オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
世界一恐れ知らずなラーテルさんの「Deep Rock Galactic: Survivor」レビュー。えーあい!Steam広場
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2024/02/25 09:00

連載

世界一恐れ知らずなラーテルさんの「Deep Rock Galactic: Survivor」レビュー。えーあい!Steam広場

画像集 No.012のサムネイル画像 / 世界一恐れ知らずなラーテルさんの「Deep Rock Galactic: Survivor」レビュー。えーあい!Steam広場

今週のライター:ラーテル


筆者近影
画像集 No.010のサムネイル画像 / 世界一恐れ知らずなラーテルさんの「Deep Rock Galactic: Survivor」レビュー。えーあい!Steam広場

 ごきげんよう。わたくしはラーテル。ミツアナグマとも呼ばれていますの。実はわたくし,「世界一の恐れ知らず」としてギネスブックにも登録されていますのよ。ライオンもコブラもあなたたち人間も,わたくしはちっとも怖くありませんの。なぜミツアナグマと呼ばれているか知ってます?わたくしがハチの巣を襲うからですのよ。動物は見かけによらずってことですわ。おほほほ。

※この記事は,編集者のゲーム体験メモをベースにChatGPT(4.0)が執筆したものです。AIが執筆するゲームレビューという趣旨に基づき,編集は最低限にとどめています。

 先日,気になる作品がアーリーアクセスで登場しましたの。名前は「Deep Rock Galactic: Survivor」。勇敢なスペースドワーフたちの冒険を描いた「Deep Rock Galactic」の壮大な世界観を踏襲したスピンアウト作品ですのよ。

 Deep Rock Galacticといえば,最大4人での協力プレイが楽しめるFPSなのですが,今回紹介する作品はシングル専用の見下ろし型オートシューターですの。いわゆるヴァンサバ系のゲームプレイを採用しておりまして,四方八方から押し寄せる恐るべきモンスターの群れとの戦いが繰り広げられますのよ。

画像集 No.005のサムネイル画像 / 世界一恐れ知らずなラーテルさんの「Deep Rock Galactic: Survivor」レビュー。えーあい!Steam広場

 本作には,「スカウト」「ガンナー」「ドリラー」「エンジニア」というお馴染みのドワーフたちがおりまして,それぞれ独自の武器とパッシブ効果を持ち,ゲームの多様性と戦略性を深めていますの。
 ゲームを開始するには,まずマップを選び,ハザード(難易度)を設定し,操作するドワーフを決めますわ。そして,戦いの準備が整いましたら,未知の領域へと足を踏み入れますの。

 オートシューターの性質上,プレイヤーが直接行う操作は移動のみですが,それだけで十分に満足感のある戦闘が楽しめますのよ。敵を倒すと経験値の玉が落ち,プレイヤーはこれを集めてレベルを上げていきますの。レベルアップの際にはランダムに選ばれた3つのアップグレードが提示されるので,その中から1つを選んで武器を強くしていきますわ。
 レベル5,15,25の各タイミングで新しい武器も手に入るので,レベルを上げれば上げるほど火力が上がっていきますのよ。

画像集 No.001のサムネイル画像 / 世界一恐れ知らずなラーテルさんの「Deep Rock Galactic: Survivor」レビュー。えーあい!Steam広場

 とまあ,ここまでは従来のオートシューターとあまり変わりはありませんが,このゲームには「Deep Rock Galactic」ならではのアプローチがありますの。それは,スペースドワーフたちにとっての日常業務である「採掘」ですわ。

 ゲーム内のステージは,厚い岩の壁で覆われた迷路のような空間で構成されておりまして,これらの壁を削りながら新たな道を切り開くことができますの。そうすることで,敵の進行ルートを巧みにコントロールでき,戦況が不利に傾いた際には迅速に道を掘り進めて反対側に脱出する戦術も取れますのよ。

画像集 No.002のサムネイル画像 / 世界一恐れ知らずなラーテルさんの「Deep Rock Galactic: Survivor」レビュー。えーあい!Steam広場

 また,ステージ内には貴重な鉱石が隠されていて,これらを発掘することもゲームの重要な側面をなしていますの。集めた鉱石は,ショップでの買い物やゲームを通じて永久にアンロックされる要素の開放に使用されるため,ただ敵を倒すだけでなく,マップを隅々まで探索し鉱石を集めることが求められますのよ。

 サブ目標の存在も,単調さを打破する要素として機能していますわ。特定のアイテムを一定数集めるといったサブ目標を達成することで得られる報酬は,プレイヤーに追加の動機付けを与え,ゲームプレイに深みを加えておりますわ。

画像集 No.009のサムネイル画像 / 世界一恐れ知らずなラーテルさんの「Deep Rock Galactic: Survivor」レビュー。えーあい!Steam広場

 ステージには進行ゲージも設けられておりまして,ゲージ上の特定のアイコンを通過することで,群れの発生,支援物資の投下,ボスの襲来といった様々なイベントが発生しますの。
 ボスを倒しますと,緊迫した脱出シークエンスが始まり,成功すればステージクリアですわ。ショップでの買い物フェーズを挟みながら次の挑戦に進むことで,リズム感のあるゲーム進行が実現されていますの。

画像集 No.006のサムネイル画像 / 世界一恐れ知らずなラーテルさんの「Deep Rock Galactic: Survivor」レビュー。えーあい!Steam広場

 戦闘に関しましても,「Deep Rock Galactic」らしい要素が用意されていますのよ。その1つが「グリフィッドエクスプローダー」の存在ですわ。この敵は,死亡時に爆発を起こし,周囲の敵を巻き込んで一掃してくれますのよ。群れの中には必ずこのグリフィッドエクスプローダーが1匹以上含まれており,その爆発は戦いの流れを一瞬にして変える力を持っていますわ。

 グリフィッドエクスプローダーによって引き起こされる爆発の連鎖は,見ているだけで非常に快感が得られますの。ですので,群れの中でこの敵を見つけた際には,他のどの敵よりも優先して倒したくなりますわ。オートシューターの性質上,特定の敵を狙って攻撃することには一定の難しさを伴いますが,そうしたテクニックを磨いていくのも,またこのゲームの醍醐味と言えますわね。

画像集 No.008のサムネイル画像 / 世界一恐れ知らずなラーテルさんの「Deep Rock Galactic: Survivor」レビュー。えーあい!Steam広場

 このように,「Deep Rock Galactic: Survivor」は,原作の特徴的な要素を巧みにオートシュータージャンルに合わせてアレンジし,独自のゲーム体験を創出していますわ。その結果,原作を知らないプレイヤーでも,ヴァンサバ系ゲームが好きなら間違いなく楽しめる作品になっていますの。

 アーリーアクセスとしてはまだ初期フェーズなのですが,すでに遊びごたえのあるボリュームを備えており,さらに日本語にも対応しておりますのよ。何度も言うようですが,ヴァンサバ系が好きな人なら自然と夢中になれるはずですので,ぜひ遊んでみてくださいね。


  • 関連タイトル:

    Steam

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月13日〜04月14日