オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
結のほえほえゲーム演説:第25回「PlayStation Awards 2016,私的レポート」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/12/17 00:00

連載

結のほえほえゲーム演説:第25回「PlayStation Awards 2016,私的レポート」


 ごきげんよう。女優・タレントとして活動しております。結です。

 結のほえほえゲーム演説,皆さんのおかげで連載開始から1周年を迎えることができました。ありがとうございます。
 最近「連載読んでますよー」と声をかけていただける機会も増え,嬉しく思っております。
 1年経った今も毎回「この話もしたい……あの話もしたい……」と,ネタが選びきれないほどに語りたいことがまだまだたくさんあります。皆さん,これからも末永くよろしくお願いいたします。

 最近の私はと言いますと,「ポケットモンスター サンムーン」,「FINAL FANTASY XV」PlayStation 4 / Xbox One)「人喰いの大鷲トリコ」「サガ スカーレット グレイス」……と,大忙しの日々を送っております。
 師走の目まぐるしさを加速させるラインナップ。嬉しい悲鳴です。さらに信じられないことに,再来週は「桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!」が発売されるんですよ! 2016年12月,ぐっすり眠れる夜は果たしてやって来るのでしょうか。


 さて先日(12月13日),「PlayStation Awards 2016」にお邪魔させていただきました(関連記事)。この1年でヒットしたPlayStationプラットフォームのタイトルを表彰するこのイベントは,今年で22回目だったそう。今回は,そのレポート記事をお届けします。

SIE公式ニコ生「Jスタとあそぼう」の取材でした
取材VTRは12月26日の番組で流れる予定なのでお楽しみに

 会場は,グランドプリンスホテル新高輪。「FNS歌謡祭」などでもおなじみの,あの豪華会場です。
 右を向いても左を向いてもメディアでお見かけしたことのある憧れのゲームクリエイターばかり……。私個人としては,今年で3年連続の参加となるPlayStation Awardsですが,会場の厳かな雰囲気にはとっても緊張します。

会場にトロフィーと同じ形の飴細工が!

会場の照明もよ〜く見ると△○×□のプレイステーションマーク!
 最初の表彰はPlayStationのタイトルラインナップの拡大に貢献したインディーズタイトルに贈られる「インディーズ特別賞」。今年から新設された賞です。

 会場の大きなスクリーンに,白,黒,赤の三色で構成されたドットのゲーム画面が表示され,Eirik Suhrke氏が手掛ける「Uroboros」が流れた瞬間,私のPlayStation Awardsはスタートからクライマックスを迎えました。PlayStation Awards 2016で,最初に受賞が発表されたタイトルは,この曲が使われている「Downwell」PlayStation 4 / PlayStation Vita)だったのです。
 スマートフォンアプリとしてリリース後,ちまたの話題をさらった2Dローグライクアクションゲームは,若い学生であったもっぴんさんにより個人で制作されたゲームです。2016年にPlayStation 4,PlayStation Vitaで発売され,こうして世界中が注目するPlayStation Awardsの冒頭でDownwellの名前が呼ばれるなんて。一ファンとして興奮が止まりませんでした。
 もっぴんさんとはSIE公式ニコ生「Jスタとあそぼう」で共演させていただいたこともあるのですが,好きなものに素直で,自由で真っ直ぐな,まさに「次世代のクリエイター」という言葉がピッタリの印象でした。
 気付けばすぐにドットへの執着を語り始めるスーファミ世代の私のような老害感が一切なく,ニュートラルな視点で「シンプルだけどやりごたえのある2Dローグライクアクション」を作りあげたもっぴんさん。
 時代の進化とは別の観点から作られた作品が,最先端のPlayStationプラットフォームでたくさんの人に遊ばれ,愛されているという事実に心震えます。

ステージの照明が白黒赤の「Downwell」カラーに
もっぴんさん,チームの皆さんと! おめでとうございます!

 インディーズ特別賞では,「東方紅輝心」の受賞も新たな時代の流れを感じました。二次創作というジャンルでも,名作がきちんと評価される時代になったんだなぁと……。嬉しいですね。
 インディーズの東方二次創作作品に関しては次回以降の連載で,あらためて語りたいと思っています。


ホロ酔いの山際さんと! おめでとうございます!
 ユーザー投票の上位10作品に贈られる「ユーザーズチョイス賞」では,「Bloodborne The Old Hunters Edition」の名前が呼ばれ,ステージにはソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアの山際眞晃さんが登壇されている様子を見ながら大興奮しつつ,「今年はフロム・ソフトウェアの宮崎英高さんはいらっしゃらないのかな?」と気になった瞬間,「DARK SOULS III」のPVが流れ,宮崎さんがステージに! 「そ,そういう展開かぁぁ!!」と思わず唸りました。
 昨年に続き,今年も山際さん,宮崎さんが並ぶ姿を見ることができたのも,ファンとしてたまらなく幸せです。
 この2作品は会場にPVが流れた瞬間,場の空気がガラッと変わった気がしました。唯一無二のビジュアルと音楽がゲームファンの心を一瞬で支配するあの空気が本当にたまらなくて……。「ああもうやっぱり格好いいなぁもう!!」と,かなりの高揚感がありました。


スクウェア・エニックスの青海さん,コーエーテクモゲームスの庄さん,ホミロンと! おめでとうございます!
 日本・アジア地域の累計出荷枚数とダウンロード数の合計が50万本を超えた作品に贈られる「Gold Prize」では……待っていました!! 「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」PlayStation 4 / PlayStation 3 / PlayStation Vita)の名前が呼ばれるのを……。
 受賞のスピーチをする,スクウェア・エニックスの青海亮太さんの後ろで……ホミロンのぬいぐるみが動いている!? お辞儀をしたり,ぶるぶる震えたり,腹話術のようにホミロンを操るコーエーテクモゲームスの庄 知彦さんが素敵でした。去年の前作に続いて,今年はヒーローズIIでの受賞です。

 そして,個人的に発表時の演出が一番格好良く感じられたのは,「ペルソナ5」PlayStation 4 / PlayStation 3)でした。たおやめオルケスタの皆さんによる「Life Will Change」の生演奏が驚くほど素晴らしかったんです!! あのBIG BANDアレンジが一度きりなんてもったいないです。どこかでもう一度聴きたい……。思わず怪盗団がトロフィーを奪いにやってくる妄想までしてしまうほどでした。


ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアのローカライズチームの安次嶺クリスさん,石立大介さん,谷口新菜さんと! おめでとうございます!
 そうそう,Naughty DogがPlayStationプラットフォームにデビューしてから20周年というこのタイミングで,「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」と「The Last of Us Remastered」がダブル受賞したというのも,感慨深いものでした。
 アンチャは今後もアップデートがありますし,マルチも盛り上がっているので来年以降もまだまだ遊べそうです。ラスアスは続編が発表されたばかりなので,こちらも期待せざるをえません。


 私はPlayStation Awardsの「ゲーム版FNS歌謡祭」のような雰囲気が大好きです。プレイヤーの一人として今年のゲームタイトルを振り返る良いキッカケになりますし,何より「今年このタイトルと出会えて良かったな」という喜びをプレイヤー,クリエイターが分かち合える素敵な瞬間だと感じています。
 インディーズやVRの賞も増えた今年,例年のアワードとまたひと味違った様子でしたが,来年はどちらももっと盛り上がることと思います。
 会場にいらっしゃったゲームクリエイターの皆さんの中には「来年こそはステージにあがります」といった意気込みを口にされる方もいらっしゃいました。来年はどんなタイトルが並ぶのでしょうか。楽しみですね。

会場で遭遇したノイジークロークの坂本英城さんと!
PlayStation Awards後の打ち上げにて。お店からサプライズお祝いをいただきました。ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアの山本正美さんと

最近プレイしているゲーム(2016/12/17)
PlayStation 4:「人喰いの大鷲トリコ
PlayStation 4:「FINAL FANTASY XV
PlayStation 4:「ペルソナ5
PlayStation Vita:「サガ スカーレット グレイス
Wii U:「ファイナルファンタジーVI」(バーチャルコンソール)
ニンテンドー3DS:「ポケットモンスター サンムーン
iOS:「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

■■結(女優・タレント)■■
女優・タレントとしてフリーランスで活動中。国内映画祭にて主演女優賞を多数受賞。幼少期からのゲーム好きが高じ,数多くのゲーム番組でMCを務め,イトキチ(糸吉)の愛称で親しまれている。ニコニコ公式チャンネル「結チャンネル」にて「ファイナルファンタジーVI」のゲーム実況動画を公開中。Part1はこちら

公式サイト:http://yui-monogatari.com/
公式Twitter:https://twitter.com/xxxjyururixxx
ニコニコチャンネル「結チャンネル」:http://ch.nicovideo.jp/yuichannel
  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月24日〜06月25日