※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2018
号外No.1
東京ゲームショウまとめ読み!9月21日〜23日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
「サマーレッスン」チームが挑んだ“本物のパイロット体験”
「エースコンバット7」VRモード
スマホ向けロマサガ完全新作の舞台は「3」の300年後
「ロマンシング サガ リ・ユニバース」発表
VRでもスマホでも,恋愛は楽しい!?
ラブプラス EVERY
Forcus on You
ゲームパッドはオリジナルの大きさ
写真で見る
プレイステーション クラシック
今年のTGSを彩る注目タイトルのプレイレポート
Days Gone
KINGDOM HEARTS III
ドラゴンクエストビルダーズ2
デビル メイ クライ 5
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Access Accepted第373回:XNAとインディーズゲーム開発の話
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/02/18 12:00

業界動向

Access Accepted第373回:XNAとインディーズゲーム開発の話


 新たなゲームアイデア開拓の場として,また人材発掘の源泉として,欧米ゲーム業界が熱い視線を注ぐインディーズゲーム分野。現在はアマチュアばかりでなく,新作開発の機会が減ったベテランゲーム開発者や他業種のプロなどが参入し,「Minecraft」を始め,メインストリームに大きな影響を与えるほどの傑作や人気作品が生まれている。こうしたインディーズゲーム隆盛の一端を担った技術の一つが,Microsoftの「XNA」だが,コンシューマ機の世代交代を前に動きが見られる。今週は,そんなXNAの最新事情をお伝えしたい。


インディーズゲーム隆盛の一端を担ったXNA


 業界関係者によると,北米時間の2013年1月31日頃,Microsoftが一部のゲーム開発者にメールを送り「DirectXおよびMicrosoft XNAのサポートを終了する」ことを明らかにしたという。北米のいくつかのメディアがこれを報道しているが,例えばDirectXは今後も開発を継続するとする記事なども見られ,情報はやや錯綜気味だ。
 メールには,「DirectXはもはや革新的な技術ではない」とあり,サポート終了は2014年4月1日が予定されているという。

 詳細については,3月にサンフランシスコで開催されるGame Developers Conference 2013などで明らかになると思われるが,コードネーム「Durango」として知られる次世代コンシューマ機が控えているため,メーカーやゲーム開発者に向けて,すでに詳しい内容が伝えられているだろう。こちらも確定情報ではないが,DurangoのGPUはDirecxX 11をターゲットにしているとの情報もあり,その後に新しいAPIが導入されるとしても,いましばらくはDirectXの使用が続けられることになるはずだ。最新OSである「Windows 8」にもDirectX 11が採用されているので,世代交代には時間がかかるだろう。

サポートの終了により,ソフトウェアのアップデートやコミュニティのサポートは行われなくなるが,XNA Game Studioによる開発が(当面)不可能になるわけではない。しかし,インディーズゲームの開発者コミュニティにとって,心理的影響は少なくないようだ

 サポート中止が伝えられるもう一方のXNAについても,ゲーム業界に直ちに影響をおよぼすといった性質の話ではないが,Microsoftの新たな動きであることは間違いない。
 2006年12月に正式リリースされた「XNA Game Studio Express」は,ゲーム開発に必要なツールやライブラリを含む統合開発環境で,PCやXbox 360など,マルチプラットフォームに対応したゲーム開発がより容易に行えるというものだ。Xbox 360向けのゲームを開発するには,年会費99ドルを支払って「XNA Creators Club」に加入する必要があるが,加入によりさまざまなサポートも受けられるようになるため,資金が不足しがちなインディーズ開発者に歓迎された。
 現在,ユーザー数は50万人を超え,約2600のタイトルがXbox LIVE Indie Gamesでリリースされている。PlayStationの「ネットやろうぜ」が,どちらかといえばホビースト向けだったのに対し,XNAは真剣にプロになりたい人々の興味を集めたという印象が強い。


#XNAのおかげで……


 発表当時,MicrosoftはXNAを大きくプッシュし(関連記事),2007年にはXNA Game Studioを使用したインディーズゲームコンテスト「Dream-Build-Play」を開催している。受賞作は,ロボットを主人公にしたスポーツゲーム「Blazing Birds」と,コメディタッチの横スクロールアクション「The Dishwasher: Dead Samurai」の2本だった。
 続く2008年には,Game Developers Conferenceに合わせて開催されたMicrosoftのプレスカンファレンスに,アルバイトで皿洗いをしていたという,The Dishwasher: Dead Samuraiの作者,ジェームス・シルバ(James Silva)氏を呼んで同作を大々的に紹介。シンデレラストーリーとして脚光を浴びた。

17‐Bitが長期間開発を続けてきたターン制のストラテジー「Skulls of the Shogun」は,XNAをフルに活用した本格派なタイトルだ。2013年1月30日に,Xbox LIVE,Windows Phone,Microsoft Surface向けにリリースされた
Access Accepted第373回:XNAとインディーズゲーム開発の話

 この頃から,ゲーム開発者が企業を離れ,インディーズゲーム開発者として独立するという話がよく聞かれるようになった。もちろん,こうしたベテラン開発者の中には,十分な資金や技術を持った人も少なくなく,必ずしもXNAが唯一の受け皿だったわけではないだろうが,より簡単にゲーム開発ができるXNAの登場が,アマチュアだけでなくベテランゲーム開発者の独立心に火をつけた可能性も高い。
 200万本のヒットとなった「Terraria」や,同じく170万本の「Bastion」は,XNAを使用して制作されたタイトルだ。さらに,ゲーマーやメディアから高い評価を受けた「Fez」「Dust: An Elysian Tale」,そして「Skulls of the Shogun」などの話題になったインディーズ作品も,XNAによって制作されている。

 このようなインディーズゲームの盛り上がりの一方,Microsoftは2010年9月にリリースした「XNA Game Studio 4.0」を最後にバージョンアップを行っておらず,コンシューマ機の世代交代が迫る中,開発者の多くがサポート終了を予期していたという。もちろん,サポートが終了するといっても,XNAを使い続ける人もいるだろうし,PCゲームの開発に利用する人も少なくないはずだ。XNAをベースにしたサードパーティの開発環境「MonoGame 3.0」などが独自進化を遂げる可能性もある。

 長きにわたってXNAコミュニティのメンバーだったゲーム開発者のニック・グレイブリン(Nick Gravelyn)氏は,今回のニュースに触れ「#becauseofXNA」(#XNAのおかげで……)というハッシュタグ(https://twitter.com/search?q=%23becauseofxna)を作った。このハッシュタグを使ってXNAに対する思いをつぶやく開発者達は後を絶たず,「仕事を辞めて,ゲーム開発に打ち込む決心をつけさせてくれた」「何十人もの友人ができた」というツイートや,「億万長者になっちゃった」という,話が本当なら誰だか特定できそうなものまで,さまざま書き込みが行われている。シルバさん自身も,「妻に出会うことができた」と書いている。

多くのゲーム開発者によって,XNAに対する愛が書き込まれている

 Microsoftが開発者に送ったメールでは,現在のXNA Game Studioの開発状況は活発とは言えないとされているようだ。事実はその通りなのかもしれないが,少なくとも数多くのインディーズゲーム開発者の背中を押し,彼らの人生に大きな影響を与えたことは間違いないだろう。今後,インディーズゲーム市場も大きく変動していくはずだが,さらなる発展に期待したい。

著者紹介:奥谷海人
 4Gamer海外特派員。サンフランシスコ在住のゲームジャーナリストで,本連載「奥谷海人のAccess Accepted」は,2004年の開始以来,4Gamerで最も長く続く連載記事。欧米ゲーム業界に知り合いも多く,またゲームイベントの取材などを通じて,欧米ゲーム業界の“今”をウォッチし続けている。
  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月20日〜09月21日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月