オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
2億7500万回以上遊ばれたオンライン対戦のフィードバックで,FIFAサッカーシリーズがさらに進化! 最新作「FIFA 10 ワールドクラス サッカー」のプレス向けイベントの模様をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/07/28 21:52

ニュース

2億7500万回以上遊ばれたオンライン対戦のフィードバックで,FIFAサッカーシリーズがさらに進化! 最新作「FIFA 10 ワールドクラス サッカー」のプレス向けイベントの模様をレポート

 エレクトロニック・アーツ(以下,EA)は本日7月28日,STADIUM PLACE AOYAMA(スタジアムプレイス青山)にて,同社のFIFAサッカーシリーズ最新作「FIFA 10 ワールドクラス サッカー」(以下,FIFA 10)のプレス向け発表会“FIFA 10 STADIUM”を開催した。

  FIFAサッカーシリーズとは,FIFA(国際サッカー連盟)公認の人気サッカーゲームシリーズだ。選手が実名で登場するのはもちろん,美しいグラフィックスやリアルな挙動などが高い評価を得ており,世界中のサッカーゲームファンに楽しまれている。

 イベントでは,そんなFIFAサッカーシリーズの最新作,「FIFA 10 ワールドクラス サッカー」のPLAYSTATION 3版 / Xbox 360版を中心としたプレゼンテーションや,プレイセッションが行われた。本稿では,その模様をお伝えしていこう。


FIFA 10 ワールドクラス サッカー

EAカナダ FIFA開発チーム エグゼクティブ・プロデューサーのKaz Makita氏
 プレゼンテーションを行ったのは,EAカナダ FIFA開発チーム エグゼクティブ・プロデューサーのKaz Makita氏(牧田和也氏,以下Makita氏)。
 Makita氏はまず,「今までのFIFAシリーズは90点くらいのクオリティ」と評価しつつ,「さまざまな改良が施されたFIFA 10は,120点以上のクオリティにしていきたい」とコメントした。
 続いてMakita氏は,緊急時のAI(コンピュータの思考)について語った。「FIFA 10のAIは,どれだけ人間らしい動きができるかということと,ボールの方向性を意識したロジック,そして,より正確なポジション取りにこだわって開発された」とのこと。
 過去のFIFAシリーズではどの選手(AI)も,ほぼ同じ動きを取っていたのに対し,FIFA 10ではボールから遠い選手でも,闇雲に走るだけではなく歩いて様子を見るなど,その場の状況に応じた行動を取るらしい。コンピュータといえども,いかに人間らしく動けるかという部分へのこだわりが,強く反映されているそうなので,サッカーファンならばぜひとも注目したいところだろう。

FIFA 10 ワールドクラス サッカー
PS3/Xbox 360版
FIFA 10 ワールドクラス サッカー FIFA 10 ワールドクラス サッカー
FIFA 10 ワールドクラス サッカー FIFA 10 ワールドクラス サッカー

 またFIFA 10は,Makita氏によると「サッカーゲームでは初めて360度のドリブルが出来るようになっている」らしい。それによって,ディフェンダーとディフェンダーの間のわずかなスペースを狙って,ボールを通すようなプレイも可能になるという。
 加えてパスについて,「パスは,いかにチャンスを見極めてボールを素早く渡せるかが重要」と話し,「FIFA 09」を例に,パスにかかる時間を比べて見せた。前作では,パスが3秒くらいかかっていたのに対して,FIFA 10では1秒くらいで済むと,その進化ぶりをアピールしていた。

「こちら」の記事でもお伝えしているように,本作はさまざまなプラットフォームでの発売が予定されている。これは,PSP版のスクリーンショットだ
FIFA 10 ワールドクラス サッカー FIFA 10 ワールドクラス サッカー
FIFA 10 ワールドクラス サッカー FIFA 10 ワールドクラス サッカー

 ポジショニングについても相当なこだわりが盛り込まれているらしく,空いてしまったポジションへ,即座にほかのチームメイトがカバーに走るといったこともあるとのこと。さらに今までのシリーズでは,味方の選手にぶつかって走ることもあったのだが,FIFA 10からは空いたスペースを確実に自分のものにしていくために,オフサイドを意識しながら走ったり,自らパスコースを作るなどして,その場その場で適切な判断を下すそうだ。
 さらに,FIFA 10ではシュートについてもかなり見直されたらしく,空気の状態によって,ボールの軌道がわずかに変化する様まで再現しているとのこと。

 ディフェンスに関しては,スライディングタックルのターゲティングが変更されたことにより,能力の高い選手のスライディング範囲が広がって,ドリブラーへのタックルを避けられるようになった。また洗練されたボールクリアAIにより,攻撃側がボールを支える前に,守備側がクリアするオプションも増えている。

PS3/Xbox 360版
FIFA 10 ワールドクラス サッカー FIFA 10 ワールドクラス サッカー
FIFA 10 ワールドクラス サッカー FIFA 10 ワールドクラス サッカー

 Makita氏は「本作を楽しく遊んでもらうためには細かい調整が必須だと考えました。ですので,ほぼ全域に渡って改良しています」と述べ,「我々はユーザーさんにいただいたフィードバックをもとに開発を行いました。ユーザーさんの生の意見を真摯に受け止め,いい意見も,お叱りのご意見も,すべて開発に反映させています」と熱く語った。

 FIFA 10の“マネージャーモード”についての説明も行われた。Makita氏は「前作ではやれることが限られていた」と率直な意見を述べつつ,「FIFA 10では,50種類以上もの改良点がある」と説明した。試合のリアリティ,現実味のある移籍,納得のいく選手の育成ができるマネージャーモードの三つの柱としてかかげ,これらの要素を中心に50種類以上の改良を施したそうだ。
 また各選手のパフォーマンスや布陣,戦略的なフォーメーションといったチームの強みと弱みを,分刻みの判断で行えるらしい。
 移籍については,予算,名声,将来性,選手の経験,特性,果ては,AIクラブとの争奪戦といった,あらゆる決定要因に基づくロジックによって,リアルな移籍が行われるそうである。

FIFA 10 ワールドクラス サッカー
FIFA 10 ワールドクラス サッカー FIFA 10 ワールドクラス サッカー

 最後に簡単ではあるが,Wii版の説明も行われた。Wii版には“Over The Top Non Stop Foot Ball”というコンセプトがあるようで,FIFAのゲームをWiiでどのように遊んでもらうのが一番理想的なのか,という部分にもっとも注力し,さまざまなリサーチを行っているという。
 またWiiリモコンとヌンチャクでの操作はもちろん,Wiiリモコンだけで操作する簡単操作モードも実装される。
 さらに8対8のミニゲームでは,Miiを使ったモードも作られているらしい。ただ,FIFAサッカーシリーズということで,低年齢層向けに作るだけではなく,幅広い年齢層に支持してもらえる内容を心がけつつ,開発を続けているとのこと。

Wii版
FIFA 10 ワールドクラス サッカー FIFA 10 ワールドクラス サッカー
FIFA 10 ワールドクラス サッカー FIFA 10 ワールドクラス サッカー

 プレゼンテーション終了後は,PS3版,Xbox 360版,Wii版それぞれがプレイできる試遊タイムが設けられ,取材に訪れた記者達は,さまざまな意見を交わしながら最新作を試遊した。筆者も軽くプレイさせてもらったが,Makita氏によるプレゼンテーションどおりの内容が確認できたほか,PS3/Xbox 360版に関しては,シリーズ最新作にふさわしい美麗なグラフィックス(しかも,それが妙に生々しく動く)がとにかく印象的だった。サッカーファンには堪えられない1本に仕上がりそうである。


 ちなみにFIFA 10の日本語版は,PS3,PS2,PSP,Xbox 360,そしてWiiの5種類のハードウェア向けに,10月に発売される予定とのこと。
  • 関連タイトル:

    FIFA 10 ワールドクラス サッカー

  • 関連タイトル:

    FIFA 10 ワールドクラス サッカー

  • 関連タイトル:

    FIFA 10 ワールドクラス サッカー

  • 関連タイトル:

    FIFA 10 ワールドクラス サッカー

  • 関連タイトル:

    FIFA 10 ワールドクラス サッカー

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月24日〜06月25日