オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
戦の海賊公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
マフィア梶田の二次元が来い!:第292回「映画館で暮らしたいマブでラヴな青春おじさん」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/02/16 12:00

連載

マフィア梶田の二次元が来い!:第292回「映画館で暮らしたいマブでラヴな青春おじさん」


聖杯戦争(みんなでFGOのガチャを回す会)に参加してきました。結果は惨敗。ネロ……はやくきて……
 先日,ふと1日空いたので突発的に「観とくべき映画」を観る日にしたんですよ。朝から晩まで映画館に居座って「ガールズ&パンツァー 劇場版」「PERSONA3 THE MOVIE #4 Winter of Rebirth」「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の3連チャン。アホかと思われそうですが,昔から映画を観るぶんにはまったく疲れたり飽きたりしないんですよね。どれも“アタリ”で,非常に楽しめました。
 いやぁ……とっても充実した1日でしたよ。できるなら,毎日でもやりたい。いっそ映画館に住んでしまいたい。家でのんびりとDVDやBDを観るのも悪くないのですが,映画館ならではの臨場感と一体感は作品の面白さを何倍にも引き上げますから。みなさんも,「これ面白そうだな」と思った作品があればぜひ映画館まで足を運んでいただければと!



 4GamerSPチャンネルにて好評配信中の「マフィア梶田のYouTuber始めました(仮)」。直近の更新では,セガゲームスが配信中の「戦の海賊」iOS / Android)の告知を賭けて,声優の山下まみさんと,黒ヒゲ危機一髪やタイムアタックなどで対決しました。初めての女性ゲストとということで,華やかな回になっているので,ぜひチェックしてみてください。

「戦の海賊」ダウンロードページ

「戦の海賊」ダウンロードページ




戦の海賊
 現在,TVアニメが好評放送中の「シュヴァルツェスマーケン」,みなさんはもうチェックしましたか? 本作,元を辿れば有名アダルトゲームメーカー「アージュ」から2006年に発売された恋愛アドベンチャーゲーム「マブラヴ オルタネイティヴ」のスピンオフ小説をアニメ化したものです。正直,世界観がかなり複雑なので,詳細は公式サイトをチェックしてもらいたいのですが……。一応,簡単な説明をするとすれば,「BETA」と呼ばれる「人類に敵対的な地球外起源種」と,人類の過酷な戦争を描いた物語です。凄まじくキモくて凶暴な地球外生命体に,人類は“戦術機”と呼ばれる人型ロボットで対抗します。似たような作品を例に出すなら「ブルージェンダー」とか「高機動幻想ガンパレード・マーチ」みたいな感じですね。有名な作品なので,恐らく俺よりも詳しい読者が大半だろうとは思うのですが……。これだけの説明だと,「恋愛アドベンチャーゲーム要素はどこやねん!」と思っているかもしれませんが,そこんとこがすごく複雑なんですよ……。いわゆるお菓子がオマケの食品玩具,エロがオマケのエロゲ。気になる人は,ぜひWebで検索してみて下さいな。

戦の海賊 戦の海賊

 そして,「シュヴァルツェスマーケン」の舞台となっているのは「マブラヴ オルタネイティヴ」本編の18年前。1983年のヨーロッパでBETAと戦っている東ドイツ陸軍第666戦術機中隊“黒の宣告(シュヴァルツェスマーケン)”が主役となっています。本編以前の話ですし,物語として独立しているので予備知識がなくとも楽しめるということですね。
 まぁ,実は俺がまさしくそういった視聴者のひとりでして。「マブラヴ」シリーズ,プレイしたことがありませんでした。同じようなスピンオフ作品で,2012年にアニメ化された「マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス」も観ていたのですが,本編のゲームにはどうも手を付けるタイミングがなかったんですよね。世界観的には俺の好みにドンピシャな作品ですし,各所で情報を集めながら「いつか,いつかは」と思っていたんです。

戦の海賊

 ……で,嬉しいことに今年1月21日にPlayStation Vita版の「マブラヴ」と「マブラヴ オルタネイティヴ」が発売されたんですわ。「このタイミングしかない!」と思い,ついに購入しました! というわけで現在,睡眠時間を削りながら1作目にあたる「マブラヴ」をプレイしております。
 ただ,これまた複雑な話になるんですが……1作目の「マブラヴ」って「EXTRA」編と「UNLIMITED」編という,2つの大きく異なる世界観に分かれているんですよ。簡単に言うとEXTRA編がBETAとの戦争なんかとは無縁の超王道の学園ラブコメで,EXTRA編において特定条件を満たせばプレイ可能になるUNLIMITED編が,「マブラヴ オルタネイティヴ」に繋がる世界の話になっています。じゃあ,いわゆる「スターシステム」的な,登場人物が共通なだけでそれぞれまったく関係のないストーリーなのかといえば,そういうわけでもないらしく……。まぁ,つまり,これ以上の説明はまだまだゲームを始めたばかりの自分には荷が重いということです。

戦の海賊 戦の海賊

 ちなみに,プレイ状況を報告しますと1周目で純夏ルートをクリア,2周目で尊人と遭難し,3周目で彩峰ルート,4周目で委員長ルート,現在は5周目でたまルートを攻略中です。冥夜ルートは本作において重要な立ち位置っぽいので,あえて後回しにしました。すべてEXTRA編の話で,UNLIMITED編にはまだ突入していません。開放条件も,いまだに分かってません。
 とりあえずここまでプレイしての感想としては,本当にベッタベタの学園ラブコメだなと。なにせ10年以上も昔のゲームですし,率直に言えば,今プレイすると「古臭さ」を感じるところも多々あるかと。
 しかしながら,勘違いしないでほしいのは,決して「つまらない」わけではないということです。シナリオのレベルは高く,とても丁寧に“定番”を描いている。例えるならば,最高の食材と手腕で作り上げた「牛丼」のようなもの。昨今はベタを脱しようと変化球に走ったコンテンツにばかり触れているものですから,むしろ新鮮にすら感じられて「ああ,こういうのもやっぱりいいな」としみじみ思いました。
 なかでも,普段はちゃらんぽらんな主人公である「白銀 武」がシリアスなシーンでは心に響くセリフを言ったりするのがグッドですね。やはりギャルゲーの主人公たるもの,こういうギャップは大事だと思います。ちっとばかし言っていることが青臭くて,スレた大人の目線からすると気恥ずかしくなったりもするのですが,それもまた“青春”を感じられてとてもイイ。

戦の海賊

 というわけで,まとめると「すんごい楽しんでいる」ということです。この先,EXTRA編をコンプリートしてUNLIMITED編を遊び始めたらどうなっちゃうんだろうと,ワクワクしています。
 いやぁ,でも10年ですよ10年。これだけ時間が経っていたら,俺と同じように「知っているけどプレイしていない」読者もやはりいるんじゃないでしょうか? そういう人は,Vita版。やるなら今しかねぇですよ。大人はなにかと忙しいものですが,こんな風に思い切って新しくコンテンツを追いかけ始めるというのは,日々の生活にハリが出ていいもんですよ。「俺,いまオタクやってるなぁ〜」って感じですわ。

「マブラヴ」ポータルサイト

  • 関連タイトル:

    戦の海賊

  • 関連タイトル:

    戦の海賊

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月14日〜11月15日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月