オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
NetEaseの5月,日本市場での売り上げは90億円超え。うち約68億円が「荒野行動」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/06/24 14:16

業界動向

NetEaseの5月,日本市場での売り上げは90億円超え。うち約68億円が「荒野行動」

 中国ゲームメディアGameLookによると,App Annieが更新した「2020年5月の日本国内モバイルゲームのパブリッシャー別 売り上げランキング」において,iOSでNetEase Gamesが初の首位を獲得した。

画像(001)NetEaseの5月,日本市場での売り上げは90億円超え。うち約68億円が「荒野行動」

 では数字はというと,Sensor Towerの統計によれば,5月単月でのNetEaseの日本売り上げは8500万ドル(約90.9億円)。ちなみに,そのうち7400万ドル(約79.1億円)の売り上げがiOSによるものだ。つまり日本における(5月の)NetEaseの売り上げの87%はiOSユーザーから得ていることになる。
 また,当月売上のうち,75%は「荒野行動-Knives Out-」iOS / Android / PC / Switch / PS4)による売り上げ(約68.2億円)で占められていることが分かった。さらに,5月中最大の売り上げを記録した日は5月1日で,その日の日本市場における「荒野行動」の売り上げは,1日で860万ドル(約9.2億円)となっている。

※記事内の表記は2020年6月22日時点のレート,1ドル=106.92円で計算している

 日本におけるスマホゲーム界でのバトルロワイヤル作品として地位を確立して以来,最近だけ見ても「銀魂」「FAIRY TAIL」「エヴァンゲリオン」と,相次いで大型コラボを実施している「荒野行動」。そのペースは留まるところを知らず,4月30日〜5月14日は「七つの大罪」,5月30日〜6月14日は「炎炎ノ消防隊」など,キャンペーンを矢継ぎ早に繰り出している。このあとも,6月30日からは「東京喰種」とのコラボが始まるなど,大型コラボが次々と続いていく雰囲気だ。そのほかのNetEase作品においても,「機動都市X」×「グランベルム」「第五人格」×「ダンガンロンパ」などのコラボレーションが実施されている。
 いまだ「難しいマーケット」と世界で言われる日本における成功パターンを,もしかしたらNetEaseは把握しつつあるのかもしれない。

矢継ぎ早に大型コラボを繰り出す「荒野行動」,次は6月30日からの「荒野行動」 × 「東京喰種」(→コラボ特設サイト
画像(002)NetEaseの5月,日本市場での売り上げは90億円超え。うち約68億円が「荒野行動」

参考:国产游戏出海,网易新创造了一项记录

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月12日〜08月13日
タイトル評価ランキング
93
82
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
67
仁王2 (PS4)
66
61
VALORANT (PC)
2020年02月〜2020年08月