オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ゼンリン,3D都市モデルデータをGlobal Game Jam 2015に提供
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/01/06 15:01

リリース

ゼンリン,3D都市モデルデータをGlobal Game Jam 2015に提供

ゲームハッカソン「Global Game Jam 2015」に「3D都市モデルデータ」を提供
配信元 ゼンリン 配信日 2015/01/06

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

ゲームハッカソン「Global Game Jam 2015」に「3D都市モデルデータ」を提供
〜ゼンリンが運営する「ゼンリンお台場会場」の参加者を募集開始!〜

 株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:髙山善司 以下、ゼンリン)は、2015年1月23日(金)〜1月25日(日)まで開催されるゲームハッカソン「Global Game Jam 2015」に協賛し、日本全国約20ヵ所の会場にて、ゲーム開発に活用できるゼンリンの「3D都市モデルデータ」などを無償で提供します。
 また、ゼンリンでは、東京・お台場に「ゼンリンお台場会場」を設置、運営。同会場でゲーム開発にチャレンジいただく参加者の募集を開始しました。

 「Global Game Jam」は、Global Game Jam社が主催し、全世界400以上の会場で、同じ日に同じテーマで開催されるゲームハッカソンです。会場に集まったプロからアマチュアまで多様な開発者たちがチームを結成し、48時間という限られた時間の中で、与えられたテーマに沿ったゲームを開発します。

■ゼンリンが設置する「ゼンリンお台場会場」の特長

  • 3Dコンテンツ、デバイスの無償提供
    (1) ゲーム開発プラットフォーム「Unity(※1)」で利用可能なゼンリンの「3D都市モデルデータ」などの提供
    (2) 日本マイクロソフト社の協力による、ジェスチャー・音声認識デバイス「Kinect」の提供
  • 快適な開発環境を48時間にわたって解放!
    コワーキングスペース(※2)「MONO」を会場として利用し、制限時間の48時間にわたって解放します。電源やWi-fi環境の完備、カフェスペースなど、徹夜の作業でも参加者が快適に開発に取り組める環境です。

■Global Game Jam 2015「ゼンリンお台場会場」の開催概要

[会場]
コワーキングスペース「MONO」http://mono.jpn.com/(東京都江東区青海2-5-10)
[日程]
1月23日(金) 開場(17:00〜)・テーマ発表・ゲーム開発
1月24日(土)ゲーム開発
1月25日(日)ゲーム開発・ゲーム発表(19:00まで)、無料懇親会(19:00〜21:00)
[募集人数]
定員60名
[募集期間]
1月20日(火)23:59まで
[参加費]
当会場は無料

「ゼンリンお台場会場」への申し込みはこちら
http://ggj2015-zenrin.peatix.com/

※1 Unity:全世界で200万人以上の開発者が使用している、3Dコンテンツの制作用の革新的な開発プラットフォーム。
※2 コワーキングスペース:様々な業種、年齢の人々が集まり、仕事や、ノウハウやアイデアを共有して協働する場所のこと。
※ 記載されている社名、商品名は各社の登録商標または商標です。
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月26日〜06月27日