オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Apple,新型「iPad Pro」を発表。液晶パネルは12.9インチと,9.7インチに代わる10.5インチの2モデル展開に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/06/06 16:40

ニュース

Apple,新型「iPad Pro」を発表。液晶パネルは12.9インチと,9.7インチに代わる10.5インチの2モデル展開に

画像(001)Apple,新型「iPad Pro」を発表。液晶パネルは12.9インチと,9.7インチに代わる10.5インチの2モデル展開に
 北米時間2017年6月5日,Appleは,アメリカ・カリフォルニア州のSan Jose Convention Centerでスタートした開発者向けイベント「WWDC17」で,リフレッシュレート120Hzに対応する新型「iPad Pro」を発表した。液晶パネルサイズは,前世代が12.9インチと9.7インチだったのに対し,新型は12.9インチと10.5インチで展開となる。本体サイズなどは以下のとおり。

・12.9インチ版iPad Pro
サイズ:305.7(W)×220.6(D)×6.9(H)mm
重量:677g(Wi-Fiモデル),692g(Wi-Fi+Cellularモデル)

・10.5インチ版iPad Pro
サイズ:250.6(W)×174.1(D)×6.1(H)mm
重量:469g(Wi-Fiモデル),477g(Wi-Fi+Cellularモデル)

(参考)9.7インチ版iPad Pro
サイズ:240(W)×169.5(D)×6.1(H)mm
重量:437g(Wi-Fiモデル),444g(Wi-Fi+Cellularモデル)

 各端末ともに,ストレージ容量は64GB,256GB,512GBをラインナップしており,価格は,10.5インチ版64GBのWi-Fiモデルが6万9800円,Wi-Fi+Cellularモデルが8万4800円から,12.9インチ版は,同じく8万6800円,10万1800円から(すべて税別)となっている。日本のApple Storeでは注文が可能で,来週以降の発送になる模様だ。

モデル 64GB 256GB 512GB
10.5インチ版iPad Pro(Wi-Fiモデル) 6万9800円(7万5384円) 8万800円(8万7264円) 10万2800円(11万1024円)
10.5インチ版iPad Pro(Wi-Fi+Cellularモデル) 8万4800円(9万1584円) 9万5800円(10万3464円) 11万7800円(12万7224円)
12.9インチ版iPad Pro(Wi-Fiモデル) 8万6800円(9万3744円) 9万7800円(10万5624円) 11万9800円(12万9384円)
12.9インチ版iPad Pro(Wi-Fi+Cellularモデル) 10万1800円(10万9944円) 11万2800円(12万1824円) 13万4800円(14万5584円)

※カッコ内の価格は,単純計算した税込価格になります。

 新型のiPad Proが搭載するSoC(System-on-a-Chip)は「A10X Fusion」だ。前世代のiPad Proで採用された「A9X」と比べて,CPUコアの速度は30%,GPUコアの速度は40%アップするという。
 リフレッシュレートの向上に伴う恩恵には,画面をタップしたときの反応の良さや,動画をスムーズに視聴できる点などが挙げられている。なお,リフレッシュレートはコンテンツに応じて変化するため,消費電力を抑える役目も果たしているとのこと。

 また,WWDC17では,Appleのスマートフォンおよびタブレット端末向けOSの最新版「iOS 11」を,今秋リリースする予定であることも発表になっている。iOS 11にアップデートしたiPad Proでは,Dock機能により,よく使うアプリや書類に“画面のどこから”でもアクセスできるようになったり,新たなファイルアプリで,デバイス上,クラウド上など,異なる場所にあるファイルを一括に管理できるようになったりするとのこと。このほか,マルチタスクの強化も図られる。

新型iPad Pro製品紹介ページ


※2017年6月6日19:37頃追記
 NTTドコモ,KDDIは,各社のiPad取扱店ならびにオンラインショップで,新型iPad Proを発売すると発表した。それに先駆けて,6月7日より予約受付を開始する。発売時期は決定次第アナウンスする予定とのこと。
 KDDIは価格も発表しているが,auのスマートフォンとセットで使う場合と,タブレット単体で使う場合は負担額が異なる点に注意してほしい。

新型「iPad Pro」の取扱について(NTTドコモ)

新型「iPad Pro」の取扱について(KDDI)


<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>



世界で最も先進的なディスプレイと画期的なパフォーマンスを備える、10.5インチおよび12.9インチモデルのiPad Proを発表

この秋、iOS 11の新しい機能の登場により、iPad Proがさらにパワフルに
画像(002)Apple,新型「iPad Pro」を発表。液晶パネルは12.9インチと,9.7インチに代わる10.5インチの2モデル展開に
2017年6月6日、Appleは本日、まったく新しい10.5インチiPad Proと12.9インチiPad Proを発表しました。ProMotionテクノロジーを活用した世界で最も先進的なディスプレイと、新しいA10X Fusionチップによる圧倒的なパフォーマンスを備えています。新しい10.5インチモデルでは、ベゼルの幅を約40パーセント狭くしながらも、わずか469グラムの驚くほどコンパクトな筐体にすべてを詰め込みました。まったく新しいファイルアプリケーション、カスタマイズ可能なDock、マルチタスキングの強化、Apple Pencilとの緊密な連携など、この秋に登場するiOS 11のiPadのパワフルな新機能と組み合わせれば、iPad Proを使って生産性と創造性をさらに高めることができます。

画像(003)Apple,新型「iPad Pro」を発表。液晶パネルは12.9インチと,9.7インチに代わる10.5インチの2モデル展開に

「新しいiPadは私たちがこれまで生み出したどのiPadよりも、はるかにパワフルな製品です。ProMotionテクノロジーによる世界で最も先進的なディスプレイ、パワフルな新しいA10X Fusionチップ、iPhone 7の先進的なカメラシステムを備えています。iOS 11と組み合わせることで、新しいiPad Proモデルは、iPadでできることを根本的に変えるでしょう」と、Appleのプロダクトマーケティング担当バイスプレジデント、グレッグ・ジョズウィアックは述べています。

画像(004)Apple,新型「iPad Pro」を発表。液晶パネルは12.9インチと,9.7インチに代わる10.5インチの2モデル展開に
ProMotionテクノロジーを活用した、最も先進的なディスプレイ
再設計された驚くほど美しいiPad ProのRetinaディスプレイには、最大で120Hzのリフレッシュレートが得られる、新しいProMotionテクノロジーが採用されています。これにより、流れるようなスクロールの操作性とさらに素早い反応、これまで以上にスムーズな動画コンテンツの視聴を実現しました。また、このテクノロジーにより、Apple Pencilの反応がさらに向上し、レイテンシが業界最高水準の20ミリ秒にまで軽減されたため、より滑らかで自然な描画が可能になります。ProMotionは、ディスプレイのリフレッシュレートをコンテンツの動きに合わせて自動調整することで、ディスプレイの品質を向上させ、消費電力を抑える役割も担っています。

画像(005)Apple,新型「iPad Pro」を発表。液晶パネルは12.9インチと,9.7インチに代わる10.5インチの2モデル展開に

新しいiPadに搭載された先進的なRetinaディスプレイは、iPad史上最も明るいディスプレイでありながら、屋内でも屋外でもコンテンツの視認性を高める、反射防止コーティングを備えています。さらに、True Toneが周囲の光環境に合わせてディスプレイのホワイトバランスを動的に調整するため、より自然で正確にコンテンツを表示します。また、iPad Proは広色域に対応しているため、デジタルシネマの標準カラーを忠実に再現します。

A10X Fusionチップによる、画期的なパフォーマンス
iPad Proでは、最も負荷の高いタスクにも対応できる、画期的なパフォーマンス、接続性、汎用性が実現されています。64ビットの新しいパワフルなA10X Fusionチップにより、現在市場で出荷されているほとんどのノートパソコンよりも高速なパフォーマンスが得られるため、写真や4Kビデオの編集、3D画像のレンダリング、ゲームプレイなどの複雑なタスクも難なくこなします。また6コアのCPUと12コアのGPUを搭載したことで、一日中持続するバッテリー駆動時間を実現しながらも、業界最高クラスのA9Xチップと比べ、CPUのパフォーマンスが最大30パーセント、グラフィックスのパフォーマンスが最大40パーセント高速になりました。

画像(006)Apple,新型「iPad Pro」を発表。液晶パネルは12.9インチと,9.7インチに代わる10.5インチの2モデル展開に

画像(007)Apple,新型「iPad Pro」を発表。液晶パネルは12.9インチと,9.7インチに代わる10.5インチの2モデル展開に

iPad Proは、プロ品質の写真やビデオの撮影に最適なデバイスです。iPhone 7と同様、前面に12メガピクセルの光学式手ぶれ補正機能付きカメラ、背面に7メガピクセルのFaceTime HDカメラという先進的なカメラシステムを搭載しています。また、iPad Proには、4スピーカーのオーディオシステムが採用されているため、どの方向で持っても、パワフルかつクリアで豊かなステレオサウンドが得られます。さらに、Apple SIM2と802.11ac Wi-Fi、およびLTE-Advanced3のサポートが組み込まれているため、180以上の国や地域で簡単にネットワークに接続できます。

Touch IDの反応もより素早くなりました。iPad Proを安全な方法で簡単にロック解除できるほか、アプリケーション内の個人情報やプライバシーを保護しながら、App Store、iTunes Store、iBooks Storeからの購入も承認できます。
さらにApple PayをiPadで使えばアプリケーションを通じて購入した商品やサービスの支払い、またはSafariで訪れたウェブサイトでの決済がこれまで以上に簡単になります。4

iOS 11がiPadにパワフルな機能を追加
この秋に登場するiOS 11では、iPadにパワフルな新機能の数々が追加されます。

・カスタマイズ可能なDock:よく使うアプリケーションや書類に画面のどこからでもアクセスできます。

・マルチタスキングの強化:Appスイッチャーを再設計したことで、iOSでもSpacesが使えるようになりました。これにより、Split Viewや新しいSlideOverでのアプリケーション間の切り替えや、使用中の2つのアプリケーション間の切り替えがさらに簡単になります。

・新しいファイルアプリケーション:デバイス上、iCloud Drive上、BoxやDropboxなど、どこにファイルを保存してあっても、すべてのファイルを一つの場所でまとめて表示できます。

・Multi-Touchドラッグ&ドロップ:画面のどこからでも、テキスト、写真、ファイルをアプリケーション間で移動できる機能。システム全体で利用できます。

・メモアプリケーションの新しい書類スキャナー機能:書類をスキャンし、写りこんだ影を取り除いたり、パワフルな画像フィルタを利用して読みやすくしたりできます。

・Apple Pencilとの密接な連携:インスタントマークアップは、メモアプリケーションとメールアプリケーションでのインライン描画に対応し、書類に署名したり、PDFに注釈を加えたり、スクリーンショットに加筆したりできます。
また、インスタントメモ機能では、Apple Pencilでディスプレイをタップするだけで、ロック画面からメモアプリケーションを開くことができます。さらに、言語によっては手書きのテキストや文字が検索可能になり、見つけやすくなりました。

画像(008)Apple,新型「iPad Pro」を発表。液晶パネルは12.9インチと,9.7インチに代わる10.5インチの2モデル展開に
Apple PencilとSmart Keyboard
Apple PencilとSmart Keyboardは別売りでお求めいただけます。これらのデバイスを利用することで、iPad Proの画期的な正確さと使いやすさを最大限に活用できます。Apple Pencilに搭載されている先進的なセンサーは、圧力と傾きの両方を感知するため、描画、注釈やメモを書き取る場合でも自然な操作感が得られます。新しいフルサイズのSmart Keyboardは、10.5インチiPad Proのために特別にデザインされています。薄さと高い耐久性を実現しながらも、充電やBluetooth経由でのペアリングが不要で、折りたたむだけで保護用のSmart Coverになります。

【価格と販売について】
・10.5インチiPad Proには、シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ローズゴールドの仕上げが用意されています。価格は64GBのWi-Fiモデルが69,800円、64GBのWi-Fi + Cellularモデルが84,800円からとなります。12.9インチiPad Proには、シルバー、スペースグレイ、ゴールドの仕上げが用意されています。価格は64GBのWi-Fi モデルが86,800円、64GBのWi-Fi + Cellularモデルが101,800円からとなります。詳しくはapple.com/ipad/jpをご覧ください。

・iPad ProモデルはApple.comを通じて本日より受注開始。配送は来週以降となります。どちらのモデルも、米国では来週よりApple直営店、一部の通信事業者、iPad取扱店で販売開始。オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、イタリア、日本、オランダ、ロシア、スペイン、スウェーデン、スイス、英国、インド、トルコ、アラブ首長国連邦およびその他の国や地域を含む37の国と地域では、今月後半より販売を開始します(価格が異なる場合があります)。ブラジル、メキシコ、韓国およびその他の国や地域では、7月より販売を開始します。

・Apple Pencilは10,800円でご購入いただけます。Smart Keyboardにはチャコールグレイのカラーが用意されています。価格は10.5インチiPad Pro用が17,800円、12.9インチiPad Pro用が18,800円。簡体字中国語、フランス語、ドイツ語、日本語、スペイン語など、30言語のレイアウトをご利用いただけます。

・10.5インチおよび12.9インチiPad Pro用の新しいレザースリーブには、様々なカラーが用意されています。価格はそれぞれ15,800円と18,800円となります。新しいApple Pencilケースにも、様々なカラーが用意されています。価格は3,200円となります。iPad Pro Smart Coverはプリウレタン製とレザー製の2種類で、こちらも様々なカラーが用意されています。価格は10.5インチiPad Pro用がそれぞれ5,800円と8,800円、12.9インチiPad Pro用が6,800円と9,800円。Apple.comとApple直営店でご購入いただけます。

・Appleより購入されたお客様には、直営店またはオンラインで無料のパーソナルセットアップを提供いたします。メールの設定や、App Storeで提供中の新しいアプリケーションのデモなど、iPad Proのカスタマイズをお手伝いします。5

・新しいiPad Proの基本や高度な使い方を学びたいお客様は、apple.com/jp/todayから無料セッションに登録・参加いただけます。

1 バッテリー駆動時間は、デバイスの設定、使用状況、その他の要因により変動します。実際の結果は異なる場合があります。

2 iPad Pro(10.5インチおよび12.9インチ)に内蔵されているApple SIMは、 通信事業者からの購入時に無効になっている場合があります。詳しくは通信事 業者にお問い合わせください。Apple SIMと内蔵Apple SIMは中国では利用できません。

3 LTEは一部の携帯電話会社でのみ提供されています。ネットワークの速度は 携帯電話会社の回線速度により変動します。詳細は、ご利用の携帯電話会社にお問い合わせください。

4 Apple Payは一部の国と地域でのみ利用できます。Apple Payが利用できる国のリストは、apple.com/jp/ios/feature-availability/#apple-payを参照してください。

5 一部の国と地域では実施していません。


新型iPad Pro製品紹介ページ

  • 関連タイトル:

    iPad本体

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月02日〜06月03日
タイトル評価ランキング
81
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
75
アークナイツ (iPhone)
71
三國志14 (PC)
67
仁王2 (PS4)
43
2019年12月〜2020年06月