オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ArcheAge公式サイトへ
読者の評価
68
投稿数:125
レビューを投稿する
準備中
ArcheAge
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
コアゲーマーの琴線に触れる新作MMORPG「ArcheAge」の韓国サーバーに潜入してみた。MMORPG黎明期を知るプレイヤーの心を引くものは何だったのか
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/03/21 12:00

紹介記事

コアゲーマーの琴線に触れる新作MMORPG「ArcheAge」の韓国サーバーに潜入してみた。MMORPG黎明期を知るプレイヤーの心を引くものは何だったのか

 ゲームオンでサービスが行われる予定の新作MMORPG「ArcheAge(アーキエイジ)」が6年の歳月を経て2013年1月に完成し,韓国でサービスが開始された。日本でサービスされるのはいつのことかと待ちわびている読者諸氏は,「Ultima Online(ウルティマ オンライン)」という作品をご存じだろうか。
 比較的年齢層の高い4Gamer読者であれば,遊んだことはなくても,名前すら知らないという人はまずいないだろう。そして,やや美化されている気もするが,いまも伝説のように残る面白いエピソードの数々に,MMORPGというジャンルの可能性を垣間見たゲーマーも少なくないはずだ。
 プレイヤー自身が商店を開いて,森で木を切って,海で釣りをして,鉱山で採掘して,家を建てて,PKができて……とにかく何でもできた。そんな前評判を聞いたゲーマーは,なんて凄いゲームが出てきたんだと驚嘆し,実際に遊んで,また驚いた。
 結局のところ筆者は,まだ日本サーバーがないころから5年近くUOをプレイし,自他共に認める廃プレイヤーになっていた。この業界に入ったのも,元を正せばこれが要因だった。

 つい昔話をしてしまったのは,満を持して登場した「ArcheAge」の情報を追えば追うほど,これは「生活系」MMORPGの真打ちが現れたかもしれないと思えてくるからだ。では,そう感じる理由とは,何なのだろうか。

ArcheAge

 現在「ArcheAge」は,韓国で正式サービスが行われている。そこで今回,筆者が上記のように感じる理由を探るため,韓国サーバーに潜入してみることにした。ただ,正直なところ,ハングルはまったく読めず,何が書いてあるのかさっぱりだ。しかしまあ,それはそれ。これまでのMMOのプレイ経験で乗り切ってみようではないか。あと,iPhoneの韓国語キーボードと翻訳サイト万歳!

※韓国サーバーでは頻繁にバランス調整を含めたアップデートが行われており,筆者がプレイした状態のままで,日本サービスが行われるかどうかは未定であることは注意してほしい

CryENGINE 3で描かれる美しい世界も本作の特徴のひとつだ
ArcheAge

「ArcheAge」公式サイト



そもそも“生活系”ってなんだろう?


 4GamerでMMORPGを紹介するとき,よく“生活系”という表現を使う。件のUOのほか,「マビノギ」「Second Life」,国産MMORPGでは「Master of Epic: The ResonanceAge Universe」,「大航海時代 Online」なども該当するだろうか。では,そもそも生活系とは,どういったジャンルなのだろう。

 一般的に,そのMMORPGがどんな作品なのかを考えるとき,重要なのはエンドコンテンツが何を目的にしているかだろう。例えば,レイドコンテンツEQなど)だったり,戦争コンテンツDAoCFEZなど)だったりといった具合だ。では,生活系のエンドコンテンツとはなんだろう?

ArcheAge

 生活系のMMORPGというものを漠然とイメージしてみると,フィールドやダンジョンの探索を楽しむことはもちろん,素材を集めながら,生産一筋で遊ぶこともできるゲームを思い浮かべる人は多いはずだ。ただ釣りをして暮らしてみたり,ほかのプレイヤーと取り引きしながら家を建てたりして,その世界で生活する作品,いわゆる「仮想世界を生きる」というものになる。

 こう書くと,ほのぼのとしたイメージを浮かべてしまうのだが,生活(現実)を体験するということは,当然,争いも内包する。例えば土地であったり,資源であったりは基本的に早い物勝ちで,そこからの取り引きも生じたりする。さらに,プレイヤー同士の戦争が起こるし,もっと小規模な,個人的な戦いになればPK(Player Killing)も起こる。犯罪がシステムとして設けられていて,それに対するペナルティも発生する。なんというか,ゲームでも現実は甘くないのだ。

ArcheAge

 ともあれ,プレイヤーはそうした世界の中で,まだ見ぬ秘境を目指さなくてもいいし,別に戦争をしなくてもいい。生産だってやる気がなければしなくてもいい。お金を稼ぐ手段くらいは何か見つけたいが,とくに明示された目的はない――強いて言えば,レベルやスキルを上げることくらい――ので,その世界で自分の好きなように「生活」していけばいい。それが“生活系”のエンドコンテンツであり,そうしたエンドコンテンツを持っているMMORPGが“生活系”と呼ばれるのだろう。そしてArcheAgeには,それらを許容する「生活系」の匂いがするのだ。

なんとなく同じ場所で,時間の経過を見守ってみた。木の影はもちろん,しっかりと陽の光が山に遮られて影になっている
ArcheAge ArcheAge
ArcheAge ArcheAge


いろいろできて理解するのが大変。でも,それが楽しい!


 ArcheAgeの世界に入ってまず感じるのは,インタラクティブなオブジェクトがとにかく多いということだ。

 そこにイスがあれば座れるし,カンテラや街灯に自分で明かりを灯すこともできる。フィールドに自生する植物を採集したり,木を切り倒したり(実際に木が倒れる)するのは,意味があろうとなかろうと,それが世界に反映されるということが楽しい。
 植物の採集や木を切り倒しての丸太の調達には,素材集めという理由はあるが,街灯やカンテラのオン/オフというアクションは,ゲームとして見れば無駄な機能だ。だがその無駄さ加減は,生活系を求めるプレイヤーにとって重要なものだったりもする。なんとなく触れて,反応がある。何気ない小さなオブジェクトひとつひとつの動きが,大きな意味で生活感につながってくるのだ。

家などにあるカンテラや街道沿いの街灯の明かりは,時間によって自動で点灯するのだが,自分でオン/オフもできる。カンテラは自動じゃなくてもいいかも
ArcheAge ArcheAge
あ,なんか座れそうと思ったら,しっかりと座れた切り株。自分が切り倒した木の切り株でも座れたら……なんて思ってしまう(切り倒すと消えてしまう。残念)
ArcheAge ArcheAge
街(村?)の軒先に置かれていた樽が何やらアクセスできる様子(!マーク)。なんだろう? と思ったら破壊してしまった……。ちゃんとリポップしていたけどちょっと焦る。とくに何も入っていないのかと思ったら……(何かに)かじられた
ArcheAge ArcheAge

 さて,ArcheAgeは,クエストをどんどん進めていく,最近のMMORPGでも一般的なゲームスタイルに仕上がっている。韓国語が分からなくても,目的地が矢印などで表示されているのでなんとかなる。
 序盤を触った感じでは,クエストが途切れることはなく,レベルはすぐに上昇する。戦闘も,相手をターゲットしてスキルを使うEQ系譜のインタフェースだ。途中,農場を使った植物栽培の方法や生産のチュートリアルもプレイできるが,これはあちこちにある農場でも受けられるようなので,素通りしてもたぶん問題ない。読めないし。基本的な進行は,MMORPGの王道的なものなので迷うこともないだろう。ただ,できることが山ほどあるのだ。

ArcheAge ArcheAge
ArcheAge

 今回のプレイでは,およそ10時間ほどを使って,いろいろな種族(スタート地点が異なる)やスキルを試してみた。当然,キャラクター単体では短い時間しか遊べていないので,MMORPGのプレイとして見れば,まだまだ序盤もいいところ。にも関わらず,できること,選んでいくことがとても多いのでなかなか悩ましい。

 その一つが戦闘スキルなのだが,本作には,「クラス」という概念がない。10種類のスキル系統から3つを選び(キャラ作成時に6種類から一つ,レベル5以降,レベル10以降にそれぞれ一つずつ選択できる),その組み合わせでキャラクターが120通りの職業のいずれかに決まるというシステムになる。ただ,スキル系統やスキル自体は,お金を使って選択し直せるので,取り返しがつかないというわけではない。いろいろなスキル構成を試してみるといいだろう。

ほとんどのアクティブ系スキルは,レベル以外の条件はなく取捨選択は自由。パッシブ系スキルは,レベルに加えて,そのスキル系統の取得スキル数も取得条件になっていた。こうした戦闘スキルのほかにも,採集/生産系や言語の熟練度(?)が確認できる
ArcheAge

 そしてもう一つ迷うのが,ゲーム中の行動だ。先述のとおり,本作ではいろいろなオブジェクトにアクセスして,生産に使う素材などを収集することができる。なので,道すがら,拾えるものは拾っておこう……と思うはずだが,ここに本作における重要な要素「労働力」が関わってくるのだ。
 労働力は採集や生産などを行うときに消費するポイントで,回復は非常にゆっくり。目的もなく,いろいろな物を採集しまくっていると,ここぞというときに足りなくなってしまう。いうならば,ロングスパンのスタミナのようなものなのだ。

ArcheAge
ArcheAge ArcheAge
画面左下,次のレベルまでの獲得経験値(%表示)の右にある数値が労働力だ。作業によって消費量は異なる
ArcheAge

 序盤こそあまり労働力を気にする必要はなさそうだが,家を建てようと思うと,労働力を大量に使うことになるので,無駄使いはできない。さらに素材も必要だし……と,もう時間(=労働力)が掛かって仕方がない。ちなみに,ほかのプレイヤーから労働力を借りられるので,大きな労働力を必要とするときは,協力者を捜すのが近道なのかもしれない。

 ほかにも,大量にレシピが存在する生産や,船に関する要素,グライダーを使った飛行やアクション,戦争,交易,裁判など,説明を始めるとキリがないほど多くの内容が本作には詰め込まれている。そのほとんどが序盤から体験できるので,やり込んでいくと大変だ。しかし,この悩んでいる時間がとにかく楽しいし,だからこそ長く遊べる=生活できる内容になりそうだと期待したくなる。

突然,周囲が影で暗くなった。何事かと見上げたら,そこには飛行船。どうやら発着場から定期的に行き来しているらしい。見た瞬間に乗りたい衝動が沸き上がる
ArcheAge
飛行船に衝動的に飛び乗ったはいいが,先の土地から戻り方が分からず(発着場への行き方が不明だった),仕方がないので道なりに歩いて戻ることになった。ほかにも飛んで行った先がPK可能地域で,赤い名前のプレイヤーにさくっと殺されてみたり。いやあ,冒険に危険は付きものだと,しみじみと実感できる
ArcheAge ArcheAge

ArcheAge
大空を飛ぶのはロマンだ。思わず高地を目指してしまう。生産できるグライダーには,推進剤のようなアイテムを使って上昇が可能なものもあるようだ。対人戦では,上空からの奇襲や爆撃(!)にも注意しなければならないということか
ArcheAge ArcheAge

いざ,大海原へ! というとき,手こぎボートでは心許ない。泳いで海を渡った猛者もいたそうだが……。韓国のプレイヤーが持つ巨大な船(画像右)に見とれるばかりだ。ちなみに大陸間には,巨大なクラーケンが待ち受ける海域もあるとのこと。なお,釣り要素はいまところないようだ。かつての「Grandmaster Fisherman」としては実装に期待したい
ArcheAge ArcheAge

浜辺に置かれていた大砲を試しに撃ってみた。海戦をする場合には,操船する人,大砲を撃つ人といった役割分担が必要になるにだろう
ArcheAge ArcheAge
ArcheAge ArcheAge

居住可能エリアには,土地が空いている分だけプレイヤーの家や畑が設置できる。畑というのは,カカシを設置すると,特定の範囲を自分の土地として利用でき,植物や動物が置けるというもの。動植物は通常のフィールドにも置けるのだが,農場や畑以外では誰でも拾えたり,勝手に刈り取れてしまうのだ。動物を設置というのも……と思ったが,UOでは箱で動けないようにしていたっけ。それにしても(画像右のように),3D MMORPGの空間で,オブジェクトを積み上げられるとは……
ArcheAge ArcheAge

家とそのミニチュアなどが立ち並ぶ場所もある。モデルルームのように展示されており,ここで直接設計図(?)やハウジング関連の小物が購入できるようだ。ミニチュアで全体像が分かるのは嬉しい
ArcheAge ArcheAge
ArcheAge ArcheAge


競争への不安と,早く日本語で遊びたくなる期待感


 冒頭で述べたとおり,今回は韓国語バージョンで遊んでいるため,とにかく細かな部分はまだ理解できていないのが現状だ。その中で,不安になったのは,やはり競争が激しそうなことだろうか。

 とくに今回のプレイで感じたのは,丸太の確保の大変さだ。本作では,船を作るにしても,家を建てるにしても,とにかく木材が必要になる。しかし,フィールドに自生する木々は有限で,切り倒して丸太にすると,当然その木は消滅してしまう。もちろん,ちゃんとリポップはするのだが,苗木→若木→木→成木といった感じで,数時間ごとに段階を経て成長し,しかも若木以下の場合は切り倒せない(丸太が得られない)。そのため,タイミングが悪いとほかのプレイヤーが切り倒したあとで,延々と苗木と若木を見るハメになってしまう。
 もちろん自分の畑を所有して木を植えることで,一定量の資源は確保できると思う。しかし,畑の広さの限界もあるし,畑に置きたいのは木だけではないだろう。やはり,フィールドの資源は必要になってくるはずだ。
 もっとも,木を切るというアクションは労働力の消費が大きく,ずっと続けられるものではない。とは言え,オープン初期となると資源争奪戦は激しくなることも予想され,あせらず根気よく遊ぶ覚悟は必要かもしれない。

川にはちゃんと流れがあり,さほど早くはないものの,水中ではプレイヤーキャラクターが流されていく(町中など流れのない川もある)。何気ないことだが,こうした細かな部分でも生きた世界が感じられる。川の上流でボーッとしていると滝から落ちてしまうかも
ArcheAge

 そうしたこともあり,オープン初期は,一つのサーバーにおける最適な人数バランスの調整が重要になりそうな気がする。過密になりすぎても土地や資源確保を考えると辛い。逆に人が少ないと大規模参加型コンテンツが寂しくなる。土地がないけどより大きな家を建てたい,立地のいい場所に建てたいといった悩みから,新サーバーができるたびに,ギルドごとサーバーを移動する人も現れてきそうだ。

ArcheAge ArcheAge
東洋風の街。どことなくいろいろな東アジアが混ざっているような気がする。グライダーを使って,塔の屋根にも登ってみた。踏み入れるのが難しい場所には,何かいいことがありそう?
ArcheAge

 さて,先に例示してはいるが,個人的には日本で遊べる日が,より待ち遠しくなっていたりする。というのも,プレイヤー同士が競い合うという部分で,これだけ手応えがありそうな作品も久しぶりだからだ。家を建てるために土地をさまよい,PKに怯えながら資源を求める。家を建てたとき,PKから無事に逃げ延びられたときの喜びや安堵感は,その苦労に見合うだけの報酬になるのではないだろうか。また“あの感触”が味わえるのなら,そりゃもう飛び込まんばかりの勢いで遊んでやろうと思ってしまう。

本作の移動方法にはさまざまな手段がある。序盤でもアイテムを消費しての空間移動が可能だ。最初,使い方(入り方)が分からなかったのだが,ジャンプして文字どおり飛び込めばいい。ただし,背中に荷物を背負って運搬するクエストなどではショートカットできず,自分の足で(船や車,飛行船を使って)運ばなくてはならない
ArcheAge

 繰り返しになるが,今回プレイした範囲はゲームの序盤も序盤,ほんの触りの部分なので,ArcheAgeの“生活”が体験できたかというと,それはまだまだといったところだ。インタフェースも複雑なうえに韓国語なので,理解しきれていないシステムが多い。しかし,複雑な……言い換えれば奥が深そうなゲームシステムは,理解できればこの世界を楽しむための強力なツールになってくれることだろう。そのためにも,より早い日本語版の登場に期待したくなるというもの。本作が日本で,生活系MMORPGの真打ちとなれるのか,じっくりと見定めたいと思った次第だ。

ArcheAge ArcheAge
ArcheAge ArcheAge
ArcheAge ArcheAge
ArcheAge ArcheAge
ArcheAge ArcheAge
ArcheAge ArcheAge
ArcheAge ArcheAge
ArcheAge ArcheAge

「ArcheAge」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ArcheAge

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
88
78
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
75
アークナイツ (iPhone)
71
三國志14 (PC)
67
仁王2 (PS4)
2019年11月〜2020年05月