オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
A列車で行こうExp.公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「A列車で行こうExp.」は北海道新幹線のH5系など220種以上の鉄道車両が登場。モーションセンサー操作やPS VRに対応したゲームモードも
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/09/28 10:00

ニュース

「A列車で行こうExp.」は北海道新幹線のH5系など220種以上の鉄道車両が登場。モーションセンサー操作やPS VRに対応したゲームモードも

A列車で行こうExp.
 アートディンクは本日(2017年9月28日),PS4用都市開発鉄道シミュレーションゲーム「A列車で行こうExp.」の詳細を公開した。

 本作はPC用ソフト「A列車で行こう9」に全国の新幹線などを追加したもの。ゲームモードにはメインとなる都市開発のほか,DUALSHOCK 4のモーションセンサーを使って都市の上空を飛行するものや,PlayStation VRを用いて鉄道模型の世界を立体視で見られるものも搭載されている。

 収録されている新幹線は,2017年3月に開業された北海道新幹線のH5系電車や,線路整備用の922系ドクターイエローなど多岐にわたる。通常鉄道も含めた収録車種は,220種以上におよぶ。電車のほか,バスやトラックで流通経路を構築することも可能だ。都市開発は,“マップコンストラクションモード”だと地形の編集から行える。



『A列車で行こう』について


 株式会社アートディンクが開発した、都市開発、鉄道運営、会社経営の3要素を併せ持つ、都市開発鉄道会社経営シミュレーションゲームで、30年以上もの間多くのファンの方々に愛され続けている、ロングセラータイトルです。

 プレイヤーは鉄道会社の経営者となり、線路を敷いて鉄道を走らせ、都市を発展させていく…
 「A列車で行こう」は、自由度が高いゲームであり、プレイヤーごとに遊び方が変わってくるなど、遊ぶほどに奥深さを知る、本格的なリアルタイムシミュレーションです。

 また、実在する街並みを再現し、さらに実在する鉄道車両を運行させるなど、鉄道ゲームとしても楽しむことができます。

A列車で行こうExp.


『A列車で行こうExp.』概要


 進化し続ける「A列車で行こう」。更なる進化のプラットフォームは、16年ぶりとなるPlayStationへ。

 圧倒的な表現力によってユーザーを魅了している、PC版「A列車で行こう9(以下A9)」の最新作が、PlayStation4で実現いたします。

 「A9」の多彩な機能の実装はもちろん、今作ではA列車史上初、北から南まで全国の新幹線を収録いたしました。あのコントローラでの街づくりが甦ります。また、PSVR対応により、NゲージやHOゲージといった、鉄道模型の世界を、新感覚の「VR 鉄道模型モード」として体感することが可能です。

 PlayStation4版の登場により、いままでPC版を遊ぶことの出来なかったユーザーにも、奥深い「A9」の世界に触れていただけることでしょう。

A列車で行こうExp. A列車で行こうExp.


『A列車で行こうExp.』主な特徴


[美しい街並み]
 太陽が描く影、水面に映るビル郡、色鮮やかに変化する木々。美しいだけでなく、すべてがリアルタイムに計算処理され、発展と衰退をダイナミックに描き出します。

A列車で行こうExp.

[広大なマップ]
 マップは、山手線がほぼ全部収まる広さ。1マップ内で東京の中心地を丸ごと再現なんてことも可能。10km×10kmの広大な地形に、あなただけの都市、あなただけの鉄道網を創り出すことができます。

[自由度の高い建物配置]
 山の斜面や海岸沿いなど、建てる場所も方角も自由に選べます。雑然と建つビル群からは、一目見るだけで、今までの都市開発シミュレーションとは一線を画したリアリティが感じ取れます。

A列車で行こうExp.

[バラエティ豊富な鉄道]
 膨大な車両数や種類を搭載。最大10両編成で組まれた車両は、「電車のある街の風景」をリアルに描きます。懐かしの車両から、最新型まで、全国から多彩な車両を収録しているので、「あの街を再現」といった遊び方も楽しめます。車両保有数も1マップあたり、最大200編成もあるので、超過密ダイヤの設定も楽しむことが可能となりました。

A列車で行こうExp.

[バス・トラックでも問題を解決]
 バス・トラックも運営が可能です。道路交通特有の障害「渋滞」を緻密なダイヤグラムで解消したり、鉄道では難しいような地域も、コストの安い道路でサポートしたりと、一歩踏み込んだ都市開発を味わうことができます。鉄道を使わず、「バスで行こう」なんて楽しみ方も面白いです。

A列車で行こうExp.

[列車カスタマイズ機能の充実]
 パンタグラフの装着が可能です。あらかじめ用意されたバリエーションの中から、車両に合わせ設置することが可能となり、よりリアルな鉄道風景を再現できるようになりました。また、車両が自由に選択できる機能も実装されたことにより、思い描くオリジナル編成の列車を走らせることができます。

A列車で行こうExp.

[運転モード機能]
 自分自身の手で列車の運転が可能となる「運転モード」を搭載。自分で考えたダイヤの運行など、新しい世界を体感いただけます。また自家用車、小型船にも運転モードが対応し、街を眺める愉しみがさらに広がりました。自由気ままな街の散策を心ゆくまでご堪能ください。

A列車で行こうExp.

[自分だけの理想の街並みを]
 制限無しで自分の理想の街並みがつくれる「マップコンストラクションモード」搭載。山や海の割合を指定するだけで地形を自動生成する機能や、自分の手で山や谷をつくる地形編集機能も搭載しているので、理想の街並みを、地形から簡単につくり出すことができます。

 真の街づくりは、地形づくりから始まる!

A列車で行こうExp. A列車で行こうExp.


A列車で行こう史上初!全国の新幹線を標準搭載!


 今年2017年3月に開業された北海道新幹線のH5系新幹線をはじめ、東北新幹線、北陸新幹線、東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線など、北から南まで全国を駆け抜ける新幹線車両が収録され、「A列車で行こうExp.(エクスプレス)」では、圧巻のダイヤを楽しむことが可能となりました。

A列車で行こうExp.
A列車で行こうExp.
H5系北海道新幹線
A列車で行こうExp.
E2系新幹線、E4系新幹線、E7系新幹線
A列車で行こうExp.
922形ドクターイエロー
A列車で行こうExp.
N700系新幹線(ラージA)


充実の鉄道車両群


 総収録車両数が220車両以上と、圧倒的ボリュームに加え、新たな車両が登場!ユーザーの要望に応え、ついに実現された車両を含め、「A列車で行こう」シリーズ初登場となる鉄道車両が多数収録。景観は、さらにリアリティを増す。

A列車で行こうExp.
E235系−山手線
A列車で行こうExp.
1300系−阪急電鉄京都本線
A列車で行こうExp.
キハ40形ながまれ号−道南いさりび鉄道
A列車で行こうExp.
AE形−京成スカイライナー
A列車で行こうExp.
ET122形−えちごトキめき鉄道
A列車で行こうExp.
521系−あいの風とやま鉄道


街を彩る、バラエティ豊かな建物群


 収録される鉄道車両にあわせた、新規建物が追加され、新たな街の表情を映し出します。

A列車で行こうExp.
A列車で行こうExp. A列車で行こうExp.
A列車で行こうExp. A列車で行こうExp.


PlayStation VR 対応!


新感覚!「VR 鉄道模型モード」
 PlayStation VR対応により、ジオラマ感溢れる、鉄道模型の街並みを体感することができます。

 モードは4種類あり、国内でポピュラーなNゲージや、HOゲージなど、各ゲージごとにスケールを選択できます。

  • Zゲージモード縮尺1/220
  • Nゲージモード縮尺1/150
  • HOゲージモード縮尺1/80
  • Oゲージモード縮尺1/45

A列車で行こうExp.


DUALSHOCK 4対応フライトモード


 建物の間を縫うように飛んでいる、空からの視点で街を眺めた、臨場感溢れるフライト映像。DUALSHOCK 4のモーションセンサーに対応させた「フライトモード」によって、誰でも簡単、感覚的に自慢の映像を撮影することが可能です。

 シェアボタンで撮影された動画をYouTubeなどの動画配信サイトに投稿して、世界中の人たちに、自分の街を洒落たアングルで公開することが出来るでしょう。

A列車で行こうExp.


ガイドムービー機能


 困った時に、操作方法などが学べる、初心者にとって安心のガイドムービー機能を搭載。シチュエーション毎にガイドムービーを用意し、ユーザーが必要な分だけを的確にサポートします。また初心者向けの「ガイド付きマップ」の収録により、「A列車で行こう」の操作方法や遊び方などを基本から学ぶことができます。

A列車で行こうExp. A列車で行こうExp.

「A列車で行こうExp.」公式サイト

  • 関連タイトル:

    A列車で行こうExp.

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月22日〜08月23日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
2019年02月〜2019年08月