オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/11/24 11:00

連載

「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル


 最近お気に入りなのが,動画配信サービスのアニメ一挙放送。見逃してしまった作品もかなり早いタイミングで視聴できるので,録画を忘れがちな人にはまさに救世主といえる。
 さて,第16回となる今回のタイトルは「DRIFTERS(ドリフターズ)」。原作は,平野耕太氏が「ヤングキングアワーズ」で連載中の同名コミックだ。アニメ制作はHOODS DRIFTERS STUDIO(Hoods Entainment)で,シリーズ構成・脚本は倉田英之氏黒田洋介氏。監督はOVA版「HELLSING」「SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors」などの鈴木健一氏が務めている。


「DRIFTERS(ドリフターズ)」


「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル

「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル
「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル
 西暦1600年,関ヶ原の戦いにて,島津家の武将・島津豊久(CV:中村悠一)は身を挺した撤退戦の後,謎の人物「紫」(CV:宮本 充)によって,異世界に召喚された。豊久は,そこで同様に召喚されていた織田信長(CV:内田直哉)那須与一(CV:斎賀みつき)と出会い,自分達が異世界から流れ着いた「漂流者(DRIFTERS)」だと知らされる。
 豊久達は成りゆきから,自分を助けてくれたエルフの村を人間が支配する「オルテ」から解放し,その勢いのまま「国奪り」を開始する。

 一方,北方の防衛の要であるカルネアデスの北壁では,謎の少女「EASY」(CV:伊藤かな恵)の送り込んだ「廃棄物(エンズ)」達が,人類を絶滅させるべく進軍を開始していた。黒王(CV:楠 大典)に率いられた彼らを食い止めるべく,安倍晴明(CV:櫻井孝宏)は,魔導結社「十月機関(オクト)」を駆使し,漂流者集めに奔走する。
 晴明は弟子のオルミーヌ(CV:古城門志帆)を通じて,豊久達にも協力を要請するが,よそ者である漂流者では軍権を握れないので,彼らには対抗できないと,信長に指摘される。信長は逆に,豊久を頭目に据えた国盗りに加担しろと迫るのだった。

「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル
タイ捨流の使い手・島津豊久。命知らずな,まさにサムライである
「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル
本能寺の変からこの世界に流れ着いた信長
「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル
那須与一は少女のような見た目

 国や時代を飛び越えて,織田信長,ジャンヌ・ダルク,源 義経,ハンニバルなど,過去の偉人達がバトルを繰り広げる。そんな,歴史ファンでなくても胸躍る設定が詰め込まれているのが本作「DRIFTERS」だ。自由奔放な彼らの行動は留まるところを知らず,やがて異世界で国盗りを開始するわけだが,その戦いに一度は全国統一を目指した信長,戦略家として名高いハンニバルの知略が容赦なく発揮される。
 そこへ,新撰組の土方歳三や豊久といった肉体派,妖術を使う怪僧ラスプーチンなどが乱入し,どう物語が展開するのか予想もつかない。そんな“誰も見たことのない歴史絵巻”を味わえるのが本作の魅力なのだ。

「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル
黒王に従う廃棄物達。強い恨みを残して死んだものが廃棄物となる
「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル 「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル
「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル 「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル


OVA版「HELLSING」スタッフが勢ぞろい


 原作者・平野耕太氏の前作「HELLSING」のOVA版は,原作を忠実に映像化し,ファンの間で非常に評価が高い作品だった。この「DRIFTERS」にもその水準を期待する声が大きく,制作陣にとってハードルの高いタイトルだったが,その期待に応えるべく,スタッフには監督の鈴木氏をはじめ,脚本の黒田氏,キャラクターデザイン・総作画監督の中森良治氏,音響監督の鶴岡陽太氏と,OVA版「HELLSING」のメンバーが再結集して,制作に臨んでいる。
 そして,第1話「FIGHT SONG」がオンエアされ,その予想以上の完成度に驚かされたファンも多いのではないだろうか。関が原の合戦シーンや豊久の戦闘シーンなど,あの「HELLSING」に迫るデキだったと言っても言い過ぎではないだろう。
 第2話以降も安定した作画とストーリー展開で,本作の世界観をきちんと描き,TVで放送するには少々残酷ともいえるシーンであってもそのままオンエアするなど,スタッフのこだわりが感じ取れた。

「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル
「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル 「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル
平野氏独特のペンタッチをアニメで表現。あらゆるシーンがカッコイイ


「オルテ語」は新しく作り上げたオリジナル言語


 「DRIFTERS」にかけるスタッフの意気込みは,ほかにも見ることができる。物語の合間に差し込まれる,コメディタッチの描写もそのひとつだ。これは平野作品を語る上で外せない要素で,殺伐としたストーリー展開を,箸休め的なこのシーンが緩和してくれるのだ。見慣れないとシリアス部分とのギャップに戸惑うかもしれないが,慣れてくると,無いと物足りないと感じるはず。
 アニメでは,平野テイストを損なわないよう,原作の絵をそのまま使用し,違和感なく物語に挿入している。
 そのほかにも,作中のオリジナル言語「オルテ語」は,アニメのためにわざわざ新しく作ったのだとか。ちゃんと外国語に聞こえるように,設定考証の白土晴一氏がヨーロッパ系のある言語ベースに作り上げたとのことで,これには平野氏も脱帽したと,Twitterで語っていた。

「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル
「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル 「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル
ヒラコー作品お馴染みのギャグシーン。ゲンジバンザイ


オープニングテーマは「Gospel Of The Throttle」のアニメバージョン


 本作のオープニングテーマは,MINUTES TIL MIDNIGHT「Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver.」。あの「ナーナーナー」という独特の曲は,アメリカ・ロサンゼルス出身の4人組みロックバンドによるもので,元曲「Gospel Of The Throttle」をアニメバージョンにアレンジした楽曲だ。この曲とハイクオリティのCGによるオープニングは,非常にパワフルで,「DRIFTERS」という作品の混沌とした雰囲気にマッチしている。
 エンディングテーマは,アニメファンにはお馴染みのシンガー・黒崎真音さん「VERMILLION」。こちらもハードなロック調のサウンドが,本作の男臭い世界観を盛り上げているので,ぜひ一度聴いてみて欲しい。



 もし信長や義経が生きていたら……という,歴史好きの人が誰しも思い描くIFストーリーを,平野テイストでアレンジし,ドラゴンやオークのいる世界に放り込んだのが本作だ。偉人達によるバトルロイヤルというと,前例がないわけではないが,自分の意思で暴れ回るという点では,本作に勝るものはないだろう。
 豊久達は,廃棄物達とどのような戦いを繰り広げるのか? そして,3人の国盗りは成功するのか? 残された放送回はあとわずかだが,今後の展開に期待しよう。

「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル 「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル
「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル 「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル
「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル 「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル
「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル

「DRIFTERS(ドリフターズ)」公式サイト

 
放映データ
2016年10月〜
キャスト
島津豊久:中村悠一 織田信長:内田直哉
那須与一:斎賀みつき 菅野 直:鈴木達央
ハンニバル:青山 穣 スキピオ:家中 宏
ブッチ:小野大輔 ザ・サンダンス・キッド:高木 渉
安倍晴明:櫻井孝宏 オルミーヌ:古城門志帆
カフェト:西田雅一 サン・ジェルミ:杉田智和
アレスタ:福田賢二 フラメ:遊佐浩二
黒王:楠 大典 ジャンヌ・ダルク:皆川純子
ジルドレ:乃村健次 アナスタシア・ニコラエヴァ・ロマノヴァ:北西純子
ラスプーチン:田中正彦 土方歳三:安元洋貴
源九郎判官義経:石田 彰
紫:宮本 充 EASY:伊藤かな恵
シャラ:間島淳司 マルク:続木友子
マーシャ:石塚さより
スタッフ
原作:平野耕太(YOUNG KING OURS 連載中)
監督:鈴木健一
シリーズ構成・脚本:倉田英之
脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン・総作画監督:中森良治
美術監督:舘藤健一(SEE THROU STUDIO)
CGディレクター:高江智之(株式会社ラッキーピクチャーズ)
CGプロデューサー:田中臥竜(FelixFilm)
色彩設計:のぼりはるこ(緋和)
色彩設計補佐:長澤諒司
撮影監督:阿部安彦(レアトリック)
編集:廣瀬清志
音響監督:鶴岡陽太
音楽:石井妥師/松尾早人
オープニングテーマ:MINUTES TIL MIDNIGHT
「Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver.」
エンディングテーマ:黒崎真音
「VERMILLION」
設定考証:白土晴一
筆字デザイン:雪駄
アニメーション制作:HOODS DRIFTERS STUDIO

■第2回「ご当地先行上映会」を実施。第3回は12月22日

 本作の内容を放送に先駆けて,4話づつ先行上映する「ご当地上映会」。11月19日に,新宿バルト9など全国8か所で第2回「ご当地上映会」が開催され,多くのファンが詰め掛けた。今回上映されたのは,豊久ら漂流物が,ジャンヌら廃棄物と激突するエピソード(5話〜8話)だ。この上映会では,ちょっとした秘蔵PVと,関東と関西で異なる次回予告を視聴できるというのがポイントで,今回もコメディタッチの予告PVが上映され,会場を盛り上げていた。
 第3回は,最終回直前の12月22日に実施が決まっている。応募詳細などは公式サイトでのチェックを忘れないようにしよう。

「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル
「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル
第1回上映会では出演声優によるトークショーも開催された


■Blu-ray情報

〈特装限定生産〉Blu-ray BOX

「そうだ アニメ,見よう」第16回:平野耕太氏原作の「DRIFTERS(ドリフターズ)」。偉人達による異世界バトルロイヤル
【発売日】2016年12月24日(土)
【価格】\3万5000 +税
【品番】GNXA-1870

■収録話
未放送カット(予定)を含む完全版 全12話

■〈特装限定生産特典〉(予定)
◆平野耕太描きおろし 特装箱
◆全200P 中森良治 作監修正原画集
◆全52P 解説書
◆特典映像ディスク
ショートアニメ「黒王様御乱心」、PV集ほか
◆オリジナル・サウンドトラックCD 2枚
◆「舞浜の陣 〜首置いて夢の国いってこいや〜(仮称)」チケット優先販売申込券
イベント登壇者:中村悠一、内田直哉、斎賀みつき、櫻井孝宏、古城門志帆、楠大典
日時:2017年4月2日(日)
場所:舞浜アンフィシアター

Blu-ray通常版 第1巻〜第6巻
各巻\5800 +税 未放送カット(予定)を含む完全版 各2話収録
本編ディスク1枚 アマレーケース仕様

第1巻 2017年1月25日(水)発売 GNXA-1871
第2巻 2017年2月22日(水)発売 GNXA-1872
第3巻 2017年3月24日(金)発売 GNXA-1873
第4巻 2017年4月21日(金)発売 GNXA-1874
第5巻 2017年5月24日(水)発売 GNXA-1875
第6巻 2017年6月21日(水)発売 GNXA-1876
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月25日〜05月26日