オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Oculus Rift」の推奨GPUはGTX 970あるいはR9 290以上
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/05/16 23:44

ニュース

「Oculus Rift」の推奨GPUはGTX 970あるいはR9 290以上

製品版Riftのイメージ
Rift
 北米時間2015年5月15日,Oculus VRのチーフアーキテクトであるAtman Binstock氏は,同社公式blogにおいて,2016年第1四半期に出荷開始予定となっている仮想現実(以下,VR)対応のヘッドマウントディスプレイ(以下,HMD)「Rift」を満足に動作させるために推奨されるPCのスペックと,必須要素を発表した。具体的には以下のとおりで,とくにGPUの要求水準が高い。

●Riftの推奨スペック
  • GPUGeForce GTX 970あるいはRadeon R9 290以上
  • CPU:Core i5-4590(定格3.3GHz,最大3.7GHz,4C4T,共有L3キャッシュ容量6MB)以上
  • メインメモリ容量:8GB以上

●Riftの必須スペック
  • OS:Windows 7+Service Pack 1以降
  • USB:3.0準拠のポートが2つ
  • HDMI出力:バージョン1.3対応以上

 Binstock氏によれば,Riftで片目あたり1080×1200ドットの解像度の画面を90Hzのリフレッシュレートで描画する負荷は,一般的なPCゲームにおける解像度1920×1080ドットの60Hz設定時と比べて,ざっくり3倍に達するとのこと。また,一般的なPCゲームにおいてはリフレッシュレートが30〜60Hzの範囲で可変することが許容されるのに対し,VRにおいてそれを許容すると,「描画されないフレーム」がVR世界の違和感に直結するので,描画のリアルタイム性はより高いレベルで要求されることになる。そのため,GPUの性能には,不測の事態に対応できるだけのものが求められ,結果として,非常に高いものになったそうだ。
 ただ氏は同時に,「Riftの製品寿命が続く限り,推奨スペックは固定される。そのため将来,要求スペックは相対的に低くなる」とも述べている。Riftが無事離陸し,広く使われるようになる頃には,PC側のGPU性能などが上がり,今回明らかになった推奨スペックも,そう無茶なものにはならないだろう,というわけである。

 もっとも,2016年第1四半期に登場する時点で,相当に高いスペックが要求されることに変わりはない。Riftを楽しむ気満々の人達は,早めに準備しておいたほうがよさそうだ。


 なお,Binstock氏によると,Oculus VRは現在,Windows環境に向けた注力を行っているため,LinuxおよびMacOS X向けの開発は一時的に停止しているとのことだった。

Atman Binstock氏によるblogポスト

  • 関連タイトル:

    Rift

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月26日〜06月27日