オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ニンテンドー3DS用の液晶パネルはこんな感じ? シャープ,タッチパネル付き裸眼立体視対応液晶を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/04/02 15:33

ニュース

ニンテンドー3DS用の液晶パネルはこんな感じ? シャープ,タッチパネル付き裸眼立体視対応液晶を発表

 シャープは,タッチパネルを搭載した裸眼立体視対応の液晶パネルを発表した。ニンテンドー3DSの発表時に,一部報道ではシャープ製の裸眼立体視液晶が採用される模様とされるものもあったが,本命にいちばん近いと思われるパネルが発表されたわけだ。

 今回発表された液晶パネルは,デジタルカメラや携帯電話,スマートフォンをターゲットとしたものとされており,携帯型ゲーム機に使えない理由はないのだが,現行のニンテンドーDSとは画面のアクペクト比が異なっているため,ほぼ同一スペックで別サイズのパネルが使用されるのではないかと推測される。
 簡単にスペックを紹介してみよう。

画面サイズ 3.4インチ
画素数 480×854ピクセル
輝度(2D時) 500cd/m2
コントラスト比 1000:1

 タッチパネルについては,2010年上半期に搭載しないモデルから先に発売され,タッチパネル付きの製品はそれに続いて投入される模様。マルチタッチへの対応については表記がないため,現状では不明だ。
 
 裸眼立体視可能な液晶パネルについては,現在3ないし4種類の方式が存在し,大きくレンチキュラー方式とパララックスバリア方式に分けられる。
 レンチキュラー式は,パネル上にかまぼこ状のレンズを貼り付けた,よくある立体シールのような原理で動作する製品である。パララックスバリア方式は,液晶パネルの前にスリットを配置し,右目と左目では見えるドットが異なるように画素を配置していくトリッキーな方式となっている。シャープでは,このスリットの実現にも液晶技術を使っており,任意に立体視モードをOn/Offできるという製品を展開し,立体視液晶を使ったノートPCなども早い時期から展開するなど,裸眼立体視液晶の開発に関してはトップレベルの実績を持っているといってよいだろう。新製品は,縦にしても横にしても有効なパララックスバリアを実現できるものとなっており,従来製品を改良して画質を大幅に向上させているという。
 今回の液晶は,従来ニンテンドーDSで使われていた液晶パネルよりも遥かに高解像度となっているが,パララックスバリア方式での立体表示時の片目あたりの横解像度は半分になるため,次世代機で高解像度対応が行われてもとくに不思議ではない。ピクセル数などから考えて,このパネルそのものが使われる可能性は低そうだが,同系列の製品であれば,かなりの高画質,良好な裸眼立体視が期待できそうだ。
 
画像集#001のサムネイル/ニンテンドー3DS用の液晶パネルはこんな感じ? シャープ,タッチパネル付き裸眼立体視対応液晶を発表

ニュースリリース

http://www.sharp.co.jp/corporate/news/100402-a.html
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月01日〜12月02日
タイトル評価ランキング
94
74
原神 (PC)
68
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
43
VALIANT TACTICS (PC)
2020年06月〜2020年12月