オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
神獄塔 メアリスケルターFinale公式サイトへ
  • コンパイルハート
  • 発売日:2020/11/05
  • 価格:通常版:7600円+税
    限定版:9600円+税
    ダウンロード版:7300円+税
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/11/02 12:00

プレイレポート

「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

 コンパイルハートは,同社が展開するダンジョンRPG「神獄塔 メアリスケルター」シリーズの最新作「神獄塔 メアリスケルターFinale」PS4 / Nintendo Switch)を2020年11月5日に発売する。

画像集#001のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

 これまで2作品にわたり,人々を収監して拷問にかける“生きた監獄”こと「ジェイル」からの脱獄を描いてきた本シリーズも,ついにフィナーレを迎えようとしている。本稿では,そんな本作のプレイレポートをお届けしよう。

左から,通常版,限定版のパッケージ画像(※画像はPS4版のものです)
画像集#045のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ 画像集#046のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

「神獄塔 メアリスケルターFinale」公式サイト



赤い空と死体の山,そして処刑台少女

地獄を抜けた先にあったのは,さらなる地獄だった


 本作の物語は,シリーズ第1作「神獄塔 メアリスケルター」のラストシーンから始まる。

 長きにわたって人々を苦しめてきた地下監獄は,童話の転生体として人間離れした力を得た血式少女達と,唯一の血式少年・ジャックが率いる「黎明解放戦線」の手によって陥落した。最後の戦いでジェイルの力を受け取った少女・ヒカリの助力を受け,地下に収監されていた人々は地上へと這い上がり,とうとう脱獄に成功したのだ。

本作に至るまでの物語の大枠は,第1作「神獄塔 メアリスケルター」の主人公を務めたジャックが語ってくれる
画像集#002のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ 画像集#003のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

 だが,地上で彼らを待っていたのは,真っ赤に染まった空と,おびただしい数の死体の山,そして空に浮かぶ監獄塔の姿だった。

画像集#004のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

 そして戦慄するジャック達の前に,機械の鎧に青い炎をたたえた4人の少女が現れる。自らを処刑台少女(ジェノサイド・ピンク)と名乗る彼女達の力はまさに圧倒的で,血式少女すら一蹴されてしまう。

画像集#005のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ
処刑台少女の目標は,血式少女のアリスのようだ。初対面のはずのアリスをなぜ処刑台少女が知っているのか,すべては謎に包まれている
画像集#006のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ 画像集#007のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

 次々に仲間が殺される中,ヒカリは力を振り絞って彼らを安全な場所までワープさせることに成功する。しかし,戦いの中で傷を負ったヒカリはワープ先を制御できず,仲間達は離れ離れになってしまう。

画像集#008のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

 引き離された仲間達は,気付くと見知らぬ監獄塔やジェイルの内部に捕らわれていた。この世界には空中の巨大監獄塔だけでなく,地上にも小型の監獄塔が複数存在しており,その内部に飛ばされてしまったのだ。

 黎明の血式少女を始めとしたメンバーは近くにワープした仲間を集め,散り散りになった仲間との合流を目指すことになる。本作では,こうして生まれた6つのグループの視点を切り替えながら,地上世界の謎を解き明かしていくのだ。

「神獄塔 メアリスケルター」の主人公・ジャックと,続編にあたる「神獄塔 メアリスケルター2」の主人公・つうを中心としたグループ。かつてジェイルの攻略を先導したメンバーだけあって,絶望的な状況下でも前向きに進む意思を持っている
画像集#009のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ 画像集#010のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

解放区に身を潜めていたという,引きこもり血式少女のメアリーを中心としたグループ。メアリーが唯一,気を許せる相手であるシャーロットと,ジャックとの再会を目指すアリスが所属する
画像集#011のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ 画像集#012のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

血式少女の赤ずきんを中心としたグループ。親指姫やシンデレラ,そしてクナイとの出会いで活力を取り戻したものの,育ての父の野望のために生かされていたことを知ったショックからは立ち直りきれていないようだ
画像集#013のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ 画像集#014のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

とある理由で血式少年と同じ浄化の能力を手に入れた少女・くららを中心としたグループ。ヒカリの依頼でくららが救い出した,ハーメルンやグレーテルと行動を共にする
画像集#015のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ 画像集#016のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

ヒカリのワープに巻き込まれた処刑台少女“火あぶり柱”が率いるグループ。無慈悲な処刑台少女の中で唯一,虐殺に抵抗を感じており,同じ場所にワープしたラプンツェルと眠り姫を手に掛けることができず,一緒に行動することになる
画像集#017のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ 画像集#018のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

「妻を探している」という目的以外,すべてが謎に包まれた記憶喪失の少年・ジュウを中心としたグループ。ジュウは自らを「血式少年であると同時に,ジェイルでもある」と語っているが,その意味するところは本人にも分からないようだ
画像集#019のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ 画像集#020のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

 ここまで紹介した内容からも分かるとおり,本作の物語は過去シリーズの2作品のストーリーと深くつながっている。重要なキーワードが登場した際にはしっかりと説明が行われるので,本作からプレイしても進行に支障はないが,キャラクターの背景を知っておいたほうが物語を深く楽しめるのは間違いない。

 過去シリーズを遊んだことがない人は,過去2作品のイベントシーンやイベントCG,キャラクタービジュアル,背景画像などを自由に鑑賞できる「BEFORE STORY」モードを活用してみよう。メインストーリーはもちろん,サブクエストなどで展開される会話パートもすべて収録されているので“Finale”で脱獄デビューする人も安心だ。

BEFORE STORYに収録されたイベントシーンはチャプターごとに分割されており,任意のシーンだけを見ることもできる。好きなキャラクターや,ストーリー上で重要なシーンを再確認することも可能なので,シリーズ経験者にとっても役立つモードだ
画像集#021のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ
画像集#022のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

とりあえず気になるキーワードを追いかけたい人は,本作に直接つながる1作めのストーリーをチェックしてみよう。つうや人魚姫に関する情報を深く知りたい人は,2作めと1作めの「余章」を読めば完璧だ
画像集#023のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ


操作グループを切り替える“ザッピング”を駆使して

行き詰まった別グループの道を開放せよ!


 ジェイル探索の基本的な仕組みはこれまでのシリーズ作品と同様で,大量のトラップが設置された3Dダンジョンを少しずつ踏破していくことになる。

 トラップはすべてリアルタイムで動いており,タイミングを考えずに進むと,どんどん体力が削られてしまう。トラップごとに対処法は異なるので,新しく訪れた場所ではマップの形状とトラップの把握に努めるのがジェイル探索の鉄則だ。

ダンジョン内で表示されるアイコンや,突破したトラップはミニマップに自動で記載される。しっかりと歩き回って,対処法と危険な場所を学んでいこう
画像集#024のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

パーティメンバーはそれぞれ,探索に役立つ固有スキル「血式能力」を持っている。特殊なギミックの起動やトラップの回避ができる血式能力もあるので,状況に応じて使い分けよう
画像集#025のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

 もちろん,ジェイル探索における最大の脅威「ナイトメア」も引き続き登場する。ナイトメアはジェイル内に存在する“核”を破壊しなければ倒せない不死身の敵で,探索時にパーティが発見されると「虐殺鬼ごっこモード」が始まる。追いかけられているあいだは視界が狭まり,難度がNORMAL以上の場合はミニマップの表示も消滅するので,いつナイトメアが出現してもいいように注意しつつ探索を進めよう。

 どうしても逃げ切れない場合は,戦闘でナイトメアの部位破壊を行えば一時的に行動を停止させられるが,すぐに復活するので解決策にはならない。可能な限り避けられるルートを見極め,体力が心もとないときは,とくに注意が必要だ。

虐殺鬼ごっこモード中はメニューも開けない。パーティメンバーの体力が少ないときの探索は慎重に
画像集#026のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

 しかし,本作のジェイルはこれまで以上に入り組んでおり,普通に探索を進めていると完全に行き詰まってしまうこともある。そんなときは,本作から登場した新要素「ザッピングシステム」を使ってみよう。

 ジェイルの探索中にザッピングを行うと,操作するグループ(パーティ)を切り替えることができる。同じジェイル内の異なる区画を探索しているグループを操作することで,ほかのグループでは触れられないギミックを起動し,その進行ルートを開放できるのだ。

ジェイルを探索するにあたって,別のグループの手助けが必要なグループには“HELP”のアイコンが表示される。ほかのグループで探索を進め,道を開いてあげよう
画像集#027のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

探索中にほかのグループの進行ルートが開放されると,画面右にそのグループリーダーが表示される
画像集#028のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

ダンジョン内でアイテムを栽培できる「ブラッドファーム」は,すべてのグループが利用可能だ
画像集#029のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ
画像集#030のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ


「血しぶき」と「穢れ」への対処が生死を分ける

各グループの個性を見極めて戦おう


 バトルの基本的な仕組みは過去シリーズと同様で,メンバーのうち1人がアイテムの使用など,味方の支援を引き受けるリーダーとなり,血式少女達を助けながら戦闘を進めることになる。

戦闘は,画面上のタイムラインに沿ってターンが回ってくるコマンドバトル。早く行動する敵を優先して撃破することで,相手の行動回数を最小限に抑えられる
画像集#031のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

ゲームがある程度進むと,戦闘中に突然現れて血式少女の身体に張り付く「ベイビメア」と呼ばれる新要素も登場する。張り付いた血式少女のスキルや一部コマンドを封印する厄介な存在だが,撃退時には強力なバフを得られる
画像集#032のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

 敵の弱点を突くなどで発生する「血しぶき」を利用して返り血アイコンを溜め,それを利用して戦うシステムも,もちろん健在だ。

血しぶきを発生させる主な方法は「敵の弱点属性を突く」「クリティカルが発生する」「大ダメージを与えて敵を撃破する(オーバーキル)」の3種類。ターン開始時に“クリティカル予告”が発生した場合は,次の攻撃で確実にクリティカルが発生する
画像集#033のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

返り血アイコンが最大まで溜まると,血式少女は自動的に「ジェノサイドモード」へと変貌する。ジェノサイドモードではステータスが向上するだけでなく,強力な専用スキルも使用可能になるので,うまく狙っていきたい
画像集#034のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

ダメージを受けたり,行動不能になったりすると穢れが溜まっていく。穢れが最大の状態で返り血アイコンが溜まると,敵味方の区別なく暴れ回る暴走状態「ブラッドスケルターモード」に変身してしまう。こうなる前に,血式少年のメアリガンなどを使って浄化してあげよう
画像集#035のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

 本作では,穢れを浄化する能力を持つ血式少年(ジャック,ジュウ)がいるグループは過去シリーズと同様の戦い方で問題ないが,それ以外のグループでは戦い方を少し変える必要がある。

 例えば,メアリーや火あぶり柱は穢れを払う能力を持っているが,戦闘中にアイテムを使用できない。その代わり,彼女達は血式少年と違って直接戦闘が可能なので,人数を活かしてアイテムに頼らない立ち回りを心がけよう。

血式少年は自身の血液を使う「メアリガン」で穢れを払えるほか,アイテムを使ったり,バフを撒いて血式少女を支援したり,身体を張ってダメージを引き受けたりと,戦闘ができない代わりにさまざまな支援能力を持つ
画像集#040のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

赤ずきんのグループは全員が血式少女であり,数に限りがある特殊アイテム「睡眠薬」を使用しなければ穢れを払えないうえ,睡眠薬を使用された血式少女にはデバフ「衰退」が付与される。浄化する手段がない状態でブラッドスケルターモードが発生すると即ゲームオーバーなので,穢れには細心の注意を払って行動しよう
画像集#041のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

 各グループはゲームが進むごとに合流し,穢れへの対応能力が上がっていく。その頃には戦闘に参加する血式少女達も成長しているので,それぞれの個性をフルに活かした戦いを楽しめるようになる。

 単に登場キャラクターを分割するだけでなく,各グループの能力に差異を与えつつ,ザッピングによって相互に影響する要素を加えることで,数多いプレイアブルキャラクター全員に活躍の機会が与えられている。まさに,シリーズの集大成と呼ぶにふさわしい作品と言えるだろう。

 歯ごたえのある3DダンジョンRPGや,過去シリーズに輪をかけて容赦のない世界に全力で抗う少女達の姿を楽しみたい人は,ぜひ本作に触れてみてほしい。

今回の拠点はグループごとに設置されている。ゲームが進んで各グループが合流すると機能が増え,シリーズでお馴染みの職業変更システムなども利用可能になる
画像集#042のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ
画像集#043のサムネイル/「神獄塔 メアリスケルターFinale」プレイレポート。複数グループを切り替えながら進む“ザッピング”を駆使して真の脱獄を目指せ

「神獄塔 メアリスケルターFinale」公式サイト

  • 関連タイトル:

    神獄塔 メアリスケルターFinale

  • 関連タイトル:

    神獄塔 メアリスケルターFinale

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月26日〜01月27日
タイトル評価ランキング
75
原神 (PC)
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
46
V4 (iPhone)
2020年07月〜2021年01月