お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ボードゲーム「RoRop(ロロップ)」が11月に発売決定。ゲームマーケット2022秋で試遊・テスト販売も実施
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/10/03 21:11

リリース

ボードゲーム「RoRop(ロロップ)」が11月に発売決定。ゲームマーケット2022秋で試遊・テスト販売も実施

「RoRop(ロロップ)」
配信元 フレル 配信日 2022/10/03

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

Makuake公開後12時間で目標額達成! "落ち物パズル"がアナログゲームでも!遊びながら論理的思考を育み"考えることが楽しくなる"パズル「RoRop(ロロップ」今年11月に発売決定。
2022年11月中旬発売。現在Makuakeにて予約受付中! また、東京ゲームマーケット2022秋(2022/10/29〜30 東京ビッグサイト ネ-07)での試遊・テスト販売も実施。
フレル株式会社(本店:佐賀県神埼市 代表取締役 江口昌紀)は、ゲームを通じて好奇心を育み、学びに向き合う力に変えていく活動を行うゲームブランド”Fulelu Edutainment Games(フレル・エデュテインメント・ゲームス)”を立ち上げ、第一号製品であるボードゲーム型知育玩具「RoRop(ロロップ)」を発表。2022年11月中旬にの販売を開始します。

発売に先駆け、クラウドファンディングサービスの「Makuake(マクアケ)」にて2022年10月1日の12時よりプロジェクトを公開し12時間で目標額を達成。2022年10月26日18時までに募集を行い、より多くの人にRoRop(ロロップ)の魅力をお伝えしていく予定です。

また、2022年10月29日(土)・30日(日)に東京ビッグサイトにて行われる「ゲームマーケット2022秋 」のブース「ネ-07」にて試遊も実施予定。makuakeでは「ゲームマーケット手渡割プラン」も用意。さらに、"考えることはたのしい"をテーマに九州を中心とした各地域にて体験会を実施。子供の学びの一助となる遊びを啓蒙していくべく活動をしていきます。

画像集 No.001のサムネイル画像 / ボードゲーム「RoRop(ロロップ)」が11月に発売決定。ゲームマーケット2022秋で試遊・テスト販売も実施


画像集 No.002のサムネイル画像 / ボードゲーム「RoRop(ロロップ)」が11月に発売決定。ゲームマーケット2022秋で試遊・テスト販売も実施

【ボードゲーム"RoRop(ロロップ)"とは?】


子どもも大人も本気で楽しめる!
キューブを取り合う落ちものパズルゲーム!


落ちてくるキューブを予測して、次の一手を決める。シンプルな仕組みで、子どもも大人も夢中になれる。自分でルールを考えて、ゲーム作ることもできる。落ちてくる36個のキューブを取り合ったり並べたりと、年齢や言葉の違いを問わず楽しめるゲームです。

画像集 No.005のサムネイル画像 / ボードゲーム「RoRop(ロロップ)」が11月に発売決定。ゲームマーケット2022秋で試遊・テスト販売も実施

※図のようにキューブが落ちてくる落ち物パズルゲームです。

【事業化の背景】

2020年度より、小学校でのプログラミング教育が必修化となりました。文部科学省が定める小学校プログラミング教育の手引(第三版)によると、「知識及び技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向き合う力、人間性等」を育成するとしています。このうち「思考力・判断力・表現力」については、“ルール・課題を理解する”“自分でしくみを考える”などの論理的思考が必要であり、コンピュータを扱うプログラミング以前の課題があります。

画像集 No.003のサムネイル画像 / ボードゲーム「RoRop(ロロップ)」が11月に発売決定。ゲームマーケット2022秋で試遊・テスト販売も実施

そこで、ゲームを通じて学びに寄与することはできないかと考え事業化を企画。「コンピュータゲームのジャンルである、"落ちものパズル"のボードゲームを作ってみよう」と考えたことが始まりでした。今回の対象年齢は8歳以上としておりますが、その理由として、基本ゲーム(ロロップ ベーシック)では小学2年生で習うかけ算を活用したルールを採用しており、学校で学んだかけ算を遊びながら身近に、そして身につくことを狙いとしております。

【テストマーケティング】

2021年11月、東京ビッグサイトで開催されたゲームマーケット2021秋にて、RoRopの試作品30個をテスト販売、見た目やゲームのわかりやすさについて好評を得ることができました。翌年のゲームマーケット2022春においても改良版の48個を販売し、一般の方だけなく、ボードゲームカフェや業界関係者の方にもご注目いただきました。現在も、地元佐賀県を中心に体験会を重ね、様々な方からのフィードバックをいただき、商品化に向けて進めてきております。

画像集 No.004のサムネイル画像 / ボードゲーム「RoRop(ロロップ)」が11月に発売決定。ゲームマーケット2022秋で試遊・テスト販売も実施

「考えることは楽しい。学力が上がったのはRoRopを使ったから」言われるように新たな知育玩具の定番を目指し、本プロジェクトを進めていきたいと思います!

【体験会の様子】


【ゲーム情報】

  • 対象年齢:8歳以上推奨(3歳以下のお子様には絶対に与えないでください)
  • プレイ人数:2〜4人(ルールによって変動します)
  • プレイ時間:15分(ルールによって変動します)

【内容物】

  • ゲームボード&スタンド 1セット
  • キューブ×39個 (6色×6個,無地×3個)
  • 巾着袋 1袋
  • プレイヤー用のゲームシート 4枚
  • ゲームブック(説明書) 1冊
  • 予定パッケージサイズ:幅 209mm × 209mm × 53mm

【製品の注意事項】

  • 小さな部品が入っています。3歳以下のお子様には絶対に与えないでください。
  • 本製品は食べ物ではありません。口の中には絶対に入れないでください。
  • 本製品を火気のそばに置いたり、投げたりしないでください。
  • 量産にあたり、見た目や仕上がりが製品ごとに異なる部分がございます。詳しくは下記の図についてご確認ください。

【販売情報】

  • 一般予定価格 : 10,000円 ※消費税及び送料込み (本体:8800円 / 送料:1,200円)
  • 販売予定時期 : 2022年11月より
  • 販売先 : 弊社直販ウェブサイトにて販売予定。
  • 委託販売・仕入について:現在募集中です。担当者までお問い合わせください。

【Makuake情報】

  • プロジェクト名:子どもも大人も本気で楽しめる! 落ちものパズルゲーム「RoRop(ロロップ)」
  • U-RL : https://www.makuake.com/project/rorop/
  • 募集期間:2022年10月1日12:00 〜 2022年10月26日18:00

【ゲームマーケット2022 秋 情報】

  • 日時: 2022年10月29日(土) 〜 30日の2日間
  • 場所:東京ビッグサイト 東1〜3 ブース番号「ネ - 07」
  • URL:https://gamemarket.jp/access

【ゲームデザイナー紹介】

江口 昌紀 (エグチ マサノリ)
1982年生まれ、福岡県出身、佐賀県在住。

2001年に高校を卒業後上京、ゲームコンテンツ開発を学びつつも、その後佐賀県に出戻り事務職を経て、2010年にwebを中心としたコンテンツ制作業を始める。
2019年に「ふれあいから、よりよい未来を育む」を事業理念に、人々の琴線に触れるものづくり、ことづくりの企画・開発を行う、フレル株式会社を設立。WEB制作をはじめ、マーケティング等の施策の企画等を行う。2020年よりゲームを通じて好奇心を育み、学びに向き合う力に変えていく活動を行う”Entertainment”と”Education”をかけ合わせた”Edutainment(エデュテインメント)”を事業名とするFulelu Edutainment Gamesを立ち上げ、世の中に「“考える”ことは楽しい。」ことであると啓蒙するべく、第一号製品である知育ボードゲーム「RoRop(ロロップ)」を開発。

試作品を用い体験会や東京ビッグサイトで行われるゲームマーケットへの展示会出展などテストマーケティングを経て、いよいよ2022年11月に発売予定。

  • この記事のURL:

キーワード

下線
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月08日〜12月09日
タイトル評価ランキング
76
72
ゼノブレイド3 (Nintendo Switch)
56
スプラトゥーン3 (Nintendo Switch)
2022年06月〜2022年12月