オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
カプコン,2020年3月期 第3四半期決算短信を発表。大型タイトルの伸長により,すべての利益項目で過去最高益を達成
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/02/04 18:18

ニュース

カプコン,2020年3月期 第3四半期決算短信を発表。大型タイトルの伸長により,すべての利益項目で過去最高益を達成

 カプコンは本日(2020年2月4日),2020年3月期 第3四半期の決算短信を発表した。2019年4月から2019年12月までの連結業績は,売上高529億800万円(前年比13.6%減),営業利益184億4800万円(前年比37.1%増),経常利益187億200万円(前年比38.1%増)で,四半期純利益は130億6500万円(前年比42.3%増)。売上高は減少したものの,すべての利益項目で過去最高益を達成している。

画像集#001のサムネイル/カプコン,2020年3月期 第3四半期決算短信を発表。大型タイトルの伸長により,すべての利益項目で過去最高益を達成

 セグメントごとに見ていくと,デジタルコンテンツ事業では,「MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNE」が堅調に推移し,「バイオハザード RE:2」PC / PS4 / Xbox One)や「デビル メイ クライ 5」PC / PS4 / Xbox One)といった大型タイトルが収益向上に貢献したことで,営業利益198億8500万円(前年比30.1%増)を記録している。なお,売上高は前年比15.2%減の405億8900万円となったが,こちらはデジタル販売比率が向上したためとのことだ。

 アミューズメント施設事業では,「プラサカプコン」を池袋と藤井寺にオープンしたほか,渋谷パルコにキャラクター商品のみを取り扱う専門店「カプコンストアトーキョー」を出店。その結果,売上高は92億100万円(前年比13.8%増),営業利益は11億8700万円(前年比36.6%増)となった。なお,アミューズメント機器事業は,売上高6億6300万円と減収になったが,営業利益はライセンスビジネスの事業展開により,3億7600万円と小幅ながらも黒字に転換している。

 ライセンス許諾によるロイヤリティやキャラクターグッズなどの物販販売をまとめたその他事業については,売上高24億5300万円(前年比16.7%増),営業利益は3億5800万円(前年比63.5%減)となっている。

 なお,決算短信に合わせて,2020年3月期の通期連結業績予想の修正が発表されている。売上高が850億円から800億円に,営業利益が200億円から220億円に,経常利益が195億円から220億円に,当期純利益が140億円から155億円に修正されている。売上高については,パッケージ版からダウンロード販売への転換が促進したことを踏まえた修正で,利益面では大型タイトルの順調な推移に加え,過去の人気タイトルが堅調な売れ行きを示し,さらにパチスロ機部門でも「新鬼武者 DAWN OF DREAMS」の受注が好調ということで,前回発表予想を上回る修正となったようだ。

カプコン IR情報ページ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月05日〜12月06日
タイトル評価ランキング
73
ELYON (PC)
67
DEKARON (PC)
66
真・女神転生V (Nintendo Switch)
66
BLESS UNLEASHED (PC)
54
Pokémon UNITE (Nintendo Switch)
2021年06月〜2021年12月