オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/12/28 00:00

企画記事

4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い




SNK
ゲーム開発本部 本部長
小田泰之

代表作:「THE KING OF FIGHTERS XIV」「SAMURAI SPIRITS」

画像(027)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ボクと博物館」
もともと、ちまちました作業ゲームと恐竜が好きなので、それらが合わさった大好物フルコースのようなゲームでした。アップデート待ってます。

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「名探偵ピカチュウ」
もうツルツルのピカチュウには戻れない可愛さが中毒になりました。あと公開時期は古いですが、「シャークネード」シリーズと「メガ・シャークVS」シリーズとポロニア監督作品をお盆に見倒してかなりハマりました。

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

金属バット(お笑いコンビ)
もうそろそろブレイクの年でしょう!

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2020年はネオジオ30周年の記念となる年です。いろいろな記念グッズが出ると思いますので、皆様よろしくお願いします。あと「餓狼MOW」の20周年でもありますが、特になにも予定がないです…。

「THE KING OF FIGHTERS XIV」(PC / PS4
(C)SNK PLAYMORE CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
画像(028)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



SNK
「SAMURAI SPIRITS」ディレクター
黒木信幸

代表作:「THE KING OF FIGHTERS XIV」「SAMURAI SPIRITS」

Twitter
画像(029)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「DEATH STRANDING」
ただ物を運ぶだけというシンプルな目的に対して、素晴らしいゲーム性と、ハリウッド映画並みのストーリーを盛り込まれたのは、只々感心させられるのみでした。
好みが分かれる作品だとは思いますが、それは凡庸ではなく限りなく尖っているという事だと思います。今年一番の“発明”のゲームではないでしょうか。

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「THE KING OF FIGHTERS〜A NEW BEGINNING〜」
あずま京太郎先生が描く「KOF XIV」の世界をモチーフにしたコミックです。
あずま先生が描くキャラクターが、本当に魅力的でどのキャラクターも生き生きしています。漫画化されるときに、KOFはキャラクターが多いので描き切れるのかなと失礼な事を思っていましたが、私の想像をはるかに超えるレベルで描かれていました。私自身よりキャラクターが好きになりました。ストーリーもゲームとは少し外れていますが、本当に面白いですね!良く出来すぎていて、開発する側も参考にさせていただいてます。

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

ノーマン・リーダス
単純にノーマン・リーダスさんのファンで、「The Walking Dead」でず〜っと見続けています。なので「DEATH STRANDING」に出てきた時は余計に驚きました。

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2019年は、ラスベガスで行われた「EVO 2019」をはじめ、世界各国で「SAMURAI SPIRITS」の大会が行われ本当に興奮しました。
そして2020年は、すでに発表されていますが、真鏡名ミナが含まれるDLCシーズン2を配信します。「SAMURAI SPIRITS」はまだまだ終わりませんので、ぜひ楽しみにしていてください!さらに「KOF XV」を始め、色々な事にチャレンジしていきたいと思っています。
世界中のSNKファンを驚かせれるように開発一同がんばりますので、応援よろしくお願いします!

「SAMURAI SPIRITS」(PC / PS4 / Xbox One / Switch / ARCADE
(C)SNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
画像(030)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(031)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



Onion Games
旅人でゲームデザイナー
木村祥朗

代表作:「moon」「勇者ヤマダくん」「BLACK BIRD」他

Twitterアカウント
画像(154)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Return of the Obra Dinn」
嫌いな人は大嫌い、好きな人は大好きという難易度で、ビジュアルもかっこいい。まだ解けてないけど、やめないと思う。攻略サイトとかみないでクリアしたいな。

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「天気の子」が面白かった。
とくに冒頭からラストまで、単純にハッピーじゃない感じが好きです。
得に主人公の独自の決断力みたいなのがすき。

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

友達に教えてもらった建築家。ジェフリー・バワ 色々興味深いです。

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

毎年、心も体も最大限に発揮してやっと1本作れるかどうかという感じがしてます。次はどこに到達するのか、どう研ぎ澄ませばたどり着けるのか、自分でもよくわかんない。できたら飲んだくれながら研ぎ澄ましたい(笑) もし何か発表した時は見てください。

「勇者ヤマダくん」(PC / Switch
(C)DMM GAMES
(C)Onion Games, K.K.
画像(163)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(164)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
「moon」(Switch
Published by Onion Games
(C)KADOKAWA CORPORATION / (C)Route24 Inc. All rights reserved.
画像(165)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(166)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
「BLACK BIRD」(PC / Switch
(C)Onion Games, K.K.
画像(167)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(168)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



角川ゲームス
取締役 / プロデューサー
河野順太郎

代表作:「デモンゲイズ2」「METAL MAX Xeno」「メタルマックスゼノ リボーン」

画像(504)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「VA-11 Hall-A」
すいぶん前からSteam版の良い評判を聞いていましたが家庭用での発売をきっかけにプレイ。
カクテルを提供する、ただそれだけのことから制作者の愛に溢れた多様な世界が広がっていく。「たまにはこういうのもいいな…。」と久々に思わせてくれた1本でした。

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

実はまだ観れていないのですが、何といっても今年は映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」しか無い。初の日本公開は確か78年ですかね…。当時小学生の私が父に連れられて映画館へ行った初代エピソード4からはじまり昭和・平成・令和と40年以上、受け継がれ、もちろん私も飽きずに映画館で見続けてきたサーガが遂に一旦完結。担当しているタイトルが年末は火事場だと思うのですが…えぇ!関係ありません!!これだけは、どこの誰が何といおうと、何としてでも見に行きますとも!!!そして、無事観終えることができたならきっと泣いてしまうに違いない(笑)。

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

特におりません。

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

現在、来年3月の発売を予定しております「メタルマックス ゼノ リボーン」に取り組んでおります。来年は遂に2020年東京オリンピックイヤー、そしてその翌年の2021年には、我等がメタルマックスが生誕30年を迎えます。「いくぜ!30周年!!」、引き続き全力疾走して参りますので応援宜しくお願いします!

「メタルマックス ゼノ リボーン」(PS4 / Switch
(C)2019 KADOKAWA GAMES/KADOKAWA
画像(505)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(506)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



角川ゲームス
プロデューサー
杉山イチロウ

代表作:「LoveR」「フォトカノ」「レコラヴ」

画像(507)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「イドラ ファンタシースターサーガ」
リリース1周年を迎え、俄然面白くなってきました! 毎日通勤中にやってます!

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「終末のワルキューレ」が熱い! アダムとゼウスの戦いのクライマックス感半端なくて、まさか負けるとは……みたいな。1コマ1コマに込められた熱気がスゴイ。

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

特にいません。

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

Nintendo Switch / PS4「LoveR Kiss」の開発が大詰めです! 「写真」をテーマにした恋愛シミュレーションの集大成となるべく、開発スタッフ一同、全力で仕上げに入っています。2月27日の発売を楽しみにしていて下さい!

「LoveR Kiss」(PS4 / Switch
(C)2019 KADOKAWA GAMES
画像(508)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
画像(509)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(510)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



角川ゲームス
ディレクター / エグゼクティブディレクター(メタルマックス ゼノ リボーン)
宮岡 寛

代表作:メタルマックスシリーズ

画像(511)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「DEATH STRANDING」
おそらくこの独特の世界観は、敵を殺すことを含めたうえで「ゲームにとって死とは何か」を根本から問いただそうとして生まれたものでしょう。
その問題意識を、言葉ではなく世界観で語ろうとしているのが素晴らしい。
重荷を背負いすぎるとバランスを崩してコケやすくなるとか、雪山でホワイトアウトする時のリアリティとか、荷物運びゲームとしても良くできてるし、国道建設にもハマりました。
映画芸術と言う言葉があるなら、この作品は「ゲーム芸術」と呼びたいですね。
裸一貫で独立して、これほどオリジナリティあふれるゲーム世界を造り上げた小島氏のクリエイター魂と、それを支えた開発陣の皆さんに心から敬意を表します。

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ゲーム・オブ・スローンズ 最終章」ですね。
原作小説から大ファンだったドラマシリーズがついに完結。
空前絶後の壮大なスペクタクル、そして非情な結末。
このシリーズが終わってしまった今こそ、わが心に冬来たる。

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

個人とは言えませんが、CD Projektと言う会社に注目しています。
「ウィッチャー3 ワイルドハント」がとんでもなく素晴らしかったので、それより遥かに大規模だと言う「サイバーパンク2077」がどんなゲームになるのかワクワクしています。

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

来る2021年のメタルマックス30周年に向けて、年に1本のペースでシリーズ作品を3本リリースするという大風呂敷を広げてしまっております。
今年はその第1弾として「メタルマックス ゼノ リボーン」を発売予定です。
過去のシリーズとは違う、そしてゼノとも違う、まったく新しいメタルマックスをお届けすべく奮闘中ですので、熱い応援をよろしくお願いします!

「メタルマックス ゼノ リボーン」(PS4 / Switch
(C)2019 KADOKAWA GAMES/KADOKAWA
画像(512)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(513)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



角川ゲームス
代表取締役社長 兼 ゲームディレクター
安田善巳

代表作:「LOLLIPOP CHAINSAW」「GOD WARS」「STARLY GIRLS」

Twitterアカウント
画像(514)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ファイアーエムブレム 風花雪月」
マップ画面からバトルシーンにシームレスで移行する臨場感やモーションが秀逸だった。また、登場人物の設定が魅力的で、チームを選択して異なるシナリオをクリアするたびに人物関係図の謎が明かされるアドベンチャー要素も加わり、最後まで楽しめました。

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ジャック・ライアン」
2019年は、トム・クランシーの小説の主人公がCIA分析官として活躍する海外TVドラマ「ジャック・ライアン」シリーズにハマりました。特に、シーズン2のベネズエラ編は、米国の盲点を浮き彫りにする傑作でした。

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

ジャック・ライアンの影響で、改めてトム・クランシーという米国の小説家に興味をもちました。
よくよく調べてみると、ユービーアイソフトさんから発売されている「レインボーシックス」、「ディビジョン」、「ゴーストリコン」などの人気シリーズに“Tom Clancy's”というブランド名がついていて、ゲーム業界にも大変貢献された人物であったことを改めて認識しました。

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

僕がリーダーを務める第1開発Gの2020年は、「PROJECT STELLA(仮称)」「星娘 ALLSTARS」などの開発に注力してまいります。両タイトルともに正式発表できるよう、しっかりと仕上げて行きたいと思います。
また、未発表のタイトルですが、新しいプラットフォームへの取り組みなども進展していく年になるような予感がします。まずは、角川ゲームミステリー第2弾「Root Film(ルートフィルム)」にご期待ください。

「PROJECT STELLA(仮称)」
画像(515)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
「星娘 ALLSTARS」(iOS / Android
画像(516)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
「Root Film(ルートフィルム)」(PS4 / Switch
画像(517)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



カプコン
プロモーションプロデューサー兼eスポーツプロデューサー
綾野智章

代表作:「ストリートファイターV アーケードエディション」

Twitterアカウント
画像(518)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「オートチェス」(多多自走棋)
いや〜、これは衝撃ですね。人生を変える1作品に入りました。
好きすぎてパブリッシャーであるドラゴネストへコンタクトして許諾もらいながら、小説家になろうで小説書いちゃいましたもん。4万字程度ですが。
とりあえず今シーズン(シーズン3)はキングを目指していますが、まだまだルーク帯というクソ雑魚ですみません。全然勝てないんです……。

個人的な話はさておき、オートチェスは対戦型オートバトルという新しいジャンルを確立したと思っています。しかもすでにeスポーツ界隈は積極的にオートバトルの採用を始めてますよね。かつてDotaがあって、割愛しますが色々あってLoL(リーグ・オブ・レジェンド)やDota 2が生みだされたように、Dota 2があってそしてMod版オートチェスが生まれました。(オートバトルの起源は2009年のWarcraft III: Frozen Throne用カスタムマップModであるPokemon Defenseが最初とも言われていますが、とりあえず2019年のムーブメントとして記載します。)そうオートチェスがたどっている歴史がLoLに酷似してるんですよ。興味深いですよね。

そしてここから急展開、NetEaseから決戦!平安京の新コンテンツ「平安京麻雀棋」がリリース。ついでRiotはLoLの新コンテンツとして「TFT(チームファイトタクティクス)」、本家ValveのDota 2からは「Dota Underlords」がリリース。Blizzardもこれに参戦、ハースストーンの新コンテンツ「バトルグラウンド」をリリース。……と、次から次へとオートバトルタイトルがリリースされてくるんです! ドラゴネストも負けじとガンガンアップデートを入れてくるんです。日を追うごとに追加される新機能、変更されるバトルバランス、リワークされるキャラクター! アツい! アツすぎる! みんなもやろう!

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

トークンエコノミー
……と、挙げさせていただきましたが、トークンエコノミーとして挙げていいのだろうかと、迷うところであります。というのもトークンエコノミーを語る上で欠かせないのが、トークンとして発行する仮想通貨(暗号資産)、仮想通貨の技術の1つであるブロックチェーン(や、ハッシュグラフ)も挙げねばなりません。そしてそのトークンエコノミーと相性の良いコンテンツの1つにゲームが揚げられています。それがDAPPS(Decentralized Applications)となっていくわけです。なので設問に対しての答えとしては、「トークンエコノミーを取りまく全部の事象に注目しています。
と答えるのが正解かもしれません。

「今更仮想通貨かよ!」と思われるかもしれませんが、ようやく仮想通貨バブルも落ち着いてきて、いよいよその本質が問われ始めている時代となってきています。この状況を見るがとっても面白く、個人的にはエンタメとして楽しんでます。

さて「トークンってなんだ?」と思われる方もいらっしゃるかもなので、軽く説明しますと、例えるならばトークンとは「肩たたき券」なんです。「肩たたき券」といえばお金を持ってない子供が、お父さんにプレゼントしたい時に使う、漫画等で利用される古典的なアイデアですよね。実は「券」であることが特徴でして、例えば「肩たたき券」をもらったお父さんは、これを誰かに売ることができるんです。「うちの子供が肩を叩いてくれる券だぞ」と。例えばこれを1000円で売りに出すとします。買う人は、それが1100円で売れる価値を見出した場合に取引が成立するでしょう。もしかしたら子供のおばあちゃんなら1100円で買ってくれるかもしないですし、将来その子供が有名人になったりした場合はもっと価格が跳ね上がるでしょう。ならば長期保有しておこうか……となりますよね。

お金では測れない価値をトークン化し、経済系が作られることが、トークンエコノミーなのです。トークンは「肩たたき券」といいましたがこれを究極的に一般化すると「時間」になると見ています。お金に依存せずにその人の時間を拘束できるのが「トークン」であると勝手に定義してます。で、このトークンを利用すれば昨今話題になっているWeWorkの問題も解決できると思うのです。WeWorkといえば多くのスタートアップ企業が契約するコワーキングスペースですよね。ここにトークンを導入してみるんです。
例えば「WeWorkの会員が別のWeWorkの会員を1時間動かせる券」です。こうすればWeWorkにいる様々なスタートアップ企業がお互いの会員のために時間を使い合うようになります。そうするとスタートアップ同士の相互作用からユニコーン企業やイノベーショナルなコンテンツが生まれるかもしれませんよね? WeWorkはその利益の一部をいただけば家賃収益以上のものが見込めるわけです。どうですか? ナイスアイデアですよね? 孫さん、このアイデアを一丁買っていただけないでしょうか?(笑)

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

なんだかんだ毎年ここの場ではグラドルたちを紹介させて頂いていますが、今年は台湾のプロ野球チーム「中信兄弟」のチアリーダー峮峮(チュンチュン)ちゃんや、コスプレ会場で無双しつづける宇垣美里アナなど、グラドル以外の美少女たちが話題が目立つ年でした。
しかし! 私はここで目線をリアルだけでなく、非実在青少年まで広げたいと思います。2019年一番注目した人、それはライザのアトリエより、「ライザリン・シュタウト」ことライザちゃんです!
 発表されるやいなや、ゲーム本編が始まる前から話題騒然! ライザちゃんの太ももに世間が虜になりました。結果的に数字にも反映され、シリーズ最高の出だしになったとの情報がネット上に踊るまでに。キャラクター1つでここまでタイトルを引っ張れるものなんだと実感した次第です。

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2020年2月14日には、「ストリートファイターV チャンピオンエディション」が発売となります。これはゲームに興味がない女の子にも買っていただいたい! だってバレンタインデーですからね! 気になるメンズにプレゼンとしてあげて、そして是非とも一緒にプレイしてほしい! 価格も3990円(+税)と大変お得! お高いチョコレートよりも安いんじゃないかという低価格! 是非ご予約を!

「ストリートファイターV チャンピオンエディション」(PC / PS4
(C)CAPCOMU.S.A.,INC.ALL RIGHTS RESERVED.
画像(541)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(542)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



カプコン
プロデューサー
川田将央

代表作:バイオハザードシリーズ

画像(521)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「DEATH STRANDING」
幻想的な映像表現と驚異的な描画処理とポップな楽曲にとても感心させられました。スタジオの立ち上げ時期を考えたら、あそこまでまとめ上げられるのは並大抵の力では無いと思います。自分はゲームと映画の狭間を感じたのですが、これは配信によって共感できるゲーム体験の最たるものかもしれませんね。

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

BABYMETAL「METAL GALAXY」
音楽は最近Spotifyで聴くことがほとんどですが、今年買った唯一のCDが「METAL GALAXY」でした。もちろんお布施なんですけど、メタル(とアニソンとアイドル)はカテゴリーが先でバリエーションは無限のジャンルだよね、と改めて気づかされた作品でした。もっとも次作を作るのは大変だと思いますが、他のメタルバンドには無い“KAWAII”をフィーチャーした楽曲を、今後も期待します。

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

清塚信也さん
最近はクラシック界の貴公子…というよりも音楽漫談家としてバラエティー番組で活躍中ですね。清塚さんは小難しい音楽理論を、キーボードでの実演と軽妙なトークで解説するスタイルを確立されており、見て楽しい聴いて楽しいTV番組を作られているのが特徴です。無教養な私でも出演されている番組をチェックしてしまう、魅力的な存在です。

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

いろいろあった「バイオハザード RE:3」もやっと正式に発表できて少しほっとしています。発売の4月3日までもう少しなので頑張りたいと思いますが、ストアで予約とかしていただけるとスタッフ一同元気になります。どうぞよろしくお願いします!

「バイオハザード RE:3」(PC / PS4 / Switch
(C)CAPCOM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
画像(522)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(523)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



カプコン
プロデューサー
竹中 司

代表作:「バイオハザード リベレーションズ」「MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE」

画像(586)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」
ただ単に要素を足しただけじゃない、それをフォローするシステムの追加、バランス調整、どこをとっても、グレードアップ版のお手本のような作品でした。

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

本ですが「血と汗とピクセル」には衝撃を受けました。
大ヒットゲームからインディゲームの裏側まで踏み込んだ衝撃のルポルタージュ。
業界人は冷や汗が止まらないこと必至です。

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

うちのチームのスタッフ
まじめにコツコツと、世界を驚かせるために作業を繰り返しているうちのチームのスタッフに大注目です。
(と言うか、していてください)

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2020年2月27日に「ロックマンゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」が発売されます。
ロックマンゼロシリーズ、ロックマンゼクスシリーズ6本が入った非常にお得な作品というだけではなく、タイムアタックを楽しめる新モード「Zチェイサー」が搭載されています。
また、シリーズ初心者や、しばらくシリーズから離れていた人のため、ゲームの難易度を抑えた「カジュアルシナリオモード」が用意されており、道中で簡易セーブができ、やり直しが簡単になる「アシストセーブ」などの機能もあります。
さらには、オリジナル版であった要素を再現した「ボーナスカード」「ゼロ3 プラスモード」「ゼロ4 プラスモード」など、昔からのファンも楽しむことができる要素が満載です。

…と、この素敵満載のタイトルを、まずは皆さんにお届けするのが今年の抱負です!

画像(524)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(525)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
「ロックマンゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」(PC / PS4 / Xbox One / Switch
(C)CAPCOM CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.
画像(526)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(527)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



カプコン
ロックマンシリーズ プロデューサー
土屋和弘

代表作:「ロックマン11」「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」

Twitterアカウント
画像(587)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「新サクラ大戦」です。
執筆時点では発売直前のため、体験版プレイから書いている事をご容赦ください。
歴史あるブランドの復活は純粋に楽しみですし、ブランクがある状態からの復活には、これまでに築いた価値を踏まえながらも、古参ファンと新たなファンの両方が未来に期待できる道筋もまた必要だと思いますが、それを作るのがとても大変と言いますか、その大事業に臨むディレクターやプロデューサーは、孤独な決断を毎日のように迫られると思います。
体験版を遊ばせて頂いた範囲でも、変えない意志と変える意志を強く感じる部分があり、ゲームの流れに任せて、何にも考えずに最後まで遊びたいと思えました。

加えて個人的な話になりますが、本作を手掛けるセガの寺田貴治さんは、ゲームへの深い見識や愛情、数々の実績から尊敬している開発者であり、出会った頃から「サクラを復活させたい!」と言われていたのが、遂にプレイヤーとして遊べる日が来たことが本当に楽しみです。
何故ならば世代的に、気の合う仲間とカラオケに行ったら、シメは「檄!帝国華撃団」の合唱が定番だったりするからなのです。

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

漫画版「化物語」です。
原作小説の西尾維新先生、漫画の大暮維人先生、お二方とも昔から大ファンである事もありますが、連載漫画としては有り得ないほど描き込まれた緻密さに、全コマで眼が留まってなかなか読み進めない、あえて単行本をゆっくり読みたいと思える作品です。
(原作で)既に知っている筈のストーリーを読むのがこんなにワクワクするのは最高に幸せです。
我々のゲームもそうでありたいなと考えさせられます。

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

俳優の堺 雅人さんです。
「プロメア」でしょ?と言われそうですが、その通りです。
全キャスティングで超実力派の役者さん揃いのプロメアの中でも、フレイの存在によって破天荒な世界観とストーリーを肯定せざるを得ない仕上がりっぷりでした。
回りくどい言い方をしましたが、純粋に楽しく、圧倒されました。

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2020年早々、2月27日に「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を発売します。
難しいけれど、乗り越えた先のカタルシスの素晴らしさはアクションゲーム本来の魅力ですし、本作にはそういったプレイヤーの気持ちを高ぶらせる要素がふんだんに備わっています。
懐かしさを感じる方も、シリーズ未体験の方もぜひ手に取って頂ければと思います。

「ロックマンゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」(PC / PS4 / Xbox One / Switch
(C)CAPCOM CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.
画像(528)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(529)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
画像(530)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(531)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



カプコン
カプコン 第1開発部 プロデューサー
ファビアノ・ピーター

代表作:「バイオハザード RE:3」「深世海 Into the Depths」

Twitterアカウント
画像(532)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ゼルダの伝説 夢をみる島」
ゼルダシリーズのファンです。20年以上前に原作をプレイした当時、冒険を楽しませる詳細なギミックに衝撃を受けました。2019年のリメイク版では、アートデザインをはじめ、オリジナルの本質を守りながら、進化し、新しさ且つ懐かしさを感じました。

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

一つの作品ではないのですが、Netflixの戦略やクリエイティブアプローチは印象深いです。Netflixがなければ、昔の番組のリメイクやスコルセーゼ監督の新しい作品、また挑戦的な作品というのはなかなか制作されていなかったと思います。エンタテインメントの未来はどのように進化するのかを楽しみにしています。

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

Joe Roganです。日本ではあまり有名じゃないですが、アメリカでは最も人気のあるポッドキャストを司会しています。政治家や様々な業界の専門家が参加し普段聞けない長い討論や会話が聞けます。

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

4月3日に発売される「バイオハザード RE:3」をオリジナル版から愛してくださるファンの皆様・新しく興味を示してくださる皆様への感謝と共に、自分も原作当時からのファンとして、世界中のたくさんの人たちが楽しく心躍らせるものになるよう貢献してまいります。

「バイオハザード RE:3」(PC / PS4 / Switch
(C)CAPCOM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
画像(533)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(534)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
「深世海 Into the Depths」(iOS
(C)CAPCOM CO., LTD. 2019 ALL RIGHTS RESERVED.
画像(535)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(536)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



カプコン
プロデューサー
松本脩平

代表作:「ストリートファイターV」「ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル」

画像(537)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Apex Legends」
「PUBG」「Fortnite」「CoD:BO4」のBLACKOUTなど所謂バトルロワイヤル戦国時代にローンチされたApex Legends。特徴的なシステムはご存知の通りですが、感心させられたのはそのマーケティング方法です。
突然の発表からすぐローンチに加えて、NinjaやShroud、Dr DisRespectといった超有名ストリーマーを起用して配信させるといったストリーム全盛期を上手く活用した宣伝がとても素晴らしいなと感心しました。(プレイヤー数:ローンチ後24時間で250万人→72時間で1000万人→1週間で2500万人→1ヶ月で5000万人)
基本無料のゲームですので一概に同じアプローチに効果があるとは言えないですが、とても勉強になりました。

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「Rhythm + Flow」 (Netflix)
Netflixオリジナルの番組で、アメリカでは「American Idol」や「The Voice」などのオーディション番組がすごく盛んなのですが、それのHiphop版です。有名ラッパー3人(T.I.、Chance The Rapper、Cardi B)が審査員を務めてHiphopのネクストスターを発掘するのですが、単にラップの上手さだけでなく、楽曲制作、MV制作、パフォーマンスやステージ構成など、彼らの才能や経験・熱意、バックグラウンドなど全てがパッケージングされていく過程がとても感動しました。もちろんHiphopの楽曲が出来上がるまでの流れも見ることができ、アーティスト/クリエイターの力を改めて感じる事ができました。

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

YBN Cordae (ラッパー) 読み方:YBNコーデー
22歳の新進気鋭なアメリカのラッパー。YBNというのはグループ名なのですが、なんとXboxのゲームチャットを通じて結成したんです!最近はゲームチャットでラップを披露してそこからデビューするラッパーも増えてるので時代を感じますね。そんな彼、もう1つのビックリポイントは、あの大坂なおみ選手と、とても親しい仲なんです。元々、大坂選手はHiphopが大好きなんですが、2人で仲良くしている姿がSNSにUPされています。もちろん彼自身のラップスキルも非常にリリカル且つ聴きやすいのでオススメです。7月にデビューアルバム「The Lost Boy」をリリースしたのですが、1月27日のグラミー賞で2部門(最優秀ラップソング・最優秀ラップアルバム)にノミネートされてます!名誉ある賞を受賞できるのか、2020年もYBN Cordaeと大坂なおみ選手の活躍に注目です!

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2020年はストリートファイターVが4周年を迎えます!
2月14日(金)には、「ストリートファイターV チャンピオンエディション」が発売されます。
これまでのコンテンツを2000以上収録していますので、「これからストVを始めてみよう!」という方にもオススメな内容となっています。
引き続き、開発チーム一同みなさまにプレイして楽しい・観て楽しいゲーム制作を頑張ってまいりますので
今後とも、ストリートファイターV、そしてストリートファイターシリーズをよろしくお願いいたします!

「ストリートファイターV チャンピオンエディション」(PC / PS4
(C)CAPCOMU.S.A.,INC.ALL RIGHTS RESERVED.
画像(539)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(540)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



カプコン
プロデューサー
宮下輝樹

代表作:「モンスターハンター フロンティアZ」

MHF-Z公式ツイート
COGこうしきツイート
画像(543)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島」
(2018年末発売でしたが許してください。。。)
「ビルダーズ1」もプレイさせていただきましたが、そこからの進化が半端なく、睡眠時間を削る毎日でした。ビルドしていくだけでも楽しいところに、ストーリーやボス戦、寄り道、やり込み。特にビルドやプレイの進行は、かなり性格が出ると思うので、他の人はどんな風にプレイしているのだろうな…と想像しながらプレイするのが最高でした。

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「キングダム」
俳優さんによる原作の再現度が高いのはもちろんのこと、スピーディな展開に熱くなれました。
改めて全巻読まないと!

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

アンタッチャブル(お笑いコンビ)
「全力!脱力タイムズ」での突然の「アンタッチャブル」の復活と、10年ぶりのコンビ漫才に震えました!ジャケットを脱ぎ捨てて気合いを入れる柴田さん、いつも以上にボケたおすザキヤマさん。これまでのピンとしてのお二人も大好きですが、コンビとしてのお二人の2020年に期待させていただきます。
そして、その仕掛人である「くりぃむしちゅー」の有田さん。お二人が漫才をする後ろで笑う姿が、カッコ良すぎます。こういう粋なプロデュースができるよう、精進します。

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「モンスターハンター フロンティアZ」は2019年12月18日をもちまして、サービスを終了させていただきました。プレイしていただいたハンターの皆さま、本当にありがとうございました。感謝の気持ちしかありません。「MHF」での出来事が、皆さまの思い出として残り、語り続けていただけましたら幸いです。
12年間に渡り、たくさんの熱い声援、お叱りをたくさんいただきました。それが励みになり、ここまで続けることが出来たと思います。オンラインゲームの開発・運営だけでなく、ネットカフェなどでのオフラインイベント、動画配信など、さまざまな経験をさせていただきました。パイ投げや滝行もよい思い出です。
「MHF」での経験やスキルを他のタイトルでも活かしていきたいと思います。できたら、「MHF」に登場したモンスターたちに、またどこかで出会えるような機会を作れたらなぁ…と願っています。すべてのハンターの皆さま、本当にありがとうございました。

画像(544)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(545)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
「モンスターハンター フロンティアZ」
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
画像(546)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(547)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
プロデューサー / ディレクター
荻原 智

代表作:「TEPPEN」「サモンズボード」

画像(110)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「DEATH STRANDING」
ゲーム的なコンセプトが非常に明確であり、個人的には移動ってここまで面白くなるんだ、リアルと非リアルな表現の間でここまでゲームとして表現できるんだと感じました。賛否はわかれるかと思いますが(笑
ストーリーも非常に引き込まれる作り、流れ、そしてゲームプレイが融合して“繋がる”という体験をダイレクトに感じることができ、わくわくが止まりませんでした。
メイン以外にも様々な考察の余地や遊び心に溢れとてもおもしろかったです。
インタビュー等を拝見させていただいている限りではございますが、内容、規模に対して個人的には開発期間が短いという印象なので、いろんな意味で本当に驚いた作品です。

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

YouTuberの一般化とVTuberの躍進です。
YouTuberは一般化してきて地上波での登場機会向上や話題に振れる機会も多くなってきた印象です。
また、芸能人がYouTuberの活動を行うなど、双方向な動きが面白いと思いました。
VTuberに関してはまだまだこれからかと思いますが、ネットでユーザーコンテンツを視聴する文化が増えて来ている以上、コンテンツの多様性から今後もさらなる成長があるのかなと思っております。
より、VTuber用のツールが簡易に利用できるようになってくれば、昨今のネット配信サービスと相まって一気にひろまっていくかもですね。

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

小島秀夫監督
本当の意味で0からゲームを作るってものすごいことだと思いますが、なしえてしまうところがまたすごいと思いました。
私ごときがおこがましいですが、チームスタッフ、関係者皆様もふくめ本当にお疲れさまです。おめでとうございます。ありがとうございます。
そして次回作も楽しみにしております!(笑

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

今年はTEPPENをリリースでき、多くのユーザーさんにプレイいただき誠にありがとうございます。カプコンさんと協力しながら制作させていただき、カードゲームのジャンルとして新しい体験を感じてもらえるようなチャレンジングなタイトルをリリースできたと思います。
大会に関しましても積極的に開催を行っていき、ユーザーさんのプレイに感動をいただきました。
引き続き、アップデートを行って行きながら、2020年に関しましてより大きく前進できるような年になるよう、開発・運営メンバー一同制作して参りますので、楽しみにおまちください。

「サモンズボード」(iOS / Android
 (C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
画像(111)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(112)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
「TEPPEN」(iOS / Android
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.
画像(113)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(114)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
代表取締役社長 / CEO / エグゼクティブプロデューサー
森下一喜

代表作:「パズル&ドラゴンズ」「TEPPEN」「Ninjala」「妖怪ウォッチ ワールド」など

画像(120)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ルイージマンション3」
子供が激ハマリしているので、親子で楽しんでいます。

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「男はつらいよ お帰り 寅さん」です。
寅さんの親族ではないので、“カッコいい!”“素晴らしい!”と思えます。

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

嵐の二宮和也さんです。
ガンホーフェスティバル2019にシークレットゲストで登場して会場を盛り上げて頂きました。
また、「レイワ降臨チャレンジ!」ノーコンクリア記念で、皆さんに魔法石をプレゼント出来て良かったです。

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

1月15日に「パズドラGOLD」が発売になります。スマホを持っていないお子様でも、Nintendo Switchで“パズドラ”を楽しんで頂けるゲームになっております。また、お待たせしております「Ninjala」を2020年春に発売いたします。そして「IPPON」を世界に広げようと思っています。是非、遊んでください!!

画像(121)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
「パズル&ドラゴンズ」(iOS / Android
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
画像(122)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
「妖怪ウォッチ ワールド」(iOS / Android
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
(C)LEVEL-5 Inc.
「Ninjala」(Switch
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
画像(123)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



グッド・フィール
代表取締役社長
蛭子悦延

代表作:「モンキーバレルズ」

画像(124)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

(回答なし)

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

今年は、海外ドラマの「スタートレック・ディスカバリー」が、私的には、非常に面白く、印象に残った作品でした。私はトレッカーではないのですが、一押しです。
海外ドラマが好きで、良く観ているのですが、今年は「ゲーム・オブ・スローンズ」の最終章や、「ストレンジャーシングス」の最新シリーズと、楽しみにしていた作品が色々と公開されましたが、そんな中でも、ディスカバリーは、シナリオが秀逸で、伏線の回収が期待以上なので、毎回、ワクワクして観ていました。
ドラマも色々見すぎると、展開のパターンが読めて面白くなくなる物で、そんな視聴者を引き付ける為、破綻した展開を入れて、あらぬ方向に行くドラマも良くあるのですが、この作品は、シーズン通してのテーマ、そしてシーズン1,2をも通しても、ちゃんとテーマに完結させており、観終わった後の充実感が非常に高い作品でした。

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

ずっと注目していたのは、F1ドライバーの「マックス・フェルスタッペン」です。
注目してると言うか、ただのファンです。
ホンダが悔しい時期を脱出し、力を出して来てる中、フェルスタッペンの果敢な走りは、かつてのセナを彷彿させ、F1にドハマリしていた、あの頃の興奮が蘇ってます。
また、最近のF1は、凄くビデオゲーム的で、両方がどんどん近づいている感じなので、その辺も面白いです。
さあ、来年、フェルスタッペンとホンダが、ワールドチャンプを取れるか、がっつり注目して行きたいと思います。

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

おかげさまで、今年、初めての自社パブリッシュタイトル「モンキーバレルズ」をリリースする事が出来ました。
今後とも定期的に、色々なゲームを発信出来ればと考えていますので、皆さまの温かい応援を、どうぞ宜しくお願いします!!

「モンキーバレルズ」(Switch
(C)2019 Good-Feel Co., Ltd.
画像(125)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(126)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
画像(127)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(128)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



グラスホッパー・マニファクチュア
代表取締役社長 / ゲームデザイナー
須田剛一

代表作:「シルバー事件」「killer7」「ロリポップチェーンソー」「Shadows of the Damned」「Travis Strikes Again: No More Heroes」他

画像(180)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Return of the Obra Dinn」
一人でこのゲームを作り上げたルーカス・ポープ氏の才能に驚愕しました。
個人の作業で表現できることを積み上げて、最大級のクオリティに仕上げる。
ビデオゲームでしか成し得ない、濃密なミステリー経験。
圧倒的に尊敬するゲームデザイナーです。

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「THE BOYS」シーズン1
原作好きなので。

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

MORRISSEY
いい加減落ち着いてほしい。

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「NO MORE HEROES III」(ノーモア★ヒーローズ3)を作ってます。

ご期待ください!

「ノーモア★ヒーローズ 3」(Switch
(C)Marvelous Inc. / Grasshopper Manufacture Inc.
画像(181)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(182)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



KLab
上席執行役員CGA / エグゼクティブ・プロデューサー
藤好 俊

代表作:「キャプテン翼 〜たたかえドリームチーム〜」「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS」

画像(005)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「John Wick Hex」
映画ジョン・ウィックのガン・フー(銃+カンフー)アクションを、アクションゲームで表現せずにストラテジーゲームで表現した点はなるほど!と思いました。

たとえば、銃を持った敵に2人に囲まれた場合に、1度の攻撃で全員を倒せることなどは一切なく1人ずつを適切に対処しないと、1人を攻撃している間に攻撃されてしまう。
数的不利を覆す手順を考えてプレイできるのは、やっぱりおもしろいなぁという感想です。

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」
約10年 通算22作品+αをシリーズ化することで物語の情報の量が積み上がった上で本作では、その情報の渦に全世界のファンを巻き込んでめちゃくちゃ盛り上りました!
ファンの期待にあますところなく答えていける流れが素晴らしい!

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

ケヴィン・ファイギ氏
今後のMARVELのMCUシリーズ(映画9作品、オリジナルドラマ7作品)の製作に関しても引き続きプロデューサーをされるということで、どのようなシリーズになるのかとても興味があります。
シリーズを量・質ともに、どのように扱っていくかな?と興味津々です。
個人的にはGhostRiderがシリーズに入ってくれると最高なんですが。

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

昨年は、「キャプテン翼 〜たたかえドリームチーム〜」で初の世界大会を行い、各国のユーザーのみなさんと直接コミュニケーションすることもできて、とても良い刺激を受けました。
今後も、世界中の皆様に楽しんでいただけるゲームをお届けしたいと思います。

東京2020オリンピックの盛り上がりに負けないようにがんばります!

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS」(iOS / Android
(C)2013 プロジェクトラブライブ!
(C)2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
(C)KLabGames
(C)SUNRISE
(C)bushiroad
画像(006)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(007)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い

「キャプテン翼 〜たたかえドリームチーム〜」(iOS / Android
(C)高橋陽一/集英社
(C)高橋陽一/集英社・テレビ東京・エノキフィルム
原作「キャプテン翼」高橋陽一(集英社文庫コミック版)
(C)KLabGames
画像(008)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(009)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い



KLab
IPプロデューサー
横山憲二郎

代表作:「ラピスリライツ 〜この世界のアイドルは魔法が使える〜」

画像(004)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い
<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「CUE!」
弊社のタイトルにも出演されている声優さんがいることから始めてみたのですが、その演じられているキャラクターがとてもとても可愛らしく衝撃を受けました。特に同じゲーム内アニメでも配役を変えることで、音声も変えられるところが素晴らしいと思いました。

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「仮面ライダーゼロワン」
AIと人型ロボットのある世界で、お笑い芸人や寿司職人など「逆に人間らしさ」の境界線を探ろうとするシナリオが面白いです。また、変身シーンの演出やギミックのかっこよさ、イズや刃といった女性キャラクターの可愛らしさなどエンタメ作品としての満足度の高さが現在進行形で印象深いです。

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

ヴァーチャルシンガーの花譜さんです。独自な世界観のあるクオリティの高い楽曲、そしてなにより声が魅力的ですが、インスタグラムでの活動やクラウドファンディングなどその活動の仕方にも注目しています。

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「ラピスリライツ」が2020年TVアニメ化を発表させていただきました!そして2月にはCDデビューも決定しております!この作品はビジュアルや音楽にもとてもこだわっているのですが、従来のアイドル作品ではできない物語展開も楽しんでいただけると思います。来年は「ラピスリライツYEAR」として、作品のコンセプトである「魔法感」を大事に、これまで温めてきた展開を皆様の応援を源に次々に叶えられるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします!

「ラピスリライツ 〜この世界のアイドルは魔法が使える〜」
(C)2017 KLabGames
(C)2017 KADOKAWA CORPORATION
画像(631)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い 画像(012)4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い


  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月29日〜01月30日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月