オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2007/08/29 17:22

広告企画

いよいよ“メガテンらしさ”が増してきた,「女神転生IMAGINE」の魅力を紹介

Text by マフィア梶田

 コンシューマ版で人気を博した,「真・女神転生」と「真・女神転生II」の間の時代。“I.C.B.M”による攻撃と大洪水,そして突然の“悪魔”の出現によって崩壊してしまった20XX年の東京を舞台に,悪魔を使役する能力を持った“デビルバスター”達の戦いを描いた物語。それがMMORPG「女神転生IMAGINE」だ。

 2007年4月4日に正式サービスが開始された女神転生IMAGINEは,そのハードで混沌とした世界観で,多くのプレイヤーを魅了してきた。そして2007年8月9日,本作の世界観/ストーリー性をさらに深める大型アップデートが実装されたのである。

 新フィールド「シナガワ」「ウエノ」の追加や,新たな街である「聖都アルカディア」「総本山」の追加などにより,女神転生IMAGINEのゲーム内世界は,より広さを増した。またメガテンシリーズでお馴染みの“LNCシステム”が実装されたことも,ファンにとっては大きな注目点である。
 プレイヤーの行動次第で,秩序を重んじるLAW/混沌を好むCHAOS/それらの均衡を望むNEUTRALといった具合に,キャラクターの思想/属性が変化するLNCシステムは,ゲームの魅力を2倍にも3倍にも引き上げてくれる。さらに,「真・女神転生」と「真・女神転生II」の空白の時代に起きた「知られざる事件」を描く“エピソード”も,アップデートによって第2章「アダムの子供達」編へと突入し,物語は大きく動き出したのである。
 今回の記事では,この「女神転生IMAGINE」の魅力を余すところなくお伝えするつもりだ。その昔,「真・女神転生」の世界を駆け抜けたヒーロー達に,そして,新たにデビルバスターを目指さんとするヒーロー予備軍に,ぜひとも読んでほしい。

 

悪魔が跋扈する近未来 「真・女神転生」の世界

 「女神転生IMAGINE」は,冒頭で触れた通り,コンシューマーで発売された「真・女神転生」と「真・女神転生供廚隆屬了代を舞台としている。もちろん,この2作を知らなくても,本作は独立した物語になっているので問題なく楽しめる。真・女神転生シリーズの世界観を引き継いではいるが,メインストーリーの展開自体に,必須とされる予備知識はないのだ。
 しかし,真・女神転生の知識がある程度あれば,本作をさらに深く楽しめるのも事実。あまりストーリーの深い部分に触れることはできないが,ここでは真・女神転生について,簡単に解説しよう。

 真・女神転生シリーズを語るうえで外せないのは,やはり第1作目の「真・女神転生」である。舞台となるのは199X年の東京,吉祥寺。主人公の少年は,ある日不思議な夢を見る。迷宮のような場所をさまよいながら,知っているようで知らない,さまざまな人物に会う夢だ。母に起こされ,夢から覚めると,部屋のPCが通信ファイルを受け取っていた。ファイルの内容は,コンピュータを介して悪魔を使役することが可能になる“悪魔召喚プログラム”。そのプログラムを手に入れたことにより,少年は,神と悪魔を相手とする戦いへと巻き込まれていく。
 それからほどなくして,街には悪魔が現れるようになり,暴走した自衛隊はクーデターを起こし,さらには米軍までもが介入してくる。やがて,事態を重く見た米国大使トールマンの命令により,I.C.B.Mが投下され……東京は崩壊する。
 「悪魔を召喚するプログラム」が象徴しているように,真・女神転生はオカルトとSFが融合した,独特の世界観を作り出している。それだけではなく,「悪魔と交渉して仲間にする」「悪魔同士を合体させて,より強力な悪魔を作り出す」というシステムも,真・女神転生の世界観を印象づける大きな要素となっており,その独特の魅力を不動のものにした。そして,何よりも“LNCシステム”によるマルチエンディングが,ファンの間で話題になった。勧善懲悪的な一本道シナリオのRPGが多かった当時,プレイヤーの判断でストーリーの方向性が変わっていくというシステムは,実に新鮮だったのである。
 もしも未プレイであれば,是非とも一度プレイしておくことをオススメする(最近だと,Wiiのバーチャルコンソール版がプレイしやすいだろう)。古いゲームではあるが,今プレイしても,その魅力は十分に伝わってくるはずだ。どれだけ時間が経とうと決して廃れることのない,まさに不朽の名作といえよう。

 

“大破壊”後の東京を描く 「女神転生IMAGINE」

image

 真・女神転生の時代から数年後の東京。核の炎と大洪水による“大破壊”を経験しながらも,生き残った人々がいた。彼らは崩壊した東京の復興と,悪魔からの防衛のため,宗教と思想の枠を越えた人間達の協力体制“共同体社会”を作り出す。不可侵条約によってガイア教団とメシア教団の争いもなくなり,東京は一応の平和を手に入れたかのように見えた……。
 前フリがだいぶ長くなったが,ここからはいよいよ,「女神転生IMAGINE」のゲーム内容について紹介しよう。

 

キャラクターデザインはあの金子一馬氏が担当

 ゲームを始める前に,まずは自分の分身となるキャラクターを作成する必要がある。性別/体型/顔/髪型のほか,初期装備とする武器,服装の選択が可能だ。
 なお,キャラクターデザインは真・女神転生シリーズでお馴染みの“電脳悪魔絵師”金子一馬氏。人間だけでなく,ゲーム中に登場する悪魔も,もちろん金子一馬氏のデザインだ。
 ゲーム開始時に選択できる服装はそう多くないが,ゲームを進めていくとさまざまな服やアクセサリを装備できる。オシャレの楽しみも,女神転生IMAGINEの魅力の一つだ。8月9日の大型アップデートにより,「LAW/CHAOS属性専用装備」も実装され,さらにプレイヤーの個性を出せるようになった。

 

image

 

image image image
金子一馬氏のイラストを忠実に再現したキャラクターデザイン。メガテンの世界に生きるプレイヤーの分身としては,最高のグラフィックスだ LAW属性の専用武器,「クレイモア」。CHAOSの悪魔に対して凄まじいパワーを発揮する

 

復興し始めた東京の街 悪魔の襲撃を防ぐ人類の砦

・第三ホーム

 ゲーム開始直後にプレイヤーの拠点となる街。戦闘方法を一通り習えるヴァーチャルルームがあり,デビルバスターの管理者である「スネークマン」からエピソードクエストを受けることもできる。また,ゲーム開始時のチュートリアルをクリアすれば,さまざまな報酬がもらえるうえ,新たなクエストもアンロックされる。面倒くさがらずに,ちゃんとクリアしておこう。ちなみに,第三ホームから出るとスギナミフィールドがあり,そこから更にナカノフィールドを抜けると新宿バベルに辿り着く。

 

image image image
image image image

 

・新宿バベル

 多くのデビルバスターが集まる,“東京再生プロジェクト”の象徴といえる場所。第三ホームからは結構な距離があり,道中には危険な悪魔が多く出現するため,ある程度ゲームに慣れてから目指そう。ここには「新宿ドック」というダンジョンがあり,エレベーターガールに話しかけると進入できる。昔は居住区として使われていた新宿ドッグだが,現在は悪魔の巣窟になっており,かなり強い悪魔もいるので注意が必要だ。

 

image image image
image image image

 

・聖都アルカディア

 8月9日の大型アップデートで追加された,メシア教団の本拠地。さすが法と秩序を重んじるメシア教徒の街といったところか,広大な敷地は隅々まで美しく整備されている。いたるところに天使の像があり,まさに“神の都”といった風情だ。
 街の大きな特徴であるピラミッド型の巨大な建造物「カテドラル」には,一部の優秀なメシア教徒しか入ることを許されていない。ちなみにCHAOSのプレイヤーがこの街に入ると,売り物の値段が高くなったり,街の人に無視されたりと,冷たい扱いを受ける。プレイヤーがガイア教徒(つまりCHAOS属性)ならば,その点に注意してほしい。なお,アルカディアのあるシナガワフィールド周辺には,LAW属性の強力な悪魔が多いので,要注意。

 

image image image
image image image

 

・総本山

 アルカディアと同じく,8月9日の大型アップデートで追加された,ガイア教団の本拠地。廃材で作られた家や商店,まったく整備されていない道など,アルカディアとは正反対の景観をしている。大砲の備え付けられた無骨な建造物“風雲城”があり,まさに自由と混沌を重んじ,“力”を信奉するガイア教団らしい街である。
 言わずとも分かると思うが,もちろんメシア教徒は歓迎されない。不可侵条約があるとはいえ,やはりメシア教団とガイア教団は相容れぬ存在なのである(LAW/CHAOS属性を持つプレイヤーキャラクターが,必ずしもメシア教徒/ガイア教徒というわけではない)。総本山周辺では凶暴なCHAOS属性の悪魔が幅を利かせており,夜になるとさらに強い悪魔が跋扈する危険地帯となる。

 

image image image
image image image

 

この世はお金がものを言う?

image

 街のいたるところにある四角い囲い。それが一体何なのか,最初は戸惑うだろう。クリックしてみるとわかるが,その正体は,プレイヤーがバザーを開くことができる場所なのである。
 「女神転生IMAGINE」では,街中の決まった場所でしかバザーを開けない。しかも特定の街では,バザーを開くのにショバ代,いや,場所の使用料金を取られてしまう。現実世界の生々しさを再現する女神転生IMAGINEらしい仕掛けである。

 
 バザー開催時には,「ピクシー」や「ジャックフロスト」など,店番にする悪魔を選択できるので,まぁ,悪魔のレンタル料も兼ねてると思えば……いや,世知辛い世の中である。

東京各地に存在する魔窟 インスタンスダンジョン

image

 各地のフィールドには「インスタンスダンジョン」という特別なダンジョンが存在している。ゲーム内のマップを見れば分かると思うが,カーソルを合わせたときに「スギナミ魔階坑道」「魔階セルタワー」などと表示される建物がそれだ。「スギナミ魔階坑道」や「魔階セルタワー」などと記してあるのがそれだ。このインスタンスダンジョンは,生成したプレイヤー,またはパーティだけの隔絶された空間になるため,ほかのプレイヤーキャラクターとの狩場争いが生じる心配がない。
 これらのインスタンスダンジョンに入るためには,「プレート」というアイテムが必要となる。プレートには銅や銀といった具合に複数の種類が存在し,基本的に銅は低レベルキャラクター向け,銀は高レベルキャラクター向けのダンジョンを生成する。
 プレートはインスタンスダンジョン入り口付近の「山羊屋」で購入が可能だが,敵からのドロップやクエストでも入手できる。
 各インスタンスダンジョンの最深部では,巨大なボス悪魔がプレイヤーを待ち受けている。ボスを倒せばクリア報酬として宝箱が出現し,レアアイテムが手に入るので,積極的に挑戦するといいだろう。

 

image image image
image image image

 

プレイヤーと仲魔のコンビネーションが重要

 女神転生IMAGINEの戦闘システムは戦術性が高く,戦闘の駆け引きが熱い仕様になっている。ある程度MMORPGに詳しい人ならば,「マビノギ」の戦闘システムに近いといえば,分かりやすいだろうか。

 

 通常攻撃の「アタック」,アタックを防ぐ「ガード」,ガード不能だが,アタックを受けるとキャンセルされてしまう「ラッシュ」など,さまざまなスキルをジャンケンのように使い分けて戦う必要がある。
 また,武器にも近接タイプの剣やナイフ以外に,遠距離タイプの拳銃やライフルが存在するし,武器に頼らず魔法で戦うこともできる。プレイヤーの好みによって,戦闘スタイルは大きく変わってくるのだ。
 そして,プレイヤーキャラクターの強さ以上に重要となってくるのが,“仲魔”である。敵の悪魔は自分よりもレベルが低い場合,一部の特殊な悪魔を除いて,「挨拶」や「威圧」などのスキルを用いて交渉し,「仲魔」にできる。仲魔にした悪魔は,召喚できるようになり,プレイヤーと共に戦ってくれるのだ。
 オート戦闘でもある程度の戦闘はこなすが,仲魔の力を100%引き出すにはプレイヤーの指示が不可欠だ。仲魔のスキルに対応したF1〜F8のファンクションキーを上手く駆使して,お互いの攻撃のスキを埋めあうような戦い方が理想となる。TABキーを押せば,操作/視点を仲魔に切り替えられるので,うまく活用していこう。

 

image image image
挨拶と威圧で反応が変わるのはもちろん,個性もさまざま。悪魔の性格によって有効な交渉方法が変わってくる

 

より強い力を求め 悪魔合体を繰り返せ!

 初代女神転生から受け継がれてきた,本作最大の魅力とも言える要素。それが「悪魔合体」である。悪魔同士を合体させることにより,さらに強い悪魔を生み出すというシステムだ。
 「天使」や「魔獣」など,種族の組み合わせにより,さまざまな悪魔が生み出せる。また,合体で生み出した悪魔は,元となった悪魔のスキルの一部を受け継いで生まれてくるので,同じ悪魔でも,普通に交渉で捕まえた悪魔より能力が高くなるのだ。
 悪魔合体は,各街に存在する「邪教の館」で行うが,自分よりも高レベルな悪魔は作り出せない。また,地獄の沙汰も金次第といったところか,生み出す悪魔が強ければ強いほど,高額の料金を取られる。しかも,悪魔合体は必ず成功するというわけではなく,失敗することもある。その場合でも,料金はしっかり取られてしまう。
 幸い,合体に失敗した悪魔が消えてしまうことはないので,マッカ(ゲーム内の通貨)に余裕さえあれば,何度でもやり直しが可能だ。目当ての悪魔のレベルが高いほど,合体成功率は下がってしまうので,邪教の館に行くときはマッカを多めに所持しておこう。

 

image image image
現在利用できるのは2身合体のみだが,今後は3身合体も実装されるという。悪魔の種類もどんどん増えているので,今後のアップデート内容にも大いに期待できる

 

悪魔? 天使? お前は何?

 女神転生IMAGINEに登場する“悪魔”。多くのプレイヤーはお気づきだと思うが,これは便宜上,悪魔と呼んでいるだけであって,何も悪魔しか登場しないわけではない。「ピクシー」は妖精だし,「モスマン」のような都市伝説出身のモンスターもいる。ここではそういう変り種の中から,「ブロブ」をピックアップして紹介しよう。
 女神転生IMAGINE内に登場するブロブは,こう言っては何だが,いわゆるスライム系のザコモンスターだ。しかし,実はこのブロブ,B級ホラー映画ファンの間では有名なモンスターなのである。ゲーム内ではあまりパッとしないが,映画では強いのなんのって。物理攻撃が一切効かないうえに,片っ端から人間を溶かして吸収し,巨大化していくという外道っぷりなのだ。

 
 しかし,そんなブロブにも唯一の弱点が存在する。それが「寒さ」だ。この弱点は,女神転生IMAGINEにももちろん反映されているので,ブロブに遭遇したら氷結系魔法をぶちこんで始末してしまおう。しかし,どうか覚えていてあげてほしい。プルプルしたアイツ,本当は“殺れば出来る子”なんだと。

 

空白の時代,一体何が起きたのか ゲームの根幹となるエピソードとLNCシステム

 女神転生IMAGINEのメインストーリーが展開していく「エピソード」は,ゲーム開始直後に請けられる「ヴァーチャルトレーニング」をクリアし,その後スネークマンの話に従って「邪教の館に行く」「守衛の思い」というクエストをクリアしていくと,Act.1が発生する。その後は,Actをクリアするたびに新しいエピソードが請けられるようになる。現在は,Act.1〜7から成る「第一章 DBライセンス編」と,Act.8〜10までが実装済みの「第二章 アダムの子供たち編」が楽しめる。
 プレイヤーはエピソードを進めていく過程で,さまざまな行動の選択を迫られるのだが,そこにLNCシステムが大きく関係してくる。選択した行動によって,“法と秩序”を重んじる「LAW」,または“自由と混沌”を重んじる「CHAOS」のどちらかの思想へと,プレイヤーは傾いていくのである。どちらでもない,完全な中立として生きる「NEUTRAL」も存在し,ゲーム開始直後のプレイヤーは皆このNEUTRALだ。しかし今のところ,残念ながらNEUTRALのままでいてもメリットはない。
 なかには自分がどちらの思想に近いのか,悩むプレイヤーもいると思うし,すぐにどちらかを選べと言われても困るだろう。しかし心配はいらない。ゲーム中に提示されるさまざまな選択肢に,正直に答えていけばいいのだ。エピソードを進めていくうちに,自分の思想がLAW寄りなのか,CHAOS寄りなのか,だんだんと判明していくだろう。

 

image image image
ゲーム中,さまざまな場面でこのような質問をされる。LAWとCHAOS,どちらが真に世界を救う思想なのか。絶対的支配の下で生きるのは幸せか? かといって,自由という名の暴力がはびこる世界もまた正しいのか? あれこれ悩んでほしい

 

信頼は力となる

image

 プレイヤーのLNC属性と仲魔の属性が同じである場合,さまざまなメリットが発生する。召喚時に必要な物質である“マグネタイト”の消費量が減ったり,10分間能力が大幅に強化される「召喚シンクロ」という効果が付与されたりするのだ。しかし,逆にLNC属性が違う場合,召喚時の消費マグネタイトが膨大になるというデメリットを受けてしまう。戦闘に出す悪魔は,できるだけ同じ属性のものを選ぶべきだろう。

 
 考え方の違う人間同士がうまくいかないのと同じで,悪魔と人間の間でも,信頼関係は大事だということだ。……関係ないが,筆者は信頼関係よりも「エンジェル」と愛のある関係を築きたいと思っている。ケイブさん! 悪魔と人間の恋とか,良いと思いませんか?

冒険をサポートする課金アイテム

image

 女神転生IMAGINEには,アイテム課金制が採用されており,基本プレイ料金は無料となっている。なので,課金アイテムにはあまり興味がないという人も多いだろう。
 しかし,リアルマネーがかかるだけあって,課金アイテムには効果の高いものが多い。とくに,死亡してもデスペナルティを受けないうえ,その場で復活可能な「反魂香」や,行きたい場所まで一瞬でワープさせてくれる「アリアドネの糸」など,所持しているだけで安心感がある。
 また,「レベル上げをする時間がない」というプレイヤーには,一定時間,獲得経験値が2倍になる「経験香」を。「敵が強くて苦労する」というプレイヤーには,一定時間能力を大幅に強化する「力の香」や「体力の香」を,ぜひともオススメしたい。  なお,課金アイテムは通常のアイテムと同様,各街の薬屋や魔法屋から購入できるほか,イベントなどで手に入ることもある。本当に便利なので,一度は使ってみることをオススメする。

 

image image image

 

 女神転生IMAGINEは,一見して陰鬱な雰囲気を持っているため,敬遠していた人も多いかもしれない。しかし,ほかのMMORPGには絶対にない独自の魅力があるということは,今回の記事を通じてお伝えできたと思う。天使と悪魔,神話の生物,さらにはUMAまでもが混在するカオスな世界の空気を,ぜひ一度は体験してほしい。

 

 

 ケイブより4Gamer読者のためにプレゼントを提供していただいた。
 下のボタンのリンク先から応募してくれた人の中から「女神転生IMAGINE」
 WebMoneyカード」を抽選で,おひとり様1000ポイント(500ポイント×2枚),計20名様にプレゼント。
 なお,応募の締め切りは2007年9月28日 正午まで。
 カオスな世界の空気を体験したい読者は,振るって応募してほしい。

プレゼントに応募する

※当選は賞品の発送をもって代えさせていただきます

4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月21日〜02月22日