オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
The Tower of AION公式サイトへ
読者の評価
69
投稿数:397
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/10/08 10:00

プレイレポート

「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)

“Episode1.5”は,AIONに導入される初の大型アップデート。連休が明けた13日に実装予定だ
画像集#001のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
 エヌ・シー・ジャパンのMMORPG「The Tower of AION」(以下,AION)は,10月13日に「Episode 1.5 龍族の侵攻」を実装する。これは,2009年7月にAIONの正式サービスが開始されてから,初となる大型アップデートだ。

 本アップデートにより,AIONのビギナーからベテランに至るまで,あらゆるプレイヤー層が恩恵を受けられる。それらの中でも最大の見所といえるのは,中〜高レベル向けに5種類が用意された,インスタンスダンジョン系の新コンテンツである。いずれも,天族と魔族にとって共通の敵である"龍族"が深く関与しており,AIONメインコンセプトの一つである“PvPvE”を強く実感させる内容なのだ。

 今回はエヌ・シー・ジャパン本社にて,ローカライズ作業真っ只中のEpisode 1.5を取材させてもらった。その全貌をプレイレポートとして,2回の記事に分けてお届けしていこう。前編となる本稿では,中レベル帯向けのコンテンツ三つを中心に見ていきたい。

※取材時点で開発中につき,掲載したSS中の文言などは修正される可能性があります

「Episode 1.5 龍族の侵攻」特設ページ

http://aion.plaync.jp/episode/episode1.5/

レベル50用のディーヴァニオン装備や,ユニークをも超えるグレードの武器など,思わず目を見張るアイテムの数々。これらもEpisode1.5のハイエンドコンテンツで得られる報酬だ
画像集#002のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編) 画像集#003のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編) 画像集#004のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)


アビスのチュートリアル+インスタンスの登竜門
第三者に介入されずにアビスポイントがためられ,ノフサナアイテムがドロップするといわれる「ノフサナ訓練所」


画像集#005のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
ノフサナ訓練所の概観。フィールドエリアのように見えるが実はインスタンスなので,第三者に邪魔されずに冒険できる
画像集#006のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
訓練所への入口は,天族と魔族の本拠地からほど近い場所に設けられている。ちなみに再挑戦には18時間を要する
画像集#007のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
入口近辺の敵はレベル25のノーマルタイプと弱め。未配属の訓練兵だからか,名前にある部隊数のところが“第00”となっていた
画像集#008のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
試しに滑空で飛び回ってみた。モンスターの混み具合が,フィールドエリア並にまばらなのが分かる
 最初に紹介する「ノフサナ訓練所」は,キャラクターレベル25〜28を対象としたインスタンスエリアだ。
 ストーリーの設定から見ていくと,ここは"龍族"の兵士達の訓練所である。ここで訓練を積んだ龍族達は,天族や魔族の本拠地に向けて侵攻していくわけで,その前にこちらから襲撃してしまおうという狙いだ。

 龍族は,アビスの中でも手強い敵として知られているが,ここにいるのは新米兵士なのであまり強くはない。エリアの序盤で出現するモンスターは,レベル25〜27のノーマルタイプだ。また,フィールドタイプのエリアということもあり,モンスターの数がそれほど密集しておらず,大リンクの危険も少ない。
 実際に見たときには「もしかするとソロプレイで攻略できるかも?」と感じたほどで,適当にクラスを編成した3〜4人のパーティでも,よいペースで稼げそうだ。インスタンスと聞くと,"炎の神殿""アルカニス空中神殿"などのイメージが強いが,あれらと比べると訓練所のハードルはかなり低い。

 ある意味,このエリアは,アビスにおけるチュートリアル的な役割も担っている。AIONプレイヤーならご存じかと思うが,訓練場への進入条件であるレベル25は,PCがアビスに進入できるようになるタイミングである。アーティファクトの争奪や要塞戦など,これまでなかったさまざまな仕掛けがアビスでは関わってくるが,このエリアにてダイジェスト的に体験できるのは,初心者にとってありがたいことだろう。

画像集#009のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
アーティファクトを発見。アビスでは新たなゲームシステムがいくつも登場するが,それらをコンパクトに体験できる
画像集#010のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
アーティファクトを発動させると,ちゃんとバフが掛かる。画面左上に効果が表示されているが,これはボス戦の際に頼りになりそうだ

画像集#012のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
ずんずん進んでいくと,訓練所とおぼしき砦を発見。この辺りからエリートモンスターがちらほら
画像集#015のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
砦の内部はちょっとした迷路状の構造。屋外と比べると,訓練所の内部はモンスターの数が若干多めだ
 しかも,お手軽に挑戦できる割に,報酬もなかなか魅力的である。もともと龍族は,倒した際の経験値が若干多めで,ドロップする素材は合成用としての需要が高い。しかもアビスポイント(AP)も得られるので,レベリングと金策の両面においておすすめなのである。アビスの初心者にとっては,敵対種族から襲われる心配をせずに,マイペースで龍族を狩れるというだけでも,大きなメリットといえる。

 訓練所エリアの奥には砦があり,その最深部にはボスの“訓練所 守護神長”が待ち構えている。この近辺までくると,出現モンスターの多くがエリートタイプとなり,フルパーティ級の戦力が求められる。
 訓練所 守護神長は,周囲にいる配下のモンスターとリンクするうえに,周りにモンスターが多いため,ほかと比べてちょっと難度が高いが,レジェンド級のアイテム(青字)のドロップ率も(体感では)そこそこあり,これを目標にしてみるのもよさそう。

 このエリアの冒険に慣れて,コンスタントにボスを倒せるようになったら,キャラクターの強さ/プレイヤーの知識ともに,アビスへ本格参戦できる実力が備わることだろう。そこから先は,遥かに過酷なバトルが待ち構えているわけだが,これからは「アビスへ到達したらまず訓練所へ」,という流れが定着しそうな雰囲気である。

画像集#017のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
見た目はやたらと強そうなボスが登場。新米ディーヴァにとってはかなり楽しめそうなエリアだ
画像集#018のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
見事にボスを倒すと,レベル25用の武器シリーズ(+盾)が得られる。トレード不可属性なので頑張って挑戦するべし


「要塞戦」で勝利した種族のみのご褒美
ハードルに見合った報酬が得られる「アビス宝物庫」


画像集#019のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
「アビス宝物庫」が導入されることで,要塞戦に対するモチベーションが大きく向上するはず。長い目で見ると,自分の種族への団結心にも結びつくだろう
画像集#020のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
宝物庫の入口は要塞の地下にあることが多い。占領している間は同種族のNPCが守ってくれるので,敵対種族に邪魔されることは少なそうだ
 続いて紹介する「アビス宝物庫」は,アビス内に現在8か所ある“要塞”の地下に作られた,インスタンス系のダンジョンである。エリアに入るための条件がやや特殊で,「要塞を占領している種族のキャラクター」のみとなっている。

 宝物庫の内部は,迷路状の作りをしたダンジョンで,道中に出現するモンスターにはエリートタイプも出現する。ダンジョンにはさまざまなものがあり,なかにはモンスターを倒し,鍵を奪いながら進んでいくという,いわゆる“研究所”のエリアに近い展開のダンジョンもある。ただし,扉の枚数が多いことから,すべてを開けることはできず,道順は厳選せねばならない。そして攻略するルートによって,待ち受けるネームドモンスターやお宝などの報酬が変化する仕組みだ。

画像集#021のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編) 画像集#022のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
画像集#023のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編) 画像集#025のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)

 そのほかにも細かなギミックもいろいろとあるようで,じっくりと確認したいところだが,アビス宝物庫のインスタンスは制限時間が設けられている。10〜15分以内(要塞によって異なる)にクリアせねばならず,タイムアタックにも似た独特の緊張感があるのだ。

 要塞のある場所によって難度は大きく異なり,アビスの「下層部」「上層部」の二つで大別されているようだ。例えば,アビス下層部から行ける宝物庫の「左の翼の影」(西シエル要塞)では,レベル35以上のモンスターが主に出現する。
 一方,アビス上層部から行ける「クロタン地下要塞」(クロタン要塞)に出現するモンスターは45以上であった。ざっと見たところ,とくにアビス上層部の宝物庫は,実装からしばらくの間はお宝まで辿りつくことがかなり困難のように思えた。

画像集#024のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
道が放射状に分かれているが,時間制限があるためすべては回れない。滑空でショートカットを試みたところ,なんと“滑空禁止”のエリアであった
画像集#026のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
待ちに待ったお宝タイム。いくつものハードルを乗り越えて到達できたわけで,報酬のグレードにも期待がかかる

 では,そこまで苦労した先でいったいどんなお宝が待っているかだが,さすがに素晴らしいモノが揃っている。例えば,クロタン地下要塞では,「古代の遺物」と呼ばれる素材品が得られるが,これを合成することで,ユニーク防具の「ディヴァイン ドラゴン シリーズ」(レベル50用)が完成するのだ。委託販売でユニークアイテムの相場価格を見れば,アビス宝物庫がコアプレイヤーで大きく賑わうことは想像に難くないだろう。

画像集#027のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
ここから先のSSは,アビス上層の宝物庫エリアのものだ。エリア内へ入ると早速,レベル45のエリートがお出迎え
画像集#028のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
大小さまざまな部屋が無数にあり,それらが通路で繋がった構造。扉を開けるためには鍵が必要となることも

画像集#030のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
こちらの宝物庫エリアも時間制限があるため,すべての部屋はカバーできない。そもそも,扉を開けるための鍵の数が絶望的に不足している
画像集#035のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
最深部とおぼしき場所でアーティファクトを発見。調べたところボスが出現したが,何らかのギミックが関わっているようだ
 要塞戦に関しては,これまでは占領したあとに防衛するメリットがあまり多くなく,ワールドによっては放置,または予定調和的に天族と魔族が交互に占領するケースが見受けられた。今回の宝物庫が魅力的なものであれば,要塞戦も必然的にヒートアップしそうである。この点にも注目したい。

・アビス下層の宝物庫エリア(対象レベル30〜42,制限時間15分)
 サルファ ツリー列島要塞「サルファ ツリーの巣窟」
 東シエル要塞「右の翼の影」
 西シエル要塞「左の翼の影」

・アビス上層の宝物庫エリア(対象レベル40〜50,制限時間15分)
 アステリア要塞「アステリアの深淵」
 ラ ミレン要塞「ラ ミレン地下要塞」
 クロタン要塞「クロタン地下要塞」
 ドキサス要塞「ドキサス地下要塞」
 古代都市ルー要塞「古代都市ルー地下要塞」

画像集#037のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
ちょっと気になったので,一度外に出てから再度挑戦。すると今度は,“覚醒中”のボスに遭遇。こちらのほうが断然強かった
画像集#038のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
最深部で宝箱を開けたら,このような品揃えであった。ユニークの装備品を作る際に必要な素材品だろうか?


アビスに投げ出された哀しきシューゴ族
飛空船が舞台のインスタンス「シュラクの海賊船」


画像集#039のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
エリュシオンやパンデモニウムの船着場から,シュラクの海賊船へと乗り移る。初回はちょっとしたクエストを行う必要がある
画像集#040のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
船とはいっても海ではなく,空を飛ぶ“飛空艇”である。空の色を見る限り,ここはアビスではなさそうだ
画像集#041のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
エリア内に入って最初の大広間。各モンスターの強さはレベル41のエリートだが,これくらいの数ならなんとかなりそうだ
 最後に紹介する「シュラクの海賊船」は,船の内部を舞台としたインスタンスだ。対象とするキャラクターレベルは40〜48で,エリュシオンおよびパンデモニウムの港地域から移動できる。

 この海賊船は「スティール クロウ号」という名で,乗り込んでいるのは「シュラク族」である。シュラクというのは初めて聞く名前だが,これは「ぎゃるん!」でお馴染みのシューゴ族から派生した一部族である。

 これにはちょっぴり哀しいストーリーがあり,陽気に暮らしていたシューゴ族の一部が,ある日突然起こった「大崩壊」により,アビスへと吹き飛ばされてしまうのだ。過酷な環境で生き抜くことを余儀なくされたシューゴは,己の肉体を鍛え上げ,天性の商才を龍族相手に駆使してきたのである。彼らが名前をシュラクと改めたのも,軟弱だった過去との決別の意味も含まれている(のかもしれない)。

 このあたりのストーリーの顛末については,シュラクの海賊船へ進入するクエストを通じて少しずつ明らかにされる。世界観がなかなか作り込まれているMMOなので,大型アップデートの際はこういった部分にも注目したいところだ。

シュラク族の外見はシューゴ族の愛嬌を残しつつも,どこかワルっぽい。ちなみにモーションはとてもコミカル
画像集#043のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編) 画像集#044のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)

 スティール クロウ号に乗り込んでいるのは,シュラク族の中でもとくに好戦的で悪名高い「スティール ビアード海賊団」である。当然ながらアクティブタイプのモンスターで,しかも屋内のインスタンスであることから,広間などには思いっきり密集している。いったいどのようにして攻略していくのか,さっぱりイメージできないような場所もちらほら。

画像集#047のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
内部には鍵の掛かった扉がいくつもある。中層を一直線に進むのならともかく,下層や上層を経由するルートはかなり複雑
画像集#051のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
ふと横へ目を向けると,シューゴ族のNPC同士が喧嘩をしていた。どうしても心の底からは憎みきれない種族である
 船の内部は,下層,中層,上層の3層に分かれた構造となっている。スタート地点は中層にあり,そこから中層をまっすぐ突き進んでいけば,いくつかの船室を経由した末にボスへと辿り着く。

 しかし,本エリアには,下層と上層を経由する別の攻略ルートもある。中層を一直線で進むよりも難度は高く,その分報酬も優れているとのこと。
 取材時に拝見した資料の中には,ユニークアイテムのシリーズも確認できたが,レベルキャップまで第一線で十分使えそうな性能である。再挑戦時間が5時間とちょっと長めではあるものの,エリアへの移動が手軽に行えるので,コアプレイヤーにとって人気が出そうなエリアだ。

画像集#042のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編) 画像集#045のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)
画像集#046のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編) 画像集#049のサムネイル/「The Tower of AION」初の大型アップデート「Episode 1.5 龍族の侵攻」の全貌に迫る(前編)

 とりあえず前編はここまで。後日掲載予定の後編では,天族と魔族が内部で激突するEpisode1.5の目玉コンテンツ「激戦地 ドレドギオン」と,未来にて滅びる運命を迎える天族の故郷「暗黒のポエタ」の,2コンテンツを中心に紹介していこう。
 オマケのスライドショウムービーでは,後半の内容も丸ごと載っていたりするのだが,詳しい話はまた近日中に紹介したい。

  • 関連タイトル:

    The Tower of AION

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2020/10/28)

4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月30日〜10月31日
タイトル評価ランキング
94
72
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
49
LOST ARK (PC)
43
VALIANT TACTICS (PC)
38
巨神と誓女 (BROWSER)
2020年05月〜2020年10月