オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル公式サイトへ
  • KLab
  • 発売日:2018/08/28
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/08/28 20:08

イベント

あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート

 本日(2019年8月28日),都内のシアター1010にて,舞台「幽☆遊☆白書」の幕が開けた。東京公演を皮切りに大阪,福岡,愛知での公演が予定されている。

画像集#001のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート

 本公演は,冨樫義博氏が手掛ける同名漫画を原作とした舞台作品だ。「幽☆遊☆白書」といえば,1990年から1994年にわたり週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載され,コミック累計発行部数は5000万部を超えるという言わずもがな人気作品である。1992年のアニメ化でさらに多くのファンを獲得し,現在もなおゲームアプリが配信されるなど,その人気は衰えていない。

 筆者もまた,TVアニメを観て「幽☆遊☆白書」を知った1人だ。当時は,“幼かった”のでストーリーこそ理解できていなかったものの,とにかくキャラクターが好きだった。筆者は今でいう蔵馬推しなのだが,2つ上の姉は飛影推しで,よく2人で好きなキャラについて語り合ったものだ。ちなみに,戸愚呂弟も敵ながらかっこいいなあと思っていた気がする(今回は出ないので次回作に期待)。

 そんな感じで,なかなか思い入れのある作品が,まさかの舞台化。筆者は2.5次元舞台が好きだし,生で観るからこそ体感できる感動も知っているが……それでも初報を知ったときは不安だった。メイクとか,映像技術とか格段に上がってるとはいえ,やはりいろいろ無理があるじゃない。

 しかし,その不安はメインビジュアルを見て3分の1くらい吹っ飛んだ。「なかなかやるじゃないの……」と,何様か分からない心の声が漏れた。もちろん個人差で感じ方は違うだろうが,少なくともキャラクタービジュアルのクオリティはとても高いと筆者は感じたのだ。

画像集#012のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート
浦飯幽助:崎山つばさ
画像集#014のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート
桑原和真:郷本直也
画像集#015のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート
蔵馬:鈴木拡樹
画像集#016のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート
飛影:橋本祥平
画像集#017のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート
コエンマ:荒木宏文

 「これはなんとしてでも観に行かねば!」と,使命感にかられた筆者は,そんなこんなでゲネプロ公演に参加したわけである。さて,舞台上で一体どんな世界が広がっているのか。ドキドキする筆者の前で,ついに幕が上がった――

 なお,ゲネプロの模様と,原作漫画のストーリーも補足として紹介していく。ネタバレになってしまう箇所もあるので,観劇前の人は避けたほうがいいかもしれない

「■漫画「幽☆遊☆白書」のストーリーを紹介(1)」


■漫画「幽☆遊☆白書」のストーリーを紹介(1)
 本作の主人公である浦飯幽助(14歳)は,それはそれはもう絵に描いたような不良中学生。カツアゲ,万引き,喫煙,飲酒といったひととおりの悪事はこなし,教師には疎まれ,生徒からも恐れられ,同級生の桑原和真から毎日喧嘩を売られる日々を送っていた。

 そんなある日,車に轢かれそうになった男の子を助けた幽助。助けた男の子は助かったが,自身は命を落としてしまう。自分の死を理解したところで,三途の川の水先案内人,ぼたんが現れる。そこで彼女から,幽助の死は予定外であり,地獄にも天国にも居場所がなく,「生き返るための試練を受けないか?」と誘われる。


原作のシーンを見事に再現! 役者魂に感服


画像集#010のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート
 物語は,アニメのオープニングでおなじみのあのBGMが流れるなか,幽助,桑原,蔵馬,飛影が登場し,大勢の敵と戦うシーンから始まった。序盤からアクションシーンの応酬で,幽助は霊丸,桑原は霊剣,鞍馬は薔薇棘鞭刃,飛影は降魔の剣を使って次々と敵をなぎ倒していく。

 蔵馬の薔薇棘鞭刃が見られるのは,今作に限ってはオープニング時のみなので,見逃さずにチェックしてほしい。薔薇棘鞭刃の際にワイヤーを使った演出があったり,飛影の素早い動きをプロジェクションマッピングで表現するなど,再現度が高かった。

 ここで突然BGMが切れ,コエンマが登場。どうやら,彼らの戦っている姿は,コエンマが見ている映像だったらしい。そして,彼らとはいかにして出会ったのか……コエンマがこれまでの過去をチャンネルを切り替える形で振り返っていく。

 今作で語られる物語は,幽助が死ぬところから,蘇って霊界探偵になり,飛影との決着が着くまで。コミックスでいうとだいたい第3巻の途中までとなっている。

子供をかばって命を落とした幽助の前に,ぼたんが現れる。生き返るための試練を受けるため,霊界へ。コエンマから授かったのは……
画像集#018のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート

 前半は幽助,ぼたん,コエンマ,桑原,蛍子,温子を中心とした幽助が生き返るまでの物語。休憩を挟んで展開されるのが,蔵馬,飛影,剛鬼の盗賊3人組との物語だ。

3人組の盗賊が現れ,闇側の三大秘宝が盗まれてしまう。盗賊は人間界に潜伏しているらしく,幽助が追うことになる。剛鬼が盗んだ秘宝は,「餓鬼玉」。これは人間の魂を抜くことができるもので,剛鬼は新鮮な子供の魂を食べようとしていたのだ。剛鬼の正体である吸魂鬼は,人間の魂を好物にしている鬼だ。普段は人間の身体を引き裂いて魂を食べている
画像集#003のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート
画像集#008のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート
蔵馬の正体は,妖狐。深手を負わされ,人間界で生命になる寸前の受精体に憑依し,15年間育てられた。育ててくれた母親が病に倒れてしまい,その命を救うため,暗黒鏡が必要だったのだ
画像集#011のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート
飛影の正体は,邪眼師。“邪眼”と呼ばれる目を持ち,その眼力で下等妖怪や弱い人間を操ることができる。降魔の剣を手に入れ,何をしようというのか……。予定では剛鬼や蔵馬の宝も奪い,独り占めするつもりだったらしい


「■漫画「幽☆遊☆白書」のストーリーを紹介(2)」


■漫画「幽☆遊☆白書」のストーリーを紹介(2)

 最初は生き返ることに乗り気じゃなかった幽助も,自分の死を悲しんでくれた母親(浦飯温子)や幼馴染の雪村蛍子らのために,試練を受けることを決意する。そしてぼたんに連れられ,あの世へやってきた浦飯幽助は,霊界の長(閻魔大王)の息子コエンマと会う。彼から告げられた試練は,霊界獣の卵をかえすというものだった。

 コエンマから「ただ持っていればいい」と言われ,人間界に戻った幽助。じつはその卵は人間の心から発するエネルギーで成長するもので,その人間次第では悪魔にも天使にもなるものだった。そうとは知らない幽助は,生き返るまで浮遊霊としていろいろな人間や幽霊たちの事情にかかわっていくことになる。ちなみに,卵がかえるのはまだずーっと先の話なので,今の時点では深く考えなくて大丈夫だ。


 正直,舞台版では割愛されるところが多いと思っていたが,そんなことはなかった。チャンネルを切り替えるという読切漫画を数本まとめたような構成だったためか,ちゃんと主軸となる部分は描かれていたと思う。

原作であるこの名(?)場面。崎山さん自身が「どんなに時間がかかってもこれだけは入れてほしい!」とお願いして実現したのだそうだ。このほかにも,「あ,これは!」という原作シーンが盛り込まれている
画像集#019のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート 画像集#020のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート
猫に優しく仲間想いの桑原。そのためならば,自分のプライドなど二の次という男らしいあのエピソードも!
画像集#002のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート

 しかも,これは原作ファンにとって嬉しい限りなのだが,コミックス7巻に収録されている特別読切「TWO SHOTS」が描かれていたのだ。これは南野秀一として学生生活を送っていた蔵馬と,妹の氷女を探す飛影が初めて出会った頃の話で,人間を喰らう妖怪“八つ手”とともに戦うというエピソードになっている。

画像集#005のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート
画像集#006のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート
画像集#007のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート

 やはり「幽☆遊☆白書」は4人が活躍してこそな感じがあるので,前半は蔵馬と飛影の出番はないだろうなあと思っていたところに,これである。「なかなかやるじゃないの……」(2回め)

画像集#009のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート
画像集#004のサムネイル/あの“芸”から特別読切「TWO SHOTS」まで再現。舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロ公演をレポート

「■漫画「幽☆遊☆白書」のストーリーを紹介(3)」


■漫画「幽☆遊☆白書」のストーリーを紹介(3)

 ほどなくして人間に戻ることができた幽助。その間に放火事件などいろいろドラマティックな展開はあるのだが,そこは省略しているので,気になる人は漫画を読もう。

 さて,生き返った浦飯幽助だが,これでめでたしめでたしで物語が終了…というわけではなかった。というか,ここからが始まりといっていい。再び人間として生活を始める彼には,今まで見えなかった幽霊や妖怪が見えるようになっただけでなく,霊丸といわれる技まで使えるようになっていた。そんな彼の前に再び現れたぼたんとともに,“魔界探偵”として妖怪たちが起こす事件を解決していくことになる。


 観劇を終え,最初にあった残り3分の2の心配は杞憂だったようだ。原作を知っていても面白いし,ちょっと忘れていても再燃するきっかけになりそうな作品になっていたと思う。チケット入手はもはやライブ・ビューイングすら困難かもしれないが, WOWOWとニコニコ生放送にて大千秋楽が生配信されるので,興味のある人はぜひ見てほしい。一見の価値ありである。

■舞台「幽☆遊☆白書」Blu-ray & DVD化

舞台「幽☆遊☆白書」
Blu-ray & DVD
2020年 2月27日(木)発売!

【発売・販売元】バンダイナムコアーツ
公式HP:http://officeendless.com/sp/yuhaku/
公式Twitter:@yuhaku_stage

バンダイナムコアーツBD&DVD 特集サイト:
https://v-storage.bnarts.jp/butai_yuhaku/

【商品情報】
Blu-ray:
BCXE-1495/¥8,800(税抜)/約220分予定(本編ディスク:約120分+特典ディスク:約100分)
リニアPCM(ステレオ)/AVC/BD50G×2枚/16:9<1080p High Definition>

DVD:
BCBE-4972/¥7,800(税抜)/約220分予定(本編ディスク:約120分+特典ディスク:約100分)
ドルビーデジタル(ステレオ)/片面2層×2枚/16:9(スクイーズ)/ビスタサイズ

【収録内容】
◆本編(9月22日(日)愛知公演大千穐楽の模様を収録)

【共通特典】
封入特典:◆ビジュアルフォトブック(16P予定)
映像特典:◆バックステージ映像 ◆ビジュアル撮影メイキング ほか
※収録内容,特典,仕様等は予告なく変更になる場合がございます。


【舞台「幽☆遊☆白書」公演概要】
<日程/会場>
■東京公演:2019年8月28日(水)〜9月2日(月)/シアター1010
■大阪公演:2019年9月4日(水)〜9月8日(日)/森ノ宮ピロティホール
■福岡公演:2019年9月10日(火)〜9月13日(金)/ももちパレス
■愛知公演:2019年9月20日(金)〜9月22日(日)/一宮市民会館

<キャスト>
浦飯幽助:崎山つばさ
桑原和真:郷本直也
蔵馬:鈴木拡樹
飛影:橋本祥平
雪村螢子:未来
浦飯温子:角島美緒
ぼたん:平田裕香
剛鬼:新田健太
幻海:エリザベス・マリー
コエンマ:荒木宏文

<スタッフ>
原作:冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊)
脚本・演出:御笠ノ忠次
主催:舞台「幽☆遊☆白書」製作委員会

公式サイト&公式ツイッターも合わせてチェックしてください!
公式サイト:http://officeendless.com/sp/yuhaku/
公式ツイッター:@yuhaku_stage ハッシュタグ「#舞台幽白」

 
【WOWOW】
〇番組名:『大千秋楽生中継!舞台「幽☆遊☆白書」』
〇放送日時:2019年9月22日(日)16時〜終了時間未定 WOWOWプライム
○番組ページ:WOWOW 舞台「幽☆遊☆白書」番組ページ
 https://www.wowow.co.jp/yuhaku/
〇視聴方法:
■ネット加入なら24時間受付中!「WOWOWステージ」で検索
https://www.wowow.co.jp/join/index.html
※お申込みの際,アンケートにて「ステージ」ジャンル「幽☆遊☆白書」をお選びください。
■お電話での加入も受付中!
0120-808-422(午前9:00〜夜9:00 年中無休)
※お電話の際,「『幽☆遊☆白書』が見たい」とお伝えください。

【ニコニコ生放送】
〇番組名:舞台「幽☆遊☆白書」9.22千穐楽 ニコニコ生中継
〇日時:2019年9月22日(日)16:00〜終了時間未定
〇視聴URL:https://live.nicovideo.jp/watch/lv320962015
〇視聴方法:本番組の後半は,プレミアム会員限定視聴となります。番組全編を視聴するにはプレミアム会員のご登録が必要です。


  • 関連タイトル:

    幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル

  • 関連タイトル:

    幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月02日〜12月03日
タイトル評価ランキング
94
74
原神 (PC)
68
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
43
VALIANT TACTICS (PC)
2020年06月〜2020年12月