オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
“奏組”の初舞台化作品「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」の公開稽古レポート。キャスト陣からのコメントも掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/10/24 13:11

イベント

“奏組”の初舞台化作品「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」の公開稽古レポート。キャスト陣からのコメントも掲載

 2012年11月1日から11月11日にかけて,東京・全労済ホールにて上演される「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」。公演を間近に迎えた2012年10月23日,メディア向けの公開稽古が都内にて行われた。本稿では,本番さながらの迫力を感じられた舞台稽古の模様や,キャスト陣によるコメントなどをお伝えしていこう。

“奏組”の初舞台化作品「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」の公開稽古レポート。キャスト陣からのコメントも掲載

「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」公式サイト


 「サクラ大戦奏組」(漫画:島田ちえ 原作:チームかなで)は,セガの「サクラ大戦」シリーズを原作として,少女漫画雑誌「花とゆめ」(白泉社刊)で連載中の漫画作品。“奏組”は,帝都という架空の世界を舞台に,魔物達と戦う「帝国華撃団・花組」をオーケストラでサポートするという秘密部隊である。既存のサクラ大戦シリーズとは異なり,主人公以外がすべて男性で構成されているというのも,奏組の大きな特徴だ。
 そんな同作における初めての舞台化作品となる「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」。舞台は「帝國歌劇団・奏組」の面々に,オリジナルキャラクターを加えたキャストで上演される。チケット情報などは,最新の更新情報のある公式サイトの「こちら」で確認してほしい。

■舞台版あらすじ

時は太正(ルビ:たいしょう)。帝都・東京――。
「雅音子(ルビ:みやび ねこ)、ついに女優デビューしちゃいます!」

憧れの帝國歌劇団(ルビ:ていこくかげきだん)・花組に入れると信じ、夢と希望に胸を膨らませて帝都へと上京してきた音子。しかし駅について早々、荷物を盗まれてしまう。
田舎とは違い誰も手助けなどしてくれない大都市で、音子はひとり、失くした荷物を探し歩く。

一方、大帝國劇場(だいていこくげきじょう)では、男性のみで編成されたオーケストラ『奏組(かなでぐみ)』のメンバーたちが、新たに下りた辞令に様々な思いを巡らせていた。
「加入者の名は雅音子。いずれは彼女がこの奏組の指揮を務めることとなる」

16歳の少女が指揮者(マエストロ)に?
動揺と疑問が湧き上がる中、ある事件が起こる。

それは奏組に、そしてそれぞれのメンバーにやがて訪れる転機への前奏曲(ルビ:プレリュード)だった――。
「花とゆめ」で連載中の漫画をベースに、音子とヒューゴたちとの出会いから奏組加入までを、新たなストーリーで描く、舞台「サクラ大戦奏組」。
主題歌「円舞曲(ルビ:えんぶきょく)、君に」「プレリュード 前奏曲」をはじめ、各キャラクターのソロ曲も交えながら、皆様を「奏組」の世界へと誘います。

 さて,今回の舞台稽古には,以下の出演者が参加していた。

田上真里奈さん(雅 音子役)
渡辺和貴さん(ヒューゴ・ジュリアード役)
宮垣祐也さん(G.O.バッハ役)
倉本 発さん(桐朋源二役)
塩澤英真さん(桐朋源三郎役)
小野健斗さん(フランシスコ・ルイス・アストルガ役)
高橋里央さん(暮 鏡一役)
五十嵐啓輔さん(加集丈治役)
山沖勇輝さん(襟戸 勇役)
月野姫花さん(秋奈役)
※望月柊成さん(ヨハン・シベリウス役)は今回欠席

 メディア向けに公開されたのは,主人公の雅 音子(田上真里奈さん)やオリジナルキャラクターの秋奈(月野姫花さん),加集丈治(五十嵐啓介さん),襟戸 勇(山沖勇輝さん)などが登場する演技シーンと,帝國歌劇団・奏組の面々が歌い踊る楽曲シーンの稽古だ。
 稽古ということで衣装やステージは仮のものだったが,それでも本番さながらの役者陣の演技には強くひきつけられるものがあり,とくに帝國歌劇団・奏組による歌唱とダンスのシーンは圧巻の一言。これまでのサクラ大戦になかった,男性5人組による楽器を用いた見応え抜群のパフォーマンスとなっていた。

“奏組”の初舞台化作品「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」の公開稽古レポート。キャスト陣からのコメントも掲載
演技シーン
“奏組”の初舞台化作品「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」の公開稽古レポート。キャスト陣からのコメントも掲載 “奏組”の初舞台化作品「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」の公開稽古レポート。キャスト陣からのコメントも掲載

“奏組”の初舞台化作品「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」の公開稽古レポート。キャスト陣からのコメントも掲載
楽曲シーン
“奏組”の初舞台化作品「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」の公開稽古レポート。キャスト陣からのコメントも掲載 “奏組”の初舞台化作品「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」の公開稽古レポート。キャスト陣からのコメントも掲載

 舞台稽古の終了後には,キャスト陣と,舞台の演出を担当している斎藤栄作氏を囲んで,メディア合同のインタビューが行われた。以降は,その内容をお伝えしよう。

――舞台稽古,お疲れさまです。まずは,今回の見どころや意気込みをお願いします。

田上真里奈さん(以下,田上さん):
 (雅 音子は)頼りない田舎出身の女の子なんですけど,その子が奏組に入ってどう変わるかを,ぜひ観ていただきたいと思います!
 初舞台化によってキャラが初めて3次元で動くということで,私達にとってもそれが一番難しいんですけど,すごく楽しんで稽古しているので,キャラらしさを爆発させるように頑張ります!

田上真里奈さん
“奏組”の初舞台化作品「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」の公開稽古レポート。キャスト陣からのコメントも掲載

渡辺和貴さん(以下,渡辺さん):
 歌にダンスに芝居に楽器に,いろいろ盛り沢山の内容になっておりますので,ぜひ会場に足を運んでいただければなと。僕個人としては,普段と全然違う感じの役で,すごく挑戦し甲斐のある役をいただいたので,僕なりのヒューゴをお客さんに楽しんでもらえたらなと思います。

渡辺和貴さん
“奏組”の初舞台化作品「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」の公開稽古レポート。キャスト陣からのコメントも掲載

宮垣祐也さん(以下,宮垣さん):
 渡辺さんも仰いましたけど,お芝居だけじゃなくて歌もあって踊りもあって楽器の演奏もあって,すごくたくさんのことが詰まっていると思います。今回,この舞台にかけるみんなの気持ちがすごく熱いと思うので,そのエネルギーを感じていただけたらと思います。

宮垣祐也さん
“奏組”の初舞台化作品「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」の公開稽古レポート。キャスト陣からのコメントも掲載

倉本 発さん(以下,倉本さん):
 登場人物一人ひとりがすごく個性的で,個人個人の良さが曲や芝居に出ていますので,それを観ていただけたらなと。あと個人的には,(桐朋源二は)元気で一直線な男の子なので,源二としてのエネルギーをお客様に感じていただけたらなと思います。

倉本 発さん
“奏組”の初舞台化作品「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」の公開稽古レポート。キャスト陣からのコメントも掲載

塩澤英真さん(以下,塩澤さん):
 桐朋源二と源三郎の兄弟の喧嘩はマンガでもすごく愛らしく,みんなが笑っちゃうような会話になっていますが,それも舞台上にちゃんとあります。シリアスな話だったり,緊迫したシーンの中にも,そこでみんながちょっと笑って,さらにストーリーに引き込まれるような役になればいいなと思って,兄弟で頑張っています。観て下さった方にエネルギーが届いて,劇場を出たあとに,笑顔とか元気になってもらえたら嬉しいなと思います。

塩澤英真さん
“奏組”の初舞台化作品「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」の公開稽古レポート。キャスト陣からのコメントも掲載

小野健斗さん(以下,小野さん):
 「奏組」と言うだけあって,「組」なんですよ。5人はもちろんそうなんですけど,(出演者やスタッフ全体の)チームワークの良さとかも観ていただきたいですね。あと,原作ものなので――たぶんいろんな意見があると思うんですけど――どう感じるにしても,とりあえず1回観てから判断していただきたいですね。

小野健斗さん
“奏組”の初舞台化作品「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」の公開稽古レポート。キャスト陣からのコメントも掲載

高橋里央さん(以下,高橋さん):
 かなり歴史があるサクラ大戦の中で,初めての男のサクラ大戦。男が戦っている姿を観て,「かっこいいな」と思ってもらえたら本当に嬉しいなと思います。僕個人としては,今回オリジナルキャラクター(暮 鏡一)を演じるということで,その関係性だったり,どんなキャラなんだろうなあ,ということを楽しみにしていただけたらと思います。

高橋里央さん
“奏組”の初舞台化作品「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」の公開稽古レポート。キャスト陣からのコメントも掲載

五十嵐啓輔さん(以下,五十嵐さん):
 このかっこいいみんなが武器を持って戦うシーンが僕はすごい好きなので,そこをバシッと観てもらいたいですね。すごく素敵な戦闘シーンになってるので,ご期待ください。あと,音子ちゃんが本当にマンガから出てきたような音子ちゃんで,音子ちゃん以上に音子ちゃんしているので,コミカルな動きでコロコロ変わる表情とか,そういうところを楽しみにしていただきたいなと思います。僕もオリジナルキャラクターで,戦闘とかはしないんですけど,チョロチョロ出てきて,場をフワッとさせるという感じで,ちょっとクスリとさせたいと思っています。

山沖勇輝さん(以下,山沖さん):
 サクラ大戦 奏組の初舞台化ということで,僕らキャスト11人,次につながる舞台を目指して頑張っております! 初演,次,次……とどんどん進んでいって,進化していく奏組になっていけたらなと思っております。個人的な見どころとしては,2人(高橋さん,五十嵐さん)もおっしゃったんですけど,オリジナルキャストなので,今後僕らのオリジナルキャストがマンガに出てくるよう,この舞台でみせていけたらなと。そして,僕の襟戸 勇という役がマンガに出てきて,「ああ,いい役だな」と思ってもらえるよう,頑張っていきたいと思っております。

左:五十嵐啓輔さん 右:山沖勇輝さん
“奏組”の初舞台化作品「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」の公開稽古レポート。キャスト陣からのコメントも掲載

月野姫花さん(以下,月野さん):
 歴史のあるサクラ大戦に出られるということが,すごく嬉しい反面,やはり緊張する気持ちももちろんあります。でも,演っていくうちにどんどん「いける気がする!」という感じがしてきているので,気合いを入れて舞台の初日を終えるまで駆け抜けたいと思っています。私も,3人(高橋さん,五十嵐さん,山沖さん)と同じように秋奈というオリジナルのキャラクターなんですけど,今まで演ったことがないような役に挑戦しているので,秋奈の生き様を観ていただけたらなと思っています。

月野姫花さん
“奏組”の初舞台化作品「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」の公開稽古レポート。キャスト陣からのコメントも掲載

斎藤栄作氏(以下,斎藤氏):
 帝都という架空の世界を舞台に,魔物達と戦う帝国華撃団・花組。その花組をサポートするオーケストラが,この奏組というチームです。僕もこのお芝居を通して「サクラ大戦という作品がなぜ愛されているのか」ということを研究しながら観ているのですが,やはり非現実的な社会を描きながらも,ただ単にぶっ飛んだお話というわけではないんです。サクラ大戦に出てくる降魔という敵は,人の悪徳をエサに,人に乗り移ったり肥大化したりといった,現実社会にも起こり得るような,いろんな人達の心に潜むものを描いています。観ているお客さんにしっかりと共感していただくことで,それらから平和を守る戦闘チームも皆さんに愛されるのではないかと。ほかの組にも負けないくらい,愛と正義のチームになると良いなと思っております。どうぞよろしくお願いします。

――先ほど楽曲のシーンを稽古されていましたが,奏組の皆さんに「ここを聴いてほしい」という部分があればぜひ

渡辺さん:
 一番最初の僕達の登場シーンでもあるので,チームワークの良さなどを見せていきたいですね。楽器の指導などを受けているので,そういった細かいところも観ていただけたらなと思います。

宮垣さん:
 それぞれが思っていることや,奏組というのはこうですよ,といったことが語られている曲になっています。歌についてはまだ苦戦していますが,きっと本番には素敵なものになっていると思います。

倉本さん:
 5人がハモるところがたくさんありますので,その”ハーモニー感”を観ていただきたいです。また,個人のソロパートもみんなかっこいいので,それが見どころですね。

塩澤さん:
 個人的に,すごく難度の高いシーンだなと思っています。本番当日まで一生懸命頑張っているんですが,奏組の5人以外の3人――高橋くんと,五十嵐くんと,あと名前ちょっとわからないんですけど――。

山沖さん:
 おおー!?

塩澤さん:
 ――練習を手伝ってもらって,奏組全員のハーモニーになると思っているので,ぜひ楽しみにして来ていただきたいなと思います。

小野さん:
 歌詞にもそれぞれのキャラの思いが詰まっているので,歌詞もしっかり聴いていただきたいです。あと,僕達の登場シーンなので「これぞ奏組!」みたいなところを見せられたらいいなと思っています。

――皆さんの「サクラ大戦」に対する思いをお聞かせください。

田上さん:
 小さい頃にTVアニメのサクラ大戦を観ていたんですけど,オープニングテーマをよく姉と2人で口ずさんだりしてました。16年めの今も曲自体がずっと愛されているし,私にとっても何年経っても心地よい音楽だし,お話自体もそれだけ長く愛されるということは,本質的なところを突いているような気がしています。

渡辺さん:
 僕の幼馴染みがゲーム屋さんの子どもだったんですね。毎日その子の家に行って,いろんなゲームをやらせてもらっていたんですけど,サクラ大戦が発売されてから,その子もその子のお兄ちゃんも,ずーっとサクラ大戦をやるようになっちゃって僕の相手をしてくれなかったので……。サクラ大戦に関してはあまり良い思い出がないんです。今回,出演させていただくことによってイメージがすごく良くなりました(笑)。

宮垣さん:
 僕は小学生の頃からサクラ大戦を知っているんですが,それから10年以上経ってもずっと続いているということは,すごくいろんな方の思い入れの強い作品だと思います。その思いをきちんと胸に抱いて,舞台に臨んでいきたいと思っています。

倉本さん:
 僕は今回の出演が決まってからゲームを買いまして。失礼ながら「勉強がてらやろうかな」と思っていたんですけど,実際にやってみると,普通にハマってしまって……。ゲームでは「僕はこの人が好き」と女性キャラクターの好みが分かれましたが,今回の奏組では女性の方から「この人がいいな」と思っていただけるような作品にしていきたいと感じました。

塩澤さん:
 今回のオーディションを受けるときにアニメとステージのビデオを借りて全部観たんですけど,ただ華やかに踊ってキラキラしている作品なのかなと思ったら,人と人との大切な繋がりが描かれていて,すごくグッと引き込まれました。

小野さん:
 今回演らせていただくにあたって,奏組の原作マンガを読ませていただいたんですけど,「音で戦う」というのが斬新だなと思いました。好きなキャラクターとしては――やはりルイスを一番愛しています。

高橋さん:
 サクラ大戦自体が,ちょうど僕が生まれた頃に始まったものなんですね。サクラ大戦のことを知ったのは中学生の頃で,アニメもビデオで観ていましたが,自分が生まれた頃に始まった作品にこうやって出させていただくのは嬉しいし,大げさかもしれませんが,運命を感じています。精一杯,歌と踊りとダンスとドラマと,そういったものをかっこよく見せたいなと思います。

五十嵐さん:
 僕もオーディションが決まってからアニメを拝見したんですが,その中で一番好きなキャラが米田支配人です。指揮官として女性を戦場に送り出していますけど,危険なときには自分が率先して突っ込んでいく――という男のかっこよさが女性中心の話の中で描かれていたので,すごく惹かれました。僕達奏組も男なので,そういったかっこよさを出していけたらなと思います。

山沖さん:
 僕はステージとアニメを拝見したんですけど,好きなキャラクターは紐育のリカリッタです。……(リカリッタ役の齋藤彩夏さんが)同じ事務所なので(笑)。かっこいいし,可愛いし,綺麗だし,三拍子揃っているところにみんな魅了されていて,さらに人間性のあるドラマもある中で,奏組もみんなに愛される作品になっていけたらなと思います。

月野さん:
 私もステージのビデオを見せていただいたんですけど,お客さんと舞台に上がっている人達がみんなで一つの空間を作りあげている感がすごくあるなと思っていて。いろいろと舞台を観に行ってきましたけど,ここまで熱気が伝わってくるものはなかったので,みんなで作っていくという素敵な舞台に少しでも関われることが本当に幸せだなと思うばかりですね。

――プロデューサーの中山さんからもコメントをお願いいたします。

「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」プロデューサー セガ 中山雅弘氏:
 サクラ大戦のメディアミックスの歴史の中でも,今回の舞台は「声優さんが演じない」ということで良い意味でも悪い意味でも話題にはなっているでしょうけど,今回の奏組というチームは,サクラ大戦の歴史の中でも「進化のきっかけ」だと思っています。
 マンガもライブで,お客さんの評価を受けながらお話をみんなで作っているんですけど,(今回出演する)彼ら達彼女達も,舞台の表現者のプロとして,自分なりのものを捻り出していくところがあると思います。
 舞台版と,広井王子さんや田中公平先生からいただくテーマと,マンガとで切磋琢磨をしたいなということで,今回はあえてオーディションで役者の皆さんにお願いしています。それぞれのキャラクターにできるだけ近い,等身大の人達を選んでいます。
 一つのものから広げるメディアミックスじゃなくて,それぞれの分野からそれぞれのプロがやりましょう,という思いでやっています。ぜひ,試行錯誤してキャラクターを作っている彼らを舞台上で観てもらえればと思います。

――本日はありがとうございました。

 インタビューの中でも語られていたように,稽古の現場でも出演者同士のチームワークの良さを感じる場面が多く,日々の稽古を通して,「奏組」がひとつにまとまってきている様子が感じとれた。こういった稽古の積み重ねで舞台でどのように完成されるのか,11月1日から始まる本番にぜひ期待しよう。

「舞台 サクラ大戦奏組 〜雅なるハーモニー〜」公式サイト

  • 関連タイトル:

    サクラ大戦 〜オールスターコレクション〜

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月24日〜06月25日