オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
鉄拳7公式サイトへ
読者の評価
74
投稿数:4
レビューを投稿する
海外での評価
82
Powered by metacritic
鉄拳7
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ミュージック フロム ゲームワールド:Track 61 「鉄拳7」「ピリオドキューブ 〜鳥籠のアマデウス〜」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/06/17 12:00

連載

ミュージック フロム ゲームワールド:Track 61 「鉄拳7」「ピリオドキューブ 〜鳥籠のアマデウス〜」

ミュージック フロム ゲームワールド


Illustlation by しなぷう
ミュージック フロム ゲームワールド:Track 61 「鉄拳7」「ピリオドキューブ 〜鳥籠のアマデウス〜」
 PlayStation 3とPlayStation 4のマルチプラットフォームで発売されているタイトルは数多いですが,未だにPS4を持ってない筆者の選択肢はPS3版のみ。でも,今さらPS3版を買うのも,何となく負けた気がしてしまう……。という葛藤がここのところ続いているので,そろそろPS4が欲しいです。つまり何が言いたいかというと,PS4で「ドラゴンクエストヒーローズ」を1作めから遊び尽くしたいってことですよ!
 さて,今週の四音ちゃんはリビングでまったり。さりげなくスピーカーが渋いです。ゲームもいい音で遊ぶと,いっそう気分が盛り上がりますよね。それでは,今週も「ミュージック フロム ゲームワールド」の始まりです!



シリーズ20周年を超え,進化し続ける怒涛のテクノサウンド

「鉄拳7 サウンドトラック」


タイトル 鉄拳7 サウンドトラック ミュージック フロム ゲームワールド:Track 61 「鉄拳7」「ピリオドキューブ 〜鳥籠のアマデウス〜」
発売日 2016年5月21日
価格 3000円(税抜)
発売元 SweepRecord
コピーライト (C)BNEI

 初代「鉄拳」のためにPlayStation本体を購入して遊びまくり,そのおかげで妙に明るいフィジー島ステージのBGMが今でも耳から離れない筆者ですが,同じような経験をしている人も多いのではないでしょうか。「鉄拳」シリーズの楽曲は,「リッジレーサー」シリーズと並ぶ人気テクノサウンドとして,長くゲーム音楽ファンに支持されてきましたが,その最新作「鉄拳7」の楽曲がついにサントラ化されました。今週の1枚めは,その「鉄拳7 サウンドトラック」を紹介します!

 作・編曲には,バンダイナムコスタジオの濱本理央氏井上 拓氏,元ナムコ〜バンダイナムコゲームスで,今はフリーランスで活動中の遠山明孝氏,同じく元ナムコ〜バンダイナムコゲームスで,現在はMONACA代表の岡部啓一氏,そして「リッジレーサー」シリーズでもお馴染みの佐野信義氏が参加。さらに,スウェーデンのメタルバンドBatAArが,ボーカル曲「VREDE」を提供しています。

 今回のサントラはCD2枚組に全25曲を収録し,「考えるな,感じろ!」と言わんばかりの怒涛の勢いで繰り出されるテクノサウンドにトリップ必至。1曲めは,ゲームのオープニング曲「Heat Haze Shadow」。耳を奪われるノイジーなベースサウンドと,後半パートから入る色っぽい女性ボーカルとの絡みが最高! セクシーな歌声で骨抜きにされそうです。

 また,すべてのステージ楽曲が2バージョン用意されている点にも要注目。道場ステージの「Dojo 1st」は,和風サウンドをエッセンスに散りばめたBPM低めのテクノナンバーから,BPMを上げた「Dojo 2nd」へと変貌。疾走感あふれるトランスミュージックの「Equator Line 1st」は,「Equator Line 2nd」でより激しさを増したアレンジになっています。基本的に「1st」に比べて「2nd」のほうがよりハードなアレンジになっており,両者を聴き比べられるのもこのサントラの醍醐味です。

 前述のBatAArによるボーカル曲「VREDE」は,イントロこそテクノテイストを交えたミクスチャー的な雰囲気を感じさせますが,続いて飛び出してくるのはハードコアなデスボイス。そして,それと入れ替わるようにメロディアスなハイトーンボーカルが繰り出されるという,アグレッシブなメロデスナンバー。ここまでのテクノの流れを全部ひっくり返してしまう,インパクト抜群の曲です。

 これまでのシリーズ同様,今回もまたインパクトあるサウンドでファンを驚かせてくれる「鉄拳7」。一瞬の隙も与えない,研ぎ澄まされた音の10連コンボ……いや,25連コンボを,すべてのゲーム音楽ファンに食らってほしいと心から願うばかりです。

SOUND PLAYER:このブラウザは未対応です。PCをご利用ください。

「鉄拳7 サウンドトラック」公式サイト


トラックリストを見る

[DISC1]
1
Heat Haze Shadow
2
Fight Night
3
Dojo 1st
4
Dojo 2nd
5
Ruin 65 1st
6
Ruin 65 2nd
7
Equator Line 1st
8
Equator Line 2nd
9
Arctic snowfall 1st
10
Arctic snowfall 2nd
11
The day before the glass matrix 1st
12
The day before the glass matrix 2nd

[DISC2]
1
Empty Your Mind 1st
2
Empty Your Mind 2nd
3
A Grain of Sand 1st
4
A Grain of Sand 2nd
5
Volcano 1st
6
Volcano 2nd
7
KAZUMI's Theme
8
Devil KAZUMI
9
VREDE
10
Dream Chest
11
Continue?
12
Gameover
13
The Long Goodbye



ファンタジー世界にドラマティックなサウンドが響く!

「ピリオドキューブ 〜鳥籠のアマデウス〜 オリジナルサウンドトラック」


タイトル ピリオドキューブ 〜鳥籠のアマデウス〜 オリジナルサウンドトラック ミュージック フロム ゲームワールド:Track 61 「鉄拳7」「ピリオドキューブ 〜鳥籠のアマデウス〜」
発売日 2016年6月1日
価格 2800円(税抜)
発売元 ティームエンタテインメント
コピーライト (C)2016 IDEA FACTORY

 アイディアファクトリーから発売中の女性向け恋愛アドベンチャー「ピリオドキューブ 〜鳥籠のアマデウス〜」。ひょんなことから,オンラインRPG「アルケイディア」の世界に入り込んでしまった主人公が,現実世界に戻るためにゲームクリアを目指して冒険を繰り広げていくという本作のサントラがリリースされました。今週の2枚めは「ピリオドキューブ 〜鳥籠のアマデウス〜 オリジナルサウンドトラック」を紹介します。

 作・編曲は尾澤拓実氏が担当。これまで,ゲーム音楽では主にオープニングやエンディングのボーカル曲をメインに手掛けており,最近ではアニメ「ディバインゲート」の劇伴を担当したことでも知られています。乙女の脳をメロメロに溶かす,上品なクラシックミュージックを中心に,シチュエーションに合わせたさまざまなタイプの楽曲を聴かせてくれます。

 1曲めの「茨ノ楽園」は,Joelleが歌うオープニングテーマ。ミステリアスでドラマチックなストーリー,そしてロマンス(ここ重要),それらの要素を歌詞とサウンドに凝縮した,重厚な女性ボーカルロックチューンです。JoelleはSound HorizonやLinked Horizonのサポートメンバーも務めており,女性ファン層を意識した起用とも言えるでしょう。ちなみに筆者も一度だけSound Horizonのライブに足を運んだことがあるのですが,可愛い女子の皆さんにもみくちゃにされました。なんとしてもまた行きたいです。

 それはさておき,オープニングのあとは危険な香りが漂う「蜜と毒」,オペラテイストを加えたダイナミックなオーケストラナンバー「Theme of Period:◆」,牧歌的で優しい雰囲気の「陽が香る日常」「やわらかな時」と続き,本作の世界観とドラマを音楽でしっかりと感じさせてくれます。
 バトル曲の「Battle - Slash」はコアな展開でゴリ押ししていくのかと思いきや,中盤でしっかりとメロディアスなフレーズを出してくるのが印象的。同じバトル曲でも「Battle - Speed」は疾走感あふれるクラシカルなハードロックチューンに仕上がっており,こちらも必聴です。

 カントリー風のサウンドを軽快なツービートに乗せた「Candy Rolling!!」も思わず耳を奪われる曲で,筆者のイチオシ。ラスト手前の「あなたがいてくれた」は,聴いているだけで体が溶けてしまいそうになる癒しナンバーです。
 そしてラストは,結良まりが歌うエンディングテーマ「光射す刻」。彼女もSound Horizonのサポートボーカルを務めたことがあり,女性ファンに広く知られているアーティストです。ピアノをバックに包容力あるボーカルが素敵な曲で,何度も聴きたくなります。豪華な参加アーティストによる聴きごたえ満点のサントラなので,女子だけでなく男子も,ぜひ手に取ってみてください。


「ピリオドキューブ 〜鳥籠のアマデウス〜 オリジナルサウンドトラック」


トラックリストを見る

1
茨ノ楽園/オープニングテーマ 歌:Joelle
2
蜜と毒
3
Theme of Period:◆
4
陽が香る日常
5
やわらかな時
6
Battle - Slash
7
不安の渦
8
なになになに!?
9
Candy Rolling!!
10
あなたのそばで
11
迷宮に蠢く
12
カナシミノ雫
13
特別な想い
14
漆黒崩壊
15
Battle - Speed
16
震える心
17
強き決意
18
Battle - Finale
19
希望のひかり
20
あなたがいてくれた
21
光射す刻/エンディングテーマ 歌:結良まり



■■風のイオナ■■
マーベルランドで産まれ,フェアリーランドで育ち,さざなみの島で一攫千金を夢見るも,バビリム王国に連れ去られて塔建設の奴隷として働く。巨大宇宙船に密航して惑星あくあへ逃亡後,仕事の都合でモタビア星に移住し,ハンターとして惑星ラグオルの調査をして生計を立てていたが,現在はNEO TOKYOを拠点に活動中。ゲーム&ゲーム音楽に加えて邦楽インディーロック&サブカルアイドル追跡,自転車旅行,広島東洋カープの応援などが趣味。2016年で編集&ライター生活20周年を迎えてしまいました。
  • 関連タイトル:

    鉄拳7

  • 関連タイトル:

    鉄拳7

  • 関連タイトル:

    鉄拳7 FATED RETRIBUTION

  • 関連タイトル:

    ピリオドキューブ 〜鳥籠のアマデウス〜

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月22日〜09月23日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
47
マジカミ (BROWSER)
2019年03月〜2019年09月