パッケージ
シェンムー I&II公式サイトへ
  • セガ
  • 発売日:2018/11/22
  • 価格:通常版:3990円(税抜)
    限定版:5990円(税抜)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
アニメ「Shenmue the Animation」配信イベントの公式レポート公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/05/02 16:41

リリース

アニメ「Shenmue the Animation」配信イベントの公式レポート公開

アニメ「Shenmue the Animation」オープニング配信イベントのイベントレポート
配信元 スロウカーブ 配信日 2022/05/02

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

5月3日より放送開始 アニメ『Shenmue the Animation』:シェンムー×横須賀 アニメ化記念プロジェクトのイベントレポート公開!
原作ゲーム・アニメの舞台となる横須賀で、現在「シェンムー×横須賀 アニメ化記念プロジェクト」が開催中。オープニング配信イベントのイベントレポートが到着!

現在、各配信サイトにて好評配信中、さらに5月3日(火)からTOKYO MXにて放送開始となるアニメ『Shenmue the Animation』。本作のアニメ化を記念し、「シェンムー×横須賀 アニメ化記念プロジェクト」が開催中です。そのプロジェクトの一つとして、4月29日(金)に、本作の主人公である芭月涼を演じる松風雅也さん、シリーズを通しゲームの原作を手掛ける鈴木 裕さん、そして、アニメーションプロデューサーの浄園 祐さんら豪華ゲスト陣を迎え、ゲーム「シェンムー」の大ファンであるクラベ・エスラさんの司会により、アニメ『Shenmue the Animation』や、今回の横須賀とのコラボプロジェクト、そして原作について語るオープニング配信イベントを行いました。

画像集#001のサムネイル/アニメ「Shenmue the Animation」配信イベントの公式レポート公開

最初のトークテーマとなる「アニメを語り尽くそう」のコーナーでは、遂に配信がスタートし、毎回話題となっているアニメ『Shenmue the Animation』の魅力を語ることに。

早速、原作ゲームを手掛ける鈴木さんにアニメ本編を観た率直な感想を伺うと「素晴らしい作品になったと思います。日本の文化もよく表していると感じました。ゲームは重厚長大で手が出し辛いような側面があるかもしれないですが、アニメで気軽に観て興味を持って頂き、ゲームを楽しんでもらえたら。」と期待を込めて感想を語りました。また、ゲームとアニメのストーリーの届け方の違いについて伺うと、同じく鈴木さんは「メッセージを届けたいと思いながら作っていますが、その中でもゲームは“遊んで楽しむもの”、そしてアニメは“見て楽しむもの”だと思います。ゲームと違い、アニメは尺が決まっているので、決められた尺の中で、抑揚をつけてしっかり設計して組み立てることを意識しています。」と両メディアの作り方の違いを紹介しました。

また、そんな壮大な物語をアニメにする上で苦労したことを聞かれたアニメーションプロデューサーの浄園さんは、「(鈴木)裕さんの長いシェンムーロードの中のほんの一部をアニメで描いているのですが。」と濃厚な世界観について前置きした上で、「その中でも、アニメーションで見せられることがたくさんありました。美術やプロット、昭和のノスタルジーなど、海外に対して日本を見せることができる作品だと感じました。制作では、物語のゴールを意識しながら、最初の横須賀編をどの分量に収めるのか議論を深く重ねました。」と制作の様子を振り返りました。

画像集#006のサムネイル/アニメ「Shenmue the Animation」配信イベントの公式レポート公開

また、主人公・涼役の松風さんは、ゲームで演じた時とアニメ版で演じる際の違いを聞かれ、「オリジナルのイメージを死守しました。ゲームで話している時の涼の語尾を特に意識しました。」と、細かい語尾の違いについてスタッフと話しあったことを振り返りました。さらに、松風さんは、アニメで新たに収録した涼の台詞を聞いたファンからの評価がバラバラに感じたと語り、「これだけの年数が経ち、涼は各々のファンの皆さんが自分自身と重ねていたのだと気が付きました。」とアニメ化で改めて感じた作品への印象を語りました。浄園さんは、そんな涼のキャラクターについて、「感情表現をぐっと抑えていて、アニメでは珍しいタイプの主人公。周りのキャラクターの個性があるので、彼らを効果的に出すことで、ドラマとして成立させています。」とゲームの主人公を映像化する際の難しさを語りました。また、鈴木さんは、「アニメの涼は丁度良いラインだと感じています。まさにやってほしい涼を演じてもらいました。」と今回の演技への賛辞を贈り、松風さんが顔をほころばせるような場面も。

また、視聴者から届いた「涼の声質が変わってないのがすごい!」というコメントに、松風さんは「もともと高い声なのですが、当時、音響監督とも相談し、キャラクターを作るために少し無理をして低い声で演じたのですが、年齢を重ねて少し声質が下がってきたため、今はチューニングが近いところになったんです。」と20年以上経っても変わらないキャラクターの声の秘密を語りました。

本作のアニメ化について浄園さんは、「“これはシェンムーじゃない”と思われることだけは避けたいと思いました。「みんなの涼」がいるのがこのゲームなので。原作で遊んでいるように、ずっとゲーセンでゲームをやるような「何にもない一日」をアニメで描くようなアイディアもありました。」と驚きの構想があったことを明かし、「アニメで“日本を見せる”ということを意識しました。海外で配信する作品を考えた特に、熱烈なファンがいる『シェンムー』をアニメ化することになりました。」とアニメ化の経緯についても触れました。

また、配信イベントではこのほか、今回の横須賀とのコラボを記念して、コラボの紹介や、MCのクラベさんと鈴木さんが横須賀市内を探索しているロケ映像を紹介した「横須賀を歩いてみよう!」のコーナーや、発売中のゲーム内容を振り返り、アニメとの相違点についても語られた「シェンムーIIIを振り返る」など、様々なトークテーマで「シェンムー」の世界観を紹介しました。さらに、現在、「郵便局のネットショップ」で販売中のオリジナルグッズをセットにしたフレーム切手の発売についても紹介され、グッズのクオリティの高さに登壇者が喜びを語る場面もありました。また、イベント最後には、「シェンムー」を愛する多くの著名人からのビデオメッセージも紹介されました。

画像集#004のサムネイル/アニメ「Shenmue the Animation」配信イベントの公式レポート公開

大盛り上がりとなった配信イベントは、ファンへの感謝のメッセージとともに幕を閉じました。

浄園さん
「海外で配信が始まり非常に好評と聞いています。やっと日本でも放送が始まり、これから物語が大きく動いていきます。今のアニメにはあまり無いタイプの主人公の涼が繰り広げる物語と、日本人が忘れがちになる美徳があり、見る人に余地を与えてくれる見方ができるのは、今の人達にとっても新鮮なドラマになっていると思います。楽しみにしてください。」

松風さん
「皆さんに愛していただけるおかげで、奇跡が何度も起こり続けています。最新作でも、声優チームはとても良い雰囲気で収録しています。皆、原作をリスペクトし、愛情をこめて収録しました。配信されている最新話では、ステージが変わり、今後も加速して面白くなっていきます。アニメの評判もすごく良いので、これを機にぜひ作品を楽しんでいただけたらと思います。」

鈴木さん
「ファンの皆さん、いつもサポートをありがとうございます。これからも変わらず「シェンムー」の事を宜しくお願いします。心から感謝しています。」

「シェンムー×横須賀 アニメ化記念プロジェクト」は6月26日まで開催中! また、今回の配信イベント動画も配信中ですので、あわせてご覧ください。

また、アニメ『Shenmue the Animation』は、現在、各配信サイトにて好評配信中、5月3日(火)19:00〜からTOKYO MXにてTVアニメが放送開始となります。

画像集#005のサムネイル/アニメ「Shenmue the Animation」配信イベントの公式レポート公開
松風さん
画像集#002のサムネイル/アニメ「Shenmue the Animation」配信イベントの公式レポート公開
鈴木さん
画像集#003のサムネイル/アニメ「Shenmue the Animation」配信イベントの公式レポート公開
浄園さん

■「シェンムー×横須賀 アニメ化記念プロジェクト」(配信イベント)
出演:松風 雅也(芭月涼役)、鈴木 裕(YS NET)、浄園祐(テレコム・アニメーションフィルム)
MC:クラベ・エスラ(IGN JAPAN所属ゲームライター)
配信イベント視聴URL https://www.youtube.com/watch?v=w64xEWEBHi4

●シェンムー×横須賀 アニメ化記念プロジェクト
https://www.cocoyoko.net/event/shenmue.html

■『シェンムー』とは
1999年にセガの家庭用ゲーム機・ドリームキャストで発売された『シェンムー』は、世界中の数多くのプレイヤーから愛されてきた作品です。昭和の香るノスタルジックな横須賀を3Dで忠実に再現し、その世界で行動できる自由度の高さは、当時としては画期的でした。リアリティあふれる世界を創出するため、人物や背景はフルポリゴンで作られ、人間の動きをそのまま取り込む「モーションキャプチャー」を採用し、リアルで自然な“動き”を再現しているほか、「タイムコントロール」「マジックウェザー」システムを導入し、作品内でのリアルタイムな時間経過、天候の変化を可能にしました。3Dオープンワールドの元祖、ゲームの歴史を大きく変えた作品の一つとなりました。

アニメ『Shenmue the Animation』作品概要
●5月3日(火)より、TOKYO MXにて、毎週火曜19:00〜放送開始!
※編成の都合により休止を挟む可能性があります。
●各配信サイトで好評配信中!

画像集#007のサムネイル/アニメ「Shenmue the Animation」配信イベントの公式レポート公開

<STORY>
1986年、横須賀。芭月道場で生まれ育った芭月涼は、厳格な父のもとで芭月流柔術の腕を磨いていた。
しかしある日、謎の男・藍帝に父を殺され、父が守っていた『鏡』を奪われてしまう。必ず事件の真相を解き明かすと決意する涼。しかし父の過去に通じる手がかりを追い求めるうちに、闇組織の抗争に巻き込まれてゆく……。横須賀から香港を舞台に、涼の長い旅が今始まる!

<STAFF>
原案:鈴木 裕(YS NET) 原作:セガ
監督:櫻井親良
シリーズ構成:下山健人
キャラクター原案:雨鷹 キャラクターデザイン:石川健介
美術監督:村本奈津江 色彩設計:小島真喜子(スタジオ・ロード)
音響監督:えびなやすのり 音楽:澁江夏奈 音楽制作:ウェーブマスター
アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム
製作:Shenmue Project

オープニングテーマ:「UNDEAD-NOID」伊東歌詞太郎
エンディングテーマ:「Sympathy」鳴ル銅鑼

<CAST>
芭月涼:松風雅也 / 藍帝:櫻井孝宏
シェンファ:照井春佳 / 原崎望:伏見はる香 / 陳貴章:木島隆一
ジョイ:M・A・O / レン:平 修 / ウォン:葉山翔太 / 斗牛役:鷲見昂大 ほか

<公式サイト> shenmue-anime.jp
<公式Twitter> @shenmue_anime

★予告編公開URL・・・https://youtu.be/VdyV7XfqhwU

(C)SEGA / Shenmue Project
  • 関連タイトル:

    シェンムー I&II

  • 関連タイトル:

    シェンムーIII

  • 関連タイトル:

    シェンムーIII

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月16日〜05月17日
タイトル評価ランキング
83
Halo Infinite (PC)
77
ELDEN RING (PS5)
72
ELDEN RING (PS4)
58
53
52
Pokémon LEGENDS アルセウス (Nintendo Switch)
48
46
ELDEN RING (PC)
2021年11月〜2022年05月