オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
商用利用可能な東京23区の3Dモデルを国土交通省が公開。「Project PLATEAU」は全国56都市の3Dモデル整備とユースケース開発を完了
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/03/29 19:54

ニュース

商用利用可能な東京23区の3Dモデルを国土交通省が公開。「Project PLATEAU」は全国56都市の3Dモデル整備とユースケース開発を完了

PLATEAUのデータをプレビューするWebアプリ「PLATEAU VIEW」で東京駅周辺の建物などを表示したところ
画像集#006のサムネイル/商用利用可能な東京23区の3Dモデルを国土交通省が公開。「Project PLATEAU」は全国56都市の3Dモデル整備とユースケース開発を完了
 国土交通省都市局は3月26日,「Project PLATEAU」に関して,全国56都市の3Dモデル整備と,ユースケース開発が完了したことを発表した。あわせて,東京都23区のオープンデータが公開されている。

 「Project PLATEAU」は,現実の都市空間をバーチャルで再現し,オープンデータ化するプロジェクト。公表されたユースケースは,日本電気によるソーシャルディスタンシング判定技術や,ニューラルポケットによるカメラ画像解析のフィージビリティスタディなど,44件だ。

 配布データフォーマットは複数あるが,主なものはCityGML。このフォーマットはNYC DoITTによるニューヨーク市街,Berlin Partner for Business and Technologyによるベルリン市街など,各国の都市データ配布で利用されている。

 「Project PLATEAU」のデータおよび技術は,国土交通省が1月16日・2月13日に開催した「東京23区から新しい世界を創るアイデアソン/ハッカソン」で,TOKYO SURVIVALによるサバイバル体験ゲーム「TOKYO SURVIVAL 〜 防災を『自分事』とするために」や,チームRTGによる「REAL TOKYO GAME 〜東京がまるごとゲームの舞台になるプラットフォーム〜」が発表・制作されたように,ゲームにも利用できるものだ。アイデアソン/ハッカソンでは企画の性質上,ゲーミフィケーションを念頭に置いたものや,利用例のプレゼンテーション的なものに留まったが,エンターテイメント性が主体のコンテンツにも活用できるだろう。

 なお,東京都23区のオープンデータは商用を含め,無償・無制限で利用することが可能だ。

現実の都市空間をサイバー空間に再現するProject PLATEAU、全国56都市の3D都市モデル整備とユースケース開発が完了
東京都23区の3D都市モデルのオープンデータを公開!

 国土交通省が主導する、日本全国の3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化事業Project PLATEAU(プロジェクト プラトー)は、2020年度の事業として全国56都市の3D都市モデルの整備を完了し、開発したユースケース44件を公開しました。整備したデータは一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会が運用する「G空間情報センター」にて順次公開され、オープンデータとして誰もが自由に利用できるようになります。本日、全国に先駆けて東京都23区の3D都市モデルのオープンデータを公開しました。また、3D都市モデルやユースケースとして開発された一部データは、本日リリースした公式WEBサイト”PLATEAU ver.1.0”内のPLATEAU VIEWにてプレビューすることが可能です。
(公式WEBサイト”PLATEAU ver.1.0”:www.mlit.go.jp/plateau/

画像集#001のサムネイル/商用利用可能な東京23区の3Dモデルを国土交通省が公開。「Project PLATEAU」は全国56都市の3Dモデル整備とユースケース開発を完了

 Project PLATEAUは国土交通省が進める、まちづくりのデジタルトランスフォーメーション(UDX)を推進するための事業です。日本全国の3D都市モデルを整備し、オープンデータとして公開することで、誰もが自由に都市のデータを引き出すことが可能となり、防災、まちづくり、AR・VRなど様々な場面で活用できるようになります。PLATEAUでは(1)3D都市モデルの整備、(2)3D都市モデルのユースケース開発、(3)3D都市モデルの整備・活用ムーブメントの惹起の3つのスコープを設けており、初年度となる2020年度は、公募で決定した全国56都市の3D都市モデル整備とユースケースの開発が完了しました。同時に今回の整備・開発で得た知見を整理した3D都市モデル導入のためのガイドブック10編も公開、来年度以降も全国の自治体での整備や新たなユースケース開発のサポートをしていきます。

<東京都23区3D都市モデル:オープンデータのダウンロード先>
G空間情報センター: https://www.geospatial.jp/ckan/dataset/plateau-tokyo23ku
<配布するデータ形式> CityGML、3D Tiles、FBX形式等


3D都市モデルとは?


 3D都市モデルとは、実世界(フィジカル空間)の都市を仮想的な世界(サイバー空間)に再現した三次元の都市空間情報プラットフォームです。二次元の地図に建物・地形の高さや建物の形状などを掛け合わせて作成した三次元の地図に、建築物の名称や用途、建設年などの属性情報を加え、都市空間そのものをデジタル上で再現しました。これまで各省庁や地方自治体に分散していた建物の情報や人口流動、環境やエネルギーのデータなどを三次元化した地形データと統合することで、都市計画立案の高度化や、都市活動のシミュレーション、分析等が可能となります。

 Project PLATEAUで整備する3D都市モデルはセマンティクス=意味情報を持つモデルです。多くの人がこれまで目にしてきた3D地図は都市を形として再現した、現実と同じように「見える」地図でした。PLATEAUでは建物や街路などのオブジェクトを定義し、これに名称や用途などの情報を記述できるデータフォーマット「CityGML」を用いており、見た目だけではなく、50階建てのオフィスビルは50階建てのオフィスビルとして、歩行者専用道路は歩行者専用道路としてデータが再現されます。つまり、サイバー空間にもう一つの都市を構築することが可能です。

 Project PLAEAUは、3D都市モデルを活用することで「全体最適・持続可能なまちづくり」「人間中心・市民参加型のまちづくり」「機動的で機敏なまちづくり」の実現を目指していきます。


ユースケース開発


 Project PLATEAUで整備した3D都市モデルはデータの集合体であり、データはソリューションとして活用してこそ価値を持ちます。そこでProject PLATEAUでは地方公共団体、民間企業、大学・研究機関とパートナリングを行い、実際に3D都市モデルがどのように社会にインパクトをもたらすものなのか、ユースケース開発の実証実験を行ってきました。3D都市モデルを活用した社会的課題の解決として「都市活動モニタリング」、「防災」、「まちづくり」の3つのカテゴリと、3D都市モデルを活用した民間市場の創出として「新サービス」のカテゴリを設定し、本日26の実証実験結果を公式WEBサイトに公開しました。ここではユースケースの中から、いくつか例をご紹介します。


都市活動モニタリング


スマートフォンなどが発する電波(Wi-Fiと4G/LTE)を活用した混雑状況モニタリング
〈九州工業大学 大学院工学研究院/IoTシステム基盤研究センター〉
 異なる2種類の電波(Wi-Fi、4G/LTE)を用いて測定エリアの人数を推定し、推定結果を比較分析。電波を活用した人流モニタリング技術の検証を行い、3D都市モデルと組み合わせた都市活動モニタリング手法の確立を目指した。

画像集#002のサムネイル/商用利用可能な東京23区の3Dモデルを国土交通省が公開。「Project PLATEAU」は全国56都市の3Dモデル整備とユースケース開発を完了

防災


屋内外をシームレスに繋ぐ避難訓練シミュレーション
〈森ビル株式会社〉
 虎ノ門ヒルズビジネスタワーの緻密な屋内モデルを制作し、3D都市モデルと統合。屋内と屋外をシームレスに繋いだバーチャル空間を構築した。新型コロナウイルスの影響で大人数が対面で集まる大規模避難訓練の実施が困難になる中、バーチャル空間で複合施設における複数の避難計画のシミュレーションや、徒歩出退社訓練用のVRの構築を行った。

画像集#005のサムネイル/商用利用可能な東京23区の3Dモデルを国土交通省が公開。「Project PLATEAU」は全国56都市の3Dモデル整備とユースケース開発を完了

まちづくり


都市計画基礎調査情報を活用した都市構造の可視化
〈株式会社日立製作所、パナソニック株式会社、アジア航測株式会社〉
 愛知県名古屋市において、都市計画基礎調査情報を用いて過去からの都市構造の変遷を可視化。平成3年〜平成29年の「建物利用現況」と「土地利用現況」の情報を3D都市モデルに統合。PLATEAU VIEW上で属性情報に応じて塗り分けた建物・土地の変遷を、時系列で見られるようにした。

画像集#003のサムネイル/商用利用可能な東京23区の3Dモデルを国土交通省が公開。「Project PLATEAU」は全国56都市の3Dモデル整備とユースケース開発を完了

新サービス


バーチャル都市空間における「まちあるき・購買体験」
〈株式会社三越伊勢丹ホールディングス〉
 新宿三丁目エリアを中心とする「バーチャル新宿」を構築し、仮想空間における「まちあるき」体験を提供。コロナ禍におけるエリア価値向上や立地店舗のEC活性化を目指した。

画像集#004のサムネイル/商用利用可能な東京23区の3Dモデルを国土交通省が公開。「Project PLATEAU」は全国56都市の3Dモデル整備とユースケース開発を完了


今後の展開


 Project PLATEAUは、2021年度からVer 2.0として更なる取組の深化を図っていきます。そのメインスコープは、3D都市モデルの整備・更新・活用のエコシステムの構築です。3D都市モデルを全国に展開し、スマートシティをはじめとするまちづくりのDX基盤としての役割を果たしていくため、簡易・効率的な整備・更新手法の開発、自動運転やロボット運送等のユースケース開発の深化、街路空間(歩道・車道)や街路樹・標識など緻密なスケールでのデータ整備手法の確立等に取組んでいきます。

 また、官民の知見を結集して3D都市モデルの発展を図るため、スマートシティ官民連携プラットフォームの下に地方公共団体や民間企業、研究者等で構成する「3D都市モデルの整備・活用促進に関する検討分科会」を設置し、2021年3月24日に第1回を開催しました。今後、幅広い分野の方々と共に検討を重ねていく予定です。

【Project PLATEAU 誕生秘話もPR TIMES STORYにて公開中!】
利用されてこそデータには価値がある。国交省職員の挑戦とは【Project PLATEAU】
https://prtimes.jp/story/detail/0bKlwZHqo8B


「Project PLATEAU」公式サイト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月19日〜04月20日