウント:@babi_ztt
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」
サウンドの圧倒的な数、それを効果的にプレイヤーに聞かせる職人芸的サウンドコントロール、そして私の世代直撃の選曲とカセットテープというアイテム(笑)。全てにおいて感心させられました。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
月並みな選択ではありますが、ほとんど全作品を劇場で見てきている私にとって出来の良し悪しに関わらず、もう今年はこれ以外の選択肢はないのです。もちろん初日の初回に見ましたよ!

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

2012年にすでに他界されている方なので今年注目というわけではないのですが、カシオ計算機の設立者、樫尾俊雄氏です。つい先日、樫尾氏の功績を紹介する記念館(樫尾俊雄発明記念館)を訪問する機会がありまして、電卓、腕時計、電子楽器など、氏やその後継者たちによって生み出されてきた製品やその開発に関わるエピソードなどを見聞きし、非常に開発魂を刺激されました。
この記念館はガジェット好きな人にもたまらないものがありますので皆さんもぜひご覧ください!(ただ平日の日中しか開館してないのですが・・・)

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年のZUNTATAは年初から「ダライアスバースト クロニクルセイバーズOST」「ZUNTATA SOUND EFFECTS COLLECTION Vol.2 ダライアス編」「ZUNTATA RARE SELECTION "SHOHEI TSUCHIYA" WORKS」などCDのリリースラッシュで始まります!もちろん「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」や「アルカノイドVSインベーダー」を始め、ゲームサウンド制作も積極的に手掛けていきますのでどうぞ応援よろしくお願いします。
2016年でZUNTATAも29周年!ZUNTATAのブランドマネージャーとして2017年の30周年に向けて何か記念企画を考えねばと思う今日この頃でございます・・・。

「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」(PC / PS4 / PS Vita
(C)TAITO CORPORATION 1986, 2015 ALL RIGHTS RESERVED. Developed and Published by CHARA-ANI CORPORATION.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



TAITO
サウンド
土屋昇平

代表作:「ダライアスバースト」シリーズ,「グルーヴコースター」シリーズ

Twitterアカウント:@rhr666
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Splatoon(スプラトゥーン)」
曲がめちゃくちゃ格好良くて、効果音がめちゃくちゃゴキゲンなのが良いのと、PvPのシューティングが大の苦手な私でも、ものすごく楽しめた事。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ダンジョン飯」
食事を取り入れた漫画が好きなのですが、いろんな漫画が出てるのでどれを選ぶか非常に難しい所です。
食べるということはとても面白いし興味深いテーマです。
例えば、何故あんな固い米を食べれると思ったのか、食べるまでに、干して乾かしておきながら、また水につけて、炊いて、というやたら手間のかかる食べ方を誰が思いついたのかなど、食への興味はつきないです。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

Darren Korb
今年に限ったことではないんですけど、現在最もイカしたゲームサウンドを創る作曲家の1人なので。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年はもっともっとスカスカで音数の少ない曲を描きたいなと思っております。後、ゲームが沢山あって見つけづらい状態なので、4Gamerさんをよく読んで、楽しそうなゲームを見つけましょう。
2016年2月24日に、私のアルバム化してないゲームの曲を集めたアルバム、ZUNATATA RARE SELECTION “SHOHEI TSUCHIYA” WORKSが発売となります。また、2016年1月13日には、ダライアスバースト クロニクルセイバーズ オリジナルサウンドトラックが発売となります。新年早々アルバムラッシュですが、是非よろしくお願いします。

「グルーヴコースター2 オリジナルスタイル」(iOS / Android
(C) TAITO CORPORATION 1978,2015
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



TAITO
電子マネープロジェクト
針谷 真

代表作:「ダライアスバースト アナザークロニクル」「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」

<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Splatoon(スプラトゥーン)」
センスがずば抜けて素晴らしいです!

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ゴールデンカムイ」
スリリングかつ先の読めない展開と、たまに出るグルメシーンが面白い。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

小池一夫さん
世代を超えた重みのある発言は、なるほどと考えさせられることが多いです。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

ダライアスシリーズは、2016年に初代から30週年を迎えます。そして2016年1月14日に、PSVITA/PS4/Steamにて最新作ダライアスバースト クロニクルセイバーズが発売されます! 関係各社の協力を得た、渾身のタイトルとなっていますので、お手にとっていただけると幸いです!

「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」(PC / PS4 / PS Vita
(C)TAITO CORPORATION 1986, 2015 ALL RIGHTS RESERVED. Developed and Published by CHARA-ANI CORPORATION.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



Twitch
Director, Japan
Victor Denchartphan


<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

Although there have been many great titles throughout the year of 2015 there has not been a game that has been as thought provoking and everlasting after finish as Undertale for me. Through out gaming history there have been few games to replicate the breaking of the 4th wall when Psycho Mantis appeared in Metal Gear Solid 1, but this game does it in spades. With similar concepts and atmosphere like the Earthbound / Mother series it relives many nostalgic feelings, but with impeccable modern and ever so relevant writing to this era.

2015年は一年を通じて素晴らしいタイトルが目白押しでしたが、「Undertale」を推します。プレイ中に考えさせてくれて、クリアしても良い後味が続くからです。ゲーム史上、「METAL GEAR SOLID」でサイコ・マンティスが「第4の壁」を破壊した瞬間に匹敵する事象はそうそうないでしょうが、この作品はイケるといっても過言ではないでしょう。 Undertaleは「MOTHER」シリーズに似た世界観でノスタルジックな感じがある一方、現代的であり格調高い文章が印象的です。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

One Punch Man has been a very uplifting story to me in regards to its inception as well as universal adoption globally. With what originally started as a passion project on a manga maker type program into a full fledged manga as well as full animation is a great success story and something to remember. In regards to feature length films R100 (US Release was in 2015) explores concepts that are typically to taboo to mention in a public setting as well as regularly breaking the 4th wall. The combination of these two elements presents a very pleasurable cinematic experience found few and far between.

「ワンパンマン」です。ストーリーの始め方は個人的にも大好きですし、世界的にもウケてますよね。はじめは練習のために執筆されたところから、リメイクされアニメ化したというストーリーも記憶に値するものです。また、映画では「R100」が良かったです(アメリカでは2015年公開だったのです)。公の場でのタブーを追究し、(再登場ですが)第4の壁を常時破壊していく作品です。この2つの融合を以て、稀有な映画エクスペリエンスを体現していると思います。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

I am personally focused on myself as well as my team right now. Everything that has been accomplished so far would not have been possible without the team. Of course there always room for more interpersonal growth as well as having a more synergistic interaction and that is something that I shall continue to strive for.

今いちばん注目している人と言いますと、なによりも自分のチームのメンバーです。
Twitch Japan のここまでの成果は、このメンバーなくしては不可能でした。とはいえ、人と人との関係がもたらす相互作用は更に追求出来ることですし、やっていくつもりです。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年は、Twitch を日本でより拡大させ、同時にゲーム界全体に自分の信念を波及させていきたいです。ここでお気に入りの言葉を用いれば「計画通り」と言ったところです。



ディー・エヌ・エー
Japanリージョンゲーム事業本部企画部 部長
佐々木悠

代表作:「ファイナルファンタジー レコードキーパー」

<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Score! Hero」
サッカーとパズルをうまく融合させたゲームデザインは非常に秀逸で手軽に遊べるサッカーゲームとしてかなりやりこみました。今作からストーリーが追加されて長く楽しめるようになり隙間時間にずっと遊んでいます。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「セッション」が非常に印象に残る作品でした。ストーリー、演技どれをとっても人の狂気が色濃く映し出され怒涛の勢いで展開される作品で観ていて圧倒されました。宣伝でも言われていたとおりラスト9分19秒の展開は本当に素晴らしかったです。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

横浜DeNAベイスターズ 筒香嘉智選手
以前から注目している選手ではありましたが、今年はチームの4番に定着し、日本代表にも選出されベストナインを獲得と大活躍の1年でした。チーム自体は前半戦は奮闘したものの、後半失速して最下位という結果でしたが、個人としては大躍進の1年だったと思います。日本を代表するスラッガーとしてチームを勝利に導いてほしいと切に願っています!

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

来年は占い曰く非常に運気がよいということなので、新しく携わっているタイトルも発表できればと考えています。また、「ファイナルファンタジー レコードキーパー」も無事1周年を迎えましたが今後もまだ未発表の大型アップデート含めてまだまだ盛り上げていきたいと考えておりますので、プレイしていただいているユーザーの皆様には引き続き楽しんでいただければと思います。

「ファイナルファンタジー レコードキーパー」(iOS / Android
(C)SQUARE ENIX CO., LTD.(C)DeNA Co., Ltd.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



ディー・エヌ・エー
執行役員 Japanリージョンゲーム事業本部 エグゼクティブプロデューサー
渡部辰城

代表作:「戦魂 -SENTAMA-」

Twitterアカウント:@yoshiki_watabe
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「実況パワフルプロ野球」(スマホ)
仕事と家庭に支障が出たため「封印」しました。ゲームのやりすぎで嫁さんに怒られたのは久しぶりです。
ゲームデザイン、UI、マネタイズ……違和感なくあの「サクセスモード」を遊べていることに感動しました。
私はバッティングの時、両手でプレイするのですが、そうすると会議中バレてしまうのが難点でしたね……
※封印=アプリ消去

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「セッション」
みなさん「マッドマックス」を挙げていると思いますが……私もマッドマックス大好きです。V8、V8!!!
セッションも同じくらいの狂気と人間の愚かさを含んでいて大好きです。なんだよ、あのラスト。日本の映画館ではじめてスタンディングオベーションを見ました。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

去年からなのですが、ゲスの極み乙女さんをずっと追いかけてまして。今年になってのチケットの取れなさは異常でしたね……横浜アリーナ公演を弊社の佐々木悠と一緒に観に行ったのですが、アンコールのインディーズデビューミニアルバム「ドレスを脱げ」全曲やっちゃいますは最高に感動しました。でも消滅都市とコラボしちゃったので卒業しようと思います。今までありがとうございました!(涙)

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2015年は大変お世話になりました!
まさか前半戦首位ターンしながら最下位とは本当に悔しいかぎりでして。
「おいおい、優勝セールどうする?」とみんなで話してたのが遠い昔のことのように……きっと夢の中の出来事だったのでしょう。きっとそうだ。
2016年も続々とタイトルをリリースしてまいります。そしてお待たせしております任天堂さんとの協業タイトルにもご期待ください!

「戦魂 -SENTAMA-」(iOS / Android
(C)2015 DeNA Co.,Ltd.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月15日〜07月16日