※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2018
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月21日〜23日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
Switchとスマホ向けの
「妖怪ウォッチ」新作がそろい踏み
妖怪ウォッチ4
妖怪ウォッチ メダルウォーズ
読めば試遊が10倍楽しくなる!
「キルラキル ザ・ゲーム -異布-」
プレイレポート
木村拓哉さん主演のリーガルサスペンス
名越稔洋監督が語る
JUDGE EYES:死神の遺言
イケメンだらけ! 女性向けタイトルの
ステージ・ブースレポート
Readyyy!
囚われのパルマ Refrain
ダンキラ!!! -Boys, be DANCING!-
スペシャルゲストが登場したステージイベント
「ビリオンロード」ステージで
ビリー隊長がエクササイズを披露
片山右京さんが「F1 2018」で鈴鹿を走った
Samusung SDDブース
「カプコン ベルトアクション コレクション」を
漫画家の押切蓮介さんがプレイ
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ネクソンがiDCCを100%子会社化し,社名をネクソンタイに変更
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/06/29 19:10

リリース

ネクソンがiDCCを100%子会社化し,社名をネクソンタイに変更

ネクソンタイ
配信元 ネクソン 配信日 2017/06/29

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

ネクソン、東南アジアでの事業拡大に向けて
iDCCを100%子会社化し、ネクソンタイへ社名を変更
当該地域に多数のモバイル及びPCオンラインゲームの配信を予定

 オンラインゲーム配信事業を行う株式会社ネクソン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:Owen Mahoney/オーウェン・マホニー、東証:3659、以下 ネクソン)は、i Digital Connect Co., Ltd.(以下 iDCC)を 100%子会社とし、社名を NEXON (Thailand) Co., Ltd.(所在地:タイ バンコク市、CEO:Isra Taulananda、以下 ネクソンタイ)へ変更することをお知らせ致します。ネクソンは2016年後半に、タイの主要オンラインゲーム配信会社であるiDCCの株式を49%取得致しました。その後、残りの51%の株式を取得し、タイ政府の認可を受領致しました。一連の取引により、ネクソンはタイに本格進出し、東南アジアでの事業拡大を目指してまいります。

 東南アジアにおけるゲーム市場全体の年成長率は45%を超えており、タイでは32%を超える年成長率となっております(注)。成長著しい東南アジア地域における拠点を基盤に、ネクソンタイは今後、現地の市場向けに多数のモバイルゲーム及びPCオンラインゲームを配信してまいります。ネクソンタイは、『Durango』、『ダークアベンジャー3』及び『Point Blank: Strike』を含む多数のモバイルゲームを、2017年下半期にタイ市場向けに配信予定です。PC向けには、タイのプレイヤーからの期待が最も大きい『ツリーオブセイヴァー』及び『メイプルストーリー』の2作品の配信開始を予定しております。両作品は、高スペックなPCや高速インターネット接続を必要とせず、かつタイのプレイヤーに親和性の高いグラフィックやプレイスタイルを特徴としております。

(注)
https://newzoo.com/insights/articles/the-big-screen-opportunity-in-southeast-asia/
https://newzoo.com/insights/infographics/newzoo-summer-series-14-thai-games-market/


 今回の発表にあたり、ネクソンタイの最高執行責任者(Chief Operating Officer)である Terry Noh は、次のように述べております。

「我々は、東南アジアのゲーム市場、とりわけモバイルゲーム市場は非常に大きな成長機会を有していると感じており、iDCC への投資を決定しました。ネクソンは、タイを東南アジアにおけるゲーム配信の拠点とすることを目指しており、今後東南アジア地域の開発会社が手掛けるコンテンツのグローバル展開を支援してまいります。」

 また、続けて次のようにコメント致しました。

「ネクソンは、日本や韓国を始めとするアジアの国々、北米及び欧州において成功を収めており、これまで東南アジアに進出するタイミングを検討してきました。当該地域の成長見込みの高さ、及びデジタルコンテンツ産業が大きな可能性を有していることもあり、この度タイに新拠点を開設することを非常に嬉しく思うとともに、より一層当該地域に貢献できるよう努力していく所存です。現地政府の支援、スマートフォンの継続的な普及率向上、及び 4G ネットワークの拡大等の様々な良い傾向を活用し、ネクソンは今後現地における迅速な事業拡大を目指してまいります。また、現地の文化及びプレイヤーからのニーズをより的確に把握するとともに、プレイヤー及び現地のゲーム開発会社と長期的な関係性を構築できるよう、努めてまいります。」

 ネクソンタイのCEOであるIsra Taulanandaは、次のようにコメントしております。

「ネクソンは、『HIT』をはじめとする多数のグローバルヒットタイトルを東南アジアにて配信開始すべく、2016年よりiDCCと密に連携してまいりました。『HIT』は、Unreal Engine 4を用いて開発された世界でも数少ないモバイルゲームのひとつであり、全世界での累計ダウンロード数は2,200万を突破し(2017年6月時点)、特にタイにて大きな成功を収めました。また、直近で配信を開始した、三国志を題材にした高品質なモバイルゲーム『真・三国無双 斬』も、同国にて好評を博しております。」

 ネクソンタイに関する詳細は、公式ウェブサイトをご覧ください(※英語のみ)

http://www.nexon.in.th


  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月21日〜09月22日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月