オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
カプセルさーばんと公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/12/13 20:06

プレイレポート

セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう

 2019年冬,ディライトワークスより配信予定のスマートフォンアプリ「カプセルさーばんと」iOS / Android)のメディア向け試遊会が,12月13日に開催された。本稿ではそのプレイレポートをお届けする。

画像(028)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう

「カプセルさーばんと」とは


 「カプセルさーばんと」とは,2014年に発売されたPS Vita用「Fate/hollow ataraxia」のエクストラゲームとして収録されていたミニゲーム。「Fate」シリーズのキャラクターが多数登場する対戦型タワーディフェンスゲームで,プレイヤーはシロウ或いはリンとなり,多数のサーヴァントを率いて,さまざまな敵マスターの拠点撃破を目指す。

画像(001)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう

 プレイヤーはまず,シロウかリン,どちらかのマスターを選択する。難度はシロウが低め,リンが高めとなっているが,シロウで手に入れたサーヴァントやレベルはリンに引き継げるので,基本はシロウでまず物語を進め,ある程度サーヴァントがそろったらリン編にチャレンジするのが良い。(リンからのプレイも可能だが,実際にチャレンジしてみたところまったく勝てなかった)

 ゲームの内容はいたってシンプル。「マナ」と呼ばれるパワーを使ってサーヴァントを召喚し,敵の拠点を破壊しきれば勝利となる。逆に自分の拠点を先に破壊されてしまうと敗北という,シンプルな内容だ。

マナは時間経過で増えていく。ゲーム開始後しばらくは召喚に必要なマナが溜まるのを待つ
画像(002)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう
召喚に必要なマナが溜まるとサーヴァントアイコンが明るくなる
画像(003)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう

 各サーヴァントには召喚に必要なコストがある。青セイバーはコストが100。ランサーは120,アーチャーは150……といったように,それぞれのサーヴァントによってコストはまるで違う。
 また,青セイバーはひたすら前進しながら目の前の敵を斬る,ペガサスライダーは空を飛んでマナの回収をする,アーチャーは遠距離から敵を攻撃するものの基本的に召喚した場所から移動しない,ランサーはリーチの長さで敵のセイバーの間合いの外から攻撃できる,ジークフリートは斬り込み能力が高くセイバークラスの中では最も攻撃耐性が高い……など,サーヴァントにはそれぞれ特徴がある。

各サーヴァントたちの紹介文もとてもユーモアにあふれていて,思わず「ふふっ」と笑みがこぼれてしまう
画像(004)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう 画像(005)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう
画像(006)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう 画像(007)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう

 敵のマスターがどのようなサーヴァントを使ってくるかはバトル準備画面で分かるので,相手のデッキにあわせて,こちらのデッキを編成しよう。敵にランサーが多い場合,セイバーを出すと不利なため遠距離から一方的に攻撃できるアーチャーなどを多く召喚しつつ,ランサーを処理したらセイバーを召喚して敵拠点に攻撃を仕掛ける……といった具合だ。

 敵の相性が微妙に「Fate/Grand Order」の属性相性と違っているため混乱しがちだが,「FGO」のマスターたちは「これは別のゲーム」と割り切り,属性相性のことは忘れてプレイしてほしい。

ウェイバーはイスカンダルを持っている。イスカンダルは防御の盾も物ともせずに敵陣営の拠点まで一気に突っ込んでくる,大変厄介なサーヴァント。イスカンダル相手に拠点を無傷で守り切るのはなかなか難しいだろう
画像(008)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう 画像(009)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう

 敵との相性はもちろんのこと,召喚コストも失念してはならない。青セイバーはコスト100で呼び出せて汎用性が高い反面,敵にランサーが多いと一方的に倒されやすくなってしまう。コストが高いサーヴァントはその分呼び出しにくく,無理に召喚するとマナが溜まる前に敵から先制攻撃を受けやすい。
 
バーサーカーは,驚異のコスト1000。その代わり一体召喚するだけでめちゃくちゃ強い。やっちゃえバーサーカー!
画像(010)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう

 サーヴァントは召喚陣の位置に召喚されるが,召喚陣は動かすことが可能。基本的にバトルフィールドの中央から自軍側はコスト補正は×1.0となり,中央から敵拠点に近づけば近づくほど,コスト補正は×1.1,×1.2……と上がっていく。つまり「召喚陣が動かせるなら敵の拠点の真ん前で召喚すればいいじゃないか」というのは事実でありつつ,実際にはそう簡単にはいかないのだ。

召喚陣をここまで敵に近づけると,コストは×1.7。青セイバーを召喚するのにすらマナは170必要。もしもバーサーカーを呼ぼうとするのならばそのコストは1700にまで膨れ上がる。もはやバーサーカーを呼び出す以前に,こちらがやられかねない
画像(011)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう

 そして敵のマスターももちろん召喚陣を動かして召喚してくる。油断しているといきなり自軍の拠点に一気に攻め込まれることもあるのだ。
 そうなると防衛のために,ひたすら自軍の拠点にて召喚を続けなければならない。しかし守ってばかりではいつまでも勝てない。そんな時に,あえて空を漂うばかりで戦闘能力はまるでないペガサスライダーを召喚して空中のマナを回収すると,マナが一気に集まり,敵の猛攻撃をしのいだうえで敵の拠点に踏み込むだけのマナが得られる……といったチャンスが生まれてくる。

 そのようなシンプルでありつつ奥深い駆け引きが楽しめるのが,「カプセルさーばんと」のバトルだ。

サーヴァントの入手方法


 肝心のサーヴァントの入手方法だが,恐らく大半の人は「ガチャなんでしょ?」と思っていることだろう。しかし「カプさば」は,なんとApp内課金なし! 大事なことなので二度言うが,「カプさば」はApp内課金なし!(アプリ本体価格は未定)
 サーヴァントの入手は一応「ガチャ」には分類されるのだが,敵マスターとの戦いに勝利したあと,自動的に1回「せーはいガチャ」が回され,そこで出てきたサーヴァントを仲間に加えられる。

画像(012)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう

 そしてせーはいガチャから出るのは,その時戦った敵マスターが所持しているサーヴァントの中からいずれか一体となっているため,ガチャとはいえどランダム性はかなり低い。

例えば序盤に戦う敵マスターのサクラは,青セイバーとセイバーオルタしか所持していない。つまりこのサクラに勝ったあとのせーはいガチャからは,青セイバーかセイバーオルタしか出ない。ルヴィアはジークフリートやバーサーカーなど,4体のサーヴァントを所持。ルヴィアに勝てば,この4体のうちのどれかが出ることになる
画像(013)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう 画像(014)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう

 ガチャですでに持っているサーヴァントが被った場合,対象のサーヴァントのレベルが1つ上がる。なかなかうまく勝てないというときは,勝てるマスターを狙ってバトルで得られる経験値を地道に稼ぎつつ,あえてガチャでのダブりを利用してレベルアップさせる,というあわせ技を狙っていくのもいいだろう。

 なお冒頭でも述べたが,シロウで集めて育成したサーヴァントは,リンに引き継ぐことができる。ゲーム中,「タイトルへもどる」メニューで戻ったら主人公を切り替えればいいだけなので,そろそろ育ってきたと思ったらぜひリンもプレイしてみよう。

シロウの時はレベル2だったサクラが,リンではレベル32に。一体サクラに何があったのだろうか……と思いつつ実際にイベントシーンが始まると,「……」と,なんとも言えない気持ちになる。サクラもこの姉相手ではうっかりレベルが30も上がってしまうというものだ
画像(025)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう 画像(026)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう

 せーはいガチャで手に入れたサーヴァントは,デッキに編集しないと呼び出せないので,必ずデッキを編集しておこう。デッキには最大で7体のサーヴァントを配置できるが,コスト面,性能面,そして最も重要な“サーヴァントへの愛”などを考えると,意外と頭を悩ませる。あえて敵との相性などを全無視した“自分の推し”だけで押し通すデッキ,などにもチャレンジしてみてほしい。
 試遊ではそこまでチャレンジする時間はなかったが,レベルを上げさえすれば,愛を貫くことも充分可能だと思われる。

デッキは複数作れるので,いくつかあらかじめ用意しておくといい
画像(015)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう

ミニストーリーも面白い


 ここまでほぼバトルやサーヴァントの紹介ばかりになってしまったが,「カプさば」にはもちろんストーリーが用意されている。どちらかというとミニイベントといった風だが,バトルに入る前に敵マスターとのちょっとしたやり取りがあるので,ぜひそのイベントも楽しんでほしい。

そういうところだぞ
画像(016)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう

 ストーリーはワールドマップ上に点在するマスターと出会うことで進んでいく。最初はチュートリアルキャラのシンジしか選べない。また,ワールドマップ上部にいるマスターのほうが比較的レベルが低く,マップ下部にいるマスターほど強くなるので,プレイの指針にしてほしい。

最初はチュートリアルのシンジしか見えなかったワールドマップも,ストーリーが進んでいくとだんだん出会えるマスターが増えていき,ケイネスやウェイバーの姿も見えるように
画像(017)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう 画像(018)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう

 出会えるマスターとのイベントはどれも,いかにもTYPE-MOON らしい遊び心がある内容となっている。
 例えば序盤に出てくるマスターの1人,アヤカは「Fate/Prototype」の主人公。いわゆるプロトセイバーのマスターだ。もちろんこのあとアヤカとのバトルになると,アヤカはプロトセイバーを使用してくる。
 ほかにもこれまでの「Fate」シリーズから多数のマスターが出てくるとあって,“マスターサイド”のキャラクターのイベントをいろいろ楽しめるのも,「カプさば」の特徴といえるだろう。

思わずくすりとしてしまうイベントシーンたち
画像(019)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう 画像(020)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう
画像(021)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう 画像(022)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう

 もちろん,同じ敵マスターのイベントでも,シロウとリンの時でイベントの内容は変化するので,それぞれのマスターでイベントを楽しんでほしい。

そういう……ところ……だ……ぞ……
画像(023)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう

 なお,体験会では画面が大きいタブレットで遊ばせてもらったのだが,タブレットとの相性は非常に良いゲームだった。画面全体の見やすさはもちろんのこと,現在の自軍と敵軍の召喚陣の位置なども把握しやすいという利点があるので,タブレットを持っている人は,ぜひそちらでプレイしてみてほしい。

 しかし,画面が広すぎるが故に夢中になって敵軍の一点を攻撃していると,敵が不意に自軍の近くに召喚してきた時には見落としやすい部分もあった。スマートフォンならば,そういった事態は少なそうだ。

 お手軽に遊べるゲーム性とあって,ちょっとした隙間時間に遊んだり,わらわらと群れる二頭身の推しを眺めているだけでも楽しめる,そんな「カプさば」ならではの中毒性もある。実際この日の体験会では,筆者を含め全メディアが,終始食い入るようにゲームを遊び続けていた。

コスト内かつ画面内のサーヴァントの上限数に達するまで,サーヴァントはいくらでも召喚できる。つまりランサーだらけの画面,アーチャーだらけの画面なども,やろうと思えばできる(ただし勝てるとは言っていない)
画像(024)セイバーやライダーがみんな二頭身に! 可愛いサーヴァントがひしめきあう「カプセルさーばんと」で,お手軽にタワーディフェンスを楽しもう

 アプリ内課金なしということもあり,金銭面でも気楽に遊べるというのは,非常にありがたい。PS Vita版「Fate/hollow ataraxia」からの移植作品ではあるが,当時ハマっていたプレイヤーはもちろんのこと,まだ触れたことのない人もぜひ遊んでみてほしい。

■アプリ概要
・タイトル:カプセルさーばんと
・ジャンル:対戦型タワーディフェンスゲーム
・プラットフォーム:iOS/Android
・価格:未定(※App内課金なし)
・配信日:2019年冬配信予定


「カプセルさーばんと」公式サイト



  • 関連タイトル:

    カプセルさーばんと

  • 関連タイトル:

    カプセルさーばんと

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月21日〜01月22日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月