オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
梅原大吾氏の自伝マンガ「ウメハラ-To live is to game-」が本日発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/09/13 16:36

リリース

梅原大吾氏の自伝マンガ「ウメハラ-To live is to game-」が本日発売

ウメハラ-To live is to game-
配信元 PHP研究所 配信日 2013/09/13

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

プロ格闘ゲーマー梅原大吾は、こうして生まれた! 
自伝マンガ『ウメハラ-To live is to game-』を刊行

画像(001)梅原大吾氏の自伝マンガ「ウメハラ-To live is to game-」が本日発売
梅原大吾氏完全監修により実現した、エンターテインメントコミック。
梅原大吾氏の中学生時代とともに90年代のゲームセンターの熱気を描く。

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2013年9月13日、『ウメハラ-To live is to game-』(監修:梅原大吾、作画:西出ケンゴロー、原作:折笠格)を刊行します。

日本人初のプロ格闘ゲーマー、梅原大吾氏はいかにして“格ゲーの神に愛された男”となったのか――?

●『ウメハラ -To live is to game-』 特設サイト: http://www.umehara-comic.com/

自著『勝ち続ける意志力』(小学館101新書)のヒットもあり、ゲーム界のみならず幅広いジャンルからも注目を集める梅原大吾氏。
その梅原大吾氏の完全監修のもと、格闘ゲームが記録的なムーブメントを巻き起こしていた1990年代のゲームセンターの熱気を描く、青春エンターテインメントコミックが誕生しました。

梅原大吾氏と格闘ゲームとの出会いは、1992年。
11歳の梅原少年はゲームセンターの筐体に引き寄せられ、ゲームの世界に没頭。
そして数年後、地元では負けなしとなった梅原少年は、「異次元の強さ」を誇る天才と出会う――。

梅原大吾氏の中学生時代を描きながら、日夜活況に沸くゲームセンターを舞台に、熱く個性的なキャラクターが次々に登場します。

まさに、ゲームファン必見のエンターテインメントコミック!
全世界の格闘ゲーム界にセンセーショナルを巻き起こした、カリスマ「梅原大吾」の伝説の幕開けをお見逃しなく!

画像(002)梅原大吾氏の自伝マンガ「ウメハラ-To live is to game-」が本日発売

【梅原大吾氏メッセージ】
そもそもゲームなんてものは世間から言わせれば、無駄な事の代表みないなもので、そんな事でいくら努力しようが、こだわりを持とうが評価されるわけがないのに、僕が中学生の頃に行っていたゲーセンには僕と同じか、それ以上に無駄好きな大人達がいました。そんな人達に囲まれて日々を過ごすうちに「無駄に思えるような事でも一生懸命やれば人を惹き付ける魅力になるんだな」と気付かされます。
つまり、僕にとって彼らは最高に人間らしく、最高に魅力的だったんですね。
(中略)もしかしたら、このマンガを通して、彼らにまた会えるのを一番楽しみにしているのは僕なのかもしれませんね。
(あとがきより一部抜粋)

【著者プロフィール】
監修:梅原大吾[うめはら・だいご]
1981年青森県生まれ。格闘ゲームの世界ではその名を知らぬものがいない、実力、知名度ともに世界屈指のプロ・ゲーマー。
2D格闘ゲームを中心に10代から数々の大会で優勝。17歳のとき、米国で行われた世界大会を制し“世界一”の称号を獲得した。
2010年、米国のゲーム周辺機器メーカー、Mad Catzとプロ契約を結び、日本人初のプロ格闘ゲーマーとなる。
「背水の逆転劇」と呼ばれる試合など、ファンの記憶に残るプレイを多く残している。

作画:西出ケンゴロー[にしで・けんごろー]
漫画家。京都府舞鶴市出身。
上京した後、製作会社に入社。編集業務、イラスト執筆、デザイン等、幅広い創作業務に携わる。
現在はフリーの作家として、漫画やイラストの執筆、デザイン、ゲームグラフィッカーなどで自由気ままに活動中。

原作:折笠格[おりかさ・いたる]
1978年岩手県生まれ。数々の職を渡り歩いた後、作家を志し小池一夫氏に師事。株式会社コミキタス代表取締役。

画像(003)梅原大吾氏の自伝マンガ「ウメハラ-To live is to game-」が本日発売

【商品情報】
■発売日:2013年9月13日
■判型:A5判並製
■定価:800円(税別)
■ISBN:978-4-569-81347-9

《特設サイト》
http://www.umehara-comic.com/
《PHP研究所》 
http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-81347-9
《アマゾンドットコム》 
http://www.amazon.co.jp/dp/456981347X

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月12日〜11月13日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月