オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
テイルズ オブ イノセンス R公式サイトへ
読者の評価
82
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2011]“イノセンス R”と“ヒーローズ ツインブレイヴ”,2つの新シリーズ作が明らかとなった「テイルズ オブ」シリーズプレス発表会の模様をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/09/17 01:27

イベント

[TGS 2011]“イノセンス R”と“ヒーローズ ツインブレイヴ”,2つの新シリーズ作が明らかとなった「テイルズ オブ」シリーズプレス発表会の模様をレポート

 東京ゲームショウ2011の2日目となる2011年9月16日,バンダイナムコゲームスブースのステージにおいて,「テイルズ オブ」シリーズのプレス発表会が行われた。
 すでに速報でもお伝えしているが,ここでは,テイルズオブシリーズの最新作「テイルズ オブ イノセンス R」と「テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ」の2本が発表された。本稿では,そのときの模様をレポートする。


 まずは,テイルズオブシリーズの統括プロデューサー 吉積 信氏が登場し,15周年を迎えた同シリーズについて,「一作目からずっと関わっているスタッフはほとんどいなくなってしまって,いつのまにか私一人でポツーンって感じでした(笑)。でも今は,色んな才能が集まってきています。そのおかげでテイルズシリーズはここまでやってこれました」と,思い出話を織り交ぜながら語った。

吉積 信氏

 続いて,お待ちかねのシリーズ最新作の発表へと移る。最初に発表されたのは,PSP用ソフト「テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ」だ。


テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ


直井啓訓氏
 「テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ」の発表後に登場した,本作のディレクターを務める直井啓訓氏よると,本作は歴代のテイルズキャラクターが多数出演するオールスターゲームで,広いフィールドを駆け回って,敵をなぎ倒す爽快感溢れるアクションが楽しめる作品だという。

 コンセプトは「無数の敵,二人の絆」で,参戦するキャラクターは,各シリーズにおいて,強い絆で結ばれた二人になるとのことだ。


テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R
テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R
テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R
テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R
テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R

 ここで直井氏が,開発中のROMを使って本作のデモプレイを披露。キャラクターは9月8日に発売されたばかりの「テイルズ オブ エクシリア」(PS3)から,ジュード(プレイヤー)とミラ(パートナー)だ。プレイ中はつねに二人一組で進んでいき,パートナーがプレイヤーのピンチを助けるシーンや,攻撃をフォローするシーンなどが確認できた。ただステージを一緒に進んでいくだけではなく,二人いるからこそできる特定のアクションなどが用意されている点は,いかにもテイルズらしい。
 このことからも,パートナーの存在は本作において,かなり重要なウェイトを占めることは間違いないだろう。またステージの後半と見られる場面では,「テイルズ オブ ヴェスペリア」PS3 / Xbox 360)のユーリとフレンが待ち受けており,この二人と戦うことに。さすがに雑魚を蹴散らすようにはいかず,なかなかの苦戦を強いられていた。

コンセプトアート

テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R
テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R
テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R

 直井氏によると,本作に登場するシリーズ過去作に出てきたキャラクターは,術・技が派手にアレンジされており,その様子は一見の価値があるそうだ

直井氏曰く「見たことがないくらいに格好いい魔神剣が見られる」とのこと

 またすべてのキャラクターを高い等身で作っているので,等身の低かった過去作キャラクターも,すべてスタイリッシュで格好いいキャラとしてアレンジされているらしい。ファンはこちらも期待したいところ。発売は2012年の早い時期を予定しているそうだ。

テイルズ オブ イノセンス R


テイルズ オブ イノセンス R


 続いて発表されたのは,PS Vita用ソフト「テイルズ オブ イノセンス R」だ。こちらをプレゼンテーションするのは,プロデューサーの大舘隆司氏と,制作プロデューサーの村北美夏氏となる。

大舘隆司氏
村北美夏氏

 本作は,2007年12月にニンテンドーDS用ソフトとして発売された「テイルズ オブ イノセンス」を“再構築”するという作品だ。大舘氏によればオリジナル版は「思い入れがすごく強いタイトル」らしく,もう少しやりようがあるんじゃないかと常々思っていたという。そんなときに,PS Vitaの話を聞いて,ぜひチャレンジしようと考えたそうだ。


 “再構築”をテーマに制作されている本作は,有機ELディスプレイに映し出される美しいグラフィックスはもちろんのこと,新キャラクターや新シナリオの追加,メインシナリオのフルボイス化など,いたるところに改良が施されているという。
 新キャラクターの「キャラ キュキュ・セレツネワ」は,眼帯などを付けていたり,体中が傷だらけになっているなど,何かと謎を感じさせるデザインだ。村北氏によると,そのあたりは新シナリオによって明らかにされるとのこと。


 またオリジナル版「テイルズ オブ イノセンス」では,スピーディなバトルがプレイヤーから高評価だったが,キュキュもかなりスピーディな動きをし,打ち上げ攻撃でガンガン敵を蹴散らしていくタイプらしい。
 続いて,本作のテーマソング「Now Day,New Life」を歌うアーティスト,KOKIAさんが紹介された。


 KOKIAさんは,オリジナル版「テイルズ オブ イノセンス」に引き続いての起用となる。ちなみに大舘氏によると,本作はダブルオープニングとなっており,前作のOPも収録されているとのこと。

本作のプロモーションムービーも公開された
テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R
テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R
テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R
テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R
テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R
テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R
テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R

 ここで,村北氏によるデモプレイが実演された。本作のバトルは,「ダイレクト・インタラクション・リニアモーションバトルシステム」と呼ばれており,プレイヤーの入力がそのままアクションに繋がっていく楽しさが味わえる。さらにオリジナル版では,敵を打ち上げて攻撃することが可能だったが,本作では,それにバウンドの要素が加わり,戦略性も大幅にアップしているという。デモプレイでも,その一端を垣間見ることができた。
 そして最後に,オリジナル版で人気のあったハスタが登場。かなり手強く,苦戦していたがなんとか撃破していた。

テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R
テイルズ オブ イノセンス R テイルズ オブ イノセンス R

 発表会のラストには,吉積氏が「テイルズ オブ イノセンス R」の発売日について言及。2012年と発表されたのだが,大舘氏が「お年玉がなくなる前には……」と消え入りそうな声で発言。思わず吉積氏から「おい! それ言っていいのか?(笑)」とツッコミが入れられていたことからも,そんなに先の話ではないかも。ファンは期待して続報を待とう。

テイルズ オブ イノセンス R
  • 関連タイトル:

    テイルズ オブ イノセンス R

  • 関連タイトル:

    テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月21日〜01月22日