オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
カプコン,2019年3月期第3四半期の連結業績を発表。前年同期比で売上高は28.3%増,営業利益は92%増の増収増益
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/02/04 17:07

ニュース

カプコン,2019年3月期第3四半期の連結業績を発表。前年同期比で売上高は28.3%増,営業利益は92%増の増収増益

 カプコンは本日(2019年2月4日),2019年3月期第3四半期の連結業績を発表した。2018年4月から12月までの連結業績は,売上高612億7000万円(前年同期比28.3%増),営業利益134億6100万円(前年同期比92%増),経常利益134億6100万円(前年同期比105.3%増),純利益135億3900万円(前年同期比90.7%増)を記録した。

 発表によると,「MONSTER HUNTER: WORLD」が業績向上のけん引役を果たしたほか,「ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル」「ロックマン 11 運命の歯車!!」が順調に推移。また,「ロックマンX アニバーサリーコレクション」などの固定ファンに指示されるタイトルも堅調に販売数が伸びたことで,第2四半期に続き,すべての利益項目で過去最高益を記録したという。
 なお,アミューズメント機器事業は,第2四半期に引き続き苦戦。パチスロ機部門で,消費マインドの低下やホールオペレーターの投資抑制により伸び悩んだほか,業務用機器部門においても商材不足により終始苦戦を強いられたとのことだ。

カプコン IR情報ページ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月21日〜04月22日