オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
鉄道模型シミュレーター オンライン公式サイトへ
  • Asial
  • アイマジック
  • 発売日:2008/12/15
  • 価格:アカウント無料(入会費1500円)+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「鉄道模型シミュレーター オンライン」,9月にオープンβテスト開始
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/08/13 20:45

ニュース

「鉄道模型シミュレーター オンライン」,9月にオープンβテスト開始

鉄道模型シミュレーター オンラインにあわせてリファインされた500系新幹線。フロントノーズにブルーム効果による輝き,影の境目が目立たないソフトシャドーが確認できる
画像集#002のサムネイル/「鉄道模型シミュレーター オンライン」,9月にオープンβテスト開始
 鉄道ファンにはお馴染みの「鉄道模型シミュレーター」シリーズを展開するアイマジックと,PHPを中心としたWebシステムを開発するアシアルが,共同で「鉄道模型シミュレーター オンライン」を開発し,9月からオープンβテストを開始する。正式サービスは2008年冬の予定となっている。

 鉄道模型シミュレーター オンラインは,鉄道模型シミュレーターをオンライン化したものとコミュニティを一体化させたもので,現在アシアルが運営している鉄道コミュニティサイト「トレイン・トレイン」の内部で,鉄道模型シミュレーターでのパーツの購入と管理,レイアウトの作成,公開などの作業をできるようするもの。1000種以上のパーツをオンラインで購入・管理でき,作成したジオラマレイアウトやスクリーンショットを公開して,みんなで楽しむことが可能。「鉄道模型シミュレーター4」シリーズのユーザーは,鉄道模型シミュレーター4の車輌などを(一部を除き),そのまま鉄道模型シミュレーターオンライン上で使用できる。
 また,オンラインサービスなので,PC単位のライセンスではなくアカウント単位のサービスとなるため,モバイル環境を使えば,実際の路線まで出かけていって,風景を見ながらレイアウトを作成し,自宅のPCで高画質表示を行うといった使い方もできる。

201系中央線。バンプマッピングやディスプレイスメントマッピングなどは使用せず,作り込まれたポリゴンで正確な影や凹凸を表現している
画像集#003のサムネイル/「鉄道模型シミュレーター オンライン」,9月にオープンβテスト開始
 正式サービス後のサービスの利用料は月額1000円(税込)の予定で,車輌や建物などのパーツは別途購入する形式となる。
 現在,オープンβテスト参加者を募集しているが,IDはトレイン・トレインのものがそのまま使われるので,気になる人はトレイン・トレインに登録してオープンβテスト開始を待っていよう。

鉄道模型コミュニティ「トレイン・トレイン」

http://traintrain.jp/


世界初のオンラインバーチャル鉄道模型!!
「鉄道模型シミュレーターオンライン」がいよいよ登場。2008 年9 月より
オープンβサービスを開始、2008 年冬より正式サービススタート!



画像集#001のサムネイル/「鉄道模型シミュレーター オンライン」,9月にオープンβテスト開始
株式会社アイマジック(代表取締役:岩渕亮)は、アシアル株式会社(代表取締役:田中正裕)と共同で「鉄道模型シミュレーターオンライン」を2008 年9 月よりサービス開始いたします。
鉄道ファンに人気の鉄道模型シミュレーターを完全にオンライン化、アシアル株式会社運営の鉄道模型コミュニティサイト「トレイントレイン」(http://traintrain.jp/)と融合することで、レイアウトの作成、公開からブログなど
の仲間同士の交流まで幅広いサービスを実現します。

タイトル鉄道模型シミュレーターオンライン
標準価格正式サービス開始後、月額利用料金1000 円(税込み)相当分をポイントにチャージします。
月額利用料金は、アカウントの管理費です。車両、建物は、別途費用がかかります。
日程9 月よりオープンβサービス 2008 年冬より正式サービス開始


鉄道模型シミュレーターオンライン概要

鉄道模型シミュレーター4の後継ソフトウェアとして、オンラインサービスと最先端の3DCG 技術を融合したシステムです。


鉄道模型シミュレーター

■「線路を引いて、列車を走らせる」鉄道模型の楽しさを詰め込んだシミュレーターです。実際の鉄道模型製品を再現した線路、建物と、国内の鉄道関連ソフトウェアで唯一、実物を忠実に再現した精密車両でレイアウトを作成、列車を運転することができます。
■鉄道模型シミュレーターオンラインは、鉄道模型シミュレーターシリーズ10 年の研究成果を集大成した次世代プロジェクトです。国鉄、JR 、私鉄、欧州車両など、古今東西の車両のモデル化を計画しています。
■独自のシャドウマップ技術により、高速描画と柔らかい影の表現を両立しました。ステンレス、鋼鉄など車体の材質による反射率の違い、ブルーム効果による輝きの表現など、新しい3DCG 技術を採用して、質感の高い3D 映像を実現しています。

オンラインサービス

■パソコン単位でライセンスされていた従来のアプリケーションと違い、サーバーにログインできる環境なら制限なく使用できます。ノートパソコンで実際の駅を見ながら構想を練り、自宅のパワフルなデスクトップパソコンで作り込むといった従来にはない自由な使い方ができます。
■鉄道模型コミュニティサイト「トレイントレイン」(http://traintrain.jp/)と完全にシステムを融合することで、ブログなど多彩なコミュニケーション機能を利用できます。製作したレイアウト、写真は、ブログで公開することができます。(シミュレーター担当(弊社)、コミュニティ&流通決済担当(アシアル株式会社))
■車両、建物、線路などのパーツは、千種類以上が用意され、すべて鉄道模型シミュレーターオンラインのサーバーからダウンロードできます。また、リアルな新作車両、建物が順次アップロードされ、使用できる部品を増やすことができます。
■鉄道模型シミュレーター4ユーザーの方は、鉄道模型シミュレーターオンラインに登録することで鉄道模型シミュレーター4の線路、建物、車両が無償で利用でき、スムーズに新しいシステムへ移行できます。
(※一部車両は、ライセンスの関係で移行できません。)

鉄道模型コミュニティサイト「トレイントレイン」

「トレイン・トレイン」は鉄道模型に興味がある人なら誰でも参加できる、無料のWeb サービスです。ユーザーは自分のブログを持ち、その中で鉄道模型の車両やジオラマなどの写真や動画を自由に投稿公開することができます。
ほかにも、鉄道模型の話題全般を取り扱う掲示板や、販売されている製品のクチコミ情報、模型店やレンタルレイアウト店などのショップ情報を地図から検索できるサービスも提供します。
  • 関連タイトル:

    鉄道模型シミュレーター オンライン

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月07日〜05月08日