オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Windows 8.x公式サイトへ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
次期Windowsの名称が正式に「Windows 8」と決定。x86&x64版の“無印”と「Pro」,ARM版の「RT」で計3エディションに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/04/17 13:16

ニュース

次期Windowsの名称が正式に「Windows 8」と決定。x86&x64版の“無印”と「Pro」,ARM版の「RT」で計3エディションに

 Microsoftは米国時間2012年4月16日,公式blogで,年内の発売が予定される次期Windowsの正式名称が「Windows 8」となったことを発表した。個人向けエディションは,x86&x64アーキテクチャ向けのWindows 8“無印”と,無印にビジネスや技術者向け機能を追加した「Windows 8 Pro」の2つに再編。一方で,「Windows on ARM」(もしくはWoA)と呼ばれてきたARMアーキテクチャ環境向けの「Windows RT」が新たに加わるため,SKU(Stock Keeping Unit,スキュー)は3種類ということになるようだ。
 なお,海外の一部報道によると,大企業向けの「Windows 8 Enterprise」も用意される見込みだという。

 以下,コンシューマ向けとなる3エディションの特徴を簡単にまとめておきたい。

●Windows 8
 一般ユーザー向けに提供されるPC用のエディションで,「Windows 7」の「Starter」「Home Basic」 「Home Premium」の各エディションからアップデートが可能とされている。
 「Metro UI」と呼ばれるタイル状のユーザーインタフェースや,アプリストアの「Windows Store」など新機能を搭載するのがWindows 7との主な違いだ。
 ゲーマーにとってはXbox LIVEに標準対応することが見逃せない点だろう。タイトルによっては,Xbox 360やWindows Phoneとの間でオンライン対戦などが可能になるとされており,3月に開催されたGDC 2012ではデモが披露されているが,うまく行くことを期待したいところだ。

●Windows 8 Pro
 ビジネス用途や技術者向けのPC用エディションで,Windows 7からのアップデートは前出の3エディションに加えて「Professional」「Ultimate」からも可能だ。
 “無印”エディションの機能はすべて搭載しつつ,さらにHyper-VやVHD(Virtual HDD)からの起動,BitLocker,ドメインへの参加,リモートデスクトップのホスト機能などをサポートするとあるので,イメージとしてはWindows 7 Ultimateの後継に近いかもしれない。

●Windows RT
 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した端末用のエディションで,端末にインストールされた状態のみでの提供となる。PC向けのプロセッサより非力なプロセッサ向けに簡略化された構成になっていたり,Microsoft Officeを標準搭載していたりする点が無印やProエディションとの違いだ。

 個人用向けのエディションがWindows 7の5つから3つとなり,OS単体で購入したりゲームPCにプリインストールされた状態で購入する場合は無印とPro版の2択になった。しかもその両エディションの違いが追加機能の有無だけになったことで,ユーザーとして選びやすくなる点は歓迎したいところだ。

Microsoft公式blogへのリンク

  • 関連タイトル:

    Windows 8.x

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月24日〜04月25日