※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2018
号外No.1
東京ゲームショウまとめ読み!9月21日〜23日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
「サマーレッスン」チームが挑んだ“本物のパイロット体験”
「エースコンバット7」VRモード
スマホ向けロマサガ完全新作の舞台は「3」の300年後
「ロマンシング サガ リ・ユニバース」発表
VRでもスマホでも,恋愛は楽しい!?
ラブプラス EVERY
Forcus on You
ゲームパッドはオリジナルの大きさ
写真で見る
プレイステーション クラシック
今年のTGSを彩る注目タイトルのプレイレポート
Days Gone
KINGDOM HEARTS III
ドラゴンクエストビルダーズ2
デビル メイ クライ 5
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/12/28 00:00

企画記事

ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人


ジェン・デザイン
ゲームデザイナー
上田文人

代表作:「ICO」「ワンダと巨像」「人喰いの大鷲トリコ」

Twitterアカウント
<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Human Resource Machine」
お気に入りのゲームだったワンダースワン用のロボット玩具「ワンダーボーグ」付属ソフトの「ロボットワークス」に、「レミングス」をプラスしたようなゲーム。プログラミングのエデュケーションソフトといってもいいかもしれません。
ただし、最後のステージ、難しくて今だクリアできずに止まっています。 他には「オーバークック」「どうぶつタワーバトル」 はたまに遊んでいます。 クリアしたのは以下「バイオハザード7」「いっしょにチョキッと スニッパーズ」「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」「スーパーマリオ オデッセイ」
クリアまでプレイしたってことは問答無用で楽しかったってことです。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画もたくさん観ましたが、結局昨年と全く同じこの2つで。
「ザ・ファブル」単行本待ち組なので、発売日の0時にはKindleの更新ボタンを連打するイベントになっています。
「ゲーム・オブ・スローンズ 第7章」 スターチャンネルの世界同時放映を毎週楽しみに観ていました。 いよいよ次は最終章ですが、ここまで付き合ったのでどんな展開でも感動してしまうと思います。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

那須川天心
10代の若者が持つイケイケの“勢い”や“ツキ”みたいなものに惹かれます。 お父さんの趣味であろう入場曲の「止まらないHa〜Ha」にまで興味が。

GUNMA-17
Youtube鑑賞初心者ですが、チャンネル登録して楽しみに観ています。 粗さや雑さもあるんですが、洗練よりはまずは“作ってみる”というその“作力”に感心します。 なぜかSRL(サバイバル・リサーチ・ラボラトリー)を思い出しました。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

何かしら進捗はお知らせできるかもしれませんし、できないかもしれませんがのんびりお待ちください。

「ICO」(PS3
©2001 Sony Computer Entertainment Inc.

「ワンダと巨像」(PS4 / PS3
©Sony Interactive Entertainment Inc.

「人喰いの大鷲トリコ」(PS4
©2016 Sony Interactive Entertainment Inc.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



シシララ
代表取締役/ゲームDJ
安藤武博

代表作:「ケイオスリングス」シリーズ,「鈴木爆発」「疾走、ヤンキー魂。」「ヘビーメタルサンダー」「ソングサマナー」「実在性ミリオンアーサー」「COSMOS RINGS」など

Twitterアカウント
<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

LITALICOのゲーム(アプリ)たち「にゃんタップ」「おかね星人」「ねずみタイマー」など。
元々は発達障害を持つ子供向けに作られたゲーム(アプリ)。誰でもかんたんに楽しくが徹底されている。ここまでソリッドにできるのか? と衝撃を受けました。本来かんたんでシンプルで誰でも楽しめるのがスマホゲームの良さだったと再確認。複雑になってきたスマホゲームへの強烈なアンチテーゼになっています。UI/UXともにスマホゲームの未来に対する答えのひとつはこのチームが握っている。予想外なところから問いかけがきました。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

早霧せいなが率いた宝塚歌劇団雪組の演目・パフォーマンスすべて
7月23日の退団までチーム・ペア・個人全てで素晴らしいエンターテインメントを見せ切ってくれました。もう生涯観ることはできないからこそファンと築きあげた「絆」は不滅。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

フライハイワークスの黄 政凱さん
今年はNintendo Switchを中心に良質なゲームを世界中から高品質でカルチャライズ、TGSでのブース出展の規模といい「インディでもここまでできる」を日本で初めて本格的にスケールさせようとしています。黄さんについてはシシララTV(http://sisilala.tv/myarticles/145)でもその人柄に迫らせていただきました。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人
シシララTVでは今年も250本近い動画の生放送と100タイトル100人以上のゲストの方とゲームを深く楽しく掘り下げました。ゲームの実況生放送は「シシララTV」と言っていただけるよう来年も爆進します。

今年はクレジットできるゲームのリリースのない年になりましたが現在進行形でバリバリゲームを作っています。来年から再来年に発表できるかと思います。

今年は5月に集英社から著作「これからこうなる!ゲームプロデューサーの仕事術」を刊行することができました。書籍を出すのは作り手としてやりたいことでしたので命がけで書きました。

そして「つくる」「伝える」を「混ぜる」とんでもない新規プロジェクトがいよいよ始まりそうです。スマホ以降の新しいゲームと遊びのあり方に革命を起こすべくこちらも全力でいきます。

ゲームを「つくる」「伝える」「混ぜる」人ゲームDJ安藤武博3期目のチャレンジにご期待ください!



ジニアス・ソノリティ
代表取締役社長
山名 学

代表作:「電波人間のRPG」シリーズ,「ポケとる」

Twitterアカウント
<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「はねろ!コイキング」
そのシンプルさとライトさにただただ驚きました。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ストレンジャー・シングス 未知の世界」
少し懐かしい手法を感じるが、いつの時代も、面白いものはやはり面白いと思わせてくれた良作。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

君島達己(任天堂代表取締役社長)
Switchの成功で、この先をどう動いて行くのがとても楽しみです。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2018年も新しいゲームを出します。宜しくお願い致します。

「New 電波人間のRPG」(iOS / Android)©2017 Genius Sonority Inc.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



SHIFT UP
期間限定のサウンドプロデューサー
ESTi

代表作:「デスティニーチャイルド」(音楽監督)「DJMAX」「アイドルマスター」シリーズ(楽曲提供)

Twitterアカウント
<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ペルソナ5」
日本では2016年発売の作品ですが、公式の韓国版リリースが今年だったので上げてみました。とにかくこの何年ぶりのエンディングまでプレイしたコンソールRPGになります。オシャレな音楽とUIの演出は言うまでもなく、それ以上に外国人にとっての現代東京都内のイメージを素晴らしく表現した作品ではないかと思いました。個人的に一番グッと来たのは雨が降っている街の雰囲気でした。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ブレードランナー2049」
とにかく音楽が映画の雰囲気をリードしていることが一番カッコよかったと思います。パッドシンセの音が原作へのリスペクトをキープしつつ今時の音になっていて、決して表に出ていないのに大きな壁のような存在感であることが最高でした。あとは巨匠ハンス・ジマーが若手のBenjamin Wallfischとの共演などをバリバリ受け取っていて、作法が固まっていないことに、やはり尊敬するべき人物だと思いました。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

今年は「BIG SHAQ」ですね。2+2 is 4−1 is 3、THAT’S QUICK MATHS!、MANS NOT HOTです。

変な言葉になっていても、とにかく世界に通じるのが、音楽のパワーだと改めて思いました。
ちなみに私の2016年は「Drake」でした。最近はJ-POPやK-POPはあまり聞いていないし、USやUK発のヒップホップがマイブームです。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

4Gamerというサイトを初めて訪問したのもおよそ15年前。「テイルズウィーバー」や「ラグナロクオンライン」などが日本に上陸した頃ですね。今年は私の引退を邪魔した(笑)キム・ヒョンテさんと「デスティニーチャイルド」の音楽と共に、日本の皆様に挨拶することが出来ました。音楽の方は15年前にやっていたこととそんなに変わっていませんが(笑)、「アイドルマスター」などの作品参加経験を通じて以前よりは日本の文化の理解度が少しはマシになったかな? と思っております。2018年はもうちょっと近づいて行くのができるかも。どうぞよろしくお願いいたします。

「デスティニーチャイルド」(iOS / Android
©2017 Next Floor Corporation. SHIFT UP Corporation. STAIRS Corporation.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



SHIFT UP
「デスティニーチャイルド」ディレクター 兼 キャラクターデザイン
キム・ヒョンテ

代表作:「デスティニーチャイルド」「マグナカルタ」「ブレイドアンドソウル」「創世記伝3」

Twitterアカウント
<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

任天堂の「スーパーマリオ オデッセイ」です。
ゲームの開発に対する基本姿勢をもう一度目覚めさせてくれました。 さらに、開発者の本分を忘れて純粋に楽しむことができた数年ぶりのタイトルでした。どうしても自分が開発しているタイトルに近いジャンルのゲームばかりを遊んでしまう傾向にあるのですが、スーパーマリオ オデッセイは自分を一人のユーザーとして楽しめるようにしてくれました。そして、開発者として大きな悩みを与えた苦痛のタイトルでもあります(笑)

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

アニメ「メイドインアビス」です。
構成が非常に高い世界観に投げ出された主人公の説得力のある行動と、その結果が国々の文化や文化的ジャンルなどを超えて直観的に伝わって、とても入り込んで見ることができました。キャラクターと背景、デザインが密接につながっていてアニメーションとして高い完成度が気持ちよく、かつ悲しいストーリーをしっかり感じながら鑑賞することができました。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

ゲームクリエイターの小島秀夫氏です。
コナミから独立して、会社と開発への道を開拓していく姿、そして、本人が望んでいる事を成し遂げるためのよどみのない行動に魅了されてしまいました。 リリース準備中のゲームだけでなく、コジマプロダクションの今後の歩みも心から期待致します。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

今年でゲーム開発に関わってきた20年目になります。しかし日本では、初心者の心得で頑張っています。自分はコンソールゲーム、PC MMORPG、そしてモバイルゲームである「デスティニーチャイルド」を通じて皆様にお会いすることができました。これからはデスティニーチャイルドに全力を尽くしていきたいと思っております。引き続き頑張りますので、皆様の応援よろしくお願いしたいです。 ありがとうございます。

「デスティニーチャイルド」(iOS / Android
©2017 Next Floor Corporation. SHIFT UP Corporation. STAIRS Corporation.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



ジンテーゼ
代表取締役,作家
北島行徳

代表作:「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」「閃乱カグラ」シリーズ,「428 〜封鎖された渋谷で〜」「モンスターストライク」「ハマトラ」(漫画)「ブブキ・ブランキ」(アニメ)「バケツと僕!」(映画)

Twitterアカウント
<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「バイオハザード7 レジデント イービル」
これはもう序盤の恐ろしさと言ったら……。VRでプレーしたら失禁ものでした。シンプルなんだけど物悲しいシナリオもホラーらしくてよかったです。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

漫画「はじめの一歩」
試合中にパンチドランカーと確定して、おまけにKOされて二連敗。一歩がここまでどん底に落とされるなんて。それでもここで最終回となってもいいと思えるぐらいに泣ける展開でした。一歩がパンチドランカーの自覚があったのに「できなかったことができるようになったのが嬉しくて」とか「時間を割いてくれた会長のために」とか言い出すと……これは地道な練習で技術を身に付けるスポーツをやったことがある人や、誰かのコーチをしたことがある人が読んだら、もう涙なしでは見ていられません!
このあとどんな展開があるのかはわかりませんが、私はまた雑誌で連載を追いかけようと思ったし、単行本も全119巻今から全部集めるつもりですよ!

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

Q2とのつながりで「はじめの一歩」の作者の森川ジョージさんです。
もう何がどうなろうと、最後まで見届けますよ!

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人
2月22日には「閃乱カグラ Burst Re:Newal」が発売されます。
今までたくさんの作品を手掛けてきましたが、「Burst」に収録されている蛇女編こそ、私のベストシナリオだと思っています。「Re:Newal」では雪泉編を書き下ろしたので、ぜひそちらも楽しみにしてほしいです。

クランクアップからのびのびになっていたのですが、原作と脚本の映画「バケツと僕!」がようやく3月に公開されます。

「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」のメインシナリオも3周年に向けて、大きなクライマックスを迎えるので、こちらも期待してください。



スクウェア・エニックス
ディレクター
安西 崇

代表作:「ドラゴンクエストX」

Twitterアカウント
<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」
複数のプラットフォーム同時開発、2D&3Dモード、いくらなんでも無茶しすぎだろって思ってましたが、見事にやりとげたスタッフに拍手です。
内容も素晴らしく、シリーズファンの冒険者にも、新しく始めた冒険者にも楽しめる、「これぞ、ドラゴンクエスト!」と呼ぶにふさわしい作品です。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
シリーズの中でも、「帝国の逆襲」と1、2を争う好きな作品になりました。強く刺激を受けて、仕事にも影響を与えています。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

桜庭未那さん
人狼TLPTの主宰の方です。「人狼TLPT X ドラゴンクエストX」を始め、今後の展開と活躍に期待しています。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「ドラゴンクエストX」の新バージョン。おかげさまで素晴らしいスタートを切ることができました。
まだまだ、これから「アストルティア キャラクターズ・ファイル」「第3回スライムレース」「アストルティア・クィーン総選挙」と続き、4.1へとつながっていきます。2018年もドラゴンクエストXへの「おうえん」をよろしくお願いします!

「ドラゴンクエストX」(PC / PS4 / Nintendo Switch / Wii U / 3DS
©2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
プロデューサー
市村龍太郎

代表作:「星のドラゴンクエスト」「戦え!ドラゴンクエスト スキャンバトラーズ」など

Twitterアカウント
<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」
広大なフィールドであれだけ濃密に遊びを詰め込んでいるのは圧巻でした。プレイヤーの発想力に対して
ゲーム側の受け幅が広く、久々に「ゲーム遊んでる!」という感覚でした!

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」
スター・ウォーズが大好きな人が作った新しいスター・ウォーズですねー。
往年のファンのニヤニヤポイントをしっかり突いてくれるし、新しいキャラたちも魅力的。
この流れはDQに近いものを感じます。お馴染みのオープニング演出、歴代キャラ、音楽。
これらを新しい作品で触れられることの感動! 次回作も楽しみ! BB-8とポーグかわいい!

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

乃木坂46欅坂46
大活躍でしたね。特に欅坂の伸びはハンパ無いと思いました。楽曲・MVのクオリティがすごい。
グループ全体とメンバー個人の活躍の相乗効果がしっかり出せているのは注目です。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2018年は引き続き自分のタイトルの運営を全力でやっていくのと、新しいものを仕込んでいく年になりそうです。
ちょっと驚くような新作? もお披露目できるかもしれませんので楽しみにしていてください!

ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人
「星のドラゴンクエスト」(iOS / Android
©2015-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人
[戦え!ドラゴンクエスト スキャンバトラーズ](AC
© 2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/Marvelous/SQUARE ENIX All Rights Reserved.



スクウェア・エニックス
ディレクター
内川 毅

代表作:「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」

<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「アサシンクリード オリジンズ」
美麗なグラフィックと世界観、そして、なによりもユーザーライクなシステムに感心しました。特に、行ったことのない場所でもラクダに乗っていけるのは非常に便利で、これのおかげで止め時を見つけるのが難しかったです。ワシになって、マップ中の要素を俯瞰的に見られる仕様も、世界観を壊さずプレイヤーのやりたいことに応えている素晴らしいアイデアだと思いました。
これまで海外のオープンワールドゲームと聞くと、移動が大変で、何をしていいかわからないといった印象が強かったのですが、このゲームをプレイして負けていられないなと素直に思いを改めました。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「賭博堕天録カイジ」ワン・ポーカー編
シリーズ通して読み続けていたのですが、しばらく多忙だったため、今年になってようやく読破完了。
手に汗握る展開と、カイジ節はワン・ポーカー編でも健在で、一気読みした時間は超絶幸せでした……。
ギャンブルジャンキーのカイジも行くところまで行ってしまったという感じですが、この先どうなるのか続きが気になります!

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

アキラ100%さん
あの芸は、注目しちゃいますよね……。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

今年は、人生初のディレクターを務めた「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」が発売されるという自分にとっては記念すべき年になりました。発売前後に寄せられたファンの方々からの温かいコメントに日々救われており、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
来年も、皆様に、あっと驚くような情報を公開できるよう、スタッフ一同ゲーム作りに励んでいきたいと思っておりますので、引き続き応援よろしくお願いいたします!

「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(PS4 / Switch / 3DS
©2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
プロデューサー
岡本北斗

代表作:「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(PS4版)

Twitterアカウント
<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」
ゲームの中身がすごいというのはさんざん色々なところで、話が出ていると思いますので割愛しますが、「オープンエア」という名前をつけたことが本当にすごいと思いました。オープンワールドといっても、何をもってオープンワールドなのか? というのが不明確で、それぞれの頭の中にイメージが違ってしまうということがあると思うのですが、それをオープンエアと定義することで道を明確にした。これが本当にすばらしいと思いました。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

12月に人生で初めて寄席にいったのですが、そこで聴いた春風亭一之輔さんの落語です。ドラゴンクエストをプレイしているときに、セリフやテキストからそのときの状況だったりを脳内補完して楽しむみたいなことがあると思うのですが、それと全く同じでとにかく話を聴いているだけで、その場面が自然と頭にうかんでくるんですよね。しかも、まったく飽きない。場面転換から笑いのとりどころまで計算されてつくしてるんです。……と長々と書いてもあれなので、ここらへんで笑。もっと勉強して今後の作品に活かしていきたいなと思ってます!

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

ペルソナの橋野 桂さんです! 残念ながら、まだお会いする機会がなかったのですが、ペルソナ5はゲームへのどれだけ情熱を注いだのかというのが、プレイしているだけでひしひしと伝わってきました。次回作もとても期待しております!

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

そろそろ何か仕事をしないと会社に怒られてしまうので、どういったカタチになるかはわからないですが、何か新しいものを始めたいなと思っています。まだまだ勉強させていただく身ですので、ここに載っているような方々においつけるように2018年もがんばります!

「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(PS4 / Switch / 3DS
©2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
プロデューサー
小山田将

代表作:「聖剣伝説2 SECRET of MANA」「聖剣伝説コレクション」「バトル オブ ブレイド」

<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」
世間的な話題はもちろん、ゲームデザインで実際に触ってみたい部分が多々ありました。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「Music 4Gamer #1『聖剣伝説』25th Anniversary Concert supported by SQUARE ENIX」
2017年で一番印象深いという意味で。初オーケストラだったので苦労も多かったですが、シリーズを愛してくれる多くのユーザーさんの熱量を直に感じられた、感無量の一夜となりました!

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

吉田直樹
今更ながら「光のお父さん」きっかけでFFXIVをはじめ、「紅蓮のリベレーター」→「ふたりの吉田さん」で完全に心を鷲掴みにされた感じがしますね。久々にオンラインゲームが楽しいと思える毎日です。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2018年2月15日発売予定の「聖剣伝説2 SECRET of MANA」を鋭意制作中です! 応援よろしくお願いいたします。
また、iOS/Android向け「バトル オブ ブレイド」も配信開始となりましたので、是非一度お手に取ってみてください!

「聖剣伝説2 SECRET of MANA」(PC / PS4 / PS Vita
©1993,2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
ディレクター
片野尚志

代表作:「FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE」

<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」
ゼルダの伝説の当たり前を壊したとお話をされつつも実際はゼルダの伝説をプレイしている感覚にさせるゲームデザインに感心いたしました。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ドリーム」(原題: Hidden Figures)が一番印象深かったです。
宇宙開発の話とともに当時の人種/男女差別も扱っており考え深いものがありつつも、最後には綺麗に話がまとまっていて見てよかったと思える内容でした。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

俳優の香川照之さん、「香川照之の昆虫すごいぜ!」という番組で非常に楽しそうに出演されておられて普段の演技の印象とは違っており見ている方も楽しみにしているためです。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2017年は「FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE」を多くの皆様に楽しんでいただいてもらい我々も嬉しく思っております、今後も皆様に楽しんでいただけるよう頑張りたいと思います。

「FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE」(PS4
(C)2006,2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
第7ビジネス・ディビジョン マネージャー/プロデューサー
門井信樹

代表作:「ガンスリンガー ストラトス」シリーズ

<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「リネージュ2 レボリューション」

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」や「スーパーマリオ オデッセイ」,「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」と色々とありますが、あえてこちらをあげさせていただきました。理由としては単純に技術力ですね。国内のスマホゲームの嗜好の方向性上、仕方がないのかもしれませんが、日本国内と海外との差に、これでいいんだろうか……と何度も何度も自分に問いかけるきっかけとなった作品ですね。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「美女と野獣」
アニメーション公開から25周年企画だったかと思いますが、去年か一昨年も同じことを記載させていただきましたが、アニメやCGの実写映像化がどんどん進んでいるなぁと思いますし、それがだいぶ市民権を持ち始めたかなと。日本のアニメの実写映像化も負けずに頑張ってほしいなと思います。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

孫 正義
AppleやFacebookいわゆるFANNGと言われるアメリカのIT企業の攻勢に対して、普通なら諦めるか、共存を模索するところを闘って勝ち抜こうとするその姿は尊敬しかありません。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2018年の国内のゲーム業界は、“ライブ”“興業”(ゲームを見て楽しむ)がキーワードになると思います。
その文化が花咲くように、少しでも貢献できればと思います。

「ガンスリンガー ストラトス3」(AC
©2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
プロデューサー
加藤弘彰

代表作:「FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE」

<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「バイオハザード7 レジデント イービル」
「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」もシリーズものとして感心させられたタイトルなのですが、バイオハザード7も良い進化を遂げ、まさに現世代機で遊ぶ原点回帰のサバイバルホラーという言葉がふさわしく、存分にビビらせていただきました。
VRでプレイしてみたいのですが、さらにビビること必至で実現していません。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「ブレードランナー2049」
35年の時を経て続編を観ることができたという感激と共に、いつの日か続編を実現させようという作り手の執念を感じました。退廃的な近未来のビジュアル表現も素晴らしく、是非、3作目も作ってほしいところです。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

ジョージ・A・ロメロ
サバイバル・オブ・ザ・デッドの続きを観たかったです。
R.I.P.

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2017年は多くの方に「FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE」を楽しんでいただき感謝の一言に尽きるのですが、2018年はオリジナル「FINAL FANTAY XII」の発売から12周年という語呂がいい年でもあるので、また皆さまと一緒に楽しめる何かを考えたいですね。

「FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE」(PS4
(C)2006,2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
プロデューサー
北瀬佳範

代表作:「FINAL FANTASY」シリーズ,「MOBIUS FINAL FANTASY」

<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」
成熟したが故にシステムとして大きな変革がしばらくなかったFPSというジャンルに新しい風を吹き込んだ作品。
倒されても戦線復帰を繰り返すスポーツ系に乗り切れなかった自分には心地よい緊張感でした。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

いろいろ言いたい事はあるけど……。
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」
レイとレンのセイバー共闘シーンは燃えました!

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

リドリー・スコット
「エイリアン: コヴェナント」(監督)、「ブレードランナー2049」(製作総指揮)と残念ながら内容自体は期待を上回ることはなかったのですが、映像美は健在で80歳なのにさすがの一言。
もちろんエイリアン次回作も期待しています。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「FINAL FANTASY VII REMAKE」は鋭意開発中です。
「MOBIUS FINAL FANTASY」も3年目を向かえ、2018年は新章も開始しますのでご期待ください!

「FINAL FANTASY VII REMAKE」(PS4
© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA/ROBERTO FERRARI
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人

「MOBIUS FINAL FANTASY」(iOS / Android / PC
©2015, 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
ディレクター
鯨岡武生

代表作:「DISSIDIA FINAL FANTASY」「DISSIDIA FINAL FANTASY NT」

<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「スーパーマリオ オデッセイ」
2017年は個人的に大豊作の年で、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」も言うまでもなく素晴らしかったのですが、老若男女問わず遊ぶことができて、その誰もがしっかりとやり応えを感じ、さらに周りの人も一緒に楽しむことができるゲームということでこちらに軍配が上がりました。もう、さすがの一言です。

誰もが楽しめるゲームと一言で言ったとして、それを実現するのは並大抵の難しさではありません。
最近「幼いわが子が遊べるゲームを作るには……」とか、「パッと渡されて楽しめるゲームってどんなだろう……」とか考えることが多いのですが、その答えが全て詰まっているかのようなタイトルでした。

それでいて、新作ごとにチャレンジを忘れないという点も頭が下がります。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「東京喰種:re」
前身である「東京喰種」が話題になった当時、「ホラー系はちょっと……」というハンパない勘違いをしてスルーしていたのですが、たまたま無料になっていた1〜3巻を読んで以来、どハマりしています。
少年漫画のような滾るシーンあり、ことごとく予想を裏切られるような超展開あり、グッと引き込まれてしまう様々な心理描写あり、先が気になって仕方ありません。

なんだか最近はクライマックスが近づいている感じがありますが、どうなんでしょうか。もうその感覚すら裏切られるんじゃないかとドキドキしています。
伏線も多く、単行本の新刊が出るたびに最初から読み直している気がします。
この先もずっと、目が離せません。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

巧舟さん
感銘を受けたタイトルとは別に、自分が寝る間も惜しんでプレイしたのが「大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-」でした。
前作のエンディングから待ちに待った続編。その期待を裏切るどころか大きく上回る、最高のカタルシスを味わいました。
「早く先を見たい!」と思うが、同時に「まだ終わってほしくない!」とも思う、「逆転裁判」や「ゴーストトリック」の時にも感じた贅沢なプレイ感覚。
自分がアドベンチャーゲーム好きであることを発見させてくれたのは巧さんのタイトルに他なりません。
次回作が待ち遠しいです。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

アーケードで稼働中の「DISSIDIA FINAL FANTASY」は、皆様のおかげで2周年を迎えることができました。本当にありがとうございます。
そして、そこにストーリーなどの新コンテンツを追加した「DISSIDIA FINAL FANTASY NT」が、新年早々PS4に登場します。
アーケードに行くことを躊躇していた方も、この機会にぜひ「新しいDISSIDIA」に触れてみてくださいね。
慣れてきたら、お友達とゲームセンターに行くのも良いと思います。
怖い場所ではないし、家庭用とはまた違った楽しさも感じられると思いますので!

また、NT発売後もアーケード版・PS4版ともにアップデートを実施していく予定です。
意外なキャラクターも発表できると思うので、ぜひご注目ください!

「DISSIDIA FINAL FANTASY NT」(PS4
© KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA
ILLUSTRATION:©2017 YOSHITAKA AMANO
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
ディレクター
齋藤 力

代表作:「ドラゴンクエストX」

<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「バイオハザード7 レジデント イービル」
VR体験としてとても衝撃的な作品でした。ホラーにおける耐性は高い方だと思っていたのですが、休憩をとらないと続けてプレイできないほど、最後までドキドキしながらプレイさせていただきました。

ナンバリングタイトルとしても家族をテーマにした狂気やスリラー要素など、新しい方向性を色濃く出していったことや、追加コンテンツごとにも遊びの性質を変える挑戦的な姿勢とそれを実現する工夫が全編に渡って感じられ、最新コンテンツまで楽しくプレイさせていただきました。
もし未体験の方はぜひVRでのプレイをおススメします。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

コミックの「彼方のアストラ」です。あるクリエイターさんからおススメされて読んでみたのですが、予想のできない展開と「こいつら大丈夫か!?」と思えるほど尖ったキャラクターたちが織り成すスピード感と暖かさの両方を感じさせてくれるドラマにハマりました。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

イーロン・マスクさんです。SFと現実世界のはざまにいるような人なので、次はどんなことを現実の社会で実現してくれるのかが楽しみです。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン」がPS4/Nintendo Switch/Wii U/PCなどの各プラットフォームにて発売中です。僕はディレクターを卒業しましたが、スタッフたちがさらに盛り上げてくれていますので、ぜひプレイしてみてください。
僕は新規企画を立ち上げるための充電期間中なので、この4Gamerさんの記事で他のクリエイターさんが 楽しいコンテンツを紹介してくれるのを楽しみにしております(笑)

「ドラゴンクエストX」(PC / PS4 / Nintendo Switch / Wii U / 3DS
©2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
執行役員 エグゼクティブ・プロデューサー
齊藤陽介

代表作:「ドラゴンクエストX オンライン」「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」「NieR:Automata」

Twitterアカウント
<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

正直、今年は遊ぶ時間も限られてしまったので、そんな中でもやらなくちゃならん! と気合を入れて触れた中では、やはり「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が一番でしたね……。パラセールを取って新しい土地に着地し、世界が一気に広がった瞬間「こら勝てんわ」と絶望を感じました(笑

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「スパイダーマン:ホームカミング」が一番面白い映画でした。まぁ例によって「出張中の飛行機の中で観た」のですが……。そもそもマーベル作品は大好きで、2016年に公開された「シビル・ウォー」も滅茶苦茶楽しんで観たんですが(ええ、飛行機の中でです)、あの大作をまさかの伏線にしての単独作品とは思わず、キャプテン・アメリカの脇役っぷりに感動すら覚えました。子供から大人まで楽しめる究極の娯楽映画だと思いますよ。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

ヨコオタロウに始まり、ヨコオタロウに終わると思ってましたが、最後は岡部啓一さんでしたね!素晴らしい受賞だったと思います。ありがとうございます!&おめでとうございます!

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

少しは仕事が忙しくなくなってプライベートとのバランスを取れるといいなぁと思いつつ、暇が嫌な性分なので、2018年のどこかで新作の発表をする機会があれば良いなと考えています。あまり期待せずにお待ちください!

「ドラゴンクエストX」(PC / PS4 / Nintendo Switch / Wii U / 3DS
©2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人

「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(PS4 / Switch / 3DS
©2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
プロデューサー
白石琢磨

代表作:「ドラゴンクエスト」「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」(いずれもPS4/3DS),「いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY」

Twitterアカウント
<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」
今年はこのタイトルを全員挙げているのではないか!? と思いますが……それでも私も挙げさていただきます。元々オープンワールドのゲームはあまり好きではなかったのですが、本作の「ただ歩くだけで発見がある。何をしても楽しみがある」というゲームデザインには非常に感銘を受けました。
時間を惜しんでプレイし、通勤電車の中でもジャイロセンサーを使った祠の謎解きを恥ずかしげもなく堂々とプレイするくらいにはハマっていました(もちろん着席できている時。ほかの乗客の邪魔にならないよう……)。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「約束のネバーランド」が面白い!「この漫画がすごい」で1位になっていますね。週刊誌で連載されている漫画って、お話の転換が冗長になってしまう作品も少なくないと思うのですが、本作は1話1話が「次は一体どうなるんだ!?」と期待を持てるストーリー構成になっていると感じました。

また、同じくコミックでいうと「恋は光」が2017年に完結しました。(集英社さんの作品ばかりになってしまった……)読了後の感想はシンプルで、「胸がキュンキュンしちゃったぁ……(はぁと)」(33歳・男性会社員)

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

個人的にも何も皆さん注目していたと思いますが、藤井聡太四段です。歴代単独1位となる29連勝を15歳の若さで達成という偉業を成し遂げました。若くして活躍している方を見ると、自分も頑張ろうと思えますよね! 頑張ります! 頑張れるかな!? 頑張ろう!

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

このアンケートが公開される年末シーズン、皆様ご自宅でゲームをされてますでしょうか? そんな時節、一家に一つあると大盛り上がりできる「いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY」! 何卒よろしくお願いいたします!

また、開発中の「ドラゴンクエストビルダーズ2」についても、お楽しみにお待ちください! 2018年3月1日発売のNintendo Swtich版「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」で復習をぜひ!

「いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY」(PS4 / PS Vita
©2017 ARMOR PROJECT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
DRAGON QUEST characters: c ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX
FINAL FANTASY characters: c SQUARE ENIX
CHARACTER ILLUSTRATION:SHIRO AMANO
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
ディレクター
田畑 端

代表作:「FINAL FANTASY XV」

<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Nintendo Switch」「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」。今年はこの2つがぶっちぎりに見えました。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

NBA初観戦。ド派手な演出と超一流プレイの組み合わせ。リアルスーパーヒーローショーです。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

マリオ。最初にパっと浮かんだので。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2017年もお世話になりました。来年は次世代を見据えた開発を本格化させます。また副業が解禁されるので、何かやってみたいと思います。

「FINAL FANTASY XV」(PS4 / Xbox One
©2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
ディレクター
鍋島俊文

代表作:「LEFT ALIVE」,「ARMORED CORE」シリーズ

<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」
コンセプトが非常にシンプルかつ明確で、偶然の要素と戦略のバランス、それを許容する奇妙な世界観が楽しいと思います。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「The Founder」(邦題:ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ)
たまたま観た映画ですが、シニカルで個人的にはとても好みでした。

「ブレードランナー2049」
続編としてとてもよくまとまっていたと思います。映像・世界観的にも前作の世界観をうまく踏襲して、発展させている印象を受けました。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

すいません、特にいません。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

現在はTGSでお伝えした「LEFT ALIVE」の開発に注力しています。発表の際には予想以上の反響をいただいて、嬉しい半面、とてもプレッシャーを感じています(笑)
そう遠くないタイミングで何かしらの情報をお伝えできると思いますので、ご期待いただければと思います。
よろしくお願いします。

「LEFT ALIVE」(PC / PS4
©SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: YOJI SHINKAWA
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
プロデューサー
間 一朗

代表作:「DISSIDIA FINAL FANTASY NT」「ファイナルファンタジー レコードキーパー」「THEATRHYTHM FINAL FANTASY」

<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」
ホントもう全ての山に登れってカンジでして、この世界を隅々まで踏破し、この世界の全てを知りたくなるタイトルです。
毎日会社で後輩を捕まえては(反省しておりません)、何処から回ったとか、今幾つ見つけたとか、あの光は何なんだろう? とか話しながら、嬉々としてamiiboを置いておりました。
なお作品の詳細は、同ページの吉田くんのコメントをご参照下さい!

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「リッパー・ストリート」
英国ドラマです。弊社欧州スタッフから薦めてもらい、観始めたのですが、これがまた面白いのなんの!
お話も画も決して明るくはないので、人を選ぶ作品かもしれませんが、一話一話が骨太で、大いに見応えがございます。
物語の舞台は切り裂きジャック事件後のロンドン。作中では当時の文化、風俗がしっかりと描かれておりまして、事件やトリックのベースにも使われています。
とはいえ、そういった部分にさして興味の無い自身でも、Season3まではほぼ一気に観終えてしまいました。
あれ、でもコレ、発売でも公開でもないですね。まぁ、いいか!オススメです!

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

橋本真司
皆さん、FF30thの総責任者はどなたかご存知でしょうか?
ウチの師匠です。御年59歳。
かつては名人として名を馳せ、スクウェアに籍を置いてからも、フロントミッション、キングダムハーツ、FFVII、FFVIIIと名だたるタイトルをプロデュースしてきた方です。
今はもう良いおじいちゃんなのですが、果たして自身がこの歳になった時、同じように精力的に動けるかとなったら、甚だ疑問です。自然にアタマも下がろうというものです。
30周年を迎えるに当たっては、1月末の発表会に始まり、記念ワインの制作監修、そして来年1月末から始まる「別れの物語展」をご担当されます。
重鎮中の重鎮が指揮を執る回顧展、果たしてどのようになりますか、楽しみにお待ちをいただけますと有難く!

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

ゲームセンターは、大いにステキな場所にございます!
店員さんは皆優しいし、今は清潔感のあるお店がほとんど。何より集まるのは同好の士ですので、それは話も弾みますよね。
ですが、普段行かない方にとっては、お店に顔を出すことが決して低くないハードルである事を、我々は十全に理解しております。
ということで皆々様、大変お待たせいたしましたが、「DISSIDIA FINAL FANTASY NT」1月11日についにリリースにございます!!!!!!!
部屋でお一人じっくりユックリ、是非是非お楽しみ下さいませ!

「DISSIDIA FINAL FANTASY NT」(PS4
© KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA
ILLUSTRATION:©2017 YOSHITAKA AMANO
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人

「シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル」(AC
©SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by indieszero Co., Ltd.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
執行役員
橋本真司

代表作:「FINAL FANTASY」シリーズ,「KINGDOM HEARTS」シリーズ

<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「NieR:Automata」
アクションRPGとしての爽快感があり、非常によくできた作品だと思います。操作系も素晴らしく、そこに滅びの美学が加わり、あの世界観を創りだしていたのがよかったです。
前作同様マルチエンディングがかなり多彩に用意されていて、何周も遊ばせてもらいました。合計100時間以上遊んでいます(笑)。
独特のグラフィックやキャラクターデザイン、そして特に音楽にはまりました。
ありがとう2B、A2、9S……そして エミール!!

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「ジョン・ウィック:チャプター2」です。キアヌ・リーブスというメジャーな俳優の作品ではあるものの、恋愛や笑いといった要素が一切ない“糖分ゼロ”の演出が非常に際立っていて楽しませてもらいました。センスの光る殺し屋としてのキャラクター設定とそれをとりまく世界観が秀逸です。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

宮崎 駿監督が引退を撤回し、再始動したことは非常に興味深いです。御歳76歳の宮崎さんが復活し、鈴木俊夫さんも69歳でいまだ現役で活動していらっしゃるということは、人生の先輩として勇気付けられています。作品の完成を心待ちにしております!

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

コンソールもスマホのタイトルもどんどん増やしています。FF30周年というひとつの節目は終わったものの、初心に帰りゲーム開発を進めてまいりたいと思います。
皆様応援よろしくお願い致します。4Gamer読者の皆様、これからもたくさんのゲームを遊んでください。

「ワールド オブ ファイナルファンタジー メリメロ」(iOS / Android
© 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA/YASUHISA IZUMISAWA
Developed by Drecom Co., Ltd. / ForwardWorks Corporation
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
プロデューサー/ディレクター
藤澤 仁

代表作:「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」「ドラゴンクエストX」「予言者育成学園 Fortune Tellers Academy」

Twitterアカウント
<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」
昨年のこのインタビューでも注目している人物に青沼英二さんを上げさせてもらって、一年間、本当に楽しみに待っていたタイトルでした。期待が大きすぎると往々にして裏切られるものですが、このゲームは自分の期待なんて悠々と上回っていきました。
青沼さんをはじめ、制作に関わったすべての皆さんにお礼を言いたいです。また、今後のゲーム作りに悩んでいた時期に、青沼さんから直接お話をいただけたことも個人的に素晴らしい出来事でした。公私に渡り、多大な影響を与えてくれたタイトルです。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

NHKスペシャル「戦慄の記録 インパール」
エンタメではないので問いにふさわしくないかもしれませんが、今年一年で何が一番自分の胸に刺さっただろうと振り返ると、かなりの大差でこれだったように思います。非常に多くの示唆に富み、視聴後しばらく考え込んでしまうほどでした。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

安藤武博さん
以前は同じ会社にいながら一度もコミュニケーションの機会を持てなかった安藤さんですが、今年思いがけずTwitterで交流ができて非常に光栄でした。いつも新しいことに挑戦し続けている安藤さんに、来年も注目しています。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

自身初めてのスマホアプリ「予言者育成学園 Fortune Tellers Academy」が、まもなく2周年を迎えられそうなところまで来ました。バージョン3でゲーム内容も大きく変貌を遂げ、今も大勢のプレイヤーに支えられています!
個人的には、業務負荷を少し下げさせてもらった状態です。またゲーム業界にとって、「誰も見たことがない」タイトルを創出するための準備に入ります。こちらはまだ先の話になるとは思いますが、心のどこかで待っていてもらえれば嬉しく思います。

「予言者育成学園 Fortune Tellers Academy」(iOS / Android
©2016,2017 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
プロデューサー
二木達博

代表作:「ドラゴンクエストライバルズ」

<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「NieR:Automata」
ゲームとして文句なしに面白かったのですが、ロード画面のUIひとつとっても「どうしてそのようにデザインしたのか」すべての要素に意図があり、作り手の執念を感じました。また全体的な設計の面でも、すべてがとても賢くプランニングされていて、美しささえ覚えました。極めつけは、ラストのあの演出。前作をどう超えるか、ちゃんと考えてあって、最初から最後まで打ちのめされました。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「ブレードランナー2049」
とにかく映像がオシャレ。今年の映画なのにこんなオシャレなの見たことないぞ、と感じられるのがすごかった。内容的にも映像的にもまぎれもない続編でした。ラストが切なくてたまりません。SNSの発達で、誰もが物語の主役という思いが強まっている現代だからこそ、ささるテーマですね。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

横山 健
レスポールにガムテープを張ったのはよい思い出。ハイスタは僕の青春でした。世代的に好きになったころにはすでに活動休止中でしたが、そんな彼らがついに新しいアルバムを……! 情報の出し方にしても、ファンの皆をどうやって驚かしてやろうか、そんなことをいつもニヤニヤしながら考えてるんだろうなと。さらなるサプライズ、楽しみにしてます!

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

11月に正式サービスインしました「ドラゴンクエストライバルズ」は、おかげさまで1200万ダウンロードを突破いたしました。開始直後は障害や不具合でご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでしたが、日々とてもたくさんのプレイヤーさんに遊んでいただいており、開発運営チーム一同心より感謝しております。
まだまだカードプールも少なく、シンプルなゲームに感じる方も多いと思うのですが、来年からぞくぞく追加される新カードで、より深く面白いゲームへレベルアップしていきますので、お楽しみに! またオンライン大会やシーズン大会など、ゲームコミュニティの運営についても力を入れていきたいと思います。来年もドラゴンクエストライバルズをどうぞよろしくお願いいたします。

「ドラゴンクエストライバルズ」(iOS / Android
©2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
プロデューサー
松井聡彦

代表作:「ファイナルファンタジーXI」「ロマンシング サガ2」「クロノトリガー」「聖剣伝説 LEGEND OF MANA」「恋はバランス」

<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「アイドルマスター ステラステージ」となる予定なのですが、これを書いている時点でまだ発売されていませんので、現時点での断然No.1の「ゼノブレイド2」の名前をあげます。
ドライバーやブレイドの強化・カスタマイズだけでも非常にたくさんの要素があって、とても圧倒されます。が、ワクワクします。
実は我が家ではNintendo Switchの取り合いが激しくまだENDINGを迎えていませんが、バトル(とその準備)が楽しいゲームです。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

漫画/アニメ「メイドインアビス」
アニメがきっかけだったのですが、3話を見終わった時点で原作一気買い。
丁寧に設定された独創的な世界・生き物に魅かれます。
かわいい絵柄にも関わらず、ハードボイルドでエグい描写もあって、他の似たようなテーマ・設定の漫画とは一線を画している印象です。
この歳になるとハッピーエンド以外読めないんですが、そういう意味でも今後の展開に目が離せません。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

湯浅政明さん(アニメーション監督)
「四畳半神話大系」のユニークな作風に魅かれたので、
今年春に「夜は短し歩けよ乙」「夜明け告げるルーのうた」と相次いで上映されると聞いてとても楽しみにしていましたし、実際とても良い作品でした。

フラッシュ動画を積極的に取り入れていて、それはただ単に監督の作風ゆえというのではなく、経済性を考えた試行錯誤の結果であるという点には、業界は違えど深く考えさせられます。
もちろん、濃密な作画でよく動くアニメーションは大好物ですが、このような作品もよいですよね。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「ファイナルファンタジーXI」は今年(2017年)の5月16日で15周年を迎えました。
また、ファイナルファンタジー30周年でもありまして、11月はFFXIの盛り上げ月間として、スクエニから出ている多くのゲームにFFXIのキャラクターを登場させていただきました! 4Gamer読者のみなさんの目にも留まったのではないかと思います。

興味を持たれた方は、ヴァナ・ディールに遊びに来ませんか? 年末年始にかけてディスカウントキャンペーンを実施しますよ。
ゲーム内でも、昔に比べレベルアップがとても早くなりましたし、主要NPCをパーティメンバーにできるフェイスシステムのおかげでソロプレイも簡単です。ファイナルファンタジーのナンバリングタイトルでも屈指の素晴らしいシナリオを、ソロでクリアすることも可能です。
また、しばらくヴァナ・ディールに降り立っていないという、冒険者の皆様! まだまだ、15周年のお祭りは続いていますので、戻ってきてみませんか?
開発・運営ともども、全力でおもてなしをいたします。

「ファイナルファンタジーXI」(PC
©2002-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
プロデューサー
横田賢人

代表作:「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(3DS版)

<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」
ゲームを始めた直後にいきなり広大な世界を目の当たりにしたところから、一気にゲームの中に引き込まれた気がします。色々な面で過去のシリーズから変わっていますが、それらを肯定的に受け入れ、気づけば毎日寝る時間を惜しんでハイラルを走り回っていました。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

ちょっとズレてしまうのですが、今年に限らず日清さんの商品はいつも気になっています。カレーメシをはじめとした尖ったCMからは強いエンタメ性を感じますし、謎肉祭や黒歴史シリーズ、湯切り不要な焼きそばなど、商品そのものの切り口も斬新で面白いものが多いなと思います。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

野球の大谷翔平選手。来年から大リーグに挑戦しますが、その力がどこまで通用するのか、二刀流は実現するのか、とにかく早く活躍を見てみたいです。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

今年は「ドラゴンクエストXI」を発売して、多くの皆さまに遊んでいただいて、とても充実した一年になりました。プロデューサーという立場としてはまだまだ駆け出しですが、自分だからこそ作れるモノを提供できればと思っています。応援よろしくお願いいたします!

「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(PS4 / Switch / 3DS
©2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スクウェア・エニックス
プロデューサー兼ディレクター
吉田直樹

代表作:ファイナルファンタジーXIV

<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」
歴史あるシリーズであり、かつ、「お約束」や「テンプレート」が期待されるプレッシャーの中で、あえて"暗黙の了解"を破って次世代のゼルダを創りあげられたことに、尊敬の念を抱いています。シリーズ作品を継続しつつ、これを成し遂げるのは、並大抵のことではありません。まさに「神ゲー」でした!

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ペガサスの解は虚栄か?」(Wシリーズ)」
大好きな森 博嗣さんの作品ですが、この作品は2015年から始まった「Wシリーズ」と呼ばれる連作の第7弾です。近未来を描いた小説ですが、“ウォーカロン”と呼ばれる生命体や人工知能などが、とても魅力的に描かれています。森さんの天才っぷりを思い知るシリーズです。詳しくは語りませんが、損はしませんので、ぜひシリーズ1冊目から通読を……!(読みやすいので、「小説がニガテ」という方も是非!)

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

須田祥子さん(ヴィオラ奏者)
2017年、念願だったFFXIVのオーケストラコンサート「交響組曲エオルゼア」を実現することができました。その際に東京フィルハーモニー交響楽団の首席ヴィオラ奏者として、演奏してくださったのが須田さんです。その演奏や収録の際のプロ意識の高さに、すっかりファンになってしまいました。動画でも色々と演奏を拝見して、楽器素人の僕でもその凄さを改めて知りました。今後のご活躍にも注目させていただきます!

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2017年も引き続きゲームファンの皆様、FFシリーズファンの皆様、そして光の戦士の皆様に支えられ、「ファイナルファンタジーXIV」も僕も更なる飛躍の1年とすることができました!  2018年、3回目となるFFXIVファンフェスティバルが始まります。ほかにも様々な施策を用意していますので、ぜひ、これからのFFXIVにご注目ください! 第5ビジネス・ディビジョンで開発中の「ドラゴンクエストビルダーズ2」もぜひ!!

「ファイナルファンタジーXIV」(PC / Mac / PS4
©2010-2017 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人 ゲーム業界の著名人に聞く2017年の振り返りと2018年への抱負。今年は過去最多の182人



スタジオイストリア
代表取締役
馬場英雄

代表作:「テイルズ オブ」シリーズ,「Project Prelude Rune」

Twitterアカウント
Facebookアカウント
<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Horizon Zero Dawn」
映画ターミネーター等でも表現されている、遠い未来、世界はこうなるかもしれないという、我々人間にとってショッキングな人間が主役ではない世界を描き、その中での冒険とゲーム表現が印象的に残っております。特に注目して遊ばせて頂いたのが主人公を含めた様々な生命体のモーション表現についてですね。キャラクターや生物、時には機械の特徴、アイデンティティを動きで表現するものがモーションですが、実存する動物や仮想の生物の動きの表現が、プレイしていて自然で違和感を感じることがなく表現されており、作り手の方々が一つ一つのモーションから見せたい表現がとても伝わってきました。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

今年から展開されている作品ではありませんが、かわぐちかいじさんの「空母いぶき」を楽しませて頂いております。かわぐちさんの作品は様々な視点で、登場人物達の信念や信条、そしてそれらがぶつかり合って生まれる葛藤、更にはその葛藤と緊迫した状況下の中での対応と判断、様々な人間ドラマを深く考えさせられるテーマを描かれており、とても印象深く楽しませていただいております。現代日本について漫画という表現方法で問いかけ、メッセージを送り続けられていて、今後の展開も楽しみにしております。

もう一つはドラマ「陸王」です。社長自らゼロからの全く新しいチャレンジに挑み、会社の経営ということや、何もないところから製品を作り上げるという情熱。更には人を蹴落とす為の嘘と欲望の執着心、嫌がらせの裏工作をし続ける排他的な感情、それでも負けずに己を信じてチャレンジしていく姿に、深く共鳴し、時に拳を握りしめ目頭が熱くなりながら拝見させて頂き、強い気持ちを頂いております。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

(回答なし)

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2017年は大きなチャレンジに向け、ゼロからの新しいスタートをいたしましたスタジオイストリアですが、1月1日に1周年を迎えます。思いに共鳴していただき、共に大きな目標に向けて歩んでおります仲間と共に、少しでも早く、開発中の新規IPをお届けできるよう、引き続き鋭意制作していきたいと思いますので、是非、今後の展開をお待ち頂けたらと思います。



ストーリーテリング
ゲームデザイナー/原作・脚本家/ストーリーテリング代表
イシイジロウ

代表作:「428 〜封鎖された渋谷で〜」「文豪とアルケミスト」「タイムトラベラーズ」,アニメ「モンスターストライク」,舞台「龍よ、狼と踊れ」シリーズ

Twitterアカウント
<質問1>2017年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」
CEDEC 2017の講演とセットでの評価ですが、日本のゲーム業界を数年先に導いたタイトル。正しく真摯にモノを作るという事がどこに到達するのかを教えてくれた一作です。

<質問2>2017年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」
ロングラン上映していますので皆さんに是非観ていただきたい一本です。本気で宣伝したいくらい。笑。
日本人が作る映画より日本人の心とは何かという問いに踏み込んでいる気がしました。エンタテインメントの作り手として負けていられないです。

<質問3>2017年に、個人的に注目した(している)人物

ハヤカワ五味(ファッションデザイナー・実業家)
22歳の美大生実業家。どこの業界にも若き天才という人はいるのものだ。
そして彼女は本気のゲーム好き。ドラクエや逆裁の新作が出たら社長業大丈夫かなというくらいハマっているみたいです。笑。
オタクの新しい成功のカタチを実現してくれると期待しています。

<質問4>2018年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

まず2018年は、3月21日(水)から4月1日(日)にイシイ原作の舞台「『龍よ、狼と踊れ Dragon,Dance with Wolves』〜草莽の死士〜」(公式サイト)を紀伊國屋サザンシアターで上演します。

そして今年はゲームは数タイトル、そして新作アニメーションも発表できる予定です。お楽しみに。

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月21日〜09月22日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月