お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
社内研修用ボードゲーム「ズバリ 気配り アニマッチ」が発表に。事業者と障がい者の間に介在する問題を緩和するために開発
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/06/02 11:00

ニュース

社内研修用ボードゲーム「ズバリ 気配り アニマッチ」が発表に。事業者と障がい者の間に介在する問題を緩和するために開発

 セガ エックスディーと東京都ビジネスサービスは本日(2022年6月2日),社内研修用ボードゲーム「ズバリ 気配り アニマッチ」を共同開発したと発表した。

 本作は,事業者と障がい者の間に介在する問題やコミュニケーション上の壁を緩和し,両者にとってより良い就労環境を実現するために,障がい者雇用を行う企業の人事・総務や担当者に向けて開発されたものだ。

画像集#005のサムネイル/社内研修用ボードゲーム「ズバリ 気配り アニマッチ」が発表に。事業者と障がい者の間に介在する問題を緩和するために開発

 プレイヤーは,多種多様な個性を持った動物たちが集まる学び舎「ズーニアス・ハイスクール」を舞台に,人気者の「クオッカ会長」が在籍している生徒会の正式入会を目指して,学園の運営にかかわる大切な仕事をこなしていくことになる。プレイヤーは,「新入生(1名)」と「先輩(1~4名)」に分かれ,新入生は,先輩が選んださまざまな係の仕事を体験し,その中で先輩による合理的配慮を点数によって評価することになる。新入生への理解が高いとボードのマスを進むことができる。

画像集#006のサムネイル/社内研修用ボードゲーム「ズバリ 気配り アニマッチ」が発表に。事業者と障がい者の間に介在する問題を緩和するために開発

 本作のプレイを通じて,「被雇用の障がい者へのヒアリングの大切さを実感できる」「障がい者雇用において重要な『合理的配慮』の考え方を学ぶことができる」「個々の障がい特性の具体的な事例を学ぶことができる」「企業の人事・総務部(担当部署)内のメンバーとの一体感の醸成,相互理解が深まる」といったメリットが生じるという。

 東京都ビジネスサービスは,本作を活用した研修プログラムの提供を開始している。研修プログラムでは,本作の説明や体験のほか,「障がい者とともに働くファーストステップ」と題した講義が合計で120分行われる。料金などの詳細については以下のプレスリリースを参考にしてほしい。

セガ エックスディーと東京都ビジネスサービスは
事業者が雇用した障がい者への理解が深まる
社内研修ボードゲームを共同開発

ゲーミフィケーション事業を展開する株式会社セガ エックスディーと東京都ビジネスサービス株式会社は事業者が障がい者雇用における課題や悩みを解決するための社内研修用ボードゲームを共同開発したことをお知らせいたします。

■ 背景
画像集#004のサムネイル/社内研修用ボードゲーム「ズバリ 気配り アニマッチ」が発表に。事業者と障がい者の間に介在する問題を緩和するために開発
障がい者雇用政策の拡充を背景に、民間企業は 2021 年 3 月から法定雇用率が 2.3%に引き上げられ障がい者雇用に対しての積極的な活動が求められています。その様な中で企業は、障がい者雇用に際して「障がい者」という概念そのものの理解が足りず、何ができるのか、できないのかわからないといった意見や、雇用した障がい者に対してどう接してよいのか、配慮すべきポイントがわからない、具体的にどんな業務を依頼してよいのか分からないという意見がみられました。一方、障がい者が企業で働く場合に抱く不安には、職場が自身に対して合理的配慮をしてくれるかが不安という意見や、就労後に日々自分の状態を伝えることができるのか、自身を理解してくれるのかが不安という意見がありました。そこで、セガ エックスディーと東京都ビジネスサービスは、障がい者がより自立することができ、社会参加を促すことができる社会を目指して、事業者と障がい者の間に介在する上記の様な認識やコミュニケーション上の壁を緩和し、両者にとってより良い就労環境を実現するべく、障がい者雇用を行う企業の人事・総務や担当者が社内研修で障がい者の理解を深めることができるボードゲームを共同で企画・開発しました。


■社内研修ボードゲーム『ズバリ 気配り アニマッチ』について:

(C)TOKYOTO BUSINESS SERVICE CO.,LTD.All Rights Reserved. / (C)SEGA XD CO.,LTD.
画像集#001のサムネイル/社内研修用ボードゲーム「ズバリ 気配り アニマッチ」が発表に。事業者と障がい者の間に介在する問題を緩和するために開発


・名称:『ズバリ 気配り アニマッチ』

・ストーリー:
ここは、多種多様な個性を持った動物たちが集まる学び舎、その名も「ズーニアス・ハイスクール」
そんな本校の生徒会では、一癖も二癖もあるメンバーたちが、いつも笑顔を絶やさない学園の人気者「クオッカ会長」のもとに集まり、学園の運営にかかわる大切な仕事を沢山こなしています。
そんな生徒会に、新しいメンバーが体験入会してくれることになりました!
生徒会のセンパイとして、彼/彼女の得意・不得意をしっかりと見極め、適切な係に就任してもらいましょう!

・ゲーム概要:
新入生プレイヤーと先輩プレイヤーに分かれ、参加者はそれぞれのキャラクターになりきります。新入生は先輩プレイヤーにさまざまな係の仕事を「仕事カード」から選んでもらい体験します。仕事を体験する中で、新入生プレイヤーは先輩プレイヤーによる合理的配慮を点数によって評価します。自分への理解が高いとボードのマス目を進めることができ、最終的に生徒会入会を目指します。ポイントは、新入生プレイヤーに「楽しんで仕事をしてもらえたか?」と「よく理解してあげられたか?」。ゲームを通じて、個性を尊重し、相手を理解し合理的配慮を実行する事の大切さを学ぶことができます。

<利用メリット>
事業者に障がい者雇用促進のための社内研修ボードゲームを導入いただくことで、わかりやすく楽しみながら障がい者への理解が深まり、よりよい雇用関係を築く機会を得ることができます。
・被雇用の障がい者へのヒアリングの大切さを実感できる
・障がい者雇用において重要な「合理的配慮」の考え方を学ぶことができる
・個々の障がい特性の具体的な事例を学ぶことができる
・企業の人事・総務部(担当部署)内のメンバーとの一体感の醸成、相互理解が深まる

■ 今後の展開
東京都ビジネスサービスでは、本ボードゲームを活用した研修プログラムを新たに提供開始しました。これにより、障がい者雇用におけるエントリー研修として、多くの企業への支援を目指していきます。

<研修プログラム>
・研修内容:ボードゲームの説明と体験:60 分(ワークショップ)
障がい者とともに働くファーストステップ:60 分(講義) 合計 120 分
・参加人数:5〜20 人
・料金:200,000 円〜(税別)※料金内に本ボードゲーム 1 個付
※追加ボードゲームご購入も可能です。
※参加人数、実施場所、実施方法、費用については下記までお問合せください。


<実施事例>
2022年5月18日、総合ネットサービス事業を展開する株式会社 ProVision の新入社員研修にて『ズバリ 気配り アニマッチ」ワークショップと講義研修を実施しました。

画像集#002のサムネイル/社内研修用ボードゲーム「ズバリ 気配り アニマッチ」が発表に。事業者と障がい者の間に介在する問題を緩和するために開発

4月に入社した 16 名の新入社員に対し、組織の中で共に働く従業員の多様性を理解・尊重しながら互助の大切さと、障がいの種類や配慮のポイントを学んで頂きました。障がい者を雇用する人事、総務など担当部署だけでなく、このように組織内研修で活用頂ける研修プログラムとなっております。

画像集#003のサムネイル/社内研修用ボードゲーム「ズバリ 気配り アニマッチ」が発表に。事業者と障がい者の間に介在する問題を緩和するために開発


セガ エックスディーの公式サイト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月30日〜07月01日
タイトル評価ランキング
77
ELDEN RING (PS5)
72
ELDEN RING (PS4)
58
54
ELDEN RING (PC)
53
52
Pokémon LEGENDS アルセウス (Nintendo Switch)
48
2022年01月〜2022年07月