オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
サモンズボード公式サイトへ
読者の評価
80
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
サモンズボード
特集
プレイ動画
攻略データ
インタビュー
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ガンホーの新作「サモンズボード」のプレイレポートをお届け。ボードゲーム+RPGというシステムの出来はいかに?
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/02/17 12:38

プレイレポート

ガンホーの新作「サモンズボード」のプレイレポートをお届け。ボードゲーム+RPGというシステムの出来はいかに?

サモンズボード
 iOS版が本日(2014年2月17日)配信開始となったガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下,ガンホー)のスマートフォン向けタイトル「サモンズボード」iOS / Android)のプレイレポートをお届けしよう。ガンホーといえばパズル+RPGというシステムで大ヒットとなった「パズル&ドラゴンズ」iOS / Android。以下,パズドラ)が頭に浮かぶが,本作はボードゲーム+RPGとでも表現すべきゲームとなっている。気になった人は本稿をじっくり読んでほしい。

iOS版「サモンズボード」ダウンロードページ

Android版「サモンズボード」ダウンロードページ


 本作の舞台はファンタジー風の世界となっており,プレイヤーは召喚したモンスターでチームを組み,ダンジョンに巣食う敵たちを撃破して,モンスターをレベルアップさせていく。これだけ聞くとパズドラ風だが,メインとなるバトルパートは将棋やチェス,ウォーシミュレーション系ボードゲーム,シミュレーションRPGなどに近いシステムだ。

サモンズボード サモンズボード

 ダンジョンでは上の画像のように4マス×4マスに区切られたフィールドで敵味方のユニットが闘うことになる。プレイヤーはここに4体まで自軍のユニットを配置可能だ。
 フィールド上にいる敵ユニットをすべて撃破すると次のフィールドに移動し,ダンジョン最深部にいるボスを倒せば,見事ステージクリアとなる。バトルはターン制で,プレイヤーと敵が交互に自軍のユニットを一体ずつ行動させる仕組みだ。

4×4のフィールドをユニット達が所狭しと動き回る。石などの障害物は一部のユニット以外通過できない
サモンズボード サモンズボード

 ユニットの周囲には矢印が表示されているが,これはそのユニットが移動や攻撃できる方向を表している。
 
 矢印が1つの場合は1マスずつ,2つのものは何マスでもその方向に移動可能。移動完了後,矢印の方向にいる敵ユニットへダメージを与えられるのだが,このとき,移動させなかったユニットも同時に攻撃を行う。複数のユニットが同時に同じ敵ユニットを攻撃すると,ダメージに倍率がかかる「コンボ」が発生。同時に攻撃するユニットの数が多ければ多いほどダメージアップ率は高くなる。
 
 コンボは効率よく敵を倒す手段として積極的に活用したいところだが,当然ながら敵側も使用してくるため,それを避けるようなユニットの運用が必須となる。安易に単騎突撃をするとあっという間に倒されてしまうのだ。
 筆者は本作を10時間ほどプレイして,いろいろと試行錯誤したのだが,打たれ強いユニットで敵ユニットを誘い出して足を止めさせ,その間にほかのユニットで囲んで撃破していく……という戦法がセオリーになるのではと感じた。敵の数が減ればコンボをくらう機会が減るので,スタートからできるだけ速やかに相手ユニットのいずれかを囲んでしまいたいところだ。

 ……とは書いたものの,そう簡単にはいかない。敵ユニットの思考ルーチンは基本的に「最大ダメージを与えるように動く」というものなので,予測はそう難しくはないが,「1ターンに1ユニットしか動かせない」というルールのため,理想的な陣形を組むためには二手三手先を考えなければならないのだ。

サモンズボード
ボスキャラクターは単体ユニットでチマチマ攻撃しても倒せない。コンボで一気に大ダメージを与えよう
サモンズボード
各ユニットは必殺技ともいえる「スキル」を持っている。使用には一定数のターン経過が必要だが,うまく使えば戦局を有利に運べる

 パーティ編成も奥が深い要素だ。本作ではパズドラと同じく,ユニットごとに「火」「水」「木」「光」「闇」の属性が設定されており,相手の属性と相性がいい属性のユニットで攻撃すると,ダメージがアップする仕組みになっている。
 また,編成では先に説明した移動についても考慮する必要がある。ほとんどのユニットは,好きなだけ移動できる方向が限られているわけだが,その方向が偏ったパーティを組んでしまうと,うまく陣形を組んだり,ピンチの仲間ユニットをサポートしたりといったことが難しくなってしまうのだ。

サモンズボード
このユニットのように,左方向への突進力はあるものの,右には1マスずつしか動けないユニットの場合,調子に乗って画面左でガンガン戦っていると,右側の仲間が襲われた場合に救援にいけない
サモンズボード
一部のユニットは敵や障害物を飛び越えて移動できる「飛行」という能力を持っている(顔アイコンの上に羽根のマークがあるユニット)。敵として登場した場合は,思わぬ動きをしてくることがあるので要注意

 繰り返すが,本作のバトルでは,基本的に「1ターンにユニットを1体動かす」ことしかできない。それゆえに一手一手の妥当性が問われ,ミスしたときは本当に悔しいし,これぞという手を打てたときは爽快なのだ。
 もちろん,ユニットの強化は可能になので,軸となるキャラクターを作ったり,パーティ全体の力を底上げしたりするなどすれば,余裕を持ってダンジョンに挑むこともできる。

 思考力を武器に低レベルで高難度ダンジョンに挑むもよし,お気に入りのユニットをガンガン強化して確実に勝利をつかむのもよしと,プレイヤーの好みに応じてさまざまな遊び方ができる本作。ダンジョンの1フロア攻略にかかる時間は短く,テンポよく遊べるので,まずは気軽に触ってほしい。

サモンズボード

「サモンズボード」公式サイト

  • 関連タイトル:

    サモンズボード

  • 関連タイトル:

    サモンズボード

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月23日〜07月24日