お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Thunderbolt 5搭載の「Razer Blade 18」で4K×3画面でのゲームプレイが可能に? CES 2024のRazerブースをレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2024/01/23 16:49

ニュース

Thunderbolt 5搭載の「Razer Blade 18」で4K×3画面でのゲームプレイが可能に? CES 2024のRazerブースをレポート

 既報のとおり,Razerは,2024年1月上旬に行われた大規模展示会「CES 2024」にあわせて,ゲーマー向けノートPC「Razer Blade」シリーズ3製品を発表した。CES 2024の同社ブースでは発表製品3モデルと関連製品が展示されていたので,実機写真と合わせて紹介しよう。


Thunderbolt 5対応のRazer Blade 18


 Razerブースの最も目立つ場所に展示していたのは,18インチ級ノートPCの「Razer Blade 18」のプロトタイプである。本製品は,4Kを上回る高解像度で最大リフレッシュレート165Hzの液晶パネルを採用するのが見どころだ。

Razer Blade 18。展示はプロトタイプで,製品版は2024年下半期に登場する見通し
画像集 No.001のサムネイル画像 / Thunderbolt 5搭載の「Razer Blade 18」で4K×3画面でのゲームプレイが可能に? CES 2024のRazerブースをレポート

 今回の展示では,ディスプレイパネル以外の特徴として,「Thunderbolt 5」に対応することをアピールしていた。

左側面のインタフェース。電源コネクタ,RJ-45,USB Type-A×2,Thunderbolt 5,3.5mmミニピンヘッドセット端子が並ぶ
画像集 No.002のサムネイル画像 / Thunderbolt 5搭載の「Razer Blade 18」で4K×3画面でのゲームプレイが可能に? CES 2024のRazerブースをレポート

右側面のインタフェース。SDカードスロット,Thunderbolt 5,USB Type-A,HDMI出力を配置する
画像集 No.003のサムネイル画像 / Thunderbolt 5搭載の「Razer Blade 18」で4K×3画面でのゲームプレイが可能に? CES 2024のRazerブースをレポート

 Thunderbolt 5は,その名のとおり,現行の「Thunderbolt 4」の後継規格で,Thunderbolt 4では最大40Gb/sの転送速度が,80Gb/sに向上する。また,Thunderbolt 5は,送信と受信でそれぞれ2系統の伝送レーンを備えているが,そのうち1レーンを受信側,あるいは送信側に変更することで,最大120Gb/sの転送速度が得られるのもポイントだ。

 こうした転送速度の向上は,一般的なデータ転送よりも映像信号の転送で必要とされるケースが多い。既存のThunderbolt 4/3では,ケーブル1本の接続で表示できるのは,4K/60Hzで2系統,あるいは8K/60Hzで1系統だ。Thunderbolt 5では,転送速度が向上することで,ディスプレイのさらなる高解像度化や高リフレッシュレート化に対応できるというわけだ。

 Razerブースでは,Blade 18をホストとして,3台の4Kディスプレイを1本のThunderbolt 5ケーブルで接続して,ゲームをプレイするというデモンストレーションが行われていた。4K/120Hzの映像を表示するには,1台あたり32Gb/sの転送速度が求められるので,Thunderbolt 5の強みが生きてくる。なお,3台のディスプレイがデイジーチェーン接続なのか,Thunderbolt 5対応ハブを用いた接続なのかは
分からなかった。

Blade 18から1本のThunderbolt 5ケーブルで 3台の4Kディスプレイを接続し,「アサシン クリード ミラージュ」をプレイするデモンストレーション
画像集 No.004のサムネイル画像 / Thunderbolt 5搭載の「Razer Blade 18」で4K×3画面でのゲームプレイが可能に? CES 2024のRazerブースをレポート

 ちなみに,CES 2024のIntelブースにおけるThunderbolt 5のデモにも同じBlade 18が使われていた。Thunderbolt 5の利用には,Intelが開発中のThunderbolt 5コントローラ(開発コード名:Barlow Ridge)が必要なので,Blade 18はBarlow Ridgeのプロトタイプを搭載しているようだ。Blade 18の発売時期が2024年下半期と遅めなのも,Barlow Ridgeの正式出荷を待ってということなのだろう。

別会場にあるIntelのブースに展示されていたThunderbolt 5対応製品。いずれもプロトタイプだ
画像集 No.005のサムネイル画像 / Thunderbolt 5搭載の「Razer Blade 18」で4K×3画面でのゲームプレイが可能に? CES 2024のRazerブースをレポート

台湾GoodwayのThunderbolt 5対応ドック
画像集 No.006のサムネイル画像 / Thunderbolt 5搭載の「Razer Blade 18」で4K×3画面でのゲームプレイが可能に? CES 2024のRazerブースをレポート

中国のOEMメーカーWinstarsのドック
画像集 No.007のサムネイル画像 / Thunderbolt 5搭載の「Razer Blade 18」で4K×3画面でのゲームプレイが可能に? CES 2024のRazerブースをレポート


Razer Blade 16,Razer Blade 14


 16インチ級モデルの「Razer Blade 16」は,ディスプレイに解像度2560×1600ドット,アスペクト比16:10,最大リフレッシュレート240HzのSamsung製有機ELパネルを採用した製品である。VESAが定めた映像パネルの表示ブレを示す指標「VESA ClearMR」の「ClearMR 11000」を取得するのが見どころだ。

Razer Blade 16
画像集 No.008のサムネイル画像 / Thunderbolt 5搭載の「Razer Blade 18」で4K×3画面でのゲームプレイが可能に? CES 2024のRazerブースをレポート

 ディスプレイ以外のスペックも高く,最上位構成では,CPUにノートPC向け第14世代Coreプロセッサの「Core i9-14900HX」を,GPUには,ノートPC向け「GeForce RTX 4090 Laptop GPU」を採用している。
 
 今回発表となったRazer Bladeシリーズで,最もコンパクトな「Razer Blade 14」は,AMDのノートPC向け新型APU「Ryzen 9 8945HS」を採用した製品だ。GPUは,ノートPC向け「GeForce RTX 4070 Laptop GPU」などを搭載可能で,小型ながら高いスペックを備える。それでいながら,公称本体重量を約1.84kgに押さえているのもポイントだ。

Razer Blade 14。14インチ級ノートPCで過去最高のスペックを謳う
画像集 No.009のサムネイル画像 / Thunderbolt 5搭載の「Razer Blade 18」で4K×3画面でのゲームプレイが可能に? CES 2024のRazerブースをレポート

 ディスプレイは,14インチサイズで,解像度2560×1600ドット,アスペクト比16:10,最大リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレイを採用する。

 このほかにも,Razerブースには,ゲーマー向けチェアや,USB Type-C接続対応のドッキングステーションといった周辺機器も展示されていた。

純正周辺機器となるUSB Type-Cドック。USB Power Delivery対応で最大85Wの給電が可能だ。WindowsだけでなくmacOSでも利用できるという
画像集 No.010のサムネイル画像 / Thunderbolt 5搭載の「Razer Blade 18」で4K×3画面でのゲームプレイが可能に? CES 2024のRazerブースをレポート

LEDイルミネーションを備えたゲーマー向けチェア
画像集 No.011のサムネイル画像 / Thunderbolt 5搭載の「Razer Blade 18」で4K×3画面でのゲームプレイが可能に? CES 2024のRazerブースをレポート

RazerのCES 2024特設ページ

Razer日本語公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    Razer

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月24日〜04月25日