オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/12/29 00:00

企画記事

150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



花梨エンターテイメント
プロデューサー
風之宮そのえ

代表作:「英国探偵ミステリア The Crown」「絶対迷宮 秘密のおやゆび姫」,「オメルタ」シリーズ

Twitterアカウント:@karin_sonoe
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ハートの国のアリス〜Wonderful Wonder World〜」
クインロゼさんの乙女ゲームです。残念ながらクインロゼさんは倒産という形になってしまいましたが、非常にいいタイトルですし、、このシリーズには熱心なファンも多いので、何か良い形で再開するといいなと思います。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

ひとつは映画「セッション」ですね。鬼軍曹のような音楽講師と才能のある若手ドラマーとの師弟の愛憎や繋がりをラストシーンでセリフ無しで表現した凄い映画。冒頭からラストまで、息もつかせぬ展開と熱量で、芸術に打ち込む二人の姿を追いかけた傑作だと思います。

もうひとつは、劇場版アニメ「ガールズ&パンツァー」。キャラ数は非常に多いながら皆に見せ場があり、内容も非常に高密度。地味な戦車戦を、動きでかっこよく描ききった映画でした。効果音も素晴らしく非常に臨場感があり、効果音の大切さが、爆音上映で身にしみました。あとアンチョビ役の吉岡麻耶さんにはお世話になってます。ありがとう!

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

吉田 豪(プロインタビュアー)
インタビュー時の限られた時間の中で人の懐に入り込み本音を引き出す感性やスキルが凄い。
事前に入念に下調べした上で、相手の引きを考えて話題を振り、それでいて引き出しすぎず、原稿として使えるくらいの、程よい距離感を保つ技術。
立場的に雑誌インタビューを取りまとめる事も多く、その難しさを実感することも多いので、彼のスタンスにはいつも感心させられます。

菜摘かんな/雪薄/さくら菜々/港枢/しろま/しまこ/梶本/ino/羅紗
 弊社のメインスタッフ。高いモチベーションで制作に当たり、クオリティを常に追及してくれています。悩みながらも、良い物を一緒に作りあげる気概を感じさせてくれる。自分も頑張らなければ。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

 今まで以上に気持ちを引き締めて、固く制作していきたいと思っています。
これをお読みの方にも、ぜひ花梨の新作もプレイして頂きたいです。
2015年の新作「絶対迷宮 秘密のおやゆび姫」、そして2016年2月発売の「英国探偵ミステリア The Crown」、3月発売「オメルタCODE:TYCOON 戒」
こちらも楽しみにしてください。そして2016年はゲームの新作も然ることながら、新しいことに挑戦できればいいなと思います。

150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け
「絶対迷宮 秘密のおやゆび姫」(PS Vita
(C)Karin Entertainment 2014-2015
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け
「英国探偵ミステリア The Crown」(PS Vita
(C)Karin Entertainment 2012-2016
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け
「オメルタCODE:TYCOON 戒」(PS Vita
(C)KarinChatnoir Omega 2010-2016



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
プロデューサー
荻原 智

代表作:「サモンズボード」

<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「MOBIUS FINAL FANTASY」
高クオリティなグラフィックもさることながら、頻繁に品質の高いアップデートを繰り返しているところ。
スマホゲームではアップデートサイクルがどうしても短くなりがちですが、一つのアップデートでの満足感が非常に高いのは素晴らしいと感心させられっぱなしです。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

2015年発売/公開というわけではないですがエンターテイメントコンテンツとして印象的なのは「ニコニコ生放送」を含む動画です。
自分も出演させていただく機会が増え、ゲーム紹介として多くのコンテンツが配信されています。
また、メディアさん側も動画で情報をお伝えする形式が増え、新しい情報メディアとして多くのユーザーさんが利用されているかと思います。
自分が出演した際も、どういった構成でどのようにユーザーさんに楽しんでいただこうと思う反面、出演者としてはうまくお話できていない部分もあり、反省の連続で難しい媒体だと感じています。
ただ、「ニコニコ生放送」については、ユーザーさんと触れ合えるよい機会をいただいており、感謝しています。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

小島秀夫監督です。
ゲームクリエイターとしての姿勢、それをユーザーさんに届けるための仕掛けもさることながら、何よりもこれほどまでにファンの方々に愛される存在になっていることはとても素晴らしいことだと感服いたします。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

ことしもあっという間の1年でした。
「サモンズボード」は来年で2周年です。
新規ダンジョンやモンスターの追加といったアップデートはもちろん、新しい体験をユーザーさんに届けられるように、開発・運営共々頑張って参りますので、楽しみにしていて下さい!

「サモンズボード」(iOS / Android
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



ガンホー・オンライン・エンターテイメント(所属:アクワイア)
ディレクター
高野康太

代表作:「ディバインゲート」

Twitterアカウント:@tkn_1101
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「うたわれるもの 偽りの仮面」
10年以上待ち続けた続編を遊ぶことができ、大変感動いたしました。オーソドックスなシミュレーションRPGとして十分に楽しめましたし、様々なキャラクター達が織り成す物語は、期待していた以上の続編でした。新しさがありながらも、当時ゲームに夢中になっていた自分と再会することが出来たのも嬉しかったです。3部作の3作目も発表されましたので、それまでに遊べるだけ遊んでおきたいと思います。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

ARIAの劇場版「ARIA The AVVENIRE」です。
昔から大好きな作品だったので、さっそく劇場へ足を運びました。目の前の大きなスクリーンにはネオ・ヴェネツィアが広がっており、心地よい映像に、心地よい音楽、そして心地よい空気を味わうことが出来ました。ARIAにしかない、ARIAだけの、素敵な奇跡に、でっかい感謝です。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

特に思い浮かびません。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年には、2015年にお披露目出来なかったものなど、色々と発表があるかと思いますので、楽しみにして頂けたらと思います。そして、まずは遂に1月から始まるテレビアニメ「ディバインゲート」を全力で楽しんで下さい!個人的には30歳を迎えたので、子供心を忘れた大人にならないよう頑張ります(´・ω`・)

「ディバインゲート」(iOS / Android
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
執行役員・開発担当本部長
田中弘道

代表作:「FINAL FANTASY」I〜III/XI,「Sa・Ga2 秘宝伝説」「聖剣伝説」2〜3,「ゼノギアス」「クロノ・クロス」ほか

<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Splatoon(スプラトゥーン)」
コンシューマー機でのオンライン対戦の新しい形を提案できたのではないでしょうか。
マッチングの仕組みなども面白かったと思います。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

(回答執筆時点では)来週公開の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
きっと最も印象深くなるはず!?
IMAX 3D映画館のど真ん中の座席を既に予約して、やる気十分デス!

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

中谷さとみ(劇団☆新感線)
「五右衛門vs轟天」での風森のウマシカなど、当たり役が増えてきて今後の活躍が楽しみ

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年こそ! この数年かけてスタッフと共に作ってきた渾身の新作をリリースしたいです!



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
プロデューサー
西村大介

代表作:「ケリ姫クエスト」「ケリ姫スイーツ」

<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「リトルノア」
いわゆるクラクラ系のゲームに分かり易い成長要素を入れたゲーム。育成好きな日本人向けにうまく改良しているので、今後どこまで伸びるか楽しみ。

タイトル名:「breaker」
成長していくと、スタート時の玉が大きくなるという発想が斬新。スタミナもないので、ついついやり過ぎて気が付くと結構ランキングの上位まで登ってました。。。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

漫画「キングダム」です。タイトルは知っていたのですが、歴史に強くないので敬遠していたのですが、たまたま手元にあったので読み始めたら面白すぎてはまってしまいました。個性的な登場人物とテンポの良い流れで一気に読み進めました。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

今年は特に思いつかないですね。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

ユーザーの皆様に支えられてケリ姫は3周年、1000万ダウンロードを突破しました。
今後も、ユーザーの皆様に愛されるタイトルとして育てていきますので、ご期待ください!

「ケリ姫スイーツ」(iOS / Android
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
代表取締役社長CEO エグゼクティブプロデューサー
森下一喜

代表作:「パズル&ドラゴンズ」「パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション」他 

<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Splatoon(スプラトゥーン)」
アクションシューティングなのに、あーいう遊び方含めて作ってしまった点です。スプラトゥーンという遊びを確立したところがすごいなって思いました。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「プレミア12」です。準決勝で負けてしまったのですが、ガンホーを創業して10年以上の歴史の中でも一番悔しい出来事だったこと、エンターテイメントとしての野球の優れたゲーム性、観客の皆さんとの一体感等、とても印象深かったです。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

個人的にということなので。
FA宣言されたのですが、ロッテファンなので、今江敏晃選手です。楽天に行っても、頑張って欲しいです。
また、引退されていますが、里崎智也選手の今後にも注目しています。いつかロッテの監督をして欲しいですね。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年は、「パズドラX(クロス)」「LET IT DIE」など発表しているタイトルもありますが、まだまだ未発表のスマホタイトルを準備しておりますので、ご期待ください!

150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け
「パズル&ドラゴンズ」(iOS / Android
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け
「パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション」(3DS
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. (C)Nintendo



グラスホッパー・マニファクチュア
代表取締役/ゲームデザイナー
須田剛一

代表作:「LET IT DIE」

Twitterアカウント:@suda_51
写真は2015年5月に掲載した記事のものです
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「HOTLINE MIAMI 2 Wrong Numbers」
ここ10年で最高のゲームです。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「バクマン。」です。
大根作品であり、サカナクションムービーであることも勿論、素晴らしかった理由ですが、半端ない疾走感と高揚感で突っ走る映画でした。詳しくは、キネマ51で紹介していますので、続きはWEBで!

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

サカナクションです。
表現に誠実な方たちだと感じます。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「LET IT DIE」は今年出ると昨年のこのアンケートで答えたと記憶していますが、大変お待たせしました、いよいよ来年2016年にLET IT DIEは出ます。

「LET IT DIE」(PS4
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



グラスホッパー・マニファクチュア
取締役/サウンドクリエイター
山岡 晃

代表作:「Silent Hill」「シャドウ オブ ザ ダムド」「LOLLIPOP CHAINSAW」

Twitterアカウント:@AkiraYamaoka
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Fallout 4」
同シリーズのファンです

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
Six Flagsで遊べたような気分満載

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

今年は特にいませんでした

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

新しいことしたいですね。



クラップハンズ
ゲームデザイン&エグゼクティブプロデューサー
村守将志

代表作:「みんなのGOLF」シリーズ,「みんなのテニス」等

<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Splatoon(スプラトゥーン)」
陣取り&FPS系のゲームの敷居を下げて誰でもできるように制作されたところに魅力を感じました。
またチームのために戦うというところも良いですね。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

今年は特になかったです。「007 スペクター」と「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」はこれから観ようとは思っていますが。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

ラグビーの五郎丸歩選手。ゴールキックのお祈りポーズは話題になりました。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

来年は弊社で制作中の「New みんなのGOLF」の発売年でもありますので、ただいま全力で仕上げ作業をこなしている最中です。
新しいゴルフゲームの形を提案しようと思っていますので是非そちらのほうもご期待くださいませ!

「New みんなのGOLF」(PS4
(C)Sony Computer Entertainment Inc.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



グループSNE
代表取締役社長
安田 均

代表作:「ブラインド・ミトス」「コクーン・ワールド ザ・ボードゲーム」「ゴーストハンター13 タイルゲーム」

Twitterアカウント:@yasudahitoshi2
写真は2015年10月に掲載したインタビューのものです
<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「パンデミック:レガシー」
協力型ボードゲームのなかでも1回性を突き詰めた作品として注目。ただし価格が高いのが難点。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

う〜ん、これから観る「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」かな。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

ぼくたちもいま作っているのだけど、アプリの「ヒドゥン・オブジェクト」(アイテム探し)の分野に注目しています。なかでも、「パペットショー」を作っているメンバーがつぎになにをするのか楽しみ。

「ブラインド・ミトス」(アナログ)
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け
<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

現在ゲームは、ボード/カードゲームを中心に(コンピュータゲームでも)、新しくて面白い分野が登場するので片時も目が離せなくなっています。いっぽう流通上の問題もあって本が売れなくなっていきているので、「ストーリーとゲーム」をつねに注目してきたわれわれは、その部分がどうなっていくのか注視しながら、自分たちも新しい面白いものを作っていければと思っています。



GameBank
代表取締役社長 CEO 兼 プロデューサー
椎野真光

代表作:「みんなの釣りバカンス」

<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Hearthstone: Heroes of Warcraft」
PCオンラインゲームの雄、Bllizard社が今秋、モバイル向けハースストーンを遂に日本でリリースしたことですね。国内ではBllizard社のタイトルは知名度が低く、当初は普及に懐疑的な声もありましたが、現段階で商業的成功を収めています。また、モバイル分野ということで、PC版よりもプレイヤーの伸びが著しいようで、Twitchでも同作の視聴者数が飛躍的に伸びているとのこと。2016年以降、同作がモバイルEスポーツ分野の草分け的存在になる可能性もあると思います。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「フジコ」(Huluオリジナル作品)
2015年は放送分野でも大きな変革の年でした。秋には本命のNetflixが国内でサービスを開始、また冬にはAmazonがPrime向けサービスのAmazonプライムビデオをスタート。これらはIP経由で配信なので、細かい視聴履歴が取得できるようになるとのことで、Netflixはこの視聴履歴をベースにオリジナルのコンテンツを拡充しているとのこと。国内ではHuluオリジナルの「フジコ」や三上博史版の「下町ロケット」が最近話題となりましたが、2016年以降、どのようなオリジナルコンテンツが出てくるかが楽しみですね。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

やはり孫さんの後継者、165億の男、ニケシュ・アローラさんでしょう。 ヤフーグループの一員として注目せざるを得ないのですが、これ以上はまたの機会に(笑)

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2015年はGameBankの仕込みの年でした。2016年は序盤から 「大集合!ワイワイパーティ」「SOUL GAUGE -紅き牙と蒼天の翼-」のリリースが控えており、また、他にも未発表タイトルもありますので是非ご期待頂ければ!

「みんなの釣りバカンス」(iOS / Android
(C)GameBank Corp.
150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け 150人のゲーム業界著名人が2015年を振り返り,2016年へのメッセージを語る。恒例の年末企画をお届け



GameBank
プロデューサー/ディレクター
山本喜代志

代表作:「BLADE(仮)」

<質問1>2015年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Fallout 4」(PC)ですね。拠点制作が楽しすぎて夜更かししてばっかりです。「記憶を無くしてもう一度最初からやりたい」と思うゲームです。前作から5年近く首を長くして待っていたので、発表を見た時はワクワクして寝れませんでした。今後もぼくが死ぬまでプレイしていきたいです。映画化もしてほしいです。

<質問2>2015年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ワイルド・スピード SKY MISSION」です。不謹慎ですけど、主演のポール・ウォーカーさんが亡くなったことによって、この映画すべてのシーンが印象深いものになりました。一人で映画館のレイトショーを見たんですけど、生前の愛車であるスープラが出てきたシーンはぼろぼろ泣いてしまいましたね。あとホラー映画が大好きなんですけど、「ムカデ人間3」が「今度は500人繋げちゃうぜ!」みたいな笑いと紙一重のバランスで面白かったです。

<質問3>2015年に、個人的に注目した(している)人物

個人名ではないんですけど、周りの独立して社長さんになった全ての人ですね。飲みに連れていってもらったりすると、エネルギッシュな方もいれば淡々としてる方もいてとても勉強になります。

<質問4>2016年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年前半に、「ブレイド」をiOS、aOSでリリース致します。ちょいとハードコアなアクションRPGになりますが、ジャンルが苦手な方でも遊びやすいように工夫していますので是非遊んで頂きたいです。毎年、特別な抱負は持っていませんが、「2016年ものんびりマイペースに」をモットーとして、みなさんに面白いゲームをお届けしていきたいと思います。みなさんにとって、楽しく良い1年になりますように。

「BLADE(仮)」(iOS / Android
(C)GameBank Corp. /(C)2015 4:33 Creative Lab.
(C)2015 ACTIONSQUARE. ALL Rights Reserved.

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月23日〜02月24日