オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「EGG MUSIC」,「ちっぽけラルフの大冒険」のサントラをリリース
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/12/01 17:14

リリース

「EGG MUSIC」,「ちっぽけラルフの大冒険」のサントラをリリース

ちっぽけラルフの大冒険
配信元 D4エンタープライズ 配信日 2009/12/01

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

株式会社D4エンタープライズ、ゲーム音楽配信サービス『EGG MUSIC』にて
『ちっぽけラルフの大冒険 オリジナル・サウンドトラックス』をリリース

レトロゲームの復刻ビジネスやデジタルコンテンツの配信を行なっている株式会社D4エンタープライズ(本社・東京都千代田区、代表取締役・鈴木直人)は、同社が運営するゲーム音楽配信サービス『EGG MUSIC(※)』において、新規コンテンツ『ちっぽけラルフの大冒険 オリジナル・サウンドトラックス』をリリースしました。


EGG MUSIC EGG MUSIC

タイトル : ちっぽけラルフの大冒険 オリジナル・サウンドトラックス
アーティスト名 : アーティン
配信サイトURL :
http://www.amusement-center.com/project/emusic/cgi/eggmusic_catalog-detail.cgi?product_id=8872
価格 : 個別購入(1曲) 105円 アルバム購入(全122曲収録) 2,205円(共に税込)

 早すぎたレトロ2Dアクションへの回帰……! 1999年にニュー(後にアーテインへと発展)から発売された『ちっぽけラルフの大冒険』は、当時絶滅しつつあった「非ポリゴン」な2Dアクションを、見 事な完成度で甦らせた、奇跡のプレイステーション作品である。そのサウンドトラックが、EGG MUSIC より、まさかの配信! 通常版とPSG版あわせて120曲を超える怒涛のボリュームをお楽しみください。
 このような正統レトロスタイルのゲームは、今でこそ珍し くないが、今から10年前には、ひたすら孤高の挑戦であった。その点はサウンドについても同様だ。本作には通常サントラに加え「PSGモード」が用意されているが、これも商業作品では初の試みである。当時日本には、まだ8ビット・リバイバルもチップチューンも存在しなかったのだから、これも時代を先取りしすぎた感覚だったとお分かりいただけるだろう。作曲は黒沼弘、土屋直樹、佐藤英樹の3名。全体としては渋さの光るロック・テイストの作風が目立つが、もちろん「レトロ」スタイルならではの楽曲も要所にちりばめられている。
 見た目の単純明快さとは裏腹に、本作は開発にかなりの時間をかけた、 真に入魂の一作である。そもそも初期にはX68000向けに開発されていたという(ちなみにニューはX68000版『プリンセスメーカー』を発売してい た。これは同機における最後の商用ゲームのひとつとなった)。つまり『ちっぽけラルフの大冒険』は、レトロであると同時に、生粋の16ビット生まれでも あったのだ。こうしたルーツ面での奥深さも、アーテイン作品を通底する魅力といえるだろう。

EGG MUSIC :
https://www.amusement-center.com/project/emusic/

動画でゲーム紹介! YouTube内チャンネル『EGGチャンネル』URL :
http://www.youtube.com/ProjectEGG
  • 関連タイトル:

    EGG MUSIC

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月16日〜11月17日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年05月〜2018年11月