オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Xbox事業を率いてきたドン・マトリック氏が,ZyngaのCEOに就任。創業者であるマーク・ピンカス氏は,会長および製品担当のCPOに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/07/02 14:29

業界動向

Xbox事業を率いてきたドン・マトリック氏が,ZyngaのCEOに就任。創業者であるマーク・ピンカス氏は,会長および製品担当のCPOに

 Microsoftのインタラクティブエンターテイメントビジネス(Interactive Entertainment Business)部門の社長としてXbox事業の運営に携わり,Xbox One発表会やE3 2013のメディアブリーフィングにも登壇するなど,“ミスターXbox”として知られていたドン・マトリック(Don Mattrick)氏が,北米時間の2013年7月1日付けでMicrosoftを退職し,Zyngaの新たなCEOに就任した。退社の理由については明らかになっておらず,また現在のところ,マトリック氏の後任人事については発表されていない。

 これまでZyngaのCEOだった創業者のマーク・ピンカス(Mark Pincus)氏は,今後は会長兼チーフ・プロダクト・オフィサーというポストに就くことになり,経営からは一歩退くものの,製品開発には関わっていくこととなる。

Zynga公式Blog「Excited To Be Here」


 マトリック氏は1982年,17歳のときにカナダのバンクーバーにゲームメーカー,Distinctive Softwareを設立し,「Test Drive」を発売。1991年にDistinctive SoftwareがElectronic Artsに買収されてEA Canadaに名称変更されると,「Need for Speed」シリーズの開発を担当した。1996年以降はEAのワールドワイドスタジオの社長に就任し,その後約10年にわたってEAブランドに携わってきたという経歴を持つ人物。
 2007年以降は外部顧問としてMicrosoftのXbox事業に関わるようになり,2010年にインタラクティブエンターテイメントビジネス部門の社長に就任。Microsoft在職中の6年あまりで,Xbox 360の販売台数を約1000万台から約7800万台に,Xbox LIVEの会員数を約600万人から約4800万人にまで引き上げた功績があるという。

 Zyngaは,2011年12月の株式公開以降,業績が低迷し,社員の18%をリストラするなど厳しい運営が続いていた。ピンカス氏の去就も内外で取り沙汰されてきたが,企業経営に豊富な経験があり,ハードやソフト,ネットワークなど複数のプロジェクトをこなしてきたマトリック氏をCEOに迎えることで,経営の刷新を狙ったものと思われる。

 Xbox Oneの北米ローンチを前にマトリック氏を失うことになったMicrosoftの損失は小さくないはずで,その影響も気になるところだ。
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月19日〜08月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月