オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「マリカー」訴訟,知的財産高等裁判所が任天堂の主張を認め,損害賠償金の支払いを命じる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/05/30 20:02

業界動向

「マリカー」訴訟,知的財産高等裁判所が任天堂の主張を認め,損害賠償金の支払いを命じる

 任天堂が公道用のカートの貸し出しを行う株式会社マリカー(現・MARIモビリティ開発)に対して不正競争行為や著作権侵害行為の差止めと損害賠償を求めた裁判で,知的財産高等裁判所は本日(2019年5月30日),任天堂の訴えを認めた

 任天堂の発表によれば,「マリカー」や「maricar」などの使用および「マリオ」の衣装を貸し出す行為などが不正競争行為に該当することが認められたという。今回言い渡されたのは最終的な判決の準備として下される「中間判決」で,今後,賠償額などが知的財産高等裁判所で継続して審理される予定だ。

 こちらの記事でもお伝えしたように,任天堂がマリカーを訴えたのは2017年2月のこと。1審である東京地方裁判所は2018年9月,任天堂の訴えを認めてマリカーに損害賠償の支払いを命じたが(関連記事),マリカーは判決を不服として控訴していた。今回の中間判決により,2審でも任天堂が勝訴したことになるが,マリカーはプレスリリース(※pdfファイルが開きます)で,内容を精査して引き続き対応していくとしている。

公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に関する知財高裁判決(中間判決)について

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月17日〜06月18日