オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ファイターズクラブ公式サイトへ
読者の評価
50
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
4Gamer読者限定で1500名分のCBT募集枠を確保! 新作アクション「ファイターズクラブ」の先行プレイレポートを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/10/26 13:53

プレイレポート

4Gamer読者限定で1500名分のCBT募集枠を確保! 新作アクション「ファイターズクラブ」の先行プレイレポートを掲載

ファイターズクラブ
 NHN Japanは,新作オンラインアクションゲーム「ファイターズクラブ」の日本国内サービス開始に向けて,現在ローカライズ作業を進めている。本作は,横スクロール型のアクションゲームに,“3Dグラフィックス”と“RPGライクなキャラクター育成要素”を盛り込んだ意欲作だ。

 11月2日から5日にかけて,ファイターズクラブのクローズドβテストが実施される予定だが,今回は一足早くローカライズ途中のバージョンをプレイさせてもらったので,ゲーム内容をざっと紹介していきたい。「ELSWORD」のような横スクロール型のアクションゲームが好きな人はもちろん,かつて「ファイナルファイト」などにハマったというゲーマーも,ぜひチェックしてみてほしい。

 なお,CBTのテスター募集は10月25日いっぱいで終了しているが,今回,4Gamer読者に向けた1500名分の募集枠を特別に用意してもらった。募集期間は10月28日いっぱいとなっているので,テスター募集をうっかり忘れていたという人はこの機会をお見逃しなく!

ファイターズクラブ ファイターズクラブ

「ファイターズクラブ」CBT 4Gamer特別枠への応募

※4Gamer読者特別枠は1500名分となり,10月25日に終了した通常募集とは別枠で当選権利付与が行われます
※募集期間は記事掲載時から10月28日(日)23:59までとなります



 ファイターズクラブの最大の特徴は,グラフィックスが3Dで描かれていること。モーションキャプチャを利用したキャラクターのアクションは,非常に滑らかでリアリティのあるものに仕上がっている。なお,キャラクターの移動/攻撃は左右だけでなく,手前や奥を含む8方向に対応している。
 そのほかにも,トドメの一撃など,決めのシーンで画面が一瞬ズームインしたり,角を曲がると画面が回転したりと,3Dならではの演出がふんだんに用意されている。スクリーンショットの静止画像を見る限りでは,懐かしめのアクションゲームのように思えるかもしれないが,実際に操作してみると,その印象はガラリと変わるのではないだろうか。

ファイターズクラブ ファイターズクラブ
ファイターズクラブ ファイターズクラブ

ファイターズクラブ
ファイターズクラブ
 キャラクターの移動/攻撃が8方向になってしまうと,従来の(左右にしか攻撃できないタイプの)アクションゲームと比べて操作が難しいのではないか。そんな心配をする人もいるかもしれないが,そこは安心してほしい。本作では“オートターゲッティング”のシステムが採用されており,最も近くにいる敵を自動的にターゲットするようになっているのだ。つまり,敵の周囲をグルグル回りながら攻撃ボタンを連打するだけで,距離さえ適切であれば攻撃が簡単にヒットするわけだ。
 ちなみに,通常攻撃が届く範囲に敵がいる場合は,その足元に赤いサークルが表示されるようになっている。

 基本操作に関しては,8方向への移動のほか,弱攻撃,強攻撃,ガード,各種スキル(必殺技など)の使用などが行なえる。これらの操作はキーボードのみで行なうことになるが,将来的にはゲームパッドにも対応予定とのことである。

 各操作を組み合わせることで,さまざまな連続攻撃が繰り出せるようになっている。「弱攻撃→弱攻撃→強攻撃」といった基本コンボや,移動キーの2度押しによるダッシュからのスライディング攻撃,無敵時間が存在する特殊技,ガード中の相手にも効果的な投げ技など,格闘系のアクションゲームでおなじみのアクションは一通り揃っている印象だ。敵を浮かせてから基本コンボを叩き込み,特定のスキルで拾って再び基本コンボを叩き込む……といったことも可能で,研究のし甲斐もありそうだ。

ファイターズクラブ

ファイターズクラブ
 もう一つ,個人的に面白いと思ったのが“ガード”のシステムである。本作のガードは堅固で,敵からの通常攻撃はほぼ防げるのだが,ガードするたびに専用のゲージが少しずつ減っていき,ゼロになるとガードが無効となってしまう。ガードを解除するとゲージが素早く回復するものの,いわゆる“待ち”に徹するプレイをし続けることは難しい。
 また,ガード状態は投げ技によって簡単に崩されてしまうし,一部のスキルは,ガードの上からライフを削ることができる。本作にはPvP要素も盛り込まれているのだが,こういったシステムのおかげで,対戦時における「駆け引き」の奥深さが増している印象だ。

ファイターズクラブ

ファイターズクラブ
 ゲームタイトルになっている“ファイターズクラブ”とは,超能力を有する格闘家らにより構成された架空のチームのこと。プレイヤーキャラはファイターズクラブの一員として,各都市にて勃発する抗争を潜り抜け,一流のファイターを目指していくのだ。

 ゲームにログインすると,キャラクターはロビーエリアとなる拠点マップに降り立つ。拠点マップでは,NPCとの会話を通じてメインストーリーを進めたり,クエストを受けたりできるほか,アイテムの売買や生産/強化といった,戦いの準備も行うことができる。各拠点マップでメインストーリーを攻略することで,次の拠点マップ(および新しいバトルステージ)へ進めるようになるのだ。

ファイターズクラブ ファイターズクラブ
ファイターズクラブ ファイターズクラブ
ファイターズクラブ

 CBTでは,格闘スタイルの異なる3名のキャラクターが用意されている。ボクシングの“スパイク”,レスリングの“ジャック”,エクストリームアーツの“レミー”といった内訳だが,最後のエクストリームアーツというのは,足技を主体としたスピード感溢れるスタイルで,リーチもあり比較的扱いやすい。レミーは(男性プレイヤーからしたら見栄えのいい)唯一の女性キャラでもあるので,アクションに不慣れな人は,ひとまずレミーを使ってみるといいかもしれない。

左からレミー,スパイク,ジャック
ファイターズクラブ

 ゲームの世界観は,画面写真を見れば分かるように現代風だが,超能力やロボットなどの要素も登場し,なかなか派手だ。アバターアイテムもかなりの数が実装される予定なので,自分好みのファッションを追求できそうだ。

ファイターズクラブ ファイターズクラブ
ファイターズクラブ ファイターズクラブ
ファイターズクラブ ファイターズクラブ

ファイターズクラブ
 PvPモードに関しては,「1vs.1」「2vs.2」「3vs.3」をサポート。ファイターズクラブには,キャラクターのレベルアップや装備品などの要素があるため,PvPのゲームバランスが気になる人もいるだろう。その点本作では,PvPモードに限り,装備品によるブーストがほとんどなくなるというシステムで,プレイヤー間のキャラクタースペックに大きな差が付かないようになっている。キャラクターを育成してもPvPには関係ない……というわけではないが,何よりも大事なのは,プレイヤー自身の操作テクニックというわけだ。
 ちなみに本作には,対戦格闘ゲームでおなじみの“トレーニングルーム”も用意されており,コンボなどを好きなだけ練習できる。こういったところからも,本作がPvPを重視したタイトルであることが理解できるだろう。

ファイターズクラブ

 今回確認できた情報は,大体このようなところだ。一見すると一般的な横スクロール型アクションだが,実際に遊んでみると,かなりの意欲作であることが分かるはず。アクションゲームとしての爽快感あふれるプレイだけでなく,オンラインゲームらしいキャラクター育成要素やアバター性なども楽しめるので,格闘アクションが嫌いでない人は,ぜひ以下のURLからテスター応募をしてほしい。

ファイターズクラブ ファイターズクラブ

「ファイターズクラブ」CBT 4Gamer特別枠への応募

※4Gamer読者特別枠は1500名分となり,10月25日に終了した通常募集とは別枠で当選権利付与が行われます
※募集期間は記事掲載時から10月28日(日)23:59までとなります

  • 関連タイトル:

    ファイターズクラブ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
2019年02月〜2019年08月