パッケージ
三國志VII公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ゲーム・漫画・アニメから「三国志」をみるオンライン展「三国志 水魚之交」展が開催中
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/02/22 16:33

リリース

ゲーム・漫画・アニメから「三国志」をみるオンライン展「三国志 水魚之交」展が開催中

三國志VII
配信元 「三国志 水魚之交」展実行委員会 配信日 2022/02/22

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

「三国志」水魚之交
オンラインで2月14日より開催中

「三国志 水魚之交」展実行委員会は、2022年2月14日より、『「三国志 水魚之交』をオンライン(ウェブ)にて開催しておりますので、お知らせいたします。

本展は、株式会社コーエーテクモゲームスの『三国志』シリーズをはじめとした、ゲームにおける「三国志」の世界を紹介するとともに、ゲーム作品の背景について製作者インタビューとともに掘り下げる展覧会です。

画像集#001のサムネイル/ゲーム・漫画・アニメから「三国志」をみるオンライン展「三国志 水魚之交」展が開催中

古代中国の三国時代を描いた「三国志」は「正史」「演義」ともに日本でも人気が高く、小説、マンガ、アニメ、ゲームなどさまざまな視点から作品が作られています。

また、リアル展示会場となる神戸ファッション美術館がある神戸市は、マンガ『三国志』を描いた横山光輝氏の出身地であり、三国志をテーマにした施設やイベントが行われるなど「三国志」と深い縁がある場所です。

本展のタイトルである「水魚之交(すいぎょのまじわり)」とは「三国志演義」で描かれた劉備玄徳と諸葛亮孔明のような切っても切れない親しい関係を表す故事成語です。本展を通して「三国志」とゲーム、神戸津市と「三国志」、ゲームとマンガ、ゲーム会社とユーザー、展覧会主催者と来館者が、「水魚之交」となり、その関係が波紋のように広がり続いていくことを願っています。

【 開催概要 】

正式名称:「三国志」水魚之交
(さんごくし すいぎょのまじわり)
公式サイトhttps://suigyo.gameexhibition.net
会場
ウェブ展示

URLhttps://suigyo.gameexhibition.net
会期: 2022年2月14日(月)〜3月31日(木)
閲覧: 無料
展示予定(一部)
・エンジェル 「横山光輝 三国志」(1992)
・カプコン「天地を喰らう」(1989)
・光栄(現・コーエーテクモゲームス)「三國志」シリーズ(1985-)「真・三國無双」シリーズ
(2000-)
・ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)「三国志 中原の覇者」(1988)

(企業名 50 音順)
主催:「三国志 水魚之交」展実行委員会
共催:神戸ファッション美術館、大阪樟蔭女子大学 美粧学研究室
後援:神戸市、神戸市教育委員会
協力:株式会社コーエーテクモゲームス、株式会社光プロダクション、株式会社セガ、有限会社ウニコ、株式会社サード・ライン、株式会社潮出版社、株式会社講談社、株式会社集英社、大日本印刷株式会社、NPO 法人 KOBE 鉄人 PROJECT、一般社団法人中華会館、大阪国際工科専門職大学、立命館大学ゲーム研究センター、文化庁メディア芸術連携基盤等整備推進事業

「三国志 水魚之交」 オンライン展示

  • 関連タイトル:

    三國志VII

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月22日〜04月23日