オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
逆転裁判4公式サイトへ
  • カプコン
  • 発売日:2007/04/12
  • 価格:5040円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
59
投稿数:7
レビューを投稿する
海外での評価
78
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

逆転裁判4

逆転裁判4
公式サイト http://www.capcom.co.jp/saiban4/
発売元 カプコン
開発元
発売日 2007/04/12
価格 5040円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
59
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 旧三部作とは別物として割り切るべき。 35
    • 投稿者:yu-ya(女性/30代)
    • 投稿日:2009/08/09
    良い点
    ★元々キャラ絵の完成度は高かったが、さらに「みぬく」で拡大できるようになった。

    ★ストレスが溜まらないようタッチペン操作を使わせる技術は流石。
    悪い点
    ★旧三部作が築いてきたものを盛大にブッ壊すショッキングな配役。
     理不尽なシナリオとの相乗効果で不信感が募ってしまう。

    ★シナリオの練りこみが甘く、致命的な矛盾を起こしている部分が多い。
     「説明次第では正当防衛にできたのに逮捕」
     「生存していたのに助けを呼ばない被害者」
     「目の前にいた外見的特徴ありまくりの犯人の正体に気づかない」
     「偶然をアテにしすぎな密輸計画」
     「メイソンシステムから出所不明の証拠品が沸いて出る」

    ★以上の理不尽展開の末に掴まった為に、犯人が
     スペランカーやヤムチャと肩を並べるほどの可哀相な人になってしまった。
    総評
    2ちゃんねるやニコニコ動画で、ファン達が「悪い点」を
    面白い二次創作に昇華させようと頑張っています。
    グーグルで「がりゅーん」を検索すればなんとなくお分かりいただけるかなと。

    それらの二次創作が面白いと感じられるなら、二周目の楽しさは保障できます。
    「ソードマスターヤマト」のようなギャグ作品としてなら間違いなく楽しめます。


    旧三部作の完成度は、アイディアは良いが暴走しがちな巧氏に、
    腐女子のスエカネさんが「モエない(燃・萌)」とダメ出しして
    熱血少年漫画文法を取り入れさせ、
    クオリティ管理に厳しい稲葉氏が手綱を取ったからこそ
    奇跡的に成功したものだったのだなと思うと、ちょっと寂しいですね。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 5 1 3
  • 何がしたかったのか分からない。 40
    良い点
    初めからDS用として作られているので
    グラフィックやサウンドのグレードが上がった。
    悪い点
    単純にお話やトリックが面白くない。
    突然、実は○○でしたなどと言われても拍子抜けするだけだ。

    従来のシリーズでは真犯人と検事が敵やライバルとなるが
    今作では検事に迫力がなく、盛り上がりに欠ける展開を助長した。

    物を食べる音や笛系の音など、人によっては不快に感じる音を
    繰り替えし聞かされるのでイライラさせられた。

    タッチパネルを使用する「科学捜査」も
    真相とはあまり関係のないところで使用されるため緊張感がなく
    早くから作業と化してしまった。

    ムービーを繰り返し見させられるのも愉快とはいえない。
    総評
    前作までの面白さから来る期待感が大きすぎたのは否めないが
    全体的に期待はずれ内容だった。

    主人公変更には決して否定的ではないが
    変更してまで提示したい何かが最後まで見えてこず
    真相を解明しても、もやもやだけが残るゲームだった。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 2 2 2 3
  • 色々派手になった逆裁 75
    • 投稿者:頭の体操(女性/40代)
    • 投稿日:2008/10/08
    良い点
    テンポよく遊べる明るく楽しい推理ゲーム。逆転裁判ファンとしては、新作が出てくれただけで嬉しいです…。新キャラも個性的でした。タッチペンを使って指紋をとったり足跡をとったりするミニゲームも、目新しく楽しかったです。全体的にシステムが快適になったなと感じました。ゲームボーイ版の3はテキストスキップができなかったんですが、これはできるようになっていました。
    悪い点
    逆裁の大きな魅力の1つに登場キャラの濃さがあると思いますが、その点は3までと比べるとちょっと物足りなかったです。奇をてらったキャラは多いものの、“普通だけど濃い”キャラは少なかったような。前作までのメインキャラのうち、御剣怜侍とまといちゃん、どっちも登場しなかったのがすごい寂しかったです。せめてどちらかは登場して欲しかった。これから出るスピンオフでってことなんでしょうけど…。あとは、システム面で、ムービーや新ミニゲームがありましたが、どちらも強い必然性を感じませんでした。特に、ムービーは途中でカットできなくてちょっとイライラしました。見た目は派手で目新しさはありますが、それだけという感じでした。
    総評
    前作までと比べると、派手になったけれど印象は薄くなりました。つまらなくはなかったので、引き続き5に期待です。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 3 3
  • 世代交代はうまくいかず 75
    良い点
    証言の矛盾を見つけて謎を突き崩していく、推理ものの醍醐味に溢れているアドベンチャー。主役は当然、脇役の一人一人に至るまでキャラクターが立っており、見ていて飽きない。音楽やサウンドも効果的で、法廷で机を叩く音は反則的に気持ちいい。
    悪い点
    プレイ時間は短くないのだが、やはり推理アドベンチャーの宿命か、ボリュームが物足りない。繰り返しプレイすることを考えると、少し短めでよいから、シナリオ数を増やして欲しかった。
    総評
    ナルホドくんが主役の物語は前作の3で終了、本作よりオドロキくんが主役のシリーズとなるが、結局後半出番が増えて半分主役になるナルホドくんに食われてしまい、どっちつかずの印象。また、下画面を巨大なテキスト送りのボタンが占めているなど、DSのデュアルスクリーンを生かしているとは言い難い。弁護側と検察側の動きを並行して表示するなどの工夫があってもいいのではないか。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 5 3 3
  • 主人公を変えた意味はどこに? 65
    • 投稿者:なつる(女性/30代)
    • 投稿日:2008/10/08
    良い点
    主人公をはじめメインキャラクターが一新されています。相変わらずキャラクターの動きが面白いです。
    また、これまで探偵パートで使用してきたサイコ・ロックやカガク捜査に加え、新システム「みぬく」が法廷パートで使えるようになっています。細かいしぐさからウソを見破るのですが、なかなか楽しめます。
    終盤で現在と過去を行き来して真相を追う展開はこれまでのシリーズにはなかったのでとても新鮮でした。
    悪い点
    新主人公にバトンタッチした…かと思いきや、前主人公が物語に介入しすぎた為、最終的にはどちらが主役か分からないことになっています。また、ライバルの検事がやたらと協力的なことも捜査のワクワク感をいちいち妨害してくれます。
    ムービーの出来がたいして良くもないのに何度も見せられる点にもイラッときました。
    総評
    ひとつのDSゲームとしては合格点ですが、逆転裁判としてはどうでしょう。新しいシリーズの始まりと思って期待していただけに、少々残念でした。
    オイシイとこは全部持っていく前主人公。そしてそんな彼に食われっぱなしの新主人公。…これ、キャラクター変える必要ありました?
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 4 3 3
  • 偉大な前作は超えられず…… 60
    • 投稿者:頭ハネ(男性/40代)
    • 投稿日:2008/10/07
    良い点
    さすが4作目というか、プレイした時の快適さは抜群です。会話のテンポや、怪しいところをタッチで調べる感覚など、ほとんどストレスを感じずにプレイできました。
    悪い点
    残念ながら、新主人公のオドロキくんに、ナルホドくんほどの魅力を感じませんでした。キャラが薄いというかなんというか……。そのせいで裁判中のツッコミもいまいち爽快感がなく、むしろツッコまれた時のサル顔が印象に残る始末。そこへ来て、前作までの主人公のあの扱いには正直ガックリ。あれなら登場させない方がマシでした……。
    総評
    ある意味キャラとストーリーがキモの作品なのに、そこが前作を全然超えられていないのは致命的ではないでしょうか。謎解きももともと強引なのが、輪をかけて理不尽になっていてゲームとしてもハマれませんでした。みぬきちゃんなど、いいキャラもいるだけに残念です。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 4 3 4
  • 待ちに待った逆転裁判の最新作! しかし…… 65
    • 投稿者:GAUGAU(男性/40代)
    • 投稿日:2008/10/03
    良い点
    ・待ちに待った逆転裁判の最新作! リメイクばかりだったDS版逆転裁判シリーズとしては、初のDS用に作られたタイトル
    ・グラフィックスや演出などは、流石にかなり綺麗になった
    ・蘇る逆転から登場した新要素「カガク捜査」を受け継いでいる点
    悪い点
    ・まずキャラクターが微妙です。というか、キャラクターのやりとりが命の逆転裁判においては、これがまず致命的。新主人公のおどろき君には荷が重かったかも。ただ脇役も今作は……
    ・追加された「見抜く」システムがちょっと練り込み不足に思えた。これで面白さが増しているようには感じられないし、これからサイコロックシステムの方がよかった
    ・ストーリーやトリックも釈然としないものが多い。以前のような満足感は皆無
    総評
    逆転裁判はGBA版の1〜3、DS版も2作とも購入するなど、大のファンだっただけに、本作は非常に期待していた作品でした。しかし、正直がっかりというのが本音でした。ゲームの作り自体は非常に丁寧でそつが無いのですが、逆転裁判に求められるのは、そういう部分を超えた何か(キャラ/ストーリーのユニークさ、ノリの良さ)なのだと感じた次第です。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 3 3 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月20日〜09月21日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月