パッケージ
FOREVER BLUE LUMINOUS公式サイトへ
  • 任天堂
  • 発売日:2024/05/02
  • 価格:パッケージ版:5478円(税込)
    ダウンロード版:5400円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第790回「スキューバやってみたい」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2024/06/13 11:00

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第790回「スキューバやってみたい」

画像集 No.001のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第790回「スキューバやってみたい」

著者近影
画像集 No.008のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第790回「スキューバやってみたい」
 私,男色ディーノも47歳になりましてね。この連載が始まったときは,30歳前後だったはずなんですが。当時と比べて,考え方がだいぶ変わったよねって話です。
 その頃の私は「忙しい自慢って,なんだかなー」と思ってたんですよ。昨日のスケジュールを嬉々として語ってくる人。いや,知らんし。……そこで聞いてるふりして流すのが,普通なのかもしれないんだけどね。

 実はここで,少しだけ好感度を上げるコツがございまして。他人の昨日のスケジュールなんて正味,頭には入ってきません。でもね,どこかでたとえば「え? めちゃくちゃタイトじゃん。休憩とかしないの?」的な相槌をひとつだけでも入れれば,話している人のあなたへの好感度は上がります。
 まあ,その話が延びてしまう可能性はあるんですが。周囲からの好感度不足に悩む人は,ぜひお試しあれ。まあ,今年は後輩からの誕生日LINEがゼロだった私が言うのもなんですがね。

 ともあれ,忙しい自慢はあんまり自分からはしない,というのが昔の私だったんです。実際,そこまで忙しくなかったって話でもあるけども。でも,この年になって,「別にいいのかもしれない」と思うようになりました。わりと最近,忙しいって常に言うことによって,周りが気を使ってくれるんですよ。
 キャリアを重ねると,自分のスケジュールを事細かに伝える必要はありませんが,ボヤっと忙しいアピールをしておけば,「この人は忙しいもんな」っていう仕事の振り方をされるようになります。これは同時に声をかけられなくなって,誕生日LINEすら来なくなるという危険性も孕むんですが。

 若いときはスケジュールをコントロールすることが難しい部分が多いのですが,年を取ると昔よりコントロールできるようになるんですね。もちろん,仕事や環境などにも左右されるとは思いますが。
 私の場合は犬のハクを飼い始めたことによって,実際に忙しくはなっています。ただ,ハクの存在を周りにアピールすることで,スケジュールのコントロールができるようになりました。これは私が自由業だから,できることかもしれません。ただ,職種によって応用できるところはある気がします。

 で,何が言いたいかと申しますと。昔と今では考え方が変わるってことなんです。昔はね,スキューバダイビングなんて興味がなかったんですよ。いや,今もないんだけども。
 昔の私は,なんかこう尖ってたんでしょうね。優雅な趣味に謎の抵抗感があったんです。でも,今はもうそうした尖りはほぼなくなった。だから「FOREVER BLUE LUMINOUS」(フォーエバーブルー ルミナス)をプレイしてみて,「スキューバダイビング,隙あらばやってみたいなあ」とまで思うようになりました。

画像集 No.007のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第790回「スキューバやってみたい」

 ハイ,というわけで今週紹介するのは「FOREVER BLUE LUMINOUS」です。これ,面白いです。前作をプレイしていないので,シリーズファンではなく新規プレイヤーの意見になりますがね。
 任天堂作品らしい,毒のなさが非常に心地よいです。敵とかそういう概念がないんですよ。極端に言えば,海に潜って生態調査するだけのゲイム。でも,それが面白いってすごくない? しっかり面白いんですよ。

 まあ,根本的にスキューバダイビングそのものも「海に潜るだけの何が面白いんだ」と言ってしまえばそれまでですが。趣味なんて,等しくそうですよ。ネガティブな「何が面白いんだ?」という視点で見てしまえば,そう見えてくるもんなんです。
 多くの趣味は「何が面白いんだ?」と「それが面白いんだよ」が表裏一体です。だから,倫理的によほどヒドイものとか,他人に迷惑をかけるものでない限りはほっといてあげましょうよ。

画像集 No.003のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第790回「スキューバやってみたい」

 話を戻します。
 本作はとても平和です。それが面白いと,私は思っています。チュートリアル的な「ストーリー」モードはあるんですが,面白さの本質はただ海に潜るモードだと思っています。オンラインでもいいし,オフラインでもいい。私はマイペースで潜りたいので,主にオフラインですが。敵もいないし,ホントにただ潜っているだけ。
 「新しい生物を登録する」という目的があるにはあるんですが,それも実はどうでもよくて。ただ泳ぐのが心地いいんですよ。面白い,というよりも心地いい。最近では,寝る前になんとなーく遊んで眠りにつくようにしています。

画像集 No.006のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第790回「スキューバやってみたい」 画像集 No.002のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第790回「スキューバやってみたい」

 本作,頭を空っぽにして遊ぶゲイムの最高峰ではないでしょうか。逆に,何か目的を達成していくゲイムを求めている場合は,この作品はちょっと合わないかもしれません。忙しいけど,なんとなくゲイムを遊びたいっていう人には合うんじゃないかなあと思っています。
 マジで敵の概念がないから,ストレスをまったく感じないんですよ。昔の私だったら,こういうのんびりゲイムは苦手だった気もするんだけど,今は全然楽しめるようになった。そういう意味でも好きの幅が広がるのを確認できて,「年齢を重ねるのも悪くないな」と思えるゲイムです。全方位にではないけども,平和なゲイムを遊んでみたい人にはおススメです。

画像集 No.004のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第790回「スキューバやってみたい」

 私,先週から今週にかけて,1週間で地方大会を含む6試合をこなして忙しかったのですが,そんな中でもゲイムをやった気になれてストレスがないという「FOREVER BLUE LUMINOUS」に出会えてよかったな,というお話でした。
 スキューバやってみたい。ではまた来週。

今週のハマりゲイム
PlayStation 5:「eFootball 2024
PlayStation 5:「Rise of the Ronin
PlayStation 5:「SAND LAND
Nintendo Switch:「FOREVER BLUE LUMINOUS
Nintendo Switch:「百英雄伝
iOS:「ロードモバイル
iOS:「ウイニングイレブン カードコレクション

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
ディーノ選手が所属するDDTプロレスは,6月16日(日)17:00より東京・TOKYO FMホール大会「Dramatic Dream "BATTLE"」を開催します。ディーノ選手はシングルマッチで大石真翔選手と対戦予定。これまで大石選手にはリング上でワサビを使用したハラスメントを受けてきたディーノ選手は,「ついに復讐を果たす日が来る。いっぱい食わせてやる」とのことでした。何を?

  • 関連タイトル:

    FOREVER BLUE LUMINOUS

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月21日〜07月22日