オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
AKIBA'S TRIP公式サイトへ
  • アクワイア
  • 発売日:2011/05/19
  • 価格:UMD版:5670円/ダウンロード版:4500円(いずれも税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
68
投稿数:11
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
秋葉原を舞台に人間と吸血鬼の抗争を描く。アクワイア,同社5年ぶりの完全オリジナルタイトル「AKIBA'S TRIP」を2011年4月14日に発売すると発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/01/27 15:22

ニュース

秋葉原を舞台に人間と吸血鬼の抗争を描く。アクワイア,同社5年ぶりの完全オリジナルタイトル「AKIBA'S TRIP」を2011年4月14日に発売すると発表

 アクワイアは本日(2011年1月27日),同社5年ぶりの完全オリジナルタイトルとなるPSP用アクションアドベンチャーゲーム「AKIBA'S TRIP」を,2011年4月14日に発売すると発表した。価格はUMD版が5670円で,ダウンロード版が4500円(いずれも税込)。レーティングはC(15才以上対象)となっている。

「AKIBA’S TRIP」公式サイト


 謎のWebサイトオープンから思わせぶりな(?)情報公開で,ユーザーをやきもきさせていた「AKIBA'S TRIP」だが,本日ついに,発売日などと共に,ゲームの内容が公開された。

 本作は,タイトルにもなっている秋葉原を舞台としたアクションアドベンチャーゲーム。主人公の予備校生が,秋葉原で消息を絶った友人を捜索するうちに,「カゲヤシ(陰妖小)」と呼ばれる吸血鬼と人間との抗争に巻き込まれるというのが,本作のストーリーラインだ。なおシナリオには「このライトノベルがすごい!2011」で5位となった「ベン・トー」のアサウラ氏を起用,キャラクターデザインはtanu氏が担当しているという。

 本作において舞台となる秋葉原は,多くの実在店舗とのタイアップによって忠実に再現されている。街には人々が行き交い,見慣れた量販店の看板が立ち並ぶ。プレイヤーは,そんなマップで,メイド喫茶で遊んだり開発中のゲームをテストプレイしたりと,秋葉原ならではのお楽しみ要素を体験できる。

(行ったことのある人なら)お馴染みの看板,見慣れた街並がプレイヤーをホッとさせる

囚われる主人公。どうやら主人公が捜索していた友人も,カゲヤシに襲われていたようだ
AKIBA'S TRIP AKIBA'S TRIP

 また街中でのカゲヤシとのバトルは,体の部位を狙った攻撃のほか,連続技や武器による攻撃など多彩なアクションパターンで展開できる。だたし,吸血鬼であるカゲヤシは身体の再生能力によって打撃では倒せないため,彼らの弱点である日光を利用した“あるアクション”を使う必要があるという。こちらの詳細は不明だ。

バトルはオープンフィールドで随時行えるような印象

 本作はまだまだ謎の多い作品だが,本日はいくつかスクリーンショットも届いている。秋葉原の親近感ある(?)明るい街並みと,“密室で囚われる主人公”という一種“暗い”シーンとのコントラストなどを味わいつつ,ぜひシゲシゲとチェックしてみてほしい。

【製品情報】

タイトル名 : AKIBA’S TRIP(アキバズトリップ)
対応機種 : プレイステーションポータブル
ジャンル : アクションアドベンチャー
プレイ人数 : 1人
発売日 : 2011年4月14日予定
価格 : UMD版 5,670円(税込) ダウンロード版 4,500円(税込)
CERO年齢区分 : C(15才以上対象)
著作権 : (C)2011 ACQUIRE Corp. All Rights Reserved.
開発 : アクワイア
製作 : アクワイア
公式サイト : http://akbstrip.jp/
備考 :
シナリオ アサウラ 「ベン・ト―」
※このライトノベルがすごい!2011 第5位
キャラクターデザイン tanu

「AKIBA’S TRIP」公式サイト

  • 関連タイトル:

    AKIBA'S TRIP

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月19日〜02月20日